an (求人情報)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

an』(アン)は、パーソルキャリア(旧・学生援護会→インテリジェンス)が過去に発行していた、アルバイトパートタイマー向けの求人情報誌。「an」とは前身となる「アルバイトニュース」の略である[1]

もとは、同社が発行していたアルバイト求人情報誌の名称で、1986年に『日刊アルバイトニュース』から改題した。2017年8月以降はWebでの求人情報に特化していたが[2]2019年11月25日をもってWebでのサービスも終了し、雑誌から続いた52年の歴史に幕を下ろした[3]

概要[編集]

1967年に学生援護会が首都圏で『アルバイトニュース速報』の題号で創刊した。創刊当時の価格は10円[4]。翌1968年には発行形態の「日刊」を前面に出し、誌名を『日刊アルバイトニュース』に変更[5]、「求められる人を求める人に」のキャッチコピーによるCMなどで知名度を上げ、関西中京九州など日本全国に進出し、1986年に誌名を『an』に変更する(副誌名として「アルバイトニュース」の名称は残す)。

1990年から『デイリーan』と誌名を再変更。創刊から土日を除く日刊の形態を維持していたが、不況に伴う求人広告数の減少を受け、1994年に月曜日と木曜日の週2日発売に縮小した。

インターネットの普及と共に、雑誌媒体に並行して「Web an」サイトで情報提供を開始した。2015年2月にLINEと提携し「LINEバイト」にも求人情報を提供している[6]。LINEバイトの運営のため、パーソルキャリアとLINEの合弁による株式会社AUBEを設立した(のち出資比率の変更を経て2018年6月1日付けで商号をLINEバイト株式会社に変更)[7][8]

のちに雑誌媒体は、毎週月曜日に定価100円で発売する『anウィークリー』と毎週木曜日に無料配布する『anエリア』となる。2013年から有料版とフリーペーパー版を統合して誌名を『an』に改題し、2015年上半期までは東海・首都圏・関西・札幌はフリーペーパーのみ、九州はフリーペーパーと有料版の両方、をそれぞれ月曜日に発行した。

2015年の9月14日に関西圏の2版、11月23日に首都圏の4版を休刊し[9][10]、九州の福岡エリアは有料版を廃止してフリーペーパーのみとなる。関西は2016年9月12日に残った3版および『salida』が休刊、東海圏の社員版も2016年9月19日をもって休刊した[11]

2017年には、残った札幌・東海・福岡地区でのフリーペーパーも休刊し、Web媒体へ一本化した[2]。Webサービスについても、地域特化形『anエリア』[12]、社員向け『anレギュラー』[13]、女性向け求人サービス『Salida』(サリダ)があったが[13][注 1]、2016年から2017年にかけて全て終了しWeb『an』に統合された。また、2017年8月にはスマートフォンでの使い勝手や検索性を向上させるべくサイトのリニューアルも実施した[14]

2019年8月1日、同年11月25日で『an』および関連のサービスを終了することを発表した[3][15]。『LINEバイト』への情報提供も同時に終了することになったため、2019年8月28日付けでLINEバイトの運営会社(LINEバイト株式会社)からパーソルキャリアは撤退[16]し、LINE株式会社の100%子会社となったが、anの終了と同じ2019年11月25日付けでLINE本体へ吸収合併した[17]。なお、『LINEバイト』自体は提携先をマイナビ に変更してサービスを継続する[18]

パーソルキャリアでは『an』の終了に伴い、『an』事業部に在籍する従業員約600名を転職情報サイト『DODA』などへの異動を行う他、親会社のパーソルホールディングスは2020年3月期に35億円の特別損失を計上する[19]

別冊an[編集]

夏と冬に年2回発行。夏季と冬季のリゾートバイトを中心に、農業などの求人情報も掲載する臨時号で、主に夏季はマリンリゾートや山間部を中心とした避暑地、冬季は発刊当時スキーブーム期であったため、スキーリゾート関連業種の求人を特集して掲載した。

テレビCM[編集]

1982年に蟹江敬三斉藤慶子牛の吉田君らが出演したCMで、コピーライター糸井重里が手掛けた蟹江のフレーズ人間だったら良かったんだけどね〜」が耳目を集め(ACC CMフェスティバル 第23回秀作賞)[20]渡辺えりが大学生の母親役で出演したドラマCM「安西クン」も好評を得た。

「デイリーan」に改題後は赤塚不二夫の代表作『天才バカボン』をCMキャラクターに起用し、バカボンパパを富田耕生、おまわりさんを千葉繁がそれぞれ声を充てた。

1990年代後半は鈴木蘭々篠原ともえなど、2012年きゃりーぱみゅぱみゅとお笑いコンビの2700バイク川崎バイク2015年はきゃりーと村上信五2016年4月は漫画『ももくり』、2018年浜辺美波とアニメ『ポプテピピック』やお笑いコンビアンガールズをそれぞれ起用した[21][22][注 2]

スポンサー活動[編集]

鈴鹿8時間耐久ロードレースにチームスポンサーとして参加した。

関連項目[編集]

  • doda - パーソルキャリアが運営する社員・転職者向け求人サービス。かつては求人情報誌も出していた。
  • FromATOWNWORK(他社の競合誌、リクルート発行)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ もとは女性向け求人情報誌として1989年に創刊したもの。シーナ&ザ・ロケッツが「職業選択の自由」と歌う「憲法第22条の歌」のテレビCMでも話題になった。
  2. ^ このことは2019年に放送されたアニメ版13話でもネタにされたが、その際競合他社のサービスのCMネタが登場していた。

出典[編集]

  1. ^ “「日刊アルバイトニュース」 ネットなど影も形もなかった頃のバイト探し”. ZAKZAK (夕刊フジ). (2015年11月25日). https://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20151125/enn1511250830006-n1.htm 2018年5月5日閲覧。 
  2. ^ a b 「an」フリーペーパー 休刊について”. パーソルキャリア株式会社 (2017年8月4日). 2018年4月29日閲覧。
  3. ^ a b アルバイト求人情報「an」サービス終了に関するお知らせ”. パーソルキャリア株式会社(2019年8月1日作成). 2019年8月1日閲覧。
  4. ^ an52年のあゆみ”. パーソルキャリア (2019年11月25日). 2019年11月28日閲覧。
  5. ^ 訃報(井上 美悠紀 悼)”. エイエヌオフセット (2013年10月24日). 2018年5月6日閲覧。
  6. ^ 【LINE】インテリジェンス・LINEの共同出資による新会社「株式会社AUBE」、アルバイト求人情報サービス「LINEバイト」を公開”. LINE株式会社 (2015年2月16日). 2018年4月29日閲覧。
  7. ^ LINEとパーソルキャリア、共同出資による合弁会社AUBEの出資比率を変更 さらなるサービス成長・事業拡大を加速させるべく、AUBEをLINEの連結子会社化し、プロダクト主導の事業体制を構築”. パーソルキャリア株式会社 (2018年4月2日). 2019年11月28日閲覧。
  8. ^ 商号変更のお知らせ”. パーソルキャリア株式会社 (2018年6月1日). 2019年11月28日閲覧。
  9. ^ アルバイト情報誌「an」が休刊 首都圏と関西圏の一部 - J-CASTニュース、2015年9月10日
  10. ^ 「an」フリーペーパー 一部休刊について”. パーソルキャリア株式会社(発表当時・株式会社インテリジェンス) (2015年9月10日). 2018年5月5日閲覧。
  11. ^ フリーペーパー「an」の一部休刊と、フリーペーパー「salida」休刊について”. パーソルキャリア株式会社 (2016年9月12日). 2018年4月29日閲覧。
  12. ^ 「anエリア」サービス終了について”. パーソルキャリア株式会社 (2016年12月26日). 2018年4月29日閲覧。
  13. ^ a b 「WEB anレギュラー」・「WEB salida」サービス終了について”. パーソルキャリア株式会社 (2016年7月4日). 2018年4月29日閲覧。
  14. ^ アルバイト求人情報サービス「an」誕生50周年記念!WEB「an」リニューアル”. パーソルキャリア株式会社 (2018年8月21日). 2018年5月5日閲覧。
  15. ^ アルバイト情報の「an」、11月でサービス終了=52年の歴史に幕”. 時事通信(2019年8月1日作成). 2019年8月1日閲覧。
  16. ^ 合弁解消に関するお知らせ”. パーソルキャリア株式会社 (2019年8月26日). 2019年11月28日閲覧。
  17. ^ 子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ (PDF)”. LINE株式会社 (2019年8月30日). 2019年11月28日閲覧。
  18. ^ 『マイナビバイト』と『LINEバイト』業務提携を締結”. マイナビ (2019年8月26日). 2019年11月28日閲覧。
  19. ^ “バイト情報「an」、11月に終了 パーソルHD”. 日経電子版 (日本経済新聞社). (2019年8月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48093820R00C19A8916M00/ 2019年11月28日閲覧。 
  20. ^ 日刊アルバイトニュース「牛」”. 放送ライブラリー. 2018年5月5日閲覧。
  21. ^ “浜辺美波:「ポプテピピック」とまさかのコラボ! ポプ子&ピピ美と一緒に可愛くダンス”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年4月10日). https://mantan-web.jp/article/20180410dog00m200017000c.html 2018年4月10日閲覧。 
  22. ^ “『ポプテピピック』浜辺美波と「an」CMで異色共演 原作の“あの踊り”を披露”. ORICON NEWS (オリコンNewS株式会社). (2018年4月10日). https://mantan-web.jp/article/20180410dog00m200017000c.html 2018年5月5日閲覧。 

外部リンク[編集]

  • 「an」(2019年11月25日以降は終了の案内と52年歴史が掲載されている)