シブヤノオト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シブヤノオト
ジャンル 音楽番組/特別番組
演出 青木一徳
出演者 渡辺直美 ほか
ナレーター 服部伴蔵門
製作
製作総指揮 是洞茂樹[注 1](制作統括)
プロデューサー 大塚信広
制作 NHK
放送
放送局NHK総合
音声形式音声多重放送
放送国・地域日本の旗 日本
シブヤノオト
2016 - 2017年度
放送期間2016年4月24日 - 2018年3月4日
放送時間原則月1回、日曜 17:00 - 17:55[1][注 2]
放送分55分
2018年度
放送期間2018年4月8日 - 2019年3月3日[2]
放送時間毎月第1日曜日(土曜日深夜) 0:05 - 1:00[2][3]
放送分55分
2019年度 - 2020年度
放送期間2019年4月7日 - 2021年3月(予定)
放送時間毎週日曜日(土曜日深夜) 0:05 - 0:34
放送分29分
2021年度
放送期間2021年4月 - (予定)
放送時間毎週土曜日 23:10 - 23:40
放送分30分
シブヤノオト and more FES.
放送期間2017年8月19日20日
放送時間19日 22:20 - 22:55
19日 23:25 - 24:00
20日 0:05 - 1:00
放送分35+35+55分
回数3部構成だが1
シブヤノオト and more FES.2018
放送期間2018年9月8日
放送時間23:00 - 24:50
放送分110分
回数1
シブヤノオト and more FES.2019
放送期間2019年9月7日8日
放送時間7日 22:45 - 23:30
8日 0:05 - 0:50
放送分45+45分
回数2部構成だが1
シブヤノオト and more FES.2020
放送期間2020年10月10日11日
放送時間10日 22:50 - 23:35
11日 0:10 - 1:05
放送分45+55分
回数2部構成だが1
シブヤノオト Presents SHISHAMO リクエストLIVE
出演者SHISHAMO
放送期間2018年6月9日
放送時間土曜日 17:00 - 17:54
放送分54分
回数1

特記事項:
・公式サイトは『NAOMIの部屋』との共通ポータル
・2019年度以降、ほぼ月1で『SONGS OF TOKYO』の放送時は休止となる。
テンプレートを表示

シブヤノオト』(SHIBUYA NO OTO)は、2016年4月24日より、NHK総合テレビジョン日曜日[注 2]に放送されている音楽番組[1]で、『MUSIC JAPAN』の後番組であり、『NAOMIの部屋』の姉妹番組。

概要[編集]

2016年春編成でこれまでの『MUSIC JAPAN』から刷新し、不定期の特別番組として、NHK総合が若者向け音楽番組としてかつて行っていた2016年度は一時的に日曜日夕方の生放送形式に戻した[注 3]。2017年4月23日放送分より一部回はスタジオトーク部分についても事前収録となる。

若者向け番組らしく、生放送だった2016年度はTwitterLINEでの番組アカウントで発信。生放送中、副音声(インターネット上では映像生配信)でアーティストが出演解説する「Sトーク」というシステムも導入していた[1]

2018年4月からはリニューアル編成され、2017年8月19・20日に生放送された特別番組「シブヤノオト and more FES.」第3部同様、日曜日未明に時間を移し、番組ロゴやスタジオセットも一新された。

2018年5月4日(金曜日・みどりの日)の放送はニッポン放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週金曜1時 - 3時、全国36局ネット)とのテレビとラジオ、そして局の垣根を越えたスペシャルコラボとなり、放送時間も「オールナイトニッポン」に合わせ、NHK総合テレビでは0:58 - 2:00に放送した。番組内ではNHK放送センターCT-101スタジオとニッポン放送のスタジオを中継で結ぶ形式となっていたが、実際には岡村隆史が101スタジオの外にある喫茶コーナーの一角に作られた実際のラジオスタジオを忠実に再現したセットの中から放送しており、終盤に岡村がセットの壁を破壊し、101スタジオに乱入した。この放送はニッポン放送の制作部プロデューサー冨山雄一とNHKのプロデューサーが親友であることから実現した。 また、岡村のオールナイトニッポンでおなじみのコーナー「悪い人の夢」も「悪いNHKの夢」として放送された [5]

2019年4月からは毎週日曜日 0:05 - 0:34の放送となり、NHK総合における毎週放送の若者向けレギュラー音楽番組としては『MUSIC JAPAN』以来3年ぶりの再開となった。

2020年4月からは放送時間を5分繰り下げて日曜日 0:10-0:40の放送となる予定だったが、『聖火リレーデイリーハイライト』の放送中止により元の時間で放送されることとなった。

2021年4月からは放送時間を55分繰り上げ、土曜日 23:10-23:40の放送となる予定。

出演者[編集]

司会者[編集]

中継レポーター[編集]

『Sトーク』MC[編集]

過去の司会者[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1回目や2回目は制作統括は山田良介だった。
  2. ^ a b 2016年度や2017年度は日曜日17時台でなおかつ、大相撲中継のない放送日に放送していた。編成の都合で時々土曜に放送。
  3. ^ 生演奏や生出演アーティストもいるが、メインのアーティストの歌撮りはNHKホールでの事前収録という二段構成となっている。[4]
  4. ^ 第7回まではSトーク担当。第8回で清水の代理を務めた後、第9回より正式に司会者に就任。
  5. ^ 2019年11月3日以降、自身の不祥事により活動自粛となったため、出演休止中。2020年2月に芸能活動に復帰したが番組への復帰は未定。

出典[編集]

  1. ^ a b c “NHKが若者向け新音楽番組スタート 生放送2番組でネットと共存”. オリコン. (2016年4月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2070238/full/ 2016年7月21日閲覧。 「歌コン」から「うたコン」へ”. 歌謡コンサートブログ:NHKブログ. NHKオンライン (2016年3月17日). 2016年3月18日閲覧。
  2. ^ a b “平成30年度 国内放送番組編成計画” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 日本放送協会, (2018年2月21日), http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/hensei/pdf/30kokunai.pdf 2018年3月4日閲覧。 
  3. ^ 平成30年度 NHK 総合テレビジョン 放送番組時刻表 (PDF)
  4. ^ NHKネットクラブの観覧募集より。生放送観覧分とNHKホール収録分の2回分募集していた。一部アーティストは『うたコン』での出演部分を流用。
  5. ^ NHK「シブヤノオト」とニッポン放送「岡村隆史のオールナイトニッポン」がコラボ生放送
  6. ^ “富美加の「シブヤノオト」代役・渡辺直美「さみしかった」”. デイリースポーツ. (2017年2月17日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/02/17/0009922159.shtml 2017年2月18日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]