モーネスキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • マネスキン
  • モーネスキン
Måneskin
Måneskin logo.svg
Maneskin 2018.jpg
左からイーサン、ヴィクトリア、ダミアーノ、トーマス
基本情報
出身地 イタリアの旗 イタリアローマ
ジャンル オルタナティヴロックファンクロックラップロックストーナーロックグラムロック
活動期間 2016年 – 現在
レーベル フロンティアーズ・レコードソニー・ミュージック
公式サイト https://www.maneskin.it
メンバー

マネスキンデンマーク語: Måneskinデンマーク語発音: [ˈmɔːnəˌske̝nˀ][1]イタリア語: [ˈmɔːneskin][2])は、イタリアロックバンド。バンド名はデンマーク語で「月光」の意味。ベーシストのヴィクトリアがイタリアとデンマークルーツを持つことから、この名称に決定。ソニー・ミュージックエンタテインメントの紹介ページではマネスキンと表記されている[3]。ウィキペディアの最初の登録が原音に近いモーネスキンと記載されてしまっていたため、ファンの一部にはモーネスキンと呼ぶ者も一定数いるが、人気上昇や初来日決定をきっかけにマネスキンに統一する動きが強まっている。

経歴[編集]

ローマモンテヴェルデ英語版にある同じリチェオ(中等学校)英語版の生徒で、2016年にバンド活動を始め[4][5]、元の女性ボーカルと入れ替わる形でダミアーノが加入[6]。最初はローマのコッリ・ポルトゥエンシ通りやコルソ通りを含むローマ歴史地区ストリートミュージシャンとして演奏した[5]

2017年にイタリアのコンテスト番組『Xファクターイタリア』の第11シーズンに出場し、2位を獲得した後、名声を博した[7]

2021年に「Zitti e buoni」という曲をもってサンレモ音楽祭2021で優勝し、その後イタリア代表としてユーロビジョンソングコンテスト2021に出場し、合計524点で優勝した[8][9]

2022年8月20日・21日にSUMMER SONIC 2022に出演の為、初来日[10][11][12]。また『SUMMER SONIC EXTRA』と題し、2022年8月18日に豊洲PITにて初単独公演も開催した[13][11][14]

メンバー[編集]

[15]

名前 生年月日 担当
ダミアーノ・ダヴィド (1999-01-08) 1999年1月8日(24歳) ボーカル
ヴィクトリア・デ・アンジェリス英語版 (2000-04-28) 2000年4月28日(22歳) ベース
トーマス・ラッジ (2001-01-18) 2001年1月18日(22歳) ギター
イーサン・トルキオ (2000-10-08) 2000年10月8日(22歳) ドラム

2021年2月のコリエーレ・デラ・セラでのインタビューで、ヴィクトリアはバイセクシュアルと自称した[16]。また、ダミアーノはモデルのジョルジャ・ソレリと交際している[17]

ヴィクトリアがいつもテープで乳首を隠して、トップレスの衣装でライブ・パフォーマンスを行うことについて、本人は「誰しもが自分らしくいられるべきで、自分が好きな見た目であっていい」と思っているものの、「女性の身体というのはいつだって性的に見られて(来た)」と言い、「それは最悪なこと」で「乳首を隠さざるを得ない」理由だと説明。本当は乳首さえ出していたいほどだという[11]。2022年、サマーソニックの大阪ステージでは、途中でテープが剥がれたまま演奏している。

メンバーが日本のアニメファンを公言しており、グッズも多数所持していると言う[18]。来日時のライブでは、『進撃の巨人』の「心臓を捧げよ!」をアカペラで披露している[19]。またダミアーノは『BEASTARS』の読者であり、来日時に対面した縁から、作者の板垣巴留によるコラボイラストが描き下ろされた[20]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • Il ballo della vita(2018)
  • Teatro d'ira: Vol. 1[21](2021)(第14回CDショップ大賞2022 洋楽賞受賞作品[22]
  • Rush!(2023)

EP[編集]

  • Chosen(2017)

シングル[編集]

  • Chosen(2017)
  • Morirò da re(2018)
  • Torna a casa(2018)
  • Fear for Nobody(2019)
  • L'altra dimensione(2019)
  • Le parole lontane(2019)
  • Vent'anni(2020)
  • Stato di natura(フランチェスカ・ミキエリン feat. モーネスキン、2020)
  • Zitti e buoni(2021)
  • SUPERMODEL(2022)

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

  • This Is Måneskin(2018年)

脚注[編集]

  1. ^ måneskin” (デンマーク語). Den Danske Ordbog. 2019年1月10日閲覧。
  2. ^ X Factor Italia (6 December 2017). I Måneskin in collegamento dal Polo Nord | Videodiario 7. YouTube (イタリア語). 2019年1月10日閲覧
  3. ^ マネスキン ソニー・ミュージックエンタテインメント
  4. ^ Maneskin” (Italian). Sky Italia (2017年10月19日). 2018年11月2日閲覧。
  5. ^ a b Alessandra Paolini (2017年11月26日). “Ciclone Maneskin, il rock è coatto: Semo de Roma” (Italian). ラ・レプッブリカ. 2018年11月2日閲覧。
  6. ^ (English) 『LookLab Måneskin– Italy 🇮🇹 with NikkieTutorials』https://www.youtube.com/watch?v=YoFc3xyEC2I2021年5月20日閲覧 
  7. ^ Luigi Bolognini (2017年12月15日). “TV X Factor, la vittoria di Lorenzo Licitra: la voce del tenore batte il glam rock dei Maneskin”. la Repubblica. 2018年10月5日閲覧。
  8. ^ “Eurovision 2021 winner: Italy's Måneskin takes the victory with "Zitti e buoni"”. wiwibloggs. (2021年5月22日). https://wiwibloggs.com/2021/05/22/eurovision-2021-winner-italys-maneskin-takes-the-victory-with-zitti-e-buoni/265446/ 2021年5月22日閲覧。 
  9. ^ “Sanremo, i Maneskin raccontano il loro brano "Zitti e buoni"”. Il Tempo. (2021年3月2日). https://www.iltempo.it/tv-news/2021/03/02/video/sanremo-i-maneskin-raccontano-il-loro-brano-zitti-e-buoni--26394985/ 2021年3月4日閲覧。 
  10. ^ SUMMER SONIC 2022 にて遂に初来日が決定!”. ソニーミュージック マネスキン公式サイト. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2022年2月15日). 2022年8月22日閲覧。
  11. ^ a b c マネスキン、ヴィクトリアがトップレスのステージ衣装に込めたメッセージ”. フロントロウ. 株式会社オウトグラフ・プロダクション (2022年8月22日). 2022年8月23日閲覧。
  12. ^ Hiroko Shintani (2022年8月26日). “マネスキン、サマソニの伝説的ライブで体現した「新世代のロック」と「平等意識」”. Rolling Stone Japan. CCCミュージックラボ株式会社. 2022年8月27日閲覧。
  13. ^ MÅNESKIN SUMMER SONIC EXTRA”. クリエイティブマンプロダクション. 2022年8月22日閲覧。
  14. ^ マネスキン、熱狂の初来日公演「お前らみんなヤバイ」”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2022年8月19日). 2022年8月24日閲覧。
  15. ^ Måneskin” (Italian). Rolling Stone. 2018年10月5日閲覧。
  16. ^ Parente (2021年2月12日). “Sanremo 2021, i Maneskin si spogliano e parlano di libertà sessuale”. 2021年5月23日閲覧。
  17. ^ Valeria Pini (2021年5月11日). “Vulvodinia, cosa è: Giorgia Soleri, la fidanzata di Damiano dei Maneskin racconta la sua malattia” (イタリア語). La Repubblica. 2021年5月25日閲覧。
  18. ^ You Tube「Sony Music Japanチャンネル」(マネスキンから8月の初来日に向けてコメント映像が到着!)2022年6月14日
  19. ^ X JAPANやLUNA SEAのメンバーらがマネスキンの単独公演へ”. フロントロウ. 株式会社オウトグラフ・プロダクション (2022年8月21日). 2022年8月24日閲覧。
  20. ^ 板垣巴留「BEASTARS」×マネスキンのコラボイラスト公開、メンバーとレゴシたちが共演”. 音楽ナタリー (2022年9月29日). 2022年9月29日閲覧。
  21. ^ Måneskin|マネスキン - 「I Wanna Be Your Slave」 (日本語字幕ver) - YouTube”. 2021年7月21日閲覧。
  22. ^ @@cdshop_taisho (2022年3月7日). "第14回CDショップ大賞2022 洋楽賞受賞" (ツイート). Twitterより2023年1月17日閲覧

外部リンク[編集]