Iris (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Iris
出身地 マレーシアの旗 マレーシア クアラルンプール
職業 歌手・女優
レーベル ソニー・ミュージックレコーズ
事務所 スイート・ベイジル・ミュージック[1][2]
公式サイト http://www.irisofficial.com/

Iris(アイリス、1994年1月12日[3] - )は、クアラルンプール出身の歌手女優ソニー・ミュージックレコーズスイート・ベイジル・ミュージック所属[1][2]

マレー語北京語福建語広東語英語日本語での会話が行える[4]。本人の弁ではマレー語よりも中国語(北京語、広東語、福建語)のほうが得意とのこと[5]

略歴[編集]

2011年、18歳のときにマレーシアの音楽コンテストで特別賞を受賞したことで音楽活動を始め[5]、2012年にマレーシアで歌手、女優として芸能キャリアをスタートした[1]

2015年に日本に移住する[1]

2016年にはミスiD2016を受賞[6]。TV番組『なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付』内の「NIPPON優しさ旅」に出演し、ヒッチハイクで日本を縦断する「美少女ヒッチハイカー」として注目される[5]。また、コーセーの「雪肌粋」のCMに出演しこちらでも人気を集める[5]

2016年4月にはソニー・ミュージックから『I love me / good bye』がリリースされ、歌手としてもメジャーデビューを果たした[7][8]。身長 168cm、体重 43kg[7]

出演[編集]

TV[編集]

CM[編集]

イベント[編集]

  • C3AFAシンガポール2017(2017年11月24・25日、サンテック・シンガポール国際会議展示場)-24日メインステージのオープニングアクト、25日ニコニコ生放送でえなこと初MC[9]
  • C3AFA香港2019(2019年2月22~24日 香港会議展覧センター)-24日メインステージの終盤ゲストとしてBACK-ONと登場

ディスクグラフィー[編集]

シングル
いずれもソニー・ミュージックレコーズより。

出典[編集]

  1. ^ a b c d sweet basil”. sweet basil. 2017年5月30日閲覧。
  2. ^ a b ミスiD2016受賞者”. 講談社. 2017年10月29日閲覧。
  3. ^ a b 【インタビュー】シンガー・Iris(アイリス)、最新シングルをリリース! ヒッチハイクで日本縦断の旅を乗り越えたマレーシア出身の美少女が「日本を元気に!」” (2017年5月31日). 2017年6月14日閲覧。
  4. ^ a b c 美少女ヒッチハイカーIris、『雪肌粋』イメキャラに「アンビリーバボー」”. オリコン (2016年4月12日). 2017年5月30日閲覧。
  5. ^ a b c d 美少女ヒッチハイカーIris(アイリス)がCDデビュー そのキュートなキャラを調査!/インタビュー1”. エキサイト (2016年4月26日). 2017年6月14日閲覧。
  6. ^ 玉城ティナ輩出「ミスiD 2016」グランプリ発表”. モデルプレス (2016年1月17日). 2019年5月29日閲覧。
  7. ^ a b 「世界番付」ヒッチハイクから歌手デビュー!マレーシア美女のアイリスを直撃「なぜ日本?」”. モデルプレス. 2017年5月30日閲覧。
  8. ^ I love me / good bye”. Sony Music Entertainment. 2017年5月30日閲覧。
  9. ^ Iris(アイリス)、『C3AFAシンガポール2017』で会場を虜に! 人気コスプレイヤー・えなことニコニコ生放送のMCも”. M-ON! MUSIC (2017年11月26日). 2017年11月27日閲覧。
  10. ^ “浅倉大介プロデュースで、Irisが『コードギアス 反逆のルルーシュ』の劇場版エンディングテーマを歌う!”. T-SITE NEWS. (2017年10月16日). http://top.tsite.jp/entertainment/anime-song/i/37349423/index 2017年10月29日閲覧。 

外部リンク[編集]