KOHH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
KOHH
KOHH2016.jpg
基本情報
出生名 千葉 雄喜
別名 YELLOW T20、Chiba Yuki
生誕 (1990-04-22) 1990年4月22日(32歳)
出身地 日本の旗 東京都北区[1]
ジャンル ヒップホップ
職業 ラッパー歌手ソングライター音楽プロデューサー
活動期間 2008年 - 2022年
レーベル GUNSMITH PRODUCTION
事務所 BMinc
共同作業者 318
青木理貴
MonyHorse
LIL KOHH
J $tash
Keith Ape
Y'S
Loota
JIGG
公式サイト http://kohh.tokyo/
KOHH
YouTube
チャンネル
活動期間 2018年 -
ジャンル 音楽
登録者数 約6.72万人
総再生回数 約1490.8万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年11月26日時点。
テンプレートを表示

KOHH(コー、1990年4月22日 - )は、日本東京都北区王子出身のラッパーソングライタープロデューサーファッションモデル[2]。本名は、千葉 雄喜(ちば ゆうき)。活動名義の『KOHH』は、亡くなった韓国人の父親の名前である黄 達雄(こう たつお)に由来する。

2008年から2022年までフィーチャリング・コラボレーション、自身のソロ活動により数々のヒット曲を生み出しており、2014年には、世界30ヵ国以上に支部を持つユース向けデジタルメディアVICEで日本人ヒップホップアーティストとして初めて特集される。アメリカR&Bシンガーフランク・オーシャン宇多田ヒカル、2018年にはマライア・キャリーのアルバムに参加している[3]

音楽活動以外にはファッションショーへの参加、セレクトショップ「Dogs」のディレクション、アート作品を発表するなどしている[4]

2020年1月引退を表明し、2021年12月から音楽活動を停止している。

生い立ち[編集]

1990年4月22日東京都北区王子で生まれる。本名は千葉雄喜で、韓国と日本のハーフ。2歳の時に父親が他界。父親の他界により母親は薬物依存症となり、KOHHが小学生の時には、母親が都営住宅のベランダから飛び降り自殺未遂を図る[5]

小学4年生の時、友人の兄が児童館キングギドラを流したことをきっかけに、日本語ラップを聞き始め、18歳で本格的に曲作りを始める[6]。ラップで知名度を獲得する以前は運送会社で働いていた[7]

略歴[編集]

キャリア初期[編集]

18歳でプロデューサーの青木理貴とレコーディングを開始[8]。その後、Mixiでプロデューサー兼A&R318と出会いGUNSMITH PRODUCTIONと契約[9]

2012年11月処女作ミックステープ「YELLOW T△PE」をリリース。

2013年8月、自身2枚目となるミックステープ「YELLOW T△PE 2」をリリース。収録曲「JUNJI TAKADA」が俳優コメディアンである高田純次ラジオ番組高田純次の毎日がパラダイス」で紹介され一躍話題に[10]

2014年:MONOCHROME[編集]

2月、世界30ヵ国以上に支部を持つユース向けデジタルメディア、VICEで特集される。日本人HIP HOPアーティストとしては初。

7月、自身初のアルバムとなる2ndアルバム「MONOCHROME」をリリース。2ndアルバムを1stアルバムより先にリリースするという試みにも注目が集まった。iTunes総合アルバム・チャート6位、HIP HOP / RAPチャート1位と新人としては異例。

2015年:梔子、DIRT[編集]

1月1日、1stアルバムの「梔子」をリリース。iTunes総合アルバム・チャート1位、HIP HOP / RAPチャート1位を記録する。

同月、韓国のアーティストKeith Ape「It G Ma (feat. JayAllday, Loota, Okasian, KOHH)」に客演参加。ミュージックビデオが世界的に広まり、You Tubeでは公開から1ヶ月で100万回再生を記録した(2023年1月現在約8556万回再生)[11]

10月28日に3rdアルバム「DIRT」をリリース。

12月27日にはLIQUIDROOMにて「DIRT」CONCERT&GALLERYを開催。チケットは1分で即完売を記録する。

2016年-2018年:DIRT II[編集]

2016年2月から4月にかけては全国ツアー「3rd ALBUM "DIRT" TOUR」を開催。

2月28日「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS」で「BEST HIP HOP ARTIST」を受賞[12]

4月フランスでの芸術活動が評価され。フランス大使館で行われたフランス外務・国際開発大臣主催の交流会に招待を受け参加[13]

6月に4thアルバム「DIRT II」を発売。同時期にヨーロッパ・ツアーを開催。

7月にはフジロックフェスティバルに出演。ステージ上で12月に地元・東京都北区王子でのコンサート開催を宣言した。

8月に米R&Bシンガーのフランク・オーシャンがリリースした曲「Nikes」のマガジンバージョンで客演。アルバムは、全米及び全英のアルバム・チャートで1位を記録。

9月には、宇多田ヒカルのアルバム「Fantôme」に収録の「忘却」に客演した。

12月18日には地元・東京都北区王子の北とぴあさくらホールにて、初のホール・ワンマン「LIVE IN OJI」を開催。

同月、自身4枚目となるミックステープ『YELLOW TAPE 4』をリリース。

2017年3月から4月にかけて、全国ツアー「LIVE '17 Powered by BM inc.」を東京、名古屋大阪福岡にて開催。

同年7月、フジロック出演。ホワイトステージでパフォーマンスを行う。

2018年9月88rising主催北米ツアー「88 DEGREES & RISING TOUR」に、唯一88rising所属アーティストでないにも関わらず参加。北米18箇所を回る。

同年11月マライア・キャリーのアルバム「Caution」の日本盤ボーナストラックの楽曲「Runway(feat.KOHH)」へ参加。プロデュースはSkrillex

2019年:Untitled[編集]

2月1日、事前の告知がされないなか、約2年7ヶ月ぶりとなる5thアルバム「Untitled」をリリース。収録曲「I Want a Billion」ではONE OK ROCKTakaがゲストヴォーカルで参加。ミュージックビデオMX4Dの体験アトラクションとして突如渋谷109に設置し、最新テクノロジーを駆使したプロモーションを行う。

6月12日に東京・EX THEATER ROPPONGIで行われたANARCHYの「ANARCHY “The KING” TOUR」最終公演にサプライズで登場し、「Moon Child」「Fuck Swag」を披露。

7月にはFUJI ROCK FESTIVAL出演。

10月から東名阪ツアー「Untitled Tour」を開催。

2020年:Worst、引退表明[編集]

1月16日LINE CUBE SHIBUYA にて「KOHH Live in Concert」を開催。DJセットバンド編成および、ヴァイオリンなど24名の弦楽器奏者によるストリングスセットの三部構成で公演し、次作でKOHH名義として引退することを宣言した。

3月22日NHK総合の音楽番組「シブヤノオト」のスピンオフ特番にて、ドキュメンタリー「シブヤノオト Presents KOHH Document」が放送される。放送は9ヶ月にわたる密着映像と1月16日に行われた「KOHH Live in Concert」のライヴ映像で構成された[14]

4月29日に引退作となる6thアルバム「worst」をリリース。

2021年:引退[編集]

12月28日ザ・クロマニヨンズとの2マンライブ「BADASSVIBES」を最後に活動停止[15]

2022年:The Lost Tapes[編集]

9月25日、「The Lost Tapes」を突如リリース。未発表曲や代表曲「ロープ」のデモ音源など、全12曲が収録される[16]

私生活[編集]

2019年、雑誌「THE NEW ORDER」の取材を受けた際に、自身が父親になったことを語るが、母親については明らかにしていない。

その他の活動[編集]

ミュージシャンとしての活動の他に、ファッションモデル、芸術家としても知られる。

2014年10月2016年6月に、落合宏理氏が手掛けるファッションブランドFACETASMショーモデルとして参加。パリ・コレクションにも参加する[17]

2019年12月渋谷PARCOのギャラリー・PARCO MUSEUM TOKYOにて本名の「千葉雄喜」名義のアートが展示される[18]

作品[編集]

配信限定シングル[編集]

発売日 タイトル
2013年5月22日 JUNJI TAKADA
2013年8月10日 Hello Kitty
2013年11月19日 十人十色 / KOHH,Tokarev&PETZ
2014年7月20日 Fuck Swag
2014年10月10日 Fuck Swag (REMIX) [feat. ANARCHY & 般若]
2015年10月9日 Living Legend (Remastered)
2016年8月3日 Save Time / Okasian&KOHH
2016年12月13日 Mitsuoka
2016年12月17日 働かずに食う
2017年4月29日 働かずに食う (feat. IA) [IA Ver.]
2019年4月23日 I Think I'm Falling
2021年8月10日 No Makeup
2021年8月20日 CBD(Remix) [feat. Red Eye & D.O]

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2014年7月30日 MONOCHROME GSP-4 オリコン最高57位
2nd 2015年1月1日 梔子 GSP-5
GSP-6
オリコン最高26位、登場回数7回
3rd 2015年10月28日 DIRT GSP-7:初回限定盤
GSP-8:通常盤
オリコン最高19位、登場回数4回
4th 2016年6月17日 DIRT Ⅱ GSP-10:初回限定盤
GSP-11:通常盤
オリコン最高38位、登場回数4回
5th 2019年2月9日 Untitled COCP-40688 オリコン最高80位、登場回数4回
6th 2020年4月29日 worst COZP-1667/8 オリコン最高12位
2022年9月25日 The Lost Tapes 未発表曲集

サウンドトラック[編集]

  • A Story Behind The Film of『LIVING LEGEND』(2016年8月15日)

Mixtape

  • 『YELLOW T△PE』(2012年11月28日)
  • 『YELLOW T△PE 2』(2013年8月31日)
  • 『YELLOW T△PE 3』(2015年6月30日)
  • 『YELLOW T△PE 4』(2016年12月20日)
  • 『YELLOW T△PE 5』 (王子復興財団限定でリリース)

iTunes[編集]

  • 『Complete Collection 1』(2015年5月20日)
  • 『Complete Collection 2』(2015年5月20日)
  • 『Complete Collection 3』(2017年5月19日)

プロデュース[編集]

  • LIL KOHH - Young Forever

客演[編集]

  • Keith Ape - 잊지마 (It G Ma) ft. JayAllday, loota, Okasian, Kohh
  • HIROI SEKAI (Worldwide) - KOHH, J $tash, Young Sachi
  • KOHH & J $tash - Tatted up
  • J $tash X Kohh - HOOD RICH
  • J $tash x Kohh - Dont Get Me Started
  • KOHH, PETZ, Tokarev - 十人十色
  • JOE IRON - Tomareranai feat. KOHH, Steelo & YUKI a.k.a. JUTO
  • Y'S - プリンス feat.KOHH&MONY HORSE
  • DJ RYOW - Don't Stop Remix feat. DJ Ty-Koh, Kohh, Dizzle & Socks
  • DJ RYOW - Turn Up feat KOHH, SMITH-CN & ZEEBRA
  • Goku Green - チョーヤバイ feat. KOHH & MONY HORSE
  • VITO (SQUASH SQUAD) - I Need Her (Remix) feat. Cherry Brown, NIPPS, KOHH
  • 般若 - 家族 feat. KOHH
  • DJ SOULJAH - aaight feat. KOHH, MARIA (SIMI LAB)
  • AKLO - Break The Records (Remix) feat. KOHH & 漢
  • ANARCHY - MOON CHILD feat.KOHH
  • ANARCHY - BANK TO BANK feat. KOHH
  • LORD 8ERZ - TROY feat. KOHH, 三島, RAW-T
  • Lil Herb , Kohh , Seeda , Norikiyo - Chiraq 2 Japan
  • SD , Kohh, Sky-Hi - Ballin
  • DJ KEN WATANABE - G.O.L.D feat. KOHH
  • DJ KEN WATANABE - G.O.L.D PART 2 feat. KOHH, Kayzabro & Y'S
  • Zeebra - Hate That Booty Feat.Y'S&KOHH
  • T.O.P. - I'm So High feat. KOHH
  • KOWICHI - BOYFRIEND#2 REMIX feat. YOUNG HASTLE, KOHH & DJ TY-KOH
  • JOYSTICKK - LOLLIPOP (DJ KM Remix) feat. KOHH
  • AKLO - NEW DAYS MOVE -REMIX- ft.SALU, STAXX T(CREAM), KOHH & SHINGO☆西成
  • Brandon Thomas - 24 7 Feat. KOHH
  • DJ☆GO - MIX GRILLZ feat. KOHH, HORI
  • DJ CHARI & DJ TATSUKI - GIMME THE LIGHTS(A.C.E.TIME) FEAT.YUKI A.K.A. JUTO,KOHH A.K.A. YELLOW T-20 & YOUNG FREEZ 
  • Loota - Somewhere feat.KOHH
  • SALU & the dreambandgunjo - ピラミッド feat. KOHH
  • FIGHT FOR TOKYO - GIRAGIRAガールズ, 巌, MEGA-G, MC漢, MC SHOW, MCクローバー, Y'S, YOUNG HASTLE, KOHH, LOOTA,EGO, 海, エリカ
  • HOPE-TOKYO TRIBE ANTHEM-(TRIBES UNITED VERSION)- 海, 巌, MC漢, MEGA-G, GIRAGIRAガールズ, D.O, T2K, Y'S, KOHH, 十影, YOUNG HASTLE, VITO FOCCACIO,LOOTA, EGO, MC SHOW
  • MINMI - #ヤッチャッタ featuring KOHH
  • Barry Chen - AIR FORCE ONE Feat. MJ116 Kenzy & KOHH
  • TeddyLoid - Break'em all feat. KOHH
  • DJ RYOW - BUCHIAGARI feat.KOHH & OG Maco
  • SOCKS - Bash feat.KOHH
  • タイプライター&YMG - Let me Know Feat. AK-69 & KOHH
  • KOHH - PARIS (SAM TIBA REMIX)
  • B-Free (비프리) - Fly Away (Remix) Feat. Loota, Kohh
  • Okasian X Kohh - Save Time
  • Frank Ocean - Nikes (*the magazine version 収録)
  • 宇多田ヒカル - 忘却 feat.KOHH
  • 5lack - 24356 feat. KOHH
  • CashPassion Ft. Dumbfoundead & KOHH – All In
  • J $tash - Konichiwa Ft Kohh & Kenny Turnup
  • KENNY - SLEEP ft. KOHH
  • マライア・キャリー - Runway ft.KOHH

歌詞にKOHHが登場する曲[編集]

  • K-YO - 81Vintage feat. JOYSTICKK, Mr.Low-D
  • PUNPEE - Lovely Man
  • SKY-HI - Free Tokyo
  • ANARCHY - The King
  • 般若 - INTRO
  • GADORO - 貧乏なんて気にする

出演[編集]

TV

映画

出典[編集]

  1. ^ KOHHインタヴュー:浮かび上がった“心の闇” 2014年7月25日
  2. ^ Nast, Condé (2020年3月14日). “KOHH──旬な男たちのジェンダー超えファッション!「ルールを破れ!」” (日本語). GQ JAPAN. 2023年1月25日閲覧。
  3. ^ KOHH | クラベリア” (日本語). clubberia.com. 2023年1月25日閲覧。
  4. ^ KOHH | クラベリア” (日本語). clubberia.com. 2023年1月25日閲覧。
  5. ^ (日本語) 団地発!東京のアングラ ヒップホップ - Rising From the Tokyo Projects, https://www.youtube.com/watch?v=Pn36uJvwIvA 2023年1月25日閲覧。 
  6. ^ (日本語) INTERVIEW FILE : KOHH (interview by Kダブシャイン), https://www.youtube.com/watch?v=fSPQ_6-lC_k 2023年1月25日閲覧。 
  7. ^ KOHHのクリエイティブ・ディレクター、高橋良が語るプロデュース論 | Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)” (日本語). Rolling Stone Japan (2020年3月1日). 2023年1月25日閲覧。
  8. ^ KOHH 2014年8月1日
  9. ^ RAPSTREAM CO-SIGN VOL.4 feat. KOHH 2013年1月26日
  10. ^ プロフィール| KOHH | 日本コロムビアオフィシャルサイト” (日本語). 日本コロムビア公式サイト. 2023年1月26日閲覧。
  11. ^ プロフィール| KOHH | 日本コロムビアオフィシャルサイト” (日本語). 日本コロムビア公式サイト. 2023年1月26日閲覧。
  12. ^ スペシャ「MUSIC AWARDS」でドリカム2冠、BUMPは投票1位に”. 音楽ナタリー (2016年2月29日). 2016年2月29日閲覧。
  13. ^ プロフィール| KOHH | 日本コロムビアオフィシャルサイト” (日本語). 日本コロムビア公式サイト. 2023年1月26日閲覧。
  14. ^ KOHH、地上波初のドキュメンタリー特番がNHKにて放送決定” (日本語). ototoy.jp. 2023年1月26日閲覧。
  15. ^ Inc, Natasha. “【ライブレポート】KOHHがクロマニヨンズとバイブスぶつけ合った引退前ラストライブ、ステージにマイク置き仲間の元へ(写真69枚)” (日本語). 音楽ナタリー. 2023年1月26日閲覧。
  16. ^ KOHHの『The Lost Tapes』がリリース | 未発表曲や"Is This Love"、"ロープ"のデモ、V6に提供した"雨"のセルフカバーも収録” (英語). FNMNL (フェノメナル) (2022年9月24日). 2023年1月26日閲覧。
  17. ^ プロフィール| KOHH | 日本コロムビアオフィシャルサイト” (日本語). 日本コロムビア公式サイト. 2023年1月26日閲覧。
  18. ^ KOHH(千葉雄喜)新生PARCOで作品展示 Perfume、奥山由之の企画展も” (日本語). KAI-YOU.net | POP is Here .. 2023年1月26日閲覧。

外部リンク[編集]