Now is the time!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Now is the time!
POLYSICSスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ニュー・ウェイヴ
時間
レーベル Ki/oon Records(日本盤)、東風レコード(US盤)、Tired & Lonesome Recordings(UK&Europe盤)
プロデュース POLYSICS、
アンディ・ギル(T-4・7・8・9)
チャート最高順位
POLYSICS 年表
POLYSICS OR DIE!!!!
2004年
Now is the time!
2005年
KARATE HOUSE
2007年
テンプレートを表示

Now is the time!』(ナウ・イズ・ザ・タイム!)は、日本のロックバンド、POLYSICSのアルバム。 2005年10月19日キューンレコードよりリリース。2006年2月21日US盤、2006年4月24日UK&Europe盤をリリース。

概要[編集]

ベスト・アルバムPOLYSICS OR DIE!!!!』発売後、新メンバーとして現ドラマーのヤノマサシが加入、イギリス・日本でのツアーを終えて程なく本作のレコーディングは行われた。

2001年に発売された『NEW WAVE JACKET』以来、4年ぶりのシングルとなった『Baby BIAS』『シーラカンス イズ アンドロイド』の2曲を含む全15曲を収録。シングル2作があまり売れないのに対し、ライブでの手応えが大きくなっているのを感じたメンバーは、"自分の好きなサウンドを今の音でちゃんとやれば、カッコいいものができるんじゃねえか"(ハヤシ談)という思いで本作を作っていった。そのため、POLYSICS 今作のアルバム「Now is the time!」でオリコン100位以下だったら即解散 というストイックかつ真剣な面持ちで製作された。一部の曲のプロデュースには、イギリスのロックバンド、ギャング・オブ・フォーのアンディ・ギルが参加している。

本作でそれまで低迷していたセールスをのばすことに成功し、ライブでの動員数も増えていった。初回限定デジパック仕様。

収録曲[編集]

  1. Tei! Tei! Tei! (2:35)
    (作詞・作曲:Hiroyuki Hayashi)
  2. シーラカンス イズ アンドロイド /Ceolakanth Is Android (2:48)
    (作詞:Hiroyuki Hayashi 作曲:Hiroyuki Hayashi, Fumi)
    5thシングル曲。
  3. I My Me Mine (3:14)
    (作詞・作曲:Hiroyuki Hayashi)
    テレビ東京系『竹山先生。』オープニングテーマ
    本作のリードトラック。ライブでの人気ナンバーである。
    PVも制作された。2種類のPVが存在し、"STRONG MACHINE 2 ver."と"All Star ver."の2種類がある。もともと"All Star ver."のみの制作予定であったが、出演したストロングマシン2号がまるまる1曲のダンスを考えてきたために、急遽"STRONG MACHINE 2 ver."も制作することとなった。このうち、"STRONG MACHINE 2 ver."はSPACE SHOWER Music Video Awards'06 BEST CONCEPT VIDEOを受賞した。
  4. Ah-Yeah!! (3:09)
    (作詞・作曲:Hiroyuki Hayashi)
  5. Walky Talky (3:08)
    (作詞・作曲:Hiroyuki Hayashi)
  6. Wild One (3:11)
    (作詞・作曲:Michael Donald Champson, Nicky Chinn)
    スージー・クアトロの『Wild One』のカバー。
  7. Rack Rack (2:21)
    (作詞・作曲:Hiroyuki Hayashi)
    JASRACデータベースには「Rack & Rack」で登録されているが、「&」の表記がジャケットなど一部で欠けている
  8. Toisu! (2:13)
    (作曲:Hiroyuki Hayashi)
    "トイス!"とは、ハヤシがライブの際につかみとして発するセリフである。
  9. Boy's Head (3:09)
    (作詞・作曲:Hiroyuki Hayashi)
    電気グルーヴピエール瀧が語りで参加している。
  10. Oh! Monaliza (3:02)
    (作詞・作曲:Hiroyuki Hayashi)
  11. Jhout (2:50)
    (作詞・作曲:Hiroyuki Hayashi)
  12. The Next World (2:58)
    (作詞・作曲:Hiroyuki Hayashi)
  13. Skip it (3:48)
    (作詞・作曲:Fumi)
  14. Baby BIAS (2:53)
    (作詞・作曲:Hiroyuki Hayashi)
    4thシングル曲。
  15. Bye-Bye-Bye (2:41)
    (作詞・作曲:Hiroyuki Hayashi)

全編曲:POLYSICS

海外盤[編集]

海外盤は2種類存在するが、それぞれで収録曲が日本盤と異なり、また日本盤には当時アルバム未収録・未発売の楽曲(「Super Sonic」、「Metal Coconuts」、「Rain Rain Rain」)も収録されていた。それらは海外のみの流通ということもあり入手困難であったが、2010年に「BESTOISU!!!!」の初回盤ディスク2に収録され、晴れて日本国内でも入手可能となった。

US盤[編集]

#タイトル作詞作曲時間
1.「Tei! Tei! Tei!」Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi
2.「Coelakanth Is Android」(シーラカンス イズ アンドロイド)Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi, Fumi
3.「I My Me Mine」Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi
4.「Ah-Yeah!!」Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi
5.「Walky Talky」Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi
6.「Wild One」Michael Donald ChampsonNicky Chinn
7.「Super Sonic」(US盤のみ収録)Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi
8.「Toisu!」-Hiroyuki Hayashi
9.「Boy's Head」Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi
10.「Oh! Monaliza」Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi
11.「Jhout」Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi
12.「Mr. Psycho Psycho」(サイコサイコさん)Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi
13.「Skip It」FumiFumi
14.「Baby BIAS」Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi
15.「Bye-Bye-Bye」Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi
合計時間:

UK&Europe盤[編集]

収録曲[編集]

#タイトル作詞作曲時間
1.「Coelakanth Is Android」(シーラカンス イズ アンドロイド)Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi, Fumi
2.「I My Me Mine」Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi
3.「Ah-Yeah!!」Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi
4.「Walky Talky」Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi
5.「Wild One」Michael Donald ChampsonNicky Chinn
6.「Toisu!」-Hiroyuki Hayashi
7.「Metal Coconuts」(UK&Europe盤のみ収録)Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi
8.「Boy's Head」Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi
9.「Oh! Monaliza」Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi
10.「Baby BIAS」Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi
11.「Jhout」Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi
12.「Rain Rain Rain」(UK&Europe盤のみ収録)Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi
13.「Skip It」FumiFumi
14.「Mr. Psycho Psycho」(サイコサイコさん)Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi
15.「Life In Yellow」Hiroyuki HayashiHiroyuki Hayashi
合計時間: