2019年の音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2019年の音楽(2019ねんのおんがく)では、2019年音楽分野に関する動向をまとめる。

2018年の音楽 - 2019年の音楽 - 2020年の音楽

日本で活躍したアーティスト[編集]

Billboard JAPAN TOP ARTISTS

※提供:Billboard JAPAN[1]

アーティスト別トータルセールス

※提供:オリコン[2]

動向[編集]

1月[編集]

  • 1日、「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の表記を「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」に変更[3]
  • 8日
    • 西野カナが2月1日 - 3日に横浜アリーナで行われる3DAYSライブ「Kana Nishino Love Collection Live 2019」をもって無期限活動休止をする旨を自身の公式ウェブサイト[4]、及び、公式ファンクラブ内にて発表した。
    • サザンオールスターズ桑田佳祐が桑田佳祐 & The Pin Boys名義で発売したシングル「レッツゴーボウリング」が2019年1月14日付のオリコン週間ランキングで1位を獲得したことにより、桑田が62歳11か月での1位獲得となりそれまで秋元順子が61歳7か月で保持していた最年長首位獲得を更新した。また、ソロとして30代、40代、50代、60代で首位獲得を記録し、史上初の「年齢4年代連続のシングル1位」も記録した[5]
  • 11日、男性歌謡グループ純烈のメンバー・友井雄亮が、自身に関する記事が週刊誌に掲載されたことを受けて記者会見を行い、記事内容の概ねを認め、グループからの脱退と芸能活動の引退を表明[6]
  • 15日、先月19日に発売した星野源の『POP VIRUS』が1月21日付のオリコン週間アルバムランキングで初登場から4週連続での1位を達成。4週連続のアルバム1位は宇多田ヒカルの『Fantôme』以来2年3ヶ月ぶり、男性ソロアーティストとしては徳永英明の『VOCALIST 4』以来8年8ヶ月ぶり[7]
  • 16日Fear, and Loathing in Las VegasのKeiが1月12日に急性心不全のため逝去。それに伴いアルバムリリース、ツアーや主催イベント「MEGA VEGAS」の開催などを一旦中止。活動自体は継続予定[8]
  • 17日三浦大知が2月24日に国立劇場で行われる式典「天皇陛下御在位三十年記念式典」の中で、天皇陛下作詞、皇后陛下作曲の「歌声の響」を披露することが発表された[9]
  • 27日が公式ファンクラブサイトに配信した動画にて2020年12月31日をもって活動を休止することを発表[10]。リーダーの大野智が同日をもって休養に入ることも記者会見で発表した[11]

2月[編集]

  • 11日欅坂46の2軍的存在として結成されたけやき坂46が、3年の活動を経て、2月11日にグループ名を日向坂46に改名することをサプライズで発表。活動中のグループの改名は坂道シリーズでは初。3月27日にデビューシングル「キュン」を発売[12]
  • 27日9nineが同年4月6日の単独ライブを以って活動を休止することを所属事務所が発表。メンバー個人の芸能活動は継続する[13]

3月[編集]

4月[編集]

  • 5日ヒトリエのボーカルwowakaが急性心不全のため逝去。オフィシャルサイトでは6日・7日の公演を「メンバーの諸事情」により中止する旨をアナウンスしていた。なおこの訃報に伴い全国ツアーは中止し、イベントはキャンセルとなった[18]
  • 22日、シンガーソングライターの岡村孝子急性白血病と診断されたことを、自身の公式ホームページなどで明らかにした。長期入院のため、6〜7月に予定されていたコンサートツアー全4公演を中止することも発表された[19][20][21]

5月[編集]

山口真帆の暴行被害[編集]

2018年12月8日、NGT48山口真帆が、新潟市内の自宅マンションの一室前で暴行被害を受けた。暴行の実行犯である男性2名は新潟県警逮捕されたものの、同月末に不起訴となり、釈放されている。この事件はメディア等でも報じられず、表沙汰になっていなかったが、2019年1月8日から翌日にかけて、山口自身がSHOWROOMおよびツイッターによって被害を告発したことで明るみに出た。告発内容は、他のNGT48メンバー複数名が事件に関与していたことや、NGT48の運営スタッフが適切な対応を行わなかったことを伺わせる内容であり、1月9日にNHKが報道したことで世間に知られることとなった[23]1月10日の3周年記念公演において山口本人がステージに立ち、騒動になったことについて謝罪を行った。責任者である劇場支配人(当時)の今村悦朗が姿を見せないまま被害者に謝罪をさせたとして、世界各国のメディアからもNGT48運営の姿勢に対して批判が集まった[24]。その後は公の場には姿を見せず、ツイッターでの「いいね」を除いて発信のない状況が続いていたが、3月22日、第三者委員会による調査報告に関するAKSの会見中にツイッターを計5度更新し、AKSの主張にリアルタイムで反論。会見に出席した記者が山口のツイートを見てAKS側に確認するという異例の展開となった[25]。4月21日、NGT48劇場で101日ぶりに公演に出演し、アンコールの後「(事務所社長に)会社を攻撃する加害者」と言われていたことを明かし[26]、「今の私にNGT48のためにできることは、卒業しかありません」と卒業を発表した[27][28]

6月[編集]

  • 13日KANA-BOONの飯田祐馬が5日から連絡が取れない状態であることと14日に行われるはずだったライブイベントの中止をサイト上で発表。その後無事帰宅したものの、医療機関で精神的な病気と診断され治療に専念するため飯田は一時活動休止となる(飯田不在の間はサポートベーシストを入れライブを行う)[29]
  • 14日、チケット不正転売禁止法が施行。これにより不正に転売したり転売目的で譲り受ける行為が禁止となった[30]

7月[編集]

  • 7日Czecho No Republicの武井優心とタカハシマイが入籍したことをオフィシャルホームページやSNSアカウントで手書きメッセージによって発表[31]

8月[編集]

  • 25日CHAGE and ASKAASKAがこの日、同デュオから脱退することを、自らの公式サイトにて表明した[32]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

日本のシングル[編集]

  • Billboard JAPAN Hot 100は米津玄師「Lemon」が史上初めて2年連続で年間1位を獲得した[50]
  • 「Lemon」はダウンロードでも2年連続年間1位となっており、これが大きく牽引してのHot 100年間1位となった[50]
  • ストリーミングではあいみょん「マリーゴールド」やOfficial髭男dism「Pretender」が年間上位となった[50]
  • CD売上は10年連続でAKB48が年間1位となっている。

Billboard Japan Hot 100 年間TOP25[編集]

Billboard JAPAN 集計期間: 2018年11月26日 - 2019年11月24日

[51]

CD年間TOP10[編集]

※提供:オリコン(2018年12月24日~2019年12月16日集計)[52]

ダウンロード(単曲)年間TOP10[編集]

Billboard JAPAN 集計期間: 2018年11月26日 - 2019年11月24日[53]

  • 1位 米津玄師「Lemon」
  • 2位 米津玄師「馬と鹿」
  • 3位 あいみょん「マリーゴールド」
  • 4位 back number「HAPPY BIRTHDAY」
  • 5位 菅田将暉「まちがいさがし」
  • 6位 Foorin「パプリカ」
  • 7位 Official髭男dism「Pretender」
  • 8位 米津玄師「Flamingo」
  • 9位 RADWIMPS愛にできることはまだあるかい
  • 10位 King Gnu「白日」

ストリーミング年間TOP10[編集]

Billboard JAPAN 集計期間: 2018年11月26日 - 2019年11月24日[54]

  • 1位 あいみょん「マリーゴールド」
  • 2位 Official髭男dism 「Pretender」
  • 3位 King Gnu「白日」
  • 4位 あいみょん「今夜このまま」
  • 5位 あいみょん 「君はロックを聴かない」
  • 6位 Official髭男dism「宿命」
  • 7位 Official髭男dism 「ノーダウト」
  • 8位 Foorin 「パプリカ」
  • 9位 菅田将暉 「まちがいさがし」
  • 10位 あいみょん 「愛を伝えたいだとか」

インディーズシングル年間10[編集]

演歌・歌謡年間10[編集]

配信ゴールド認定[編集]

作品名 認定
ミリオン
米津玄師馬と鹿 2020年4月
LiSA紅蓮華 2020年6月
Official髭男dismPretender 2020年9月
トリプル・プラチナ
菅田将暉まちがいさがし 2020年4月
King Gnu白日 2020年5月
ダブル・プラチナ
back numberHAPPY BIRTHDAY 2019年7月
プラチナ
米津玄師海の幽霊 2019年6月
RADWIMPS愛にできることはまだあるかい 2019年9月
RADWIMPS「グランドエスケープ (Movie edit) feat.三浦透子 2019年10月
Official髭男dism「宿命 2019年12月
Official髭男dism「イエスタデイ 2020年6月
あいみょんハルノヒ 2020年7月
YOASOBI夜に駆ける 2020年9月
椎名豪 featuring 中川奈美竈門炭治郎のうた 2020年11月
ゴールド
AimerI beg you 2019年1月
milet「inside you 2019年3月
MAN WITH A MISSIONRemember Me 2019年6月
ASCARESISTER 2019年7月
スピッツ優しいあの子 2019年8月
Aimer「STAND-ALONE 2019年8月
鈴木雅之ラブ・ドラマティック 2019年9月
milet「us 2019年10月
RADWIMPS「大丈夫 2019年11月
B'z兵、走る 2019年11月
King Gnu「飛行艇 2019年11月
Mrs. GREEN APPLEインフェルノ 2019年12月
FictionJunction feat.LiSA「from the edge 2020年1月
DA PUMPP.A.R.T.Y. 〜ユニバース・フェスティバル〜 2020年2月
三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBERat-tat-tat 2020年2月
King Gnu「 2020年2月
Little Glee MonsterECHO 2020年3月
King Gnu「Teenager Forever 2020年3月
ビリー・アイリッシュbad guy 2020年4月
miwaリブート 2020年4月
手塚翔太会いたいよ 2020年5月
Superflyフレア 2020年5月
LiSA「unlasting 2020年9月
瑛人香水 2020年10月

日本のアルバム[編集]

  • 嵐の『5×20 All the BEST!! 1999-2019』が2019年9月にダブルミリオンを突破した。アルバム作品の売上枚数が200万枚を突破したのは、2018年1月に安室奈美恵の『Finally』が記録して以来1年8ヶ月ぶり。

CD年間TOP25[編集]

ダウンロード年間TOP25[編集]

インディーズアルバム年間10[編集]

配信ゴールド認定[編集]

作品名 認定
Official髭男dismTraveler 2020年8月

日本のDVD・Blu-ray[編集]

年間TOP30

カラオケ年間50[編集]

Billboard Hot 100 年間TOP10[編集]

Billboard 集計期間: 2018年11月24日 - 2019年11月16日

[55]

各チャート[編集]

イベント[編集]

毎年恒例イベント[編集]

開催日 タイトル
1月5日 みそフェス2019
2月2日 BOMBER-E LIVE CIRCUIT 2019
2月2日・3日 でらロックフェスティバル 2019
2月10日 machioto2019
2月16日 BAYCAMP 201902
3月2日 OTO TO TABI 2019
3月2日 見放題東京2019
3月14日 フジイロックフェスティバル2019
3月16日 ビクターロック祭り2019
3月16日・17日 TENJIN ONTAQ 2019
3月16日・19日 HAPPY JACK 2019
3月21日 Download Festival Japan 2019
3月23日・24日 SANUKI ROCK COLOSSEUM 2019 -MONSTER baSH × I RADIO786-
3月23日・24日 NO NUKES 2019
3月23日・24日 HIROSHIMA MUSIC STADIUM -ハルバン'19-
3月23日・24日 IMAIKE GO NOW 2019
3月26日・27日・28日 ZIP! 春フェス2019
3月30日・31日 ツタロックフェス 2019
4月6日・7日 YON FES 2019
4月6日・7日 SYNCHRONICITY'19
4月13日・19日 Don't Stop Music Fes. TOCHIGI 2019
4月14日 トアロード・アコースティック・フェスティバル 2019
4月20日 CONNECT歌舞伎町MUSIC FESTIVAL2019
4月27日・28日 ARABAKI ROCK FEST.19
4月27日・28日 ニコニコ超会議19
5月3日・4日・5日・6日 VIVA LA ROCK 2019
5月4日 NIIGATA RAINBOW ROCK 2019
5月4日・5日・6日 JAPAN JAM 2019
5月11日 COMING KOBE 19
5月18日 ONION ROCK FESTIVAL 2019 -CHIBA DE CARNIVAL-
5月18日・19日 CIRCLE'19
5月18日・19日・25日・26日 METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2019
5月19日 NOISEMAKER presents KITAKAZE ROCK FES. 2019
5月25日 Shimokitazawa SOUND CRUISING 2019
5月31日・6月1日・2日 森、道、市場 2019
6月1日 hoshioto'19
6月1日・2日 百万石音楽祭2019〜ミリオンロックフェスティバル〜
6月1日・2日 SAKAE SP-RING 2019
6月15日 YATSUI FESTIVAL! 2019
6月15日・16日 SATANIC CARNIVAL'19
6月21日・22日・23日 20th Anniversary Live ランティス祭り2019 A・R・I・G・A・T・O ANISONG
6月22日・23日 FREEDOM NAGOYA2019 -10th Anniversary-
6月23日 ネコフェス2019
6月29日・30日・7月6日・7日 京都大作戦2019 〜倍返しです!喰らいな祭〜
7月6日 見放題2019
7月13日・14日 JOIN ALIVE 2019
7月20日 BAYCAMP KOBE 2019
7月20日・21日 NUMBER SHOT 2019
7月20日・21日 MURO FESTIVAL2019
7月20日〜8月18日 a-nation 2019
7月26日・27日・28日 FUJI ROCK FESTIVAL '19
7月26日・27日・28日 OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL VOL.10
8月2日・3日・4日 TOKYO IDOL FESTIVAL 2019
8月3日・4日・10日・11日・12日 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019
8月16日・17日 RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO
8月16日・17日・18日 SUMMER SONIC 2019
8月22日 ロックロックこんにちは!Ver.23 〜バック・トゥ・ザ・Nin-Nin Carnival 2018〜
8月23日・24日・25日 WILD BUNCH FEST. 2019
8月23日・24日 ロックロックこんにちは!Ver.23 〜News-23〜
8月24日 WORLD HAPPINESS 2019 with HACHINOHE
8月24日・25日 @JAM EXPO 2019
8月24日・25日 MONSTER baSH 2019
8月25日 Sky Jamboree 2019 ~one pray in nagasaki~
8月25日 未確認フェスティバル 2019
8月27日・28日 八食サマーフリーライブ 2019
8月30日・31日・9月1日 SPACE SHOWER TV 30TH ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER 2019
8月30日・9月1日 Animelo Summer Live 2019 -STORY-
8月31日・9月1日 RUSH BALL 2019
8月31日・9月1日 TRIANGLE'19
9月7日・8日 OTODAMA'18-'19〜音泉魂〜
9月7日・8日 風とロック芋煮会2019 イモニー村祭り
9月14日・15日 BAYCAMP 2019
9月14日・15日 シミズオクト Presents 氣志團万博2019 〜房総ロックンロール最高びんびん物語〜
9月14日・15日 秋田CARAVAN MUSIC FES 2019
9月14日・15日 New Acoustic Camp 2019 〜わらう、うたう、たべる、ねっころがる。 - 10th Anniversary MAGICAL CAMPING EVERLASTING! -
9月14日・15日・16日 KOYABU SONIC 2019
9月14日・15日・16日 TOKYO CALLING 2019
9月15日 Augusta Camp 2019
9月21日 騎馬武者ロックフェス 2019
9月21日・22日 イナズマロックフェス 2019
9月21日・22日 山人音楽祭 2019
9月21日・22日 宗像フェス ~Fukutsu Koinoura~
9月22日 京都音楽博覧会 2019 in 梅小路公園
9月27日・28日 長田大行進曲2019
9月28日・29日 中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2019
9月28日・29日 りんご音楽祭 2019
9月28日・29日 PIA MUSIC COMPLEX 2019 -ぴあフェス-
10月5日・6日 THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2019
10月5日・6日 マグロック2019
10月5日・6日 フライングドッグ 10周年記念 LIVE-犬フェス2!-
10月6日 HAWAIIAN6 presents ECHOES 2019
10月12日・13日 長岡米百俵フェス~花火と食と音楽と~2019
10月12日・13日・14日 FM802 30PARTY MINAMI WHEEL 2019
10月13日 阿波国 THE SOLAR BUDOKAN 2019
10月25日・26日・27日 ボロフェスタ2019
11月3日 鉄工島フェス 2019
11月9日 愛はズボーン presents 「アメ村天国2019」
12月7日・12月8日 下北沢にて'19
12月20日・21日・22日 年末調整GIG 2019
12月21日・12月22日 ポルノ超特急2019
12月21日・12月22日 MERRY ROCK PARADE 2019
12月25日・26日・27日 FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2019
12月27日・28日・29日・30日・31日 O-Crest YEAR END PARTY 2019 Special 5DAYS!
12月28日・29日・30日・31日 COUNTDOWN JAPAN 19/20
30日・31日 LIVE DI:GA JUDGEMENT 2019
12月31日 第70回NHK紅白歌合戦

日本武道館公演[編集]

東京ドーム公演[編集]

  • 1月1日 - Hey! Say! JUMP
  • 1月6日・7日 - NEWS
  • 2月25日 - マルーン5
  • 2月27日・28日 - 星野源
  • 3月29日・30日 - TWICE
  • 4月9日 - エド・シーラン
  • 4月18日・19日・20日 - 嵐
  • 4月24日・25日 - Nissy
  • 5月6日・7日・8日・9日 - Kis-My-Ft2
  • 5月19日・20日 - Mr.Children
  • 5月29日・30日 - ゆず
  • 6月15日・16日 - サザンオールスターズ
  • 6月29日・30日 - 嵐
  • 8月8日 - ジャニーズJr.
  • 9月1日・2日・3日 - 関ジャニ∞
  • 9月7日・8日 - ポルノグラフィティ
  • 9月18日・19日 - 欅坂46
  • 9月22日・23日・25日・26日 - 三代目 J SOUL BROTHERS
  • 10月30日・31日 - 嵐
  • 11月3日・4日 - BUMP OF CHICKEN
  • 11月7日・8日 - GENERATIONS from EXILE TRIBE
  • 11月19日・20日・21日 - 東方神起
  • 11月29日・30日・12月1日 - 嵐
  • 12月4日 - BLACKPINK
  • 12月6日・7日・8日 - AAA
  • 12月11日 - キッス
  • 12月14日・15日 - KinKi Kids
  • 12月19日 - UVERworld
  • 12月23日・24日・25日 - 嵐
  • 12月28日・29日・30日 - Hey! Say! JUMP

横浜アリーナ公演[編集]

  • 1月3日・4日・5日・6日 - ジャニーズWEST(4日・5日は二部制)
  • 1月8日 - A.B.C-Z(二部制)
  • 1月11日・12日 - MY FIRST STORY
  • 1月19日 - ニッポン放送オールナイトニッポン presents ALL LIVE NIPPON 2019
  • 1月20日 - そらまふうらさかのふゆやすみ!~明けまして新年会~
  • 1月22日・23日 - レキシ
  • 1月26日・27日 - 米津玄師
  • 1月29日・30日 - Red Velvet
  • 2月1日・2日・3日 - 西野カナ
  • 2月5日・6日・7日 - 福山雅治
  • 2月9日・10日 - ももいろクローバーZ
  • 2月11日 - PERFECT VALENTINE 2019
  • 2月14日 - PRINCE OF LEGEND PREMIUM LIVE SHOW
  • 3月2日・3日 - 高橋優
  • 3月5日・6日 - 日向坂46
  • 3月8日・9日 - ポルノグラフィティ
  • 3月10日 - シド
  • 3月12日・13日 - [ALEXANDROS]
  • 3月17日 - THE ORAL CIGARETTES
  • 3月21日・22日・23日 - SixTONES(21日・22日は二部制)
  • 3月24日・25日・25日 - Snow Man
  • 3月26日 - Travis Japan(二部制)
  • 3月30日 - TOKYO GIRLS COLLECTION 2019 SPRING/SUMMER
  • 3月31日 - TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2019
  • 4月4日・6日・7日 - 松任谷由実
  • 4月13日・14日 - サザンオールスターズ
  • 4月16日・17日 - My Hair is Bad
  • 4月23日・24日 - サラ・ブライトマン、YOSHIKI
  • 4月29日・30日 - LiSA
  • 5月2日・3日・4日・5日・6日 - Sexy Zone(2日以外は二部制)
  • 5月8日 - ENDRECHERI
  • 5月14日・15日 - 小田和正
  • 5月21日・22日 - MAN WITH A MISSION
  • 5月24日・25日・26日 - 乃木坂46
  • 5月28日・29日 - 宮野真守
  • 6月1日・2日 - ケツメイシ
  • 6月9日 - sumika
  • 6月11日・12日 - THE YELLOW MONKEY
  • 6月18日・19日 - ジェジュン
  • 6月23日 - Yokohama A-rin Collection
  • 6月23日 - 佐々木彩夏
  • 6月28日・29日 - BABYMETAL
  • 7月6日・7日 - back number
  • 7月9日・10日 - B'z
  • 7月13日・14日・15日 - J-WAVE LIVE 20th ANNIVERSARY EDITION
  • 7月19日・20日・21日 - King & Prince(全日二部制)
  • 8月9日・10日・11日 - KAT-TUN(10日・11日は二部制)
  • 8月22日・23日 - 欅坂46
  • 8月24日・25日 - @JAM EXPO 2019
  • 8月27日・28日・29日 - RADWIMPS
  • 9月8日 - 宮野真守
  • 9月23日 - the GazettE
  • 9月26日 - 908 FESTIVAL 2019
  • 9月29日 - 岡村隆史のオールナイトニッポン歌謡祭 in 横浜アリーナ2019
  • 10月14日・15日 - オースティン・マホーン、Travis Japan
  • 10月16日 - ショーン・メンデス
  • 10月17日 - the pillows
  • 10月19日・20日 - ゴールデンボンバー
  • 10月22日・23日 - EXO
  • 10月24日 - 浦島坂田船
  • 10月30日・31日 - SEVENTEEN
  • 11月1日 - NANA-IRO ELECTRIC TOUR 2019
  • 11月3日 - スタァライト九九組
  • 11月6日・7日 - ONE OK ROCK
  • 11月9日・10日 - バズリズムLIVE 2019
  • 11月17日 - 平井大
  • 11月19日・20日 - DOBERMAN INFINITY
  • 11月23日 - ANIMAX MUSIX 2019 YOKOHAMA
  • 12月4日 - 矢沢永吉
  • 12月7日・8日 - Mrs. GREEN APPLE
  • 12月9日・10日 - 星野源、マーク・ロンソン
  • 12月12日・14日・15日 - スピッツ
  • 12月17日・18日 - あいみょん
  • 12月20日 - そらまふうらさか
  • 12月21日 - UVERworld
  • 12月26日 - THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
  • 12月28日・29日 - テミン
  • 12月31日 - 第3回 ももいろ歌合戦

スポーツ大会のテーマソング[編集]

ラグビーワールドカップ2019

ワールドカップバレーボール2019

サブスクリプション解禁[編集]

主要な賞[編集]

受賞作・受賞者
第67回尾高賞
第62回グラミー賞
第61回日本レコード大賞
第52回JBA下谷賞
  • 福島弘和「舞踏幻想曲「ハンヤ」」
  • 近藤礼隆「吹奏楽のための狂詩曲~九頭龍大神の伝説による」
第52回日本作詩大賞
第51回サントリー音楽賞
第49回ENEOS音楽賞
第37回JASRAC賞
第37回咲くやこの花賞 音楽部門
  • 松浦奈々
第33回 日本ゴールドディスク大賞
  • アーティスト・オブ・ザ・イヤー邦楽 - 安室奈美恵
  • アーティスト・オブ・ザ・イヤー洋楽 - クイーン
第30回朝日作曲賞 (吹奏楽)
  • 平山雄一「トイズ・パレード」
第30回出光音楽賞
第30回日本製鉄音楽賞
第29回芥川作曲賞 稲森安太己『擦れ違いから断絶 大アンサンブルのための』
第27回渡邉暁雄音楽基金
  • 渡邉暁雄音楽基金音楽賞 - 該当者なし
  • 渡邉暁雄音楽基金特別賞 - 本名徹次、山田正幸
第23回SPACE SHOWER MUSIC AWARDS
アーティスト・タイトル
ARTIST OF THE YEAR
PEOPLE'S CHOICE
星野源
VIDEO OF THE YEAR RADWIMPSカタルシスト」(監督:柿本ケンサク
ALBUM OF THE YEAR 星野源「POP VIRUS
SONG OF THE YEAR 米津玄師Lemon
BEST BREAKTHROUGH ARTIST Nulbarich
BEST MALE ARTIST 米津玄師
BEST FEMALE ARTIST 宇多田ヒカル
BEST GROUP ARTIST [Alexandros]
BEST POP ARTIST 星野源
BEST ROCK ARTIST WANIMA
BEST PUNK/LOUD ROCK ARTIST 04 Limited Sazabys
BEST ALTERNATIVE ARTIST cero
BEST GROOVE ARTIST STUTS
BEST HIP HOP ARTIST BAD HOP
BEST INTERNATIONAL ARTIST アリアナ・グランデ
BEST LIVE PRODUCTION サカナクション
BEST COLLABORATION 東京スカパラダイスオーケストラ「明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次」
BEST RESPECT ARTIST サザンオールスターズ
BEST NEW VISION マキシマム ザ ホルモン
BEST ACTIVE OVERSEAS RADWIMPS
BEST LIVE PRODUCTION SEKAI NO OWARI
BEST CREATIVE ARTIST あいみょん
BEST MUSIC FILM Hi-STANDARD「SOUNDS LIKE SHIT:the story of Hi-STANDARD」
BEST CONCEPTUAL VIDEO PUNPEE「タイムマシーンにのって」(監督:Ghetto Hollywood
BEST ART DIRECTION VIDEO きゃりーぱみゅぱみゅ「音ノ国」(監督:ファンタジスタ歌磨呂
BEST VIDEO DIRECTOR 山田智和
第18回MTV Video Music Awards Japan 2020
アーティスト・タイトル 監督
最優秀ビデオ賞 King Gnu白日 Osrin
最優秀邦楽男性アーティストビデオ賞 三浦大知片隅 シミズヒロタカ
最優秀洋楽男性アーティストビデオ賞 カリード「Talk」
最優秀邦楽女性アーティストビデオ賞 あいみょん今夜このまま 山田智和
最優秀洋楽女性アーティストビデオ賞 テイラー・スウィフト「Me!」 DAVE MEYERS/TAYLOR SWIFT
最優秀邦楽グループビデオ賞 欅坂46黒い羊 新宮良平
最優秀洋楽グループビデオ賞 The 1975「Sincerity is Scary」 WARREN FU
最優秀邦楽新人アーティストビデオ賞 King Gnu「白日」 Osrin
最優秀洋楽新人アーティストビデオ賞 ビリー・アイリッシュ「Bad Guy」 DAVE MEYERS
最優秀ロックビデオ賞 BUMP OF CHICKEN「Aurora」 林響太朗
最優秀オルタナティブビデオ賞 BiSHstereo future 大喜多正毅
最優秀ヒップホップビデオ賞 KREVA「音色 ~2019 Ver.~」 大喜多正毅
最優秀ダンスビデオ賞 サカナクション「忘れられないの」 田中裕介
最優秀コラボレーションビデオ賞 椎名林檎宮本浩次獣ゆく細道 児玉裕一
最優秀振付け賞 日向坂46キュン 安藤隼人
最優秀アーティスト賞 ONE OK ROCK
最優秀楽曲賞 Official髭男dismPretender
最優秀アルバム賞 星野源POP VIRUS
MTV Breakthrough Song Foorinパプリカ
Best Buzz Award BTS
Rising Star Award BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE
MTV Rock the World Award GLAY
第12回全日本吹奏楽連盟作曲コンクール 尾方凜斗「吹奏楽のための『幻想曲』―アルノルト・シェーンベルク讃」
第11回CDショップ大賞
第11回ビルボード・ジャパン・ミュージック・アワード
第10回岩谷時子賞
第9回MPA賞
第8回アイドル楽曲大賞
第6回アイドルソロクイーンコンテスト
第3回NexTone Award
第2回APPLE VINEGAR - Music Award -
第1回日本演歌歌謡大賞
  • 大賞 - 氷川きよし「勝負の花道」
第1回NEXT IDOL GRANDPRIX
平成アニソン大賞

メジャーデビュー[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

新人セールス[編集]

  • 1位 - IZ*ONE/11.5億
  • 2位 - すとぷり/6.3億
  • 3位 - BEYOOOOONDS/2.7億
  • 4位 - milet/1.7億
  • 5位 - BALLISTIK BOYS from EXILE TRIBE/1.5億
  • 6位 - さとみ/1.4億
  • 7位 - ASTRO/1.2億
  • 8位 - コロナナモレモモ/1.2億
  • 9位 - The Boyz/0.8億
  • 10位 - 手塚翔太/0.8億
  • 11位 - パク・ボゴム/0.7億
  • 12位 - Hi☆Five/0.7億
  • 13位 - ATEEZ/0.6億
  • 14位 - ONEUS/0.6億
  • 15位 - DREAM MAKER/0.6億
  • 16位 - mirage2/0.5億
  • 17位 - 26時のマスカレイド/0.5億
  • 18位 - 三浦春馬/0.5億
  • 19位 - 美波/0.5億
  • 20位 - Kiuzna AI (キズナアイ)/0.4億

結成[編集]

アイドル[編集]

バンド・音楽グループ・音楽ユニット[編集]

活動再開・再結成[編集]

活動休止・解散・引退予定[編集]

活動休止[編集]

解散[編集]

引退[編集]

脱退(卒業)[編集]

逮捕[編集]

1月28日 SIMON JAP 暴行容疑
3月12日 ピエール瀧電気グルーヴ 麻薬取締法違反容疑
4月19日 浦田直也AAA 暴行容疑
5月22日 田口淳之介(元KAT-TUN 大麻取締法違反容疑
7月19日 JESSEKenKenRIZE 大麻取締法違反容疑
8月1日 Lin(NOCTURNAL BLOODLUST 大麻取締法違反容疑
9月21日 HOTOKE・KEISUKE(REIGA 大麻取締法違反容疑
11月3日 鎮座DOPENESSFNCY 大麻取締法違反容疑(現行犯)
11月6日 田代まさしラッツ&スター 覚せい剤取締法違反容疑(3回目)
11月16日 沢尻エリカ 麻薬取締法違反容疑

改名・表記変更[編集]

結婚・出産・離婚[編集]

結婚[編集]

出産[編集]

特に記載がない場合第一子

離婚[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2019年10月24日メディア発表[57]

出典[編集]

  1. ^ 【ビルボード 2019年間 TOP Artists】上半期に続きあいみょんが米津玄師を抑え総合1位に | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2020年10月31日閲覧。
  2. ^ 【オリコン年間ランキング 2019】嵐が18年ぶり200億円超えで総合首位、米津玄師、あいみょん、髭男がデジタルシーンを席巻 オリコン 2019年12月23日配信、閲覧
  3. ^ 三代目 J SOUL BROTHERSが3月にシングル発売、4月からは5大ドームツアー”. 音楽ナタリー (2019年1月1日). 2019年1月10日閲覧。
  4. ^ 西野カナが活動休止「最高の20代」紅白は9年連続”. 日刊スポーツ (2019年1月8日). 2019年1月10日閲覧。
  5. ^ 桑田佳祐、歴代最年長1位&史上初の4年代シングル連続1位 オリコン 2019年1月8日
  6. ^ 純烈・友井雄亮 グループ脱退、芸能界引退を発表 DV報道認め涙の謝罪”. スポニチアネックス (2019年1月11日). 2019年1月11日閲覧。
  7. ^ 星野源、『POP VIRUS』がアルバムランキング4週連続1位獲得。5大ドームツアーは即日完売”. rockinon.com (2019年1月15日). 2019年1月17日閲覧。
  8. ^ Fear, and Loathing in Las VegasのベーシストKeiが死去”. 音楽ナタリー (2019年1月16日). 2019年1月18日閲覧。
  9. ^ 三浦大知、天皇陛下ご在位30年式典で記念演奏”. 音楽ナタリー (2019年1月17日). 2019年1月18日閲覧。
  10. ^ 嵐、2020年をもって活動を休止 ファンクラブサイトで発表 オリコン 2019年1月27日
  11. ^ 【嵐緊急会見】嵐・大野智、2021年から芸能活動休止 会見で涙も「申し訳ない気持ちがある…」 オリコン 2019年1月27日
  12. ^ けやき坂46が「日向坂(ひなたざか)46」に電撃改名」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2019年2月11日。2019年2月13日閲覧。
  13. ^ 9nineが活動休止を発表 4・6単独ライブで 今後は個人で活動へ”. デイリースポーツ online (2019年2月27日). 2019年2月27日閲覧。
  14. ^ “AKBグループ恒例の「選抜総選挙」、今年は開催せず”. スポーツ報知. (2019年3月13日). https://hochi.news/articles/20190313-OHT1T50180.html 2019年3月13日閲覧。 
  15. ^ Kalafina、解散を発表”. BARKS (2019年3月13日). 2019年3月13日閲覧。
  16. ^ やなわらばー、2020年末での解散発表 20周年へ向け「前進し夢をつかむ」”. ORICON NEWS (2019年3月13日). 2019年3月13日閲覧。
  17. ^ “いつも応援してくれる皆さんへ”. 西野カナ オフィシャルサイト (ソニー・ミュージックアーティスツ). (2019年3月19日). https://www.nishinokana.com/sp/info/archive/?505105 2019年7月2日閲覧。 
  18. ^ ヒトリエのwowaka、急性心不全により31歳で死去”. rockinon.com (2019年4月8日). 2019年4月8日閲覧。
  19. ^ “岡村孝子さん、急性白血病で治療専念 公演は中止に”. 朝日新聞デジタル. (2019年4月22日). https://www.asahi.com/articles/ASM4Q3QN8M4QUTFL002.html 2019年4月22日閲覧。 
  20. ^ “岡村孝子が白血病「お会いできる日を信じて頑張る」”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2019年4月22日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201904220000306.html 2019年4月22日閲覧。 
  21. ^ “岡村孝子さんが診断を受けた急性白血病とは”. ヨミドクター. 読売新聞社. (2019年4月22日). https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190422-OYTET50010/ 2019年4月22日閲覧。 
  22. ^ つばきファクトリー 浅倉樹々 活動休止のお知らせ|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト
  23. ^ ファン2人がアイドル宅押しかけ. NHK.(2019年1月9日付) 2019年1月20日閲覧。
  24. ^ 内田コースケ. NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝罪文化」. Newsweek日本版.(2019年1月16日付) 2019年1月20日閲覧。
  25. ^ 山口真帆のツイッターに「いいね!」26万件、会見中に異例反論ツイート”. デイリースポーツ (2019年4月1日). 2019年4月1日閲覧。
  26. ^ NGT卒業発表の山口真帆「会社を攻撃する加害者と言われていました」”. SANSPO.COM(サンスポ). 産経デジタル (2019年4月21日). 2019年4月21日閲覧。
  27. ^ NGT48山口真帆、卒業を発表「今の私にNGT48のためにできることは、卒業しかありません」”. ORICON NEWS. oricon ME (2019年4月21日). 2019年4月21日閲覧。
  28. ^ 「黙ってた思いを言いたい」 NGT48山口さんの“卒業論文”全文”. 産経ニュース. 産経デジタル (2019年4月21日). 2019年4月21日閲覧。
  29. ^ KANA-BOON飯田祐馬が一時活動休止、バンドはサポート迎え活動継続”. 音楽ナタリー (2019年6月16日). 2019年6月26日閲覧。
  30. ^ 音楽・スポーツ業界待望の「チケット不正転売禁止法」施行 チケット会社の新システム稼働”. ORICON NEWS (2019年6月14日). 2019年8月20日閲覧。
  31. ^ Czecho No Republicの武井優心とタカハシマイが入籍”. 音楽ナタリー (2019年7月7日). 2019年9月3日閲覧。
  32. ^ a b c “ASKAさんが脱退を表明 活動休止中のチャゲアス”. NHK NEWS WEB. 日本放送協会 (NHKオンライン). (2019年8月25日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190825/k10012048001000.html 2019年8月25日閲覧。 
  33. ^ “関係者の返礼品に秘蔵フォトアルバム ジャニーさん語録も収録”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2019年9月5日). https://hochi.news/articles/20190904-OHT1T50312.html 2019年9月6日閲覧。 
  34. ^ a b “関ジャニ・錦戸亮、ジャニーズを退所…ジャニーさんお別れの会一夜明け激震”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2019年9月6日). https://hochi.news/articles/20190905-OHT1T50232.html 2019年9月6日閲覧。 
  35. ^ “Flower中島美央が妊娠&入籍、グループは今月をもって解散”. 音楽ナタリー. (2019年9月20日). https://natalie.mu/music/news/348448 2019年9月20日閲覧。 
  36. ^ “DJ 松永「DMC」優勝で世界一のDJに”. 音楽ナタリー (ナタリー). (2019年9月). https://natalie.mu/music/news/349438 2019年10月8日閲覧。 
  37. ^ “TOKIO城島、菊池梨沙と結婚!ジャニーズ史上最大24歳差&最高齢48歳”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年9月28日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190928/mrg19092804010002-n1.html 2019年9月28日閲覧。 
  38. ^ “TOKIO城島茂、結婚する菊池梨沙の妊娠を生発表…「お腹の中には子供がいます」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年9月28日). https://hochi.news/articles/20190928-OHT1T50036.html 2019年9月28日閲覧。 
  39. ^ “飯田祐馬、KANA-BOON脱退を発表「この選択に後悔はありません」 6月に音楽活動を一時休止”. ORICON NEWS. (2019年11月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2148562/full/ 2019年11月14日閲覧。 
  40. ^ 嵐の二宮和也が結婚報告「温かく見守って頂けましたら」” (日本語) (2019年11月12日). 2019年11月12日閲覧。
  41. ^ 二宮和也、「かねてよりお付き合いをさせていただいている方」と結婚発表 ファンからは「ニノロス」「仕事行きたくない」と悲鳴も” (2019年11月12日). 2019年11月12日閲覧。
  42. ^ 「嵐」の二宮和也さんAさんとの結婚を公表” (2019年11月12日). 2019年11月12日閲覧。
  43. ^ “川村ゆきえ、backnumberのドラム・栗原寿と結婚「安心感を与えてくれる存在」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年11月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2149409/full/ 2019年12月23日閲覧。 
  44. ^ “「氷川さんのおかげです」松岡弘一氏に日本作詩大賞”. 日刊スポーツ. (2019年12月15日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201912140000854.html 2019年12月15日閲覧。 
  45. ^ “平均年齢11・2歳Foorin「パプリカ」最年少レコ大あるぞ!優秀作品賞ノミネート”. スポニチアネックス. (2019年11月16日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/11/16/kiji/20191115s00041000497000c.html 2019年12月7日閲覧。 
  46. ^ “Foorin、最年少レコ大「パプリカ」みんな踊った 令和初は平均年齢11・2歳5人組”. スポーツ報知. (2019年12月31日). https://hochi.news/articles/20191230-OHT1T50250.html 2019年12月31日閲覧。 
  47. ^ “最優秀新人賞はBEYOOOOONDS 「眼鏡の男の子」で8月にデビュー”. サンケイスポーツ. (2019年12月31日). https://www.sanspo.com/geino/news/20191231/ido19123104000001-n1.html 2019年12月31日閲覧。 
  48. ^ “土屋太鳳「すてきな時間共有」 2年連続レコ大司会に決定”. 中日スポーツ. (2019年12月6日). https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2019120602100007.html 2019年12月7日閲覧。 
  49. ^ “LDH、ヤフオク!ドームで初のカウントダウンライブ開催”. 音楽ナタリー. (2019年5月25日). https://natalie.mu/music/news/332932 2019年5月25日閲覧。 
  50. ^ a b c 【ビルボード 2019年間 HOT 100】米津玄師「Lemon」計5冠で日米ビルボード HOT 100史上初の2年連続制覇達成<12/6修正> | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2020年11月1日閲覧。
  51. ^ http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=hot100_year&year=2019
  52. ^ 年間シングルランキング 1位~25位 オリコン 2019年12月23日配信、閲覧
  53. ^ Billboard Japan Top Download Songs Year End | Charts” (日本語). Billboard JAPAN. 2020年11月3日閲覧。
  54. ^ Billboard Japan Top Streaming Songs Year End | Charts” (日本語). Billboard JAPAN. 2020年11月3日閲覧。
  55. ^ http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=uhot100_year&year=2019
  56. ^ “アンカフェ、来年1月で活動休止へ”. 日テレNEWS24. 日本テレビ (日本テレビ). (2018年6月22日). http://www.news24.jp/articles/2018/06/22/08396653.html 2018年6月25日閲覧。 
  57. ^ “衛藤美彩「彼の活躍が私の幸せ」西武源田と結婚”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年10月24日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201910240000050.html 2019年12月31日閲覧。 

関連項目[編集]