中嶋ユキノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中嶋ユキノ
生誕 (1984-09-13) 1984年9月13日(33歳)
出身地 日本の旗 日本, 東京都
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
キーボーディスト
活動期間 2003年 -
レーベル SME Records / Clearwater
(2016年 - )
事務所 ロード&スカイ
共同作業者 向谷実
浜田省吾
公式サイト オフィシャルサイト

中嶋 ユキノ(なかじま ユキノ、1984年[要出典]9月13日 - )は、日本女性シンガーソングライター東京都出身。身長166cm、血液型A型。

経歴[編集]

2005年より、川嶋あいのバックコーラスや、菅原紗由理伊藤由奈上戸彩AAA等への作詞提供や、KGなど様々なアーティストのゲストボーカルなどを務める。

2010年7月からUSTREAMにて弾き語り番組「Dear...」を週1回のペースでオンエアを行い、番組を見た向谷実(ex.向谷倶楽部)の誘いにより制作した配信限定リリース・シングル「アイシテルの言葉」が、iTunes総合2位、J-POP1位を獲得。

2011年、デビュー曲となる「桜ひとひら」では、配信開始を3日後に控えた中でUSTREAMによる公開レコーディングを行い、配信前の予約注文のみでiTunes総合チャート4位を獲得。

この「桜ひとひら」に加え、USTREAMレギュラー番組のテーマソング的楽曲「Dear...」と、番組定番曲「助手席」、東日本大震災を受けて急遽書き下ろした「だいじょうぶ」の4曲をコンパイルした初めてのアルバムを配信リリースし、iTunesJ-POPチャート1位を獲得。

それを機にiTunes TVCMでのジャケットオンエアや、演劇集団キャラメルボックス「銀河旋律」の劇中歌、揖保乃糸CMソング、久保田利伸アルバム「Gold Skool」等でも、中嶋の声を見いだされ参加する。

2011年秋、ウェザーニューズ公式サポートソング「ソラウタ」に抜擢され「ALL FOR ONE」を制作、100万ダウンロードを達成。

2012年春、菅原紗由理キミに贈る歌」セルフカバー曲、シングル「サヨナラが言える日まで」の配信リリースを経て、初CD『Dear...』を発売。

2013年秋、「音と言葉の一瞬を閉じ込める」をコンセプトにした、初のセルフプロデュース作品、弾き語りアンプラグドミニアルバム『Starting Over』を発売。

2016年8月31日SME Recordsから、アルバム『N.Y.』でメジャーデビュー[1]

作品[編集]

デジタル配信シングル[編集]

# タイトル 発売日
インディーズ
1st アイシテルの言葉[注 1] 2010年11月29日
2nd 桜ひとひら 2011年3月2日
3rd 桜ひとひら スペシャルエディション 2011年4月16日
4th サヨナラが言える日まで 2012年3月21日

アルバム[編集]

# タイトル 発売日 形態 品番 順位[注 2]
インディーズ
Dear... 2012年3月21日 CD WQCQ-294
Starting Over 2013年11月1日
SME Records / Clearwater
1st N.Y. 2016年8月31日 CD SECL-1973 30位
2nd 空色のゆめ 2017年8月9日 SECL-2181 49位

その他作品[編集]

提供曲[編集]

レギュラー番組[編集]

  • MIDNIGHT SESSION(α-STATION 毎週木曜日 24:00 - 25:00)

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 中嶋ユキノ with 向谷倶楽部名義。
  2. ^ 順位はいずれもオリコンチャートによる最高順位。

出典[編集]

外部リンク[編集]