眉村ちあき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
眉村 ちあき
生誕 (1996-09-12) 1996年9月12日(21歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル J-POP
活動期間 2015年 -
レーベル レーベルじゃないもん(2018年 - )
事務所 会社じゃないもん(2017年12月22日 - )
公式サイト www.tetetetetetetetetete.club

眉村 ちあき(まゆむら ちあき、1996年9月12日 - )は日本のシンガーソングライター女性アイドル実業家。株式会社会社じゃないもん代表取締役社長。オーストラリア出身。4歳から東京都に移住。愛称は「ちちゃん」。

経歴[編集]

父親が沖縄県出身のため、小さい頃から沖縄の音楽を歌い踊ることが好きで、韓国アーティスト東方神起に憧れたことをきっかけに中学2年生で歌手になる夢を持つ[要出典]

高校を卒業後、専門学校に入学し、3人組アイドルグループ・Star-Bright★REXに「ちあき(ちーちゃん)」として加入。2015年5月10日にアキバアリーナにて初ライブを行い、グループではリーダーを務める。2016年4月、メンバーの1人が脱退し2人ユニットとなり、同年7月に活動休止することが発表された[1]

2016年2月11日よりソロでは「眉村ちあき」名義で活動[2]、自身で作詞・作曲・編曲をした楽曲にてライブを始める。グループの活動休止を機にソロのシンガーソングライター・アイドルとしての活動を本格的に開始。当初は自ら作ったトラック(のカラオケ)で歌っていたが、1か月後からはギターを持って弾き語りも始める[3]

2017年8月、松浦健志制作の映画「夢の音」主役を決定するオーディションに参加、約60名の応募の中から主人公・三上葵役として出演が決定する[4](2018年2月18日、完成試写会として浅草橋マンホールにて先行上映)。

同年8月20日に行われた「フェスボルタ宮益坂上」出演で手応えをつかみ[3]、11月2日にタワーレコード渋谷店で行われている「南波一海のアイドル三十六房」に出演[注 1]。12月10日には高円寺パンディットで吉田豪とトークライブを行い[注 2]南波・吉田を介してメディアに取り上げられる機会が増えた。

2017年12月22日、烏山区民会館にて行われた「眉村ちあき緊急記者会見」にて「株式会社 会社じゃないもん」の登記・設立を行ったことを発表。同日よりライブ会場の物販にて株券の販売も開始する。2018年2月23日には、セシオン杉並にて株主を対象に第1回株主総会を開催[6]。本物の株式をファンに売却するアイドルは珍しく、2018年3月28日付の日経MJ[7]にも取り上げられた。

2018年3月14日、下北沢mona recordで行われた「mona records label audition 2018」でグランプリを受賞。全国流通作品のリリースが決定した[8]。5月25日、これまでにリリースされた『Germanium』『海苔汁』『ハタチの女 オブ アメリカ』の3枚のアルバムから選ばれた楽曲を再レコーディングしたものに、初音源化楽曲「ナックルセンス」を加えた11曲を収録した初の流通盤『目尻から水滴3個、戻る』をタワーレコード限定でリリース[9]

人物・エピソード[編集]

  • 本人曰く、絵が下手。
  • 野球、柔道、バレーボール、バトントワラー等のスポーツを得意としている。
  • もともとテッドが好きで、テッドのぬいぐるみを見つめて眉毛がかわいいことに気づき、活動名を「眉ちあき」としようとするが特に本人の眉毛が特徴的なわけでもないので、「村」をつけて「眉村」、更に本名と合わせて「眉村ちあき」とした。
  • 「弾き語りトラックメイカーアイドル」を自称しており、自身の楽曲の作詞、作曲、編曲全てを行っている。また、楽曲は主にiPadGarageBandを使用して制作されている。耳コピで様々なジャンルの楽曲を制作しているが、制作しているうちに原曲からはかけ離れた楽曲となることもある[3]
  • オケを使用したライブを行った際に手持無沙汰でどうしていいかわからず、ギターを弾いていれば両手がふさがる、という理由でギターを始める。ギターは練習を始めて2時間で弾けるようになったという[3]
  • ライブイベントでの共演をきっかけに、同じくソロアイドルとして活動している桐原ユリ・小日向由衣・津崎真希、アイドルグループRICE-HEARTとして活動している甲子えりかと交友を深め、自身のMV「ツクツクボウシ」にも4人が出演している。また、MV「ツクツクボウシ」「どっこいトゥモロー」の撮影及び編集は甲子が行っている。[10]
  • 「会社じゃないもん」の株式は、総株式数5000株のうち1000株を限度に1株あたり1万円でファンに対して分譲、決算期は毎年11月で株主優待や配当も予定している[7]

ライブにまつわるエピソード[編集]

  • 活動2年目となる2017年の目標は「どんな形でもいいので赤坂BLITZでのイベントに出演する」であったが、9月26日、イベント「BRANDWAGON‐旬なヒトら‐vol.4 in赤坂BRITZ」に出演。早々に目標を達成してしまったため、2018年8月4日に新宿LOFTでワンマンライブを行うことを決定する。会場をレンタルする際にLOFT側から「休日なので200〜300人は呼べないと貸すことができない」と説明があったが、「呼べます」と回答、決行が決定した。
  • 2018年2月11日、阿佐ヶ谷家劇場をレンタルしていたライブイベンターが突然のイベントキャンセル、終日空きができてしまった阿佐ヶ谷家劇場救済のため急遽昼に2時間に及ぶワンマンライブ[11]、夜には主催イベントを敢行する[12]
  • 2018年2月14日、"シカゴ松村バンド"としてMELODIA Tokyoでデビュー・ワンマンライブを開催。通常ライブで弾いているアコースティックギターの他にベース、ドラム、トランペット、キーボード、リコーダー、ガットギターなどを自身の曲に合わせて自ら演奏する1人バンド体制でのライブを行う。
  • 2018年3月3日、「眉村ちあき ジャックツアー【バスジャック編】」と題して、貸切バスの車内でライブを行いながら渋谷周辺を周回したが、最初は(専門の業者でなく)普通のバス会社に「バスジャックしたいんですけど」と問い合わせの電話を入れ、バス会社の担当者を驚かせた[13]。好評につき、4月7日には新宿、5月5日には横浜で「バスジャック」を行っている。

作品[編集]

Star-Bright★REX名義[編集]

アルバム[編集]

  • 「アプローチ!」(2016年1月29日)

眉村ちあき ソロ名義[編集]

シングル[編集]

  • 「A.O.」(2016年5月21日)
2016年5月21日〜同年7月のライブ限定で販売。

アルバム[編集]

タイトル 発売日 品番 収録曲 備考
スーパーサイア「ち」 2016年3月
(タイトルなし) 2016年11月
Hipar Saiyan Chi 2017年03月18日
ハタチの女 オブ アメリカ 2017年08月05日
ぽっぽっぽアレンジ集 2017年08月05日 下北沢モナレコードにて行われたワンマンライブにて配布。
未知なるパワーアレンジ集 2017年10月26日 下北沢Lagunaにて行われたワトソン(どついたるねん)とのツーマンライブにて配布。
海苔汁 2017年11月02日 2017年12月27日に放送された「南波一海のアイドル三十六房 年忘れ!R-グランプリ 2017」にてR-グランプリ5位を獲得[14]
Germanium 2018年01月04日 アルバム『海苔汁』がRグランプリ5位だったことを受け制作を開始、2018年1月1日〜4日の3日間で制作された。
レーベルじゃないもん(2018年 - )
目尻から水滴3個、戻る 2018年05月25日 LJNM-0004 『Germanium』『海苔汁』『ハタチの女 オブ アメリカ』の3枚のアルバムから選ばれた楽曲を再レコーディングしたものに、初めて音源化される「ナックルセンス」を加えた11曲を収録した、初の流通盤[9]

月替わりCD-R[編集]

2016年6月から毎月CD-Rをリリース。各月内限定でライブ会場にて購入可能。
(2017年11月はアルバム"海苔汁"、2018年1月はアルバム"Germanium"発売のため月替わりCDは販売なし。)

  • 「栃木県」(2016年11月)
  • 「宮城県」(2016年12月)
  • 「新潟県」(2017年1月)
  • 「ゴミ女が書いたウタ」(2017年2月)
  • 「FUKUOKA」(2017年3月)
  • 「面会」(2017年4月)
  • 「ビバ☆青春☆カメ☆トマト/ピュア」(2017年5月)
  • 「サイコパス」(2017年6月)
  • 「スーパーウーマンになったんだからな!」(2017年7月)
  • 「未知なるパワー/MCマユムラ」(2017年8月)
  • 「ちゃら(Chara)/ツクツクボウシ」(2017年9月)
  • 「I was born in Australia./お天気お姉さん」(2017年10月)
  • 「PO/CRAYON/リアル不協和音」(2017年12月)
  • 「はじめまして!/宇宙に行った副作用/宇宙に行った副作用(口上ガイド付)」(2017年2月14日)
  • 「なんだっけ?/インドのりんご屋さん」(2018年5月)
  • 「ピッコロ虫/ゲロ(カラオケ)」(2018年6月:発売開始は7月5日のアイドル三十六房にて)

楽曲提供[編集]

  • 津崎真希「マッキータとサーバM長調」(作曲)

ライブ・イベント[編集]

企画・ワンマンライブ[編集]

  • 「あと何回企画を続けられるだろうvol.1」(2016年9月12日、阿佐ヶ谷家劇場)
  • 「クラスメイト」(2016年10月6日、八王子butcher)
  • 「活動1周年ライブ 初めてのまともワンマンライブ」(2017年8月5日、下北沢モナレコード)
  • 「眉村ちあき生誕 ジュンコ、産んでくれてありがとう」(2017年9月16日、新宿FNV)
  • 「眉村ちあき presents 2マン企画 vsワトソン(どついたるねん)奇跡を見やがれ」(2017年10月26日、下北沢Laguna)
  • 「次世代のニューカマーSSWアイドル眉村ちあき×吉田豪のガチトーク!〜初対面編〜」(2017年12月10日、高円寺パンディット)
  • 「眉村ちあき緊急記者会見」(2017年12月22日、烏山区民会館)
  • 「主催が飛んだため眉村ちちゃんワンマンになっちゃうよ〜!誰か助けて〜!出演者募集全員シカトして、わたしがワンマンやります!」(2018年2月11日、阿佐ヶ谷家劇場)
  • 「眉村クッッソイベ」(2018年2月11日、阿佐ヶ谷家劇場)
  • 「眉村ちあき×MELODIA Tokyo Presents メリークリスマスシカゴ松村バンド?ワンマン」(2018年2月14日、MELODIA Tokyo)
  • 「タニタニピピリウス初級編 〜眉村ちあき vs 谷さん〜」(2018年2月17日、高円寺パンディット)
  • 「眉村ちあきのロフトヤッター!ツアー」
    • ツアー初日 眉村ちあきfeat.シカゴ松村(2018年6月9日、下北沢SHELTER、ゲスト:工藤ちゃんのピンクローターズ
    • 社長対談:眉村ちあき×嶺脇育夫(2018年6月16日、阿佐ヶ谷LOFT A、ゲスト:嶺脇育夫、司会:吉田豪
    • 眉村ちあきプレゼンツ ミスak2018(アーカー)(2018年7月4日、Naked Loft、ゲスト:桐原ユリ、小日向由衣、司会:谷さん)
    • 眉村ちあきの この人と対バンしたい!(2018年7月11日、LOFT9 Shibuya、ゲスト:ライムベリー
    • 眉村ちあき〜筏で世界一周!〜(2018年7月21日、ロフトプラスワン、ゲスト:うさぎのみみっく!!
    • 追加公演! LOFT HEAVEN GRAND OPENING(2018年7月23日、LOFT HEAVEN、ゲスト:南波志帆
  • 「夏だ!海だ!眉村ちあき地引網ライブ "第1回漁業ポインティング"」(2018年7月22日、神奈川県二宮町「梅沢海岸」)
  • 「眉村ちあき2ndワンマンライブ〜SOLD OUT 関係者席ありません〜」(2018年8月4日、新宿LOFT)

出演[編集]

映画[編集]

  • 夢の音(2018年2月17日、松浦健志監督作品) - 主演・

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

インターネット番組[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 9月にも直接会場に行っているが、ゲスト枠に空きがないということで2か月遅れでの出演となった。
  2. ^ 初対面は2017年5月6日の「武道館アイドル博2017」(日本武道館[5]であったが、そのときはトークのみだった。

出典[編集]

  1. ^ 運営より”. 女型のピカソ (2016年7月1日). 2018年2月1日閲覧。
  2. ^ なめこ”. ameba BLOG (2016年2月11日). 2017年12月23日閲覧。
  3. ^ a b c d BUBKA』(白夜書房)2018年4月号「南波一海のライブアイドル a go go!!」p.112・113
  4. ^ キャスト”. 映画「夢の音」 (2017年8月28日). 2017年12月23日閲覧。
  5. ^ 吉田光雄(吉田豪)の2018年5月9日のツイッター2018年5月15日閲覧。
  6. ^ 物販で株売る地下ドル「眉村ちあき」って何者? “株主総会“潜入レポ”. KAI-YOU.net (2018年2月28日). 2018年3月28日閲覧。
  7. ^ a b 日経MJ 2018年3月28日16面トレンド「地下ドル意外に「稼いドル」」
  8. ^ “弾き語りトラックメイカーアイドル”眉村ちあきが〈モナレコード レーベルオーディション〉グランプリを受賞”. CDJournal ニュース (2018年3月16日). 2018年3月28日閲覧。
  9. ^ a b 眉村ちあきが初の流通盤リリース、タワレコ新宿でイベントも”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年5月7日). 2018年5月5日閲覧。
  10. ^ ツクツクボウシ/眉村ちあき” (2017年12月22日). 2017年12月23日閲覧。
  11. ^ 2018年2月9日の発言
  12. ^ 2018年2月9日の発言
  13. ^ B.L.T.」2018年5月号p.84「ぶらり豪 最終回」
  14. ^ 2017年12月27日の発言
  15. ^ Corporation, 株式会社テレビ東京 - TV TOKYO. “深夜に発見!新shock感~一度おためしください~ | テレビ東京” (日本語). www.tv-tokyo.co.jp. 2018年7月28日閲覧。
  16. ^ Corporation, 株式会社テレビ東京 - TV TOKYO. “深夜に発見!新shock感~一度おためしください~ | テレビ東京” (日本語). www.tv-tokyo.co.jp. 2018年8月4日閲覧。

外部リンク[編集]