風とロック芋煮会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

風とロック芋煮会(かぜとロックいもにかい)は秋に福島県で行われる「村祭り型ロック・フェスティバル」である。なお、「ラジオ風とロック」、フリーペーパー「月刊 風とロック」はそれぞれの項を参照。

概要[編集]

福島県郡山市出身のクリエイティブディレクター、箭内道彦の「風とロック」と「福島民報社」主催による音楽を中心としたイベント。

2007年に福島民報社の創刊百十五周年記念特集広告「風とロックと福島民報」を契機に、2009年10月には福島県郡山市・開成山野外音楽堂での県内ゆかりのミュージシャンを中心とした「207万人の天才。風とロックFES福島」を開催。福島県独自の音楽フェスを立ち上げ、翌2010年9月には福島県耶麻郡北塩原村での開催も企画。「207万人の天才。風とロックCAMP IN 箭ROCK沼」の当初タイトルであったが同年フジロック出演中の怒髪天・ベース清水泰次と箭内との会話で「フェスの時代は終わった。東北には芋煮会という素晴らしい文化があるじゃないか!」と気づき、この時より「風とロックCAMP IN 箭ROCK沼 改メ 風とロック芋煮会」の名が誕生し、秋に行われるイベントは「風とロック芋煮会」と定着。現在に至る。

また、音楽ライブだけでなく実際に芋煮鍋はもちろんキャンプファイヤー肝試し・エンドレス歌本ナイトに朝のラジオ体操と、レクリエーション要素豊富なプログラムをミュージシャン自身が企画し催すことから怒髪天の増子直純いわく「ミュージシャンとお客さんの距離が世界でいちばん近いイベント。というかミュージシャンの側から食い込み気味」という、さらなる独自性を持ったイベントとなる。

2012年9月の「風とロック芋煮会@猪苗代湖」ではシークレット21世紀枠として当日まで参加未発表だったTHE BACK HORNが、前日鹿児島・翌日熊本でツアーがセットされていたにも関わらず、震災後の芋煮会へぜひ参加したいと「世界中に花束を」だけを猪苗代の会場で演奏しツアー先へ戻るといったエピソードもある。

2014年は2年続いた猪苗代から場所を移し、郡山市・開成山野球場で「風とロック芋煮会2014 風とロックBASEBALL」として9月27日28日両日行われた。

歴史[編集]

  • 2009年10月18日・福島県郡山市・開成山野外音楽堂『207万人の天才。風とロックFES福島』
  • 2010年9月20日・福島県耶麻郡北塩原村『207万人の天才。風とロックCAMP IN 箭ROCK村 改メ 風とロック芋煮会』
  • 震災後の2011年9月は6日間をかけて福島県内を巡った『LIVE福島 風とロックSUPER野馬追』を開催
2011年9月14日・奥会津/季の郷 湯ら里
2011年9月15日・会津若松/鶴ヶ城公園
2011年9月16日・猪苗代/志田浜
2011年9月17日・郡山/磐梯熱海スケート場
2011年9月18日・相馬/相馬光陽ソフトボール場わいわいひろば
2011年9月19日・いわき/日産自動車いわき工場
  • 2012年9月15日、16日:福島県耶麻郡猪苗代町・猪苗代スキー場『 風とロック芋煮会2012@猪苗代湖』
  • 2013年9月21日、22日:福島県耶麻郡猪苗代町・猪苗代スキー場ミネロ『LIVE福島CARAVAN日本2013FINAL 風とロック芋煮会2013』 2012年12月より約10か月かけ福島、沖縄、札幌、長崎、東京、神戸、広島、宮城、岩手を巡る『風とロック LIVE福島CARAVAN日本』を開催。そのファイナルとして2013年芋煮会も位置付けられた。
  • 2014年9月27日、28日:福島県郡山市・郡山総合運動場、開成山野球場『風とロック芋煮会2014 風とロックBASEBALL』
  • 2015年9月25日、26日、27日:猪苗代町・猪苗代野外音楽堂、白河市・しらさかの森スポーツ公園『風とロック芋煮会2015 IMONY LAND』
  • 2016年9月17日、18日、19日:猪苗代町・猪苗代野外音楽堂、白河市・しらさかの森スポーツ公園『風とロック芋煮会2016 IMONY WORLD』
  • 2017年9月8日、9日、10日:猪苗代町・猪苗代野外音楽堂、白河市・しらさかの森スポーツ公園『風とロック芋煮会2017 IMONY COSMO』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]