奏 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
奏(かなで)
スキマスイッチシングル
初出アルバム『夏雲ノイズ
B面 僕の話 -プロトタイプ-
蕾のテーマ <Instrumental>
リリース
規格 12cmCDシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル BMGファンハウス
作詞・作曲 スキマスイッチ
ゴールドディスク
  • ミリオン(シングルトラック、日本レコード協会)
チャート最高順位
スキマスイッチ シングル 年表
view
2003年
奏(かなで)
(2004年)
ふれて未来を
(2004年)
ミュージックビデオ
「奏(かなで)」 - YouTube
テンプレートを表示

奏(かなで)」は、スキマスイッチ2004年3月10日に発売した2枚目のシングル。初回生産限定盤・通常盤の2種同時発売で、初回盤のCDはエンハンストCD仕様。

解説[編集]

  • 1stシングル「view」から約8ヶ月ぶりのリリース。
  • このシングルから10thシングル「マリンスノウ」まで以下のスタイルが確立される。
    • 1.A面曲
    • 2.B面曲
    • 3.Instrumental曲
    • 4.A面曲のカラオケバージョン(Backing Track)
  • 最高位22位ながらオリコンチャートに38週ランクインを記録するロングヒットとなった[1]

収録曲[編集]

全作詞・作曲・編曲:スキマスイッチ

  1. 奏(かなで) [5:31]
    • 映画『ラフ ROUGH』挿入歌、フジテレビ系4夜連続ドラマ『卒うた』第3夜主題歌。2006年に放送された『熱闘甲子園』の最終日エンディングテーマとしても使われた(OP曲は「スフィアの羽根」。この年は最終日を除いてEDテーマがなかった)。
    • 曲名はなかなか決まらなかったが、大橋が「将来自分に子供が生まれたら男でも女でも『奏(かなで)』とつけよう」と決めていることを、ポロッと口に出したら好評を得て決まった[2]
    • この曲で『第58回NHK紅白歌合戦』に3度目の出場を果たした。
    • 2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震を受けて、スタジオで演奏した本曲の映像をYouTubeにアップした。
    • 2012年に実施された、5thアルバム『musium』までの楽曲を対象としたファン投票で1位となり、『DOUBLES BEST』に収録された。発売に合わせ、DOUBLES VersionのPVが製作された。
    • 2014年5月度の日本レコード協会リリースにおいて、フル配信での100万DL認定が発表された[3]。本作の配信開始から8年4か月後のミリオン達成であった。
  2. 僕の話 -プロトタイプ- [4:16]
  3. 蕾のテーマ <Instrumental> [3:33]
  4. 奏(かなで) <Backing Track> [5:28]

初回特典エンハンストCD[編集]

  1. 「奏(かなで)」ビデオクリップ
  2. メイキング#1〜レコーディング編〜
  3. メイキング#2〜ジャケット&プロモーションビデオ撮影編〜

奏(かなで)for 一週間フレンズ。[編集]

奏(かなで)for 一週間フレンズ。
スキマスイッチシングル
初出アルバム『奏(かなで)for 一週間フレンズ。』
リリース
ジャンル J-POP
レーベル アリオラジャパン
作詞・作曲 スキマスイッチ
テンプレートを表示

収録曲[編集]

全作詞・作曲・編曲:スキマスイッチ

  1. 奏(かなで)for 一週間フレンズ。

収録アルバム[編集]

インディーズ
  • 僕の話』(#2)
    • 歌詞がかなり異なっている。
オリジナル
ベスト

ライブ

カバー[編集]

奏(かなで)

2014年7月5日放送のフジテレビミュージックフェア」では、スキマスイッチ・雨宮・ハートが共演で「奏」を披露した[5]

脚注[編集]