VIVA LA ROCK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビバ・ラ・ロック
VIVA LA ROCK
イベントの種類 室内ロック・フェスティバル
開催時期 5月上旬
初回開催 2014年
会場 さいたまスーパーアリーナ
主催 FACT / DISK GARAGE
後援 埼玉県さいたま市テレビ埼玉NACK5InterFM
協力 さいたまスーパーアリーナ、svolme、e+Family Mart
来場者数 約61,000人(2015年)[1]
最寄駅 JR京浜東北線高崎線宇都宮線さいたま新都心駅[2]
駐車場 [3]
公式サイト

VIVA LA ROCK(ビバ・ラ・ロック)は、FACTDISK GARAGEが主催する、室内ロック・フェスティバルである。2014年に初開催され、ゴールデンウィークの3日間に埼玉県さいたまスーパーアリーナにて行われる。プロデューサーは音楽評論家の鹿野淳

概要[編集]

埼玉県初の室内大型ロック・フェスティバルで、テーマは「音楽の、音楽による、音楽のため」。初年度の来場者数は約5万4000人[4]

また、会場に隣接した屋外フリーエリア「VIVA LA GARDEN」(GARDEN STAGE設置)や、さまざまな音楽を展示する音楽同人マーケット「オトミセ」、フェス終了後より会場で朝まで過ごすことができる「ALL NIGHT VIVA!」が開催されている[5]

2015年より「埼玉県限定超先行チケット」が販売され、このチケットは埼玉県に在住している人のみ申し込みが可能で、特製ラバーバンド付きの3日間通し券としてディスカウント価格で、出演アーティストの発表前に販売される[1]

2016年はさいたまスーパーアリーナの改修工事のため5月下旬に2日間の開催[1]

出演者[編集]

2014年[編集]

開催日 STAR STAGE VIVA! STAGE CAVE STAGE GARDEN STAGE ALL NIGHT VIVA!
前夜祭
5月2日
1日目
5月3日
2日目
5月4日
  • 石毛輝
    (the telephones)
  • ザ・チャレンジ
  • Getting Better
    (DJ:片平実、神啓文、西村道男)
3日目
5月5日

2015年[編集]

開催日 STAR STAGE VIVA! STAGE CAVE STAGE TSUBASA STAGE GARDEN STAGE ALL NIGHT VIVA! TALK STAGE
1日目
(5月3日)
  • 金井政人(BIGMAMA)
  • 石毛&ノブ
    (the telephones)
  • DJダイノジ
2日目
(5月4日)
  • DJ BOTS
    (Dragon Ash)
  • ピエール中野
    (凛として時雨)
  • TOKYO FMRADIO DRAGON-NEXT-」
    トークイベント (ゲスト:tricot)
  • 04 Limited Sazabys
  • MAH(SiM)
  • TAKUMA(10-FEET)×松本健太(WANIMA)
3日目
(5月5日)
  • THE ORAL CIGARETTES
  • ザ・チャレンジ
  • キュウソネコカミ
終演後
(5月5日)
「AFTER VIVA!!!」

2016年[編集]

開催日 STAR STAGE VIVA! STAGE CAVE STAGE GARDEN STAGE ALL NIGHT VIVA!
1日目
5月28日
  • 岡本伸明(lovefilm/the telephones)
  • 石毛輝(lovefilm/the telephones)
  • 三原康司(フレデリック)
  • ホリエアツシ(ストレイテナー)
  • 桜井誠(Dragon Ash)
2日目
5月29日

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ さまざまなボーカリストを迎えながら日本のロックアンセムを披露するバンド。メンバーはバンドマスターの亀田誠治(Ba)、長岡亮介(ペトロールズ)(Gt)、津野米咲(赤い公園)(Gt)、ピエール中野(凛として時雨)(Dr)。ゲストボーカリストは大森靖子、川島道行(BOOM BOOM SATELLITES)、KREVA(KICK THE CAN CREW)、高橋優、寺中友将&首藤義勝(KEYTALK)、ヤマサキセイヤ(キュウソネコカミ)の7人[6]
  2. ^ バンドメンバーはバンドマスターの亀田誠治(Ba)、加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ)(Gt)、津野米咲(赤い公園)(Gt)、伊澤一葉the HIATUS)(key)、ピエール中野(凛として時雨)(Dr)。ゲストボーカリストは尾崎世界観(クリープハイプ)、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)、スガシカオ、TAKUMA(10-FEET)、田邊駿一(BLUE ENCOUNT)の6名。

出典[編集]

外部リンク[編集]