Billboard Japan Streaming Songs

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Billboard Japan Streaming Songs(ビルボード・ジャパン・ストリーミング・ソングス)は、Billboard JAPANによって発表されている日本音楽チャート。国内の主要な音楽ストリーミング・サービスでの販売実績を集計して作成されるストリーミングチャートである。

チャートの構成[編集]

Billboard Japanにストリーミングの要素が追加されたのは2015年度下半期からとなる。この時はプチリリの歌詞表示サービスのデータベースに対するアクセス数が用いられていたが、2017年度からGfK Japanが複数業者のオンデマンド型国内主要音楽聴き放題サービスの再生回数の提供が開始され[1]、プチリリのデータは2017年8月2日発表の週間チャートをもって集計対象から除外された[2]

現在はGfK Japanが提供するオンデマンド型国内主要音楽聴き放題サービスAmazon Music(Unlimitedおよびプライム会員向け音楽ストリーミング)、Apple MusicAWAKKBOXLINE MUSICRakuten MusicTOWER RECORDS MUSICSpotifyの再生回数と、プレイリスト型ストリーミングサービスdヒッツうたパスの再生回数、およびLuminateが提供するYouTube Musicの再生回数が用いられている。

本家、アメリカBillboardやオリコンではYouTubeなどのビデオストリーミング回数も含まれるが、Billboard Japanでは別途扱われるため、ここではオーディオストリーミング回数のみの扱いとなる[3]

ビルボードの米国チャートおよびグローバルチャートと同様、言語が違うバージョンは同一の曲であれば合算して集計されるが、別アレンジの曲は日本では合算されず別集計となる点が異なっている。

一部サービスのデータは有料再生と無料再生を分けて集計し、異なる係数を乗じて総合チャートBillboard Japan Hot 100に反映される(有料会員による再生のほうが高く設定されている)[4]。従って再生数と順位が異なる場合がある。

2022年4月20日発表分より、「一部サービスの実再生回数に代わり、その市場シェアを鑑みた計算係数を採用することで、楽曲の総再生回数を算出」するようになった。この措置は主にラウンジ機能を備えるAWA等の市場シェアが低いにも関わらず不自然に再生回数が高い楽曲が存在するサービスへの抑制措置と見られ、これに該当した楽曲は本来の再生数から調整(減算)されて発表される。

また同年5月11日発表分より、「一部サービスにおける施策によって、再生回数が市場全体の平均バランスから大きく乖離した楽曲に対し、独自の計算公式による個別係数を設定する」ようになった。この措置は主にLINE MUSIC等で行われている、期間内での再生回数に応じて特典が与えられたり、その応募の権利が与えられる施策、またそれにより得たユーザーにより、他のストリーミング業者と比べ突出している再生数を出している楽曲に対する抑制処置と見られ、これにより再生回数に応じて得られるHot 100のポイントに対し係数処理が施され、Streaming Songsでの順位とHot 100に反映されるポイントでの順位(Chart insightで表示されるストリーミングの順位)が異なる場合が発生する。

金曜日に発表される(祝休日の場合は休止する場合もある)月曜日から水曜日までの中間速報ではGfK Japan集計分のみ用いられている。

歴史[編集]

2017年10月、ダウンロード・ソング・チャートDownload Songsとダウンロード・アルバム・チャートDownload Albumsと共に新設された。最初に首位を獲得したのは、2017年10月9日付けのDAOKO×米津玄師の「打上花火」であった[5]

日本におけるストリーミング黎明期ともいえる2017年は、ストリーミング未解禁の邦楽アーティストが多かったこともあり、年間チャートの上位10曲中5曲が洋楽で占められた[6]。2018年以降はその傾向は薄れ、邦楽アーティストが上位を占めるようになった。2020年の年間首位を獲得したYOASOBIの「夜に駆ける」は、総合チャートBillboard Japan Hot 100でも年間首位を獲得し、ストリーミング首位の楽曲が総合チャート首位を獲得する初めての例となった。

チャート上での累計再生回数が1億回を超えるとBillboard JAPANから発表が行われ、一定のマイルストーンとしての役割を果たしている。最初の1億回突破楽曲はエド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」で、国内アーティストではあいみょんの「マリーゴールド」であった[7][8]

2021年9月15日公開のチャート集計時点で、累計再生回数が1億回を超えた楽曲が100曲に達した[9]

同年12月30日、歴代ストリーミング総再生回数ランキング トップ50が発表された[10] (記録の項目にトップ20を記載)。

首位獲得作品[編集]

週間[編集]

年間[編集]

年度 アーティスト 出典
2017年 シェイプ・オブ・ユー エド・シーラン [6]
2018年 打上花火 DAOKO×米津玄師 [11]
2019年 マリーゴールド あいみょん [12]
2020年 夜に駆ける YOASOBI [13]
2021年 ドライフラワー 優里 [14]

記録[編集]

累計1億再生を突破した楽曲数
順位 曲数 アーティスト 出典
1 12曲 Official髭男dism [15]
YOASOBI [16]
3 10曲 BTS [17]
4 8曲 あいみょん [18]
back number [19]
5 7曲 Vaundy [20]
6 6曲 King Gnu [21]
優里 [22]
7 5曲 Mrs. GREEN APPLE [23]
TWICE [24]
連続首位記録
アーティスト 出典
34 Pretender Official髭男dism 2019年-2020年 [25]
20 マリーゴールド あいみょん 2019年 [26]
18 U.S.A. DA PUMP 2018年 [27]
12 I LOVE... Official髭男dism 2020年 [28]
10 ドライフラワー 優里 2021年 [29]
9 今夜このまま あいみょん 2018年-2019年 [30]
9 水平線 back number 2021年 [31]
8 Butter BTS 2021年 [32]
通算首位記録
アーティスト 出典
35 Pretender Official髭男dism 2019年-2020年 [33]
20 マリーゴールド あいみょん 2019年 [26]
19 U.S.A. DA PUMP 2018年
15 夜に駆ける YOASOBI 2020年 [34]
15 ドライフラワー 優里 2021年 [35]
14 打上花火 DAOKO×米津玄師 2017年-2018年
12 I LOVE... Official髭男dism 2020年 [28]
12 Dynamite BTS 2020年-2021年 [36]
週間再生回数
再生回数 アーティスト 日付 出典
29,935,364回 Butter BTS 2021年6月7日付 [37]
19,965,634回 「Permission to Dance」 BTS 2021年7月26日付 [38]
18,901,974回 LiSA 2020年11月2日付 [39]
18,748,295回 新時代 (ウタ from ONE PIECE FILM RED) Ado 2022年8月29日付 [40]
13,842,676回 ドライフラワー 優里 2021年3月1日付 [41]
13,547,045回 「Bye-Good-Bye」 BE:FIRST 2022年3月21日付 [42]
13,400,803回 Gifted. BE:FIRST 2021年11月15日付 [43]
12,546,669回 Dynamite BTS 2021年1月4日付 [44]
12,141,564回 私は最強 (ウタ from ONE PIECE FILM RED) Ado 2022年8月29日付 [45]
11,797,275回 「ラナ」 めいちゃん 2022年5月16日付 [46]

(2022年8月29日付現在)

歴代ストリーミング総再生回数
順位 総再生回数 アーティスト 発売年
1 7億回 夜に駆ける YOASOBI 2019
1 7億回 Pretender Official髭男dism 2019
1 7億回 Dynamite BTS 2020
4 5.06億回 ドライフラワー 優里 2020
5 4.78億回 白日 King Gnu 2019
6 4.15億回 I LOVE... Official髭男dism 2020
7 4.14億回 マリーゴールド あいみょん 2018
8 3.78億回 紅蓮華 LiSA 2019
9 3.74億回 LiSA 2020
10 3.46億回 群青 YOASOBI 2020
11 3.34億回 怪物 YOASOBI 2021
12 3.34億回 115万キロのフィルム Official髭男dism 2018
13 3.26億回 Butter BTS 2021
14 3.23億回 宿命 Official髭男dism 2019
15 3.17億回 裸の心 あいみょん 2020
16 2.99億回 香水 瑛人 2019
17 2.95億回 Make you happy NiziU 2020
18 2.85億回 イエスタデイ Official髭男dism 2019
19 2.80億回 ハルジオン YOASOBI 2020
20 2.71億回 まちがいさがし 菅田将暉 2019

(2021年12月19日までの集計)

出典[編集]

  1. ^ ビルボードジャパンがストリーミングデータを拡充、セールス数&ポイントも一部公開へ”. Billboard JAPAN. 2022年1月23日閲覧。
  2. ^ ビルボードジャパン・チャートが6月にリニューアル!チャート・インサイト・サービスがデビュー”. Billboard JAPAN. 2022年1月23日閲覧。
  3. ^ ビルボード・ジャパン・チャート、YouTubeデータの取り扱いを2020年9月より変更| Daily News” (日本語). website=Billboard JAPAN. 2021年8月21日閲覧。
  4. ^ About Charts│Billboard JAPAN”. www.billboard-japan.com. 2021年1月6日閲覧。
  5. ^ 【ビルボード】ダウンロード&ストリーミング・チャートがローンチ、記念すべき1週目の1位は?”. Billboard Japan (2017年10月4日). 2017年10月5日閲覧。
  6. ^ a b “【ビルボード年間Streaming Songs】洋邦入り混じったグローバルなチャートを、エド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」が制覇”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2017年12月8日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/58185/2 2017年12月8日閲覧。 
  7. ^ BTS「Dynamite」歴代最速でストリーミング累計1億回再生を突破  | Daily News”. Billboard JAPAN. 2021年9月16日閲覧。
  8. ^ あいみょん「マリーゴールド」ストリーミング再生が累計1億回突破 | Daily News”. Billboard JAPAN. 2021年9月16日閲覧。
  9. ^ ストリーミング累計1億回再生超え楽曲が100曲突破 | Daily News”. Billboard JAPAN. 2021年9月16日閲覧。
  10. ^ 【ビルボード】歴代ストリーミング総再生回数ランキング | Daily News”. Billboard JAPAN. 2021年12月31日閲覧。
  11. ^ “ビルボードジャパン 2018年 年間ランキング発表~【HOT 100】は米津玄師「Lemon」、【Hot Albums】は安室奈美恵『Finally』が首位”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2018年). http://www.billboard-japan.com/special/detail/2543 2019年1月19日閲覧。 
  12. ^ “Billboard Japan Top Streaming Songs Year End(2019)”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=stsongs_year&year=2019 2020年12月7日閲覧。 
  13. ^ “Billboard Japan Top Streaming Songs Year End(2020)”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=stsongs_year&year=2020 2020年12月7日閲覧。 
  14. ^ “Billboard Japan Top Streaming Songs Year End(2021)”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=stsongs_year&year=2021 2021年12月10日閲覧。 
  15. ^ Official髭男dism「Universe」自身12曲目のストリーミング累計1億回再生突破”. Billboard Japan (2022年8月17日). 2022年8月17日閲覧。
  16. ^ YOASOBI「ラブレター」自身12曲目のストリーミング累計1億回再生突破” (日本語). Billboard JAPAN. 2022年9月21日閲覧。
  17. ^ BTS「FAKE LOVE」自身10曲目のストリーミング累計1億回再生突破| Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2022年3月9日閲覧。
  18. ^ あいみょん「ハート」自身8曲目のストリーミング累計1億回再生突破|Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2022年1月20日閲覧。
  19. ^ back number「HAPPY BIRTHDAY」自身8曲目のストリーミング累計1億回再生突破 | Daily News”. Billboard JAPAN. 2022年5月25日閲覧。
  20. ^ Vaundy「花占い」自身7曲目のストリーミング累計1億回再生突破| Daily News”. Billboard JAPAN. 2022年5月25日閲覧。
  21. ^ King Gnu「カメレオン」自身6曲目のストリーミング累計1億回再生突破| Daily News”. Billboard JAPAN. 2022年7月14日閲覧。
  22. ^ 優里「レオ」自身6曲目のストリーミング累計1億回再生突破”. Billboard JAPAN. 2022年8月25日閲覧。
  23. ^ Mrs. GREEN APPLE「ロマンチシズム」自身5曲目のストリーミング累計1億回再生突破 | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2021年6月30日閲覧。
  24. ^ TWICE「The Feels」自身5曲目のストリーミング累計1億回再生突破| Daily News”. Billboard JAPAN. 2022年3月9日閲覧。
  25. ^ Billboard JAPAN Streaming Songs(1/20付)、Official髭男dism「Pretender」が34連覇 ジャスティン・ビーバー「ヤミー」が初登場 | Musicman” (日本語). 音楽業界総合情報サイト | Musicman. 2020年12月26日閲覧。
  26. ^ a b Billboard JAPAN Streaming Songs(5/27付)あいみょん「マリーゴールド」がストリーミング20連覇 髭男が自己最高となる2位獲得 | Musicman” (日本語). 音楽業界総合情報サイト | Musicman. 2020年12月26日閲覧。
  27. ^ Billboard JAPAN Streaming Songs(11/12付)、あいみょん「今夜このまま」が首位「U.S.A.」連続首位記録は18週でストップ | Musicman” (日本語). 音楽業界総合情報サイト | Musicman. 2020年12月26日閲覧。
  28. ^ a b Billboard JAPAN Streaming Songs(5/11付)、Official髭男dism「I LOVE…」がストリーミング12連覇 瑛人「香水」がチャートイン2週目にして早くもトップ3入り | Musicman” (日本語). 音楽業界総合情報サイト | Musicman. 2020年12月26日閲覧。
  29. ^ 【ビルボード】優里「ドライフラワー」がストリーミング10連覇 BLOOM VASE初トップ10入り | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2021年4月10日閲覧。
  30. ^ Billboard JAPAN Streaming Songs(1/7付)、あいみょん「今夜このまま」がストリーミング9連覇 2018年のチャートを賑わせた楽曲達が再浮上 | Musicman” (日本語). 音楽業界総合情報サイト | Musicman. 2020年12月26日閲覧。
  31. ^ Billboard JAPAN Streaming Songs(11/3公開)、back number「水平線」が9連覇 毎年恒例「クリスマスソング」再浮上か | Musicman” (日本語). 音楽業界総合情報サイト | Musicman. 2021年11月17日閲覧。
  32. ^ Billboard JAPAN Streaming Songs(7/19付)、BTS「Butter」がストリーミング8連覇 YOASOBI新曲「三原色」急上昇して2位 | Musicman” (日本語). 音楽業界総合情報サイト | Musicman. 2021年7月15日閲覧。
  33. ^ Billboard JAPAN Streaming Songs(2/17付)、Official髭男dism「Pretender」が4週ぶり通算35回目の首位に | Musicman” (日本語). 音楽業界総合情報サイト | Musicman. 2021年1月20日閲覧。
  34. ^ Billboard JAPAN Streaming Songs(9/21付)、YOASOBI「夜に駆ける」15週目の首位 NiziU「Make you happy」TV初披露で上昇 | Musicman” (日本語). 音楽業界総合情報サイト | Musicman. 2021年1月20日閲覧。
  35. ^ 【ビルボード】優里「ドライフラワー」15度目のストリーミング首位 YOASOBI「怪物」最高位更新&新曲4位に初登場 | Daily News”. Billboard JAPAN. 2021年6月11日閲覧。
  36. ^ 【ビルボード】BTS「Dynamite」12度目のストリーミング首位 優里「ドライフラワー」再生回数のピーク更新 | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2021年2月3日閲覧。
  37. ^ 【ビルボード】BTS「Butter」がストリーミング2連覇 再生回数の歴代記録を大きく更新  | Daily News”. Billboard JAPAN. 2021年6月11日閲覧。
  38. ^ 【ビルボード】BTS「Permission to Dance」が初のストリーミング首位 映画『竜とそばかすの姫』メインテーマが初登場 | Daily News”. Billboard JAPAN. 2021年8月1日閲覧。
  39. ^ 【ビルボード】LiSA「炎」ストリーミング首位獲得、週間再生回数の歴代記録を更新 | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2021年1月10日閲覧。
  40. ^ 【ビルボード】Ado「新時代 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」がストリーミング首位 アルバム収録曲がトップ4独占” (日本語). Billboard JAPAN. 2022年8月17日閲覧。
  41. ^ 【ビルボード】優里「ドライフラワー」ストリーミング5連覇 Ado「うっせぇわ」含む3曲チャートイン | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2021年3月3日閲覧。
  42. ^ 【ビルボード】BE:FIRST「Bye-Good-Bye」ストリーミング首位デビュー 2022年最多の週間再生回数 | Daily News”. Billboard JAPAN. 2022年5月25日閲覧。
  43. ^ 【ビルボード】BE:FIRST「Gifted.」がストリーミング首位デビュー 超特急「Yodelic Fire」も初登場| Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2021年12月20日閲覧。
  44. ^ 【ビルボード】BTS「Dynamite」9度目のストリーミング首位 Eve「廻廻奇譚」初トップ10入り | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2021年1月10日閲覧。
  45. ^ 【ビルボード】Ado「新時代 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」がストリーミング2連覇 史上初のトップ5独占 | Daily News”. Billboard JAPAN. 2022年8月25日閲覧。
  46. ^ 【ビルボード】めいちゃん「ラナ」初のストリーミング首位 LE SSERAFIMデビュー曲「FEARLESS」12位初登場 | Daily News”. Billboard JAPAN. 2022年5月25日閲覧。

外部リンク[編集]