未確認フェスティバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
未確認フェスティバル
MIKAKUNIN FESTIVAL
イベントの種類 音楽系イベント
通称・略称 未確認、未確認フェス
開催時期 8月下旬
初回開催 2015年8月30日
会場 STUDIO COAST(ファイナル)
主催 SCHOOL OF LOCK!
TOWER RECORDS
docomo
レコチョク
公式サイト

未確認フェスティバル(みかくにんフェスティバル)とは、ラジオ番組SCHOOL OF LOCK!」、企業共同型プロジェクト「Eggsプロジェクト」が主催する、10代アーティストのみによるロック・フェスティバル

概要[編集]

TOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」と、タワーレコードNTTドコモレコチョクの3社による共同型プロジェクト「Eggsプロジェクト」が主催する[1][2]、10代限定の「唯一無二の音楽フェスティバル」[3]。2015年8月30日にファイナルステージが初開催された。実質的には、2014年まで行われていた「閃光ライオット」の後継フェスティバルである。

このフェスティバルの開始は、2015年2月16日の「SCHOOL OF LOCK!」放送中に発表された[4]

キャッチフレーズは「その才能、いまだ未確認。」[2]

アーティスト参加方法[編集]

応募方法等は「SCHOOL OF LOCK!」の番組内で発表され、

  1. 第1次審査(デモ音源・映像審査)
  2. 第2次審査(ウェブ審査・投票)
  3. 第3次審査(ライブ審査)

の順に審査を行う。第3次審査を通過したアーティストが、ファイナルステージ(決勝)に進むことができる。

閃光ライオットとは第2次審査の方法が異なり、閃光ライオットでは「スタジオ審査」であったため、第2次審査を通過して初めて出場アーティストおよび楽曲が公開されていたが、未確認フェスティバルでは「ウェブ審査」となるため、第1次審査を通過すればアーティストおよび楽曲が公開されることになる[2]

参加アーティストには年齢制限が設けられており、その年の4月1日時点で12歳 - 19歳と設定されている[3][5]。また、1人でもバンドメンバーに左記年齢に該当しない人員がいる場合には、そのメンバーを除いたり、そのメンバーが作詞・作曲・編曲していない楽曲でエントリーするなどをした参加が必須となる[6]

未確認フェスティバル2015[編集]

第1回目となる「未確認フェスティバル2015」のファイナルステージは、8月30日に新木場STUDIO COASTで開催された。エントリーは、郵送または「Eggsプロジェクト」内特設サイトにて3月16日から開始され、当初5月6日が締め切りの予定であったが、延長。5月20日に締め切られた[3][7][8]。 未確認フェスティバル2015の応募総数は、3254人。そのうち2015年6月19日現在レギュラーコースのみ第1次・第2次審査結果が発表されている[9]。 レギュラーコースからは約100組が第2次ネット審査へと進出した[3]、そのうちから、さらに33組が第3次ライブ審査に到達した[9]。第3次ライブ審査からファイナルステージへはレギュラーコースからShout it Out、Strangers、Damn Drive、リーガルリリー、リディキュラスラビッシュ、RED DOG、夜の最前線の7組が選出された[10]。また、このほかに第3次ライブ審査を受けたアーティストの中から一般メールメッセージ投票による公募を行うBURNOUT STAGEから1組枠が選出され、残る1組はみきなつみに決定。[10]。もう既にファイナルステージへ進出決定している7組のファイナリストは各アーティストごとの楽曲がdヒッツでの配信や有線放送が行われていた[11][12]。歌うだけコースでは4人がファイナルステージへ進出した。また、曲だけコースからはファイナルへ2人が出場。ただ、未確認コースは不選出となった。

2015年3月16日に未確認フェスティバルのテーマソングの担当アーティストが発表され、go!go!vanillasであることが明かされた[13]。 2015年4月21日に特別審査員が発表され、いしわたり淳治日高央であることが明かされた。また、この2名は未確認フェスティバルを主題でとするSCHOOL OF LOCK!のコーナー『未確認LOCKS!』にも定期的に出演[3][5][13]。その後、菅野結以も審査員に加わることが発表された[14]。 2015年7月17日に未確認フェスティバルに関する記者会見が開かれた。それにより、初代未確認フェスティバル応援ガールズ!が当時乃木坂46に所属し、GIRLS LOCKS!を担当していた橋本奈々未が担当することが発表された[15][16]。また、同日の会見ではファイナルステージでのゲストアクトが発表され、ゲスの極み乙女。グッドモーニングアメリカの2組であることが明かされた[15]

応募コース
今回の応募コースは以下の4つである[3][8]
  1. レギュラーコース - 音楽バンドラッパーなどのアーティストでの募集を主とするコース。
  2. 歌うだけコース - 楽器の演奏・曲の制作での参加が不可であり、カラオケアカペラなどといった歌い手とのみ可能なアーティストが応募するコース。
  3. 曲だけコース - 音楽バンドとしての参加・歌手としての参加が不可であり、曲の制作(VOCALOID器楽曲など)のみが可能なアーティストが応募するコース。
  4. 未確認コース - 以上のどれにも属さない音楽の手法や、音楽的要素を含むものなどを募集するコース。
第3次ライブ審査
以下の日程・出場・会場で行われた[3][5][9]
  • 大阪会場 - 7月19日(日)(ゲスト:Brian the Sun、出場者:8組)、Music Club JANUS
  • 名古屋会場 - 7月21日(火)(ゲスト:BLUE ENCOUNT、出場者:8組)、THE BOTTOM LINE
  • 東京会場 - 7月25日(土)(ゲスト:04 Limited Sazabys、出場者:8組)・7月26日(日)(追加公演、ゲスト:なし、出場者:9組)、O-WEST
ファイナルステージ
8月30日(日)、新木場STUDIO COASTで開催された。
出演アーティスト
レギュラーコース
(出演順)[17]
  1. RED DOG
  2. Damn Drive
  3. リーガルリリー
  4. Strangers
  5. 夜の最前線
  6. みきなつみ(BURNOUT STAGE Supported by ICEBOX)
  7. リディキュラスラビッシュ
  8. Shout it Out
歌うだけコース
  1. 田中優帆
  2. Ryuga Hori
  3. 雪丸結衣
  4. 矢田玲華
曲だけコース
  1. idomiz.
  2. leave E
未確認コース
該当者なし
特別審査員
応援ガール
ゲストライブアクト
受賞アーティスト
なお、グランプリを受賞したShout it Outは、賞金100万円の使い道について、「背中を押してくれた方々への恩返し」「バンドシーンを盛り上げる」という理由から、フリーライブ開催に充てた[20][※ 1]

Bakakuninムービー[編集]

Bakakuninムービーは未確認フェスティバルと併設されて行われるフェスティバル[※ 2]。2015年5月21日に併催を発表した[22]。このフェスティバルでは未だ見ぬ"Baka"な映像を応募することを目的とし、テーブルクロス引きなどの映像作品を募集していた[23]

受賞者
  • 埼玉県 RN: promise

未確認フェスティバル2016[編集]

第2回目となる「未確認フェスティバル2016」のファイナルステージは、8月27日に新木場STUDIO COASTで開催された。「レギュラーコース」エントリーは、郵送または「Eggsプロジェクト」内特設サイトにて2月24日から開始された。応募締切は当初5月2日の予定だったが、5月8日に延長された[6]。また、10代のコピーバンドのみが出場できる「コピバンステージ」の開催も発表され[24]、6月27日からエントリーを開始し8月7日に締め切られた。

この年は、「応援ガール」とは別に、パーソナリティ(とーやま校長あしざわ教頭)のアシスタント役として「未確認ガール」が設置され[※ 3]アリスムカイデが就任した。また、未確認LOCKS![25]、ゲストアクトのライブの模様がLINE LIVEで放送されるようになった[26]

第3次ライブ審査
以下の日程・出場・会場で行われた。
ファイナルステージ
8月27日(土)、STUDIO COASTで開催。
出演アーティスト
8月1日のSCHOOL OF LOCK!生放送教室内で、8組すべてのファイナリストが発表された[27][28]
(出演順)
  1. Althea (神奈川県)
  2. postman (愛知県)
  3. Ko-sei (神奈川県)
  4. The Lump of Sugar (京都府)
  5. 曽我部瑚夏 (北海道)
  6. ロケットボーイズ (千葉県)
  7. TAKEWORDS (神奈川県)
  8. YAJICO GIRL (大阪府)
特別審査員[28]
応援ガール[28]
オープニングアクト[28]
ゲストライブアクト[28]
受賞アーティスト[29]
  • グランプリ - YAJICO GIRL
  • 準グランプリ - The Lump of Sugar
  • 審査員特別賞 - Ko-sei
賞金・賞品
  • グランプリ - 賞金100万円・優勝旗・YAMAHA製楽器20万円分・タワーレコードからのCDリリース権
  • 準グランプリ・審査員特別賞 - YAMAHA製楽器1点
グランプリの賞金100万円については、昨年Shout it Outがフリーライブ開催に充てたことで大きな話題となったが、YAJICO GIRLは使い道について、ファイナル終了後の時点では「去年のShout it Outのように、何かしらの形でお客さんに還元したいなとは思います」と発言するにとどめている[30]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 入場無料だが、ドリンク代の500円のみ必要であった[21]
  2. ^ ここで示唆する馬鹿(Baka)とは、『無益』、『役に立たない行動』、『おろかな行動』などを示している。知能的差別の表現ではないということを念頭に、閲覧していただきたい。
  3. ^ 「応援ガール」も引き続き設置されている。

出典[編集]

  1. ^ タワレコら3社、新人アーティストの活動を支援する「Eggsプロジェクト」開始”. Musicman-net. 2015年2月15日閲覧。
  2. ^ a b c <閃光ライオット>が新名称へと改名。タワレコ、ドコモ、レコチョクによる新人支援「Eggsプロジェクト」と連携”. BARKS. 2015年2月17日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g “10代アーティストの未来に、熱き一票を!「閃光ライオット」の意思を受け継ぐ、10代限定フェス『TEENAGE ONLY 未確認フェスティバル』”. 産経関西. http://www.sankei-kansai.com/press/post.php?basename=000000627.000004829.html 2015年5月22日閲覧。 
  4. ^ 起死回生バレンタイン2015!!”. SCHOOL OF LOCK! 生放送教室. 2015年2月19日閲覧。
  5. ^ a b c 「未確認フェスティバル」特別審査員にいしわたり淳治と日高央就任”. RO69. 2015年5月1日閲覧。
  6. ^ a b 未確認フェスティバル2016 エントリー”. Eggs. 2016年8月6日閲覧。
  7. ^ 『未確認フェスティバル』いよいよ始動! 8/30(日)新木場STUDIO COASTで開催決定!! ただいま、エントリー受付中!”. BARKS. 2015年3月17日閲覧。
  8. ^ a b エントリー開始! 応募締め切りは5/6(水)まで!”. TOKYO FM. 2015年3月21日閲覧。
  9. ^ a b c <未確認フェスティバル>、フォーリミ、Brian the Sun、BLUE ENCOUNTがゲスト出演。”. BARKS (2015年6月19日). 2015年6月25日閲覧。
  10. ^ a b 音楽の甲子園「未確認フェス」ファイナリスト7組決定”. 音楽ナタリー (2015年8月6日). 2015年8月8日閲覧。
  11. ^ タワレコ、ドコモ、レコチョク共同「Eggsプロジェクト」が初の音楽プログラムを「dヒッツ」で配信”. MUSICman-NET (2015年8月4日). 2015年8月8日閲覧。
  12. ^ 『SCHOOL OF LOCK!』、Eggsが共催する「未確認フェスティバル」ファイナリスト7組 USENにて、本日より放送開始のお知らせ”. 産経ニュース (2015年8月4日). 2015年8月8日閲覧。
  13. ^ a b いしわたり淳治&日高央が特別審査員に! 応募締切まで残り2週間! 〈未確認フェス〉情報まとめ”. 未確認フェスティバルタワレコ支部. 2015年5月22日閲覧。
  14. ^ 菅野結以「音楽をやめないで」若きアーティストに熱いエール”. モデルプレス (2015年8月31日). 2015年8月31日閲覧。
  15. ^ a b <未確認フェスティバル>応援ガールに橋本奈々未(乃木坂46)が就任。「楽しみきって」”. BARKS (2015年7月15日). 2015年7月17日閲覧。
  16. ^ 橋本奈々未「生活苦」で乃木坂入り”. 朝日新聞 (2015年7月17日). 2015年7月17日閲覧。
  17. ^ タイムテーブル”. 未確認フェスティバル公式サイト (2015年8月31日). 2015年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月31日閲覧。
  18. ^ ゲスの極み乙女。10月から『SCHOOL OF LOCK!』のレギュラー講師に就任”. RO69 (2015年8月31日). 2015年8月31日閲覧。
  19. ^ 【イベントレポート】<未確認フェスティバル>、優勝はShout it Out”. BARKS (2015年8月30日). 2015年8月31日閲覧。
  20. ^ Shout it Out、『未確認フェスティバル』賞金でフリーライブを開催 「生の音楽の楽しさに気付きに来てほしい」”. Real Sound (2015年10月8日). 2016年9月6日閲覧。
  21. ^ 未確認フェスティバル2015初代グランプリShout it Outが、グランプリ賞金100万円でフリーLIVEを開催!”. TOKYO FM. 2016年9月6日閲覧。
  22. ^ BakakuninムービーSupported by 森永ICEBOX開催記念!!Bakakuninワンシーン!”. SCHOOL OF LOCK! 放送後期. 2015年5月22日閲覧。
  23. ^ SCHOOL OF LOCK! presents Bakakuninムービー supported by ICEBOX - YouTube
  24. ^ 未確認フェスティバル2016_コピバン”. Eggs. 2016年8月6日閲覧。
  25. ^ 「SCHOOL OF LOCK!」開催フェスのスペシャル番組「未確認LOCKS!」が生放送開始!”. 2.5D. 2016年8月6日閲覧。
  26. ^ “〈未確認フェスティバル2016〉応援ガールは、永野芽郁!ライブゲストは、KANA-BOON、OPアクトは昨年覇者Shout it Out!!” (プレスリリース), TOWER RECORDS ONLINE, (2016年7月8日), http://tower.jp/article/news/2016/07/08/s01 2016年8月6日閲覧。 
  27. ^ 未確認フェスティバル2016 ファイナリスト発表スペシャル!!!!”. TOKYO FM (2016年8月1日). 2016年8月6日閲覧。
  28. ^ a b c d e “『未確認フェスティバル2016』ついにファイナリスト8組が決定!決戦の舞台は、8月27日(土) 新木場STUDIO COAST” (プレスリリース), TOWER RECORDS ONLINE, (2016年8月2日), http://tower.jp/article/news/2016/08/02/s01 2016年8月6日閲覧。 
  29. ^ 「未確認フェスティバル2016」、優勝は大阪発・YAJICO GIRL!”. RO69 (2016年8月29日). 2016年9月6日閲覧。
  30. ^ 10代限定の“音楽の甲子園”『未確認フェスティバル2016』グランプリは大阪発・5ピースバンド「YAJICO GIRL」(6/6)”. エキサイトニュース (2016年8月30日). 2016年9月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]