平成歌謡塾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平成歌謡塾(へいせいかようじゅく)は、日本コロムビアの子会社であるコロムビアソングスキングレコード日本クラウンが制作して一部民間放送で放送されていた、演歌歌謡曲に特化した音楽番組である。

概要[編集]

作曲家の市川昭介が塾長、女性演歌歌手が月替わりで司会という体制を長年取ってきたが、2006年9月に市川が死去して以降は、作曲家の四方章人が塾長代理を務めていた。また、2004年からはアシスタントも導入、カラオケレッスンコーナー(後述)を担当していた。

コロムビア・キング・クラウン所属の演歌・歌謡曲歌手がゲスト出演者の中心となっていた。まれに、3社に所属するフォークポップス歌手やグループ、楽器奏者が出演することもあった。

2010年9月をもって、900回以上、17年9か月に及んだ放送を終了した。

2010年10月から2015年9月までは当番組の内容をそのまま引き継いだ『新・平成歌謡塾』が、BS朝日で放送されていた。
そして2015年10月からは、当番組の実質第3シリーズに当たる『平成歌謡塾2』が、Twellvで放送されている。

主な出演者[編集]

塾長[編集]

  • 市川昭介(2006年9月に死去)
    • 2006年10月から最終回までの4年間は四方章人が塾長代理を務めていた。

出演者[編集]

スタジオ司会[編集]

2人が月替わりで担当

レッスンコーナー司会[編集]

2004年から導入、月替わりで担当

番組内容[編集]

  • 視聴者からのハガキ紹介
  • ゲストとなる演歌歌手2人のインタビューと生歌披露
  • カラオケレッスンコーナー
  • 視聴者プレゼント

歴史[編集]

  • 1993年(平成5年)1月首都圏独立放送局を中心に放送開始。
  • 2006年(平成18年)9月:塾長だった市川が逝去。四方が塾長代理を務めていた。
  • 2010年(平成22年)9月:900回以上、17年9か月にわたった放送を終了。

ネット局[編集]

当初は首都圏の独立放送局を中心にネットしていたが、最終的には首都圏以外でも放送されていた。

『平成歌謡塾』ネット局
放送対象地域 放送局 放送日時 放送区分 備考
岐阜県[1] 岐阜放送 土曜 7:00 - 7:30 独立放送局 2010年9月25日放送終了
埼玉県 テレビ埼玉(幹事局) 火曜 10:30 - 11:00 2010年9月28日放送終了
千葉県 千葉テレビ放送 木曜 8:30 - 9:00 2010年9月30日放送終了
滋賀県 びわ湖放送 木曜 8:00 - 8:30 2010年9月30日放送終了
群馬県 群馬テレビ 金曜 9:00 - 9:30 2010年10月1日放送終了
栃木県 とちぎテレビ 金曜 10:30 - 11:00 2010年10月1日放送終了
和歌山県 テレビ和歌山 土曜 6:30 - 7:00 2010年9月25日放送終了
東京都 東京メトロポリタンテレビジョン 日曜 6:00 - 6:30 2010年9月26日放送終了
岩手県 IBC岩手放送 月曜 26:20 - 26:50 TBS系列 2010年9月27日放送終了
山梨県 テレビ山梨 金曜 5:00 - 5:30 2010年10月1日放送終了
新潟県 新潟放送 日曜 5:00 - 5:30[2] 2010年9月26日放送終了
広島県 中国放送 土曜 5:15 - 5:45[3] 2010年9月25日放送終了
中京広域圏 名古屋テレビ放送[4] 日曜 5:20 - 5:50 テレビ朝日系列 2010年9月26日放送終了
宮城県 東日本放送 2010年9月26日放送終了
熊本県 熊本朝日放送 土曜 5:20 - 5:50 2010年9月25日放送終了
北海道 北海道文化放送 土曜 5:30 - 6:00 フジテレビ系列 2010年9月25日放送終了
福岡県 TVQ九州放送 テレビ東京系列 2010年9月25日放送終了
岡山県香川県 テレビせとうち 日曜 6:15 - 6:45 2010年9月26日放送終了
日本全域 第一興商スターカラオケ 外部リンク参照[5] CS放送 新・平成歌謡塾』も2012年3月の閉局まで引き続き放送。

注釈[編集]

  1. ^ 岐阜県では、メ〜テレとの放映視聴ができ、週2回の視聴が可能だった。
  2. ^ 2008年9月28日までは日曜 25:00 - 25:30に、10月5日から上記の時間にて放送されていた。
  3. ^ 10 - 11月は4:45 - 5:15
  4. ^ 毎月第一週のみ5:05 - 5:35
  5. ^ 原則として地上波での放送から2週間遅れで放送されていた。

外部リンク[編集]