小栗了

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小栗 了(おぐり りょう、1976年9月5日 - )は、日本演出家舞台監督実業家東京都出身。弟は俳優の小栗旬[1]。株式会社NACの代表取締役社長。ファイズマンクリエイティブに所属。

2001年から2006年までは俳優として活動していた。

来歴[編集]

1995年に映画監督を志し、アメリカの大学に留学[1]。大学では映画学部に所属し、演出や演技について学んだ[2]

2001年に帰国し、俳優としての活動を開始[1]蜷川幸雄が演出を手がけた舞台『間違いの喜劇[3]や映画『イントゥ・ザ・サン』などの作品に出演した。

2006年に俳優活動を引退[2]し、同時にオペラ制作会社のアートクリエーションに入社し、翌年にはアートクリエイションから会社分割する形で設立された株式会社NACの代表取締役社長に就任した[4]

2007年よりシルク・ドゥ・ソレイユシアター東京の立ち上げに携わり、2011年の閉鎖まで日本スタッフ代表を務めた[1]。以降、多数の企業のイベントやクラシックコンサートなどの演出の手がけている[1]

2019年4月19日、ファイズマンクリエイティブに所属したことを発表した[1]

人物[編集]

俳優をやめるきっかけとなったのが、明石家さんまと食事をしている際に言われた「夢に向かって好きなことをやればいい。女はすぐ裏切るが、夢は裏切らない。」という一言。この一言から「輝いている人をバックアップする仕事をしたい」と考えるようになり演出家に転身した[5]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 取調室 第19作「未亡人が暴く仮面夫婦の18年間 死者からの着信記録と強盗犯発生で勾留8日で取調べ中止」(2003年5月27日) - 唐津警察署 刑事

映画[編集]

声優[編集]

舞台[編集]

  • 幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門(2005年2月5日 - 28日)
  • 彩の国シェイクスピア・シリーズ第15弾「間違いの喜劇」(2006年2月24日 - 26日)

演出[編集]

  • LEGEND SYMPHONY vol.1 hide(2016年5月13日)[7][8]
  • FANTASIA -EPISODE 1 PRINCESS KAGUYA-(2017年11月18日) [9][10]
  • 巌流島 OUT ENEMY 2018 in MAIHAMA(2018年1月3日)
  • 千葉ロッテマリーンズ試合前・開幕戦セレモニー(2018年3月30日)[11][12]
  • 尾上松也オリジナル公演「百傾繚乱」(2018年7月21日・22日)[13]
  • WINTER WONDERLAND in MOOMINVALLEY PARK(2020年1月16日 - 3月8日)[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f “小栗旬の兄・小栗了、芸能事務所所属へ”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2019年4月19日). https://www.cinematoday.jp/news/N0108259 2020年4月19日閲覧。 
  2. ^ a b 権藤将輝 (2018年8月28日). NewLife - 新しい、スタート - (2) 毎日がスタート。元俳優、小栗了の人生を切り拓く熱中力. (インタビュー). マイナビ. マイナビニュース.. https://news.mynavi.jp/kikaku/newlife-2/ 2020年4月20日閲覧。 
  3. ^ 赤坂匡介 (2015年7月13日). 「お前は働き過ぎだから来るな」と言われて目が覚めた--NAC社長 小栗了. (インタビュー). コンデナスト・ジャパン. GQ Japan.. https://www.gqjapan.jp/life/business/20150713/my-player-coach-age-vol12 2020年4月20日閲覧。 
  4. ^ a b “ソニーのSound AR™によるサウンドウォークで新感覚体験! ムーミンの物語「ムーミン谷の冬」のリアルな世界へ。2020年1月16日(木)よりスタート” (プレスリリース), 株式会社ムーミン物語, (2019年12月17日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000063.000020740.html 2020年4月20日閲覧。 
  5. ^ “さんまの一言で俳優を引退した小栗旬の兄がバラエティー番組で心情を告白”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年4月30日). https://thetv.jp/news/detail/145538/p2/ 2020年4月20日閲覧。 
  6. ^ 劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 : 作品情報”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム. 2020年4月20日閲覧。
  7. ^ “hideの名曲がオーケストラで、【LEGEND SYMPHONY vol.1】にSUGIZOの出演が決定”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク). (2016年4月4日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/36596/2 2020年4月20日閲覧。 
  8. ^ “hide曲の初オーケストラ大盛況、SUGIZOが「ピンク スパイダー」捧げる”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年5月16日). https://natalie.mu/music/news/187323 2020年4月20日閲覧。 
  9. ^ “コンセプトは日本の美、日本発の音楽フェス「FANTASIA」レポート”. IT NEWS (Minory). (2017年12月1日). https://news.minory.org/27286.html 2020年4月20日閲覧。 
  10. ^ “イベント当日はかぐや姫役May'nの歌も!? 日本の美×音楽フェス【FANTASIA】記者会見発表会”. iFLYER (セブン・セブン・ハ―ツ). (2017年10月13日). https://iflyer.tv/article/2017/10/13/fantasia-004/ 2020年4月20日閲覧。 
  11. ^ 3/30(金)〜4/1(日)開幕シリーズイベント情報!!”. 千葉ロッテマリーンズ (2018年3月23日). 2020年4月20日閲覧。
  12. ^ “ロッテ開幕セレモニーで小栗了氏が“光”の演出「生まれ変わるがコンセプト」”. Full-count (株式会社Creative2). (2018年3月23日). https://full-count.jp/2018/03/23/post114201/ 2020年4月20日閲覧。 
  13. ^ “この夏、尾上松也が舞う!『百傾繚乱』7月21日(土)・22日(日)八ヶ岳の地で新たな舞台が開幕▷特別価格でチケット発売中!”. BUTAKOME (サンケイリビング新聞社). (2018年4月20日). https://ent.living.jp/other/85232/ 2020年4月20日閲覧。 

外部リンク[編集]