小栗哲家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おぐり てつや
小栗 哲家
本名 同じ
生年月日 1949年
国籍 日本
職業 舞台監督
ジャンル 舞台
活動期間 1972年 - 現在
著名な家族 小栗了(長男)
小栗旬(二男)
山田優(二男の妻)
テンプレートを表示

小栗 哲家(おぐり てつや、1949年 - )は、愛知県半田市出身の舞台監督日本舞台監督協会理事。株式会社アートクリエイション代表取締役。

長男は演出家(株式会社アートクリエイション社長)の小栗了で、演出家へ転身するまで俳優として活動していた。二男は俳優の小栗旬で、二男の妻は女優でファッションモデル山田優

略歴[編集]

1972年から舞台監督助手として活動を始め、1976年関西二期会アルバート・ヘリング」で初めて舞台監督を務める。その後、二期会オペラ「フィガロの結婚」をはじめ、ウィーン国立歌劇場ミュンヘンバイエルン国立歌劇場ニューヨークメトロポリタン歌劇場などの引越し公演を手がけ、冨田勲のサウンドプロジェクトでも活躍。

自ら舞台監督集団、株式会社クリエイションを主宰する傍ら、プロダクション・スーパーバイザーとしても活動し、株式会社アートクリエイションを設立する。1992年愛知芸術文化センターのオープニングセレモニー、1998年びわ湖ホールのオープニングガラを手がけ、1999年1月同劇場でオペラ「ドン・カルロ」、11月にオペラ「群盗」に携わる。他に来日オペラハウス引越し公演、サイトウ・キネン・フェスティバル松本、ヘネシー・オペラシリーズ、日生オペラシリーズなど手がける。

現在は、東京芸術大学大学院音楽研究科応用音楽学非常勤講師。兵庫県立芸術文化センター企画制作アドバイザー。

人物[編集]

次男の小栗旬によれば、1年間に10日も休まず、昔からほとんど家におらず、海外へ行くなど「俺の2倍は忙しい人」、仕事の愚痴はあまり聞いたことがなく尊敬でき、ライバルでもある[1]

兵庫県立芸術文化センターの芸術監督で、「サントリー1万人の第九」の第2代指揮者に招聘された佐渡裕からの依頼をきっかけに、1999年から同公演の音楽監督を担当。長男の了も、スタッフとして公演に携わっている。2017年12月3日開催の第35回公演では、二男の旬を『歓喜に寄せて』の朗読ゲストに迎えたことによって、親子三代での「共演」を実現させた[2]。2020年11月30日の『1分間の深イイ話』(第35回公演の総合司会だった羽鳥慎一が司会を務める日本テレビの番組)では、哲家と了に対する羽鳥へのVTRインタビューや、哲家の教育方針に関する旬からのコメントが放送されている。

監督作品[編集]

など

脚注・出典[編集]

  1. ^ 日経エンタテインメント!』2008年4月号
  2. ^ 小栗旬、演出家の父・哲家氏と“初共演”「高ぶりました」”. スポニチ Sponichi Annex (2017年12月4日). 2022年6月1日閲覧。