東京ゲゲゲイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東京ゲゲゲイ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル GEGEGAY style
活動期間 2013年 -
事務所 KITERETSU MENTAL WORLD
共同作業者 KUMI、堀江ヒロアキ、安宅秀紀
公式サイト 東京ゲゲゲイ公式
メンバー
旧メンバー
  • BOW
  • MARIE
  • YUYU
  • MIKU
東京ゲゲゲイ
YouTube
チャンネル
活動期間 2008年 -
ジャンル 音楽
登録者数 約33.9万人
総再生回数 約1億1000万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2021年11月2日時点。
テンプレートを表示

東京ゲゲゲイ(とうきょうゲゲゲイ)は、ダンサー及び演出家MIKEYが結成した日本アーティストグループ。元々はメンバーを固定せず活動していたが、2013年にMIKEYのダンススタジオの教え子であったBOW、MARIE、MIKU、YUYUの4人を集めて正式に結成された。だが、7月24日卒業公演を終えてBOW MARIE MIKU YUYUは卒業した。 これからMIKEYのソロプロジェクトで活動していく模様。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

元メンバー[編集]

  • BOW(ボウ)
  • MARIE(マリエ)
  • MIKU(ミク)
  • YUYU(ユウユ)

主な関係者[編集]

経歴[編集]

2013年以前
2013年
  • テレビ東京系列の深夜番組『DANCE@TV』でのダンスコンテスト DANCE@HERO JAPAN 5th SEASONに挑戦するべく、MIKEYが自身の生徒の中から選抜したメンバーで結成。
  • DANCE@HERO JAPAN 5th SEASON round1に作品「東京ゲゲゲイ女学院の誓い」で1位を獲得。round2に進出(7月)
  • DANCE@HERO JAPAN 5th SEASON round2に作品「呪われた体育館の鏡」で1位を獲得。round3に進出。このroundよりYUYUが参加し、その後正式加入となる。(8月)
  • DANCE@HERO JAPAN 5th SEASON round3に作品「OH HAPPY GAY!!!!」で1位を獲得。round4に進出(9月)
  • DANCE@HERO JAPAN 5th SEASON round4に作品「世界の果て」で歴代最高得点を獲得して優勝。5代目DANCE@HEROとなる(10月)
    MIKEYの独特な世界観から作られるダンス作品は「キテレツメンタルワールド」と名付けられ[誰によって?]審査員であったテリー伊藤も絶賛する[要出典]
  • 台湾のダンスイベント「Kick Ass」に作品「東京ゲゲゲイ女学院 授業参観」で参加(12月)
2014年
  • DANCE@LIVE JAPAN FINAL 2014に作品「許されぬ欲求」で参加[1]。(4月)
  • 自主制作した日本エレキテル連合のパロディ動画がYouTubeで70万回再生を超え、テレビ番組でも紹介。その後、本家・日本エレキテル連合とも共演する[2]。(6月)
2015年
  • 国際交流基金アジアセンターとパルコが主催するストリートダンスで日本とアジアをつなぐ国際企画「ダンス・ダンス・アジア ~クロッシング・ザ・ムーヴメンツ~」に参加[3]
  • 1月にフィリピン・マニラ、3月にタイ・バンコクでワークショップと30分作品を上演。バンコクでは、現地の人気ダンスカンパニーとも共演。
  • また東南アジア最大のスラム街クロントゥーイに住む子供たちと舞台で共演するなど、国境を超えたダンス交流を行い、数多くの地元メディアに報道された。
  • PARCOプロデュースでMIKEY振付、演出のダンスエンターテインメント「ASTERISK〜女神の光〜」に出演[4]。(5月)
  • 作品「葬儀」を発表。(7月)
  • ダンス・ダンス・アジア東京公演に出演[5][6]ONE OK ROCKの“The Way Back”のミュージックビデオをYUYUが振付、MARIE、MIKUもダンサーとして出演[7]。(10月)
  • 東京ゲゲゲイ×富士フイルムの年賀状2016のコラボレーション企画として作品「年賀状で恋が叶うおまじない」を発表。(11月)
  • 古屋兎丸原作、河原雅彦演出による舞台「残酷歌劇ライチ☆光クラブ」にMIKEYがパフォーマンス演出、BOW、MARIE、YUYU、MIKUが出演[8]。(12月)
2016年
  • 元日のバラエティ番組『初詣!爆笑ヒットパレード』(フジテレビ系列)に出演しライブパフォーマンスを披露。ナインティナイン岡村隆史に「今年ブレイクまちがいなしの注目アーティスト」として紹介される[9]。(1月)
  • 第10回日本ダンスフォーラム賞受賞(森山未來とダブル受賞)[10]審査員は、評論家、制作者など舞踊界の重鎮10数名で構成され、一年を通じて目覚ましい活動によって、ダンスに貢献した個人または団体として選ばれる。(4月)
  • PARCOプロデュースでMIKEY振付、演出のダンスエンターテインメント「ASTERISK〜Goodby,Snow White 新釈・白雪姫〜」(中村うさぎ原作)に出演[11]。(5月)
  • 作品「さよならダーリン」を発表。加藤ミリヤ 「DRAMATIC LIBERTY tour」にゲスト出演[12]。(8月)
  • リオパラリンピック閉会式のハンドオーバーセレモニー時に出演
  • PARCOプロデュース「キテレツメンタルワールド 『東京ゲゲゲイ歌劇団』」初演[13]。(11月)
2017年
2018年
2020年
  • 『HEART』がDYNAMITE BOATRACE 2020年上半期テーマソングに抜擢[19]。下半期テーマソング『第六感(Reolの楽曲)』のMVにも出演[20]
2021年
2022年
  • 2022年4月5日、7月に東京・日本青年館ホールほかで上演される『PARCO produce 東京ゲゲゲイ歌劇団 vol.V「KIRAKIRA 1PAGE」』の公演をもって、BOW、MARIE、MIKU、YUYUが東京ゲゲゲイから卒業することが決定し、今後の東京ゲゲゲイはMIKEYのソロユニットとなることが発表された[22]

代表作品[編集]

  • 葬儀
  • ズットスキナヒト
  • DANCE@HEROグランプリ作品
  • 日本ゲゲゲイ連合
  • キテレツメンタルミュージック
  • さよならダーリン
  • ゲゲゲイの鬼太郎[23]
  • ダンスが僕の恋人[24]
  • Yes or No [25]
  • Black Cat
  • 愛のフルコース
  • 捧げたい
  • HEART(BOAT RACE2020/TVCMイメージソング)
  • Sense of immorality
  • OUTSIDER[26][27]

ディスコグラフィー[編集]

配信限定シングル[編集]

発売日 タイトル
2016年10月13日 さよならダーリン
2018年6月1日 I Have Nothing (Cover Ver.)
2018年9月11日 ズットスキナヒト (バラードVer.)
2019年5月5日 KIRAKIRA 1PAGE
2019年9月3日 日本アゲゲイ
2020年8月8日 BLACK LIP
2021年5月31日 TG体操第一
2021年7月28日 Heart (English Version)
2021年10月23日 OUTSIDER
2022年6月1日 地平線 〜LAST SONG〜

配信限定EP[編集]

発売日 タイトル
2019年7月25日 捧げたい
2019年10月26日 東京ゲゲゲイ ACOUSTIC LIVE
2020年7月7日 Letters

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 備考
2016年 キテレツメンタルミュージック
2017年12月10日 再生パッション
2018年8月8日 黒猫ホテル KMW-001 オリコン最高26位
2020年2月5日 キテレツメンタルワールド KMW-002:初回盤
KMW-003:通常盤
オリコン最高8位

映像作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番
2016年11月1日 * ASTREISK 「Goodbye,Snow White 新釈・白雪姫」 PLS-0455
2019年6月20日 黒猫ホテル PTDV-100
2021年1月26日 東京ゲゲゲイ歌劇団「キテレツメンタルワールド」 PSADV-02

参加作品[編集]

発売日 タイトル 収録曲
2016年3月2日 加藤ミリヤLIBERTY 女神の光 feat.牧宗孝(MIKEY from 東京ゲゲゲイ)
2022年4月13日 Rei 『Quilt』 Crazy! Crazy! with 東京ゲゲゲイ

出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “JAPAN DANCE AWARD 2014”. デュース. (2014年12月29日). http://dews365.com/news/special/jda-2014.html 2018年2月13日閲覧。 
  2. ^ “遂に共演!? 日本エレキテル連合x東京ゲゲゲイ”. デュース. (2014年9月24日). http://dews365.com/topics/erekiteru-gegegei.html 2018年2月13日閲覧。 
  3. ^ “DANCE DANCE ASIA 東京公演 公開オーディション参加者大募集!!!”. デュース. (2015年6月5日). http://dews365.com/news/special/dda-audition.html 2018年2月13日閲覧。 
  4. ^ “ストリートダンスの今についてMIKEYとshojiのインタビューが公開”. デュース. (2015年4月25日). http://dews365.com/topics/mikey-shoji-interview.html 2018年2月13日閲覧。 
  5. ^ “日本・東南アジアで人気・実力ともにトップクラスダンサーによる舞台作品を一挙上演!ストリートダンスでアジアを繋ぐプロジェクト!『DANCE DANCE ASIA -Crossing the Movements』 東京公演開催”. デュース. (2015年9月7日). http://dews365.com/topics/dda.html 2018年2月13日閲覧。 
  6. ^ “DDA東京公演直前!! MIKEY(東京ゲゲゲイ)独占ロングインタビュー”. デュース. (2015年10月27日). http://dews365.com/news/special/dda-mikey-interview.html 2018年2月13日閲覧。 
  7. ^ “東京ゲゲゲイYUYUが振付けしMARIE&MIKUが出演!ONE OK ROCK新曲“The Way Back”ミュージックビデオ公開!”. デュース. (2015年10月9日). http://dews365.com/news/special/dda-mikey-interview.html 2018年2月13日閲覧。 
  8. ^ “パフォーマンス演出をMIKEYが担当 残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』”. デュース. (2015年10月27日). http://dews365.com/topics/yuyu-oneokrock.html 2018年2月13日閲覧。 
  9. ^ “年明けの番組「俺のヒットパレード2016」で岡村隆史が今年ブレイクすると東京ゲゲゲイを推薦!”. デュース. (2016年1月3日). http://dews365.com/topics/tokyogegegay-2016.html 2018年2月13日閲覧。 
  10. ^ “第10回日本ダンスフォーラム賞に東京ゲゲゲイと森山未來、特別賞は室伏鴻”. ステージナタリー. (2016年4月8日). http://natalie.mu/stage/news/180472 2016年4月8日閲覧。 
  11. ^ “「*ASTERISK『Goodbye,Snow White』新釈・白雪姫」がDVDに”. ステージナタリー. (2018年1月17日). https://natalie.mu/stage/news/209335 2018年2月13日閲覧。 
  12. ^ “「自由を掴んでいくんだ!」加藤ミリヤ"LIBERTY"ツアーファイナルをDVD化”. 音楽ナタリー. (2016年11月9日). https://natalie.mu/music/news/208665 2018年2月13日閲覧。 
  13. ^ “[特別コメント動画あり多彩な顔を持つゲゲゲイワールド。「東京ゲゲゲイ歌劇団」レポート”]. デュース. (2016年11月5日). http://dews365.com/news/special/tokyogegegay-report.html 2018年2月13日閲覧。 
  14. ^ “That's キテレツメンタルワールド!「東京ゲゲゲイ歌劇団」が再演”. ステージナタリー. (2017年6月9日). https://natalie.mu/stage/news/236122 2018年2月13日閲覧。 
  15. ^ “「ロッキー・ホラー・ショー」開幕、古田新太「見どころはソニンのおっぱい」”. ステージナタリー. (2017年11月7日). https://natalie.mu/stage/news/255807 2018年2月13日閲覧。 
  16. ^ “アルバム曲盛りだくさん!「東京ゲゲゲイ歌劇団」第2弾、東京公演スタート”. ステージナタリー. (2018年1月17日). https://natalie.mu/music/news/231725 2018年2月13日閲覧。 
  17. ^ “人生が変わる1分間の深イイ話”. 日本テレビ公式サイト. (2018年2月5日). http://www.ntv.co.jp/fukaii/episode/180205/04.html 2018年2月5日閲覧。 
  18. ^ “東京ゲゲゲイがゴールデン番組に出演! 深イイダンスパフォーマンスでTwitterトレンド入り!”. NewsWalker. (2018年2月6日). https://thetv.jp/news/detail/136508/ 2018年2月15日閲覧。 
  19. ^ “田中圭出演ボートレース新CM曲は東京ゲゲゲイ×Reolのコラボ曲”. SPICE. (2020年2月5日). https://spice.eplus.jp/articles/264785/amp 2020年8月3日閲覧。 
  20. ^ “ReolのボートレースCMソング「第六感」MV公開、花魁姿のMIKEY率いる東京ゲゲゲイも登場”. 音楽ナタリー. (2020年7月29日). https://natalie.mu/music/news/389521 2020年8月3日閲覧。 
  21. ^ “オリンピック開会式、真矢ミキや東京ゲゲゲイが登場し話題に”. FASHIONSNAP.COM. (2021年7月23日). https://www.fashionsnap.com/article/2021-07-23/tokyo2020-mayamiki/ 2021年7月24日閲覧。 
  22. ^ “東京ゲゲゲイからBOW・MARIE・MIKU・YUYUが卒業、7月に全国ツアー開催”. ステージナタリー. (2022年4月5日). https://natalie.mu/stage/news/472737 2020年4月5日閲覧。 
  23. ^ “水木プロ公認、東京ゲゲゲイの「ゲゲゲイの鬼太郎」MV完成”. ステージナタリー. (2017年8月26日). https://natalie.mu/stage/news/246231 2018年2月13日閲覧。 
  24. ^ ダンスが僕の恋人”. YouTube. 2021年9月11日閲覧。
  25. ^ “カラオケ店舗を舞台に、東京ゲゲゲイが華麗に舞う!ファン待望!「Yes or No」最新ミュージックビデオを、JOYSOUNDで初解禁!”. プレスリリース. (2018年5月18日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000986.000004747.html 2018年6月4日閲覧。 
  26. ^ OUTSIDER - YouTube
  27. ^ 東京ゲゲゲイ 「OUTSIDER」❘ Tokyo Gegegay Music Video - YouTube
  28. ^ “ANA-BOON×シナリオアート、ミステリアスなMVに東京ゲゲゲイのYUYUが出演”. デュース. (2015年10月23日). http://dews365.com/topics/kanaboonx-mv.html 2018年2月13日閲覧。 
  29. ^ “シナリオアート、東京ゲゲゲイとバトル繰り広げるモノクロMV”. 音楽ナタリー. (2016年2月20日). https://natalie.mu/music/news/176895 2018年2月13日閲覧。 
  30. ^ “クリープハイプ×松居大悟によるサスペンス仕立て「鬼」MV”. 音楽ナタリー. (2016年7月22日). https://natalie.mu/music/news/195441 2018年2月13日閲覧。 
  31. ^ “ReolのボートレースCMソング「第六感」MV公開、花魁姿のMIKEY率いる東京ゲゲゲイも登場”. 音楽ナタリー. (2020年7月29日). https://natalie.mu/music/news/389521 2020年8月3日閲覧。 

外部リンク[編集]