パーソルキャリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
パーソルキャリア株式会社
Persol Career Co., Ltd.
Marubiru.jpg
本社を置く丸の内ビルディング
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 4757
2000年4月26日 - 2008年9月24日
本社所在地 日本の旗 日本
100-6328
東京都千代田区丸の内2-4-1
丸の内ビルディング 27F・28F
本店所在地 東京都港区赤坂7-3-37
設立 2010年6月2日
(創業1989年6月15日
業種 サービス業
法人番号 2010401089183
事業内容 人材紹介、人材派遣、求人情報、アウトソーシングなど
代表者 峯尾 太郎(代表取締役社長)
資本金 11億2700万円
従業員数 連結 5,166名
(2016年3月現在)
決算期 3月末日
主要株主 パーソルホールディングス
関係する人物 宇野康秀(創業者)
外部リンク https://www.persol-career.co.jp/
特記事項:法人格は平成22年6月2日設立の株式会社メティスである
テンプレートを表示

パーソルキャリア株式会社(英文名称:Persol Career Co., Ltd.)は、転職支援、人材派遣、求人情報、アウトソーシングなどを手掛ける、総合人材サービス会社である。2013年3月にテンプホールディングス(現:パーソルホールディングス)株式会社の子会社となっている。2017年6月までの旧社名は株式会社インテリジェンス

概要[編集]

求人メディア事業に強い学生援護会と事業の相互補完をする目的で、2006年7月1日に学生援護会を吸収合併リクルートに次ぐ規模となっている。

前取締役会長の宇野康秀は創業メンバーの一人であり、合併直前までは33.11%の株式を保有する筆頭株主であった。宇野康秀が、父親の死に伴いUSEN(旧・大阪有線放送社→有線ブロードネットワークス)の株式と経営を引き継いだことから、USENとは兄弟会社といわれていた。

株式会社学生援護会との合併に際して、USENが学生援護会の筆頭株主であったカーライル・ジャパン・パートナーズLPから学生援護会株式の40.01%を取得したため、合併によりUSENが第2位の株主 (17.45%) となった。さらに、2006年7月27日には、USENは筆頭株主の宇野康秀から当社株式21.57%も取得。USENが40.04%の株式を保有することとなり、USENグループ入り。2008年9月30日には、株式交換によりUSENの完全子会社となった。

しかし、2010年6月18日に米大手プライベートエクイティファンドのKohlberg Kravis Robert(KKR)系ファンド傘下の企業・株式会社メティスに、全株式を325億円で譲渡することが発表され、7月29日に株式の譲渡が完了した。これにより現在はUSENグループから外れている。

2013年3月26日に人材サービス大手のテンプホールディングス(現:パーソルホールディングス)がコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)から総額680億円で買収することで合意したと発表した[1][2]

事業内容[編集]

沿革[編集]

  • 1956年3月 - 学生援護会創業
  • 1958年8月 - 機関誌「学生タイムズ」創刊
  • 1967年2月 - 「アルバイトニュース速報(現:「an」)」創刊
  • 1989年1月 - 転職情報誌「DODA」創刊
  • 1989年6月 - (株)インテリジェンスとして創業
  • 1989年7月 - 女性のための求人情報誌「salida」創刊
  • 1993年4月 - 進路適性診断事業開始
  • 1994年10月 - 「DODA転職フェア」スタート
  • 1995年1月 - 人材派遣サービス開始
  • 1997年3月 - 人材紹介サービス開始
  • 1997年10月 - ITエンジニア派遣、ITアウトソーシングサービス開始
  • 1999年7月 - モバイル版アルバイト求人サイト「モバイルan」サービス開始
  • 2000年7月 - アルバイト求人サイト「WEB an」サービス開始、エグゼクティブサーチ サービス開始
  • 2001年6月 - (株)クリーデンス設立
  • 2005年2月 - フリーペーパー「アルバイトニュース」創刊
  • 2005年10月 - システム開発サービス開始 (現:パーソルプロセス&テクノロジー株式会社の全株式を取得)
  • 2006年7月 - (株)学生援護会と経営統合
  • 2007年1月 - 人材紹介と求人情報を融合した「DODA」サービス開始
  • 2007年4月 - 中国での人材紹介に進出 上海創価人材服務有限公司に資本参加
  • 2008年1月 - エンジニアに特化した求人サイト「DODAエンジニア」サービス開始
  • 2009年7月 - 障がい者採用支援「DODAチャレンジ」サービス開始、看護師採用支援「DODAナース」サービス開始
  • 2010年4月 - (株)BPOソリューションズ設立、再就職支援サービス開始
  • 2010年6月2日 - コールバーグ・クラビス・ロバーツが特別目的会社(株)メティスを設立[3]
  • 2010年7月1日 - (株)ECパートナーズ設立
  • 2010年7月7日 - (株)インテリジェンスホールディングス設立[4]
  • 2010年7月29日 - KKRグループのポートフォリオカンパニーとなる。
  • 2010年10月 - (株)インテリジェンスHITO総合研究所(現:(株)パーソル総合研究所)設立
  • 2011年10月 - 顧問による経営アドバイザーサービス「i-common(アイコモン)」開始、インテリジェンス中国とSMC・アンカーグループが経営統合
  • 2012年4月 - 親会社の(株)インテリジェンスホールディングス[5]へグループ管理業務を会社分割により継承。インテリジェンスの子会社はインテリジェンスホールディングスの子会社となる[6]
  • 2013年4月 - テンプホールディングス(現:パーソルホールディングス)がコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)などから、(株)インテリジェンスホールディングスの全株式を取得、テンプスタッフグループとなる。
  • 2013年10月 - (株)ECパートナーズを吸収合併[7]
  • 2015年7月 - (株)クリーデンスを吸収合併[8]
  • 2015年10月 - (株)インテリジェンスホールディングスを吸収合併[9]
  • 2017年7月 - 「パーソルキャリア株式会社」へ商号変更[10]

グループ会社[編集]

など

出身の著名人[編集]

関連項目[編集]

  • DODA(デューダ) サービス一覧
    • 転職の総合情報サイト 『DODA』 http://doda.jp/
    • IT・モノづくり系エンジニア専門の転職サイト 『DODAエンジニア』
    • エグゼクティブ・管理職の転職支援 『DODAエグゼクティブ』
    • 看護師の転職支援 『DODAナース』
    • 障がい者の求人 『DODAチャレンジ』
  • an(アン) 媒体一覧
    • WEB・モバイルサイト http://weban.jp/
      • 各地域の求人情報に特化した 『anエリア』 
      • こだわりや条件で探せる 『anセレクト』
      • 週5日以上の求人情報に特化した 『anレギュラー』
    • フリーペーパー 『an』 毎週月曜日(一部地域は木曜日)発行/全国11版/無料
    • 有料求人誌 『an』 毎週月曜日発行/全国3版/100円
      • 首都圏や東海地区は有料版を休刊し、フリーペーパーの『an』と統合している。フリーペーパーの木曜日発行地域は有料版を引き続き発行している北海道・関西・福岡地区となっている。
  • インテリジェンスの派遣

提供番組[編集]

一社提供
過去のスポンサー

脚注[編集]