The BONEZ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
The BONEZ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル
活動期間 2012年 -
レーベル TENSAIBAKA RECORDS
事務所 PARADOX
公式サイト [1]
メンバー
旧メンバー
  • ZUZU(ギター)
  • NAKA(ギター)
The BONEZ
YouTube
チャンネル
活動期間 2014年 -
ジャンル 音楽
登録者数 約3.34万人
総再生回数 約1100万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年5月13日時点。
テンプレートを表示

The BONEZ(ザ・ボーンズ)は、日本ロックバンド

概要[編集]

2012年、JESSE、T$UYO$HI、ZAX、ZUZUの4人でJESSE and The BONEZとして活動を開始した[1]。2013年にZUZUが脱退、NAKAが加入している。

2019年12月を以てNAKA脱退。

2022年4月、2020年からサポートギターを務めていたKOKIが正式に加入。

来歴[編集]

2011年11月11日より始動したJESSEのマルチエンタテインメントプロジェクト「Stand Up! Project」を通じ、オーディションで出会ったZUZUと、レコーディングされた”Stand Up!”をJESSE and THE BONEZ名義で2012年11月11日リリースから本格的に活動開始。盟友であるPay money To my Painのメンバー「K」が病気療養のため活動中止に伴い、同バンドのメンバーである T$UYO$HI 、 ZAXに参加を呼びかけ、Pay money To my Pain再始動までの限定メンバーとして参加だったが、Kが急逝。

2013年1月11日、下北沢シェルターにて、初のワンマンライブを敢行し、2013年9月に「The BONEZ」に改名した[1]。セカンド・アルバムの制作を終え、ZUZUが脱退。

10月14日のライブより、NAKA(元RIZE)が加入し、11月にはNをモチーフにした新しいロゴを発表した[1]

2014年1月22日にセカンド・アルバム「Astronaut」を発売。2月18日から4月12日まで、アルバムのレコ発ツアーとなる「Astro Tour 2014」を20カ所で行い、後にライブDVDが発売された[1]。夏にはサマーソニックROCK IN JAPAN FESTIVAL等の日本の大型フェスや台湾でのFormoz fes等、アジア圏でもライブを行った。7月には、NAKA加入後の初作品となる「Place of Fire」、ライブDVD「Astro Tour 2014 "The ONE"」をリリースした[1]12月4日からワンマンでの東名阪ツアー「Astro Tour "ONE MAN SHOW"」を開催した[1]。2015年4月にバンドとしては初の全国10都市でのワンマンツアーを開催した。

2019年7月、JESSEが大麻取締法違反容疑での逮捕に伴い活動休止[2]。12月、音楽の方向性を理由にNAKAが脱退[3]

2020年5月、全国ツアーにて活動を再開。

2022年4月、サポートだった KOKIが新メンバーとして加入[4]

2022年5月、全国18箇所を回るツアー「Welcome to The Lab House」をスタート

メンバー[編集]

  • JESSE(ボーカル・ギター) - RIZE、E.D.O
  • T$UYO$HI(ベース) - Pay money To my Pain (2019年7月〜Dragon Ash サポート)
  • ZAX(ドラム) - Pay money To my Pain
  • KOKI(ギター) - TEARS OF THE REBEL 改造したジャズマスターと繊細かつ凶暴で感情的なギタープレイがトレードマーク。

ボーカルのJESSEと同じく日英バイリンガル。

元メンバー[編集]

  • ZUZU(ギター)
  • NAKA(ギター) - 元RIZE

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 収録曲
1st 2011年11月11日 Stand Up
2nd 2014年1月22日 Astronaut
1st mini 2015年3月25日 Beginning
3rd 2016年3月23日 To a person that may save someone
4th 2018年5月9日 WOKE
2nd mini 2022年4月27日 LAB

配信限定シングル[編集]

発売日 タイトル レーベル
2019年5月11日 “Good” Bye Song TENSAIBAKA RECORDS
2021年4月5日 We are The BONEZ
2021年7月1日 Rusted Car
2022年3月11日 That Song

DVD[編集]

  発売日 タイトル 収録曲
1st 2014年7月23日 The ONE
2nd 2016年9月28日 To a person that may save someone Live at Shibuya O-EAST
3rd 2019年3月27日 TOUR WOKE -ENCORE- @Zepp Tokyo

その他[編集]

  発売日 タイトル 収録曲 概要
1st 2012年4月4日 Place of Fire 日産・エクストレイルのテレビCMタイアップ曲

配信限定シングル

2nd 2013年2月6日 Whenever, Wherever LIVE会場限定販売アイテム

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f The BONEZ Official Website”. TENSAIBAKA RECORDS. 2017年4月4日閲覧。
  2. ^ The BONEZ Official Website” (日本語). The BONEZ Official Website. 2022年6月21日閲覧。
  3. ^ The BONEZ Official Website” (日本語). The BONEZ Official Website. 2022年6月21日閲覧。
  4. ^ The BONEZ Official Website” (日本語). The BONEZ Official Website. 2022年6月21日閲覧。

外部リンク[編集]