東京フラッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東京フラッシュ
Vaundy配信限定シングル
収録アルバムstrobo
英語名Tokyo Flash
リリース2019年11月29日
規格音楽配信
ジャンルJ-POP
時間4分19秒
レーベルSDR / Vaundy Artwork Studio
作詞者Vaundy
作曲者Vaundy
プロデュースVaundy
チャート順位
Vaundy 年表
- 東京フラッシュ
(2019年)
不可幸力
(2020年)
ミュージックビデオ
「東京フラッシュ」 - YouTube

東京フラッシュ」(とうきょうふらっしゅ)は2019年11月29日配信限定でリリースされたVaundyの楽曲。

概要[編集]

自身初のシングルであり、デジタル・ダウンロードのみでリリースされた。

YouTubeにて公開されたMVはリリースから2ヶ月で100万再生され、業界からの注目を集めた[3]。同時に自身の活動が世間に広まっていくきっかけとなった曲である。

制作の背景[編集]

曲をラジオで流してもらおうというコンセプトのもと、YouTubeサブスクから流れ込んでくる様々な曲を分析して制作された[4]

認定とセールス[編集]

リリースから約2年3ヶ月後の2022年2月9日公開の「Streaming Songs」で、ストリーミングの累計再生回数が1億回を突破した。自身の曲では「不可幸力」「napori」「怪獣の花唄」に続き、これで4曲目となる[5]

認定 (RIAJ) 売上/再生回数
ダウンロード 未公表 -
ストリーミング プラチナ 100,000,000 回再生[5]
*認定のみに基づく売上/再生回数

収録内容[編集]

デジタル・ダウンロード
#タイトル作詞・作曲編曲時間
1.「東京フラッシュ」VaundyVaundy

タイアップ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Streaming Songs Year End 2021”. Billboard Japan (2021年12月10日). 2023年1月19日閲覧。
  2. ^ Streaming Songs Year End 2022”. Billboard Japan (2022年12月9日). 2023年1月19日閲覧。
  3. ^ YouTubeで急上昇、Vaundy 「違和感入れるのを意識」|エンタメ!|NIKKEI STYLE”. NIKKEI STYLE. 2022年8月8日閲覧。
  4. ^ 川谷絵音がVaundyの曲作りに迫る。トレンドを分析し、新しいものを生み出す若き才能(J-WAVE NEWS)”. LINE NEWS. 2023年5月28日閲覧。
  5. ^ a b Vaundy「東京フラッシュ」自身4曲目のストリーミング累計1億回突破”. Billboard JAPAN (2022年2月9日). 2022年8月8日閲覧。

外部リンク[編集]