HEY-SMITH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
HEY-SMITH
出身地 日本の旗 日本 大阪府豊中市
ジャンル メロディック・ハードコア
スカパンク
パンクロック
ロック
活動期間 2006年 -
レーベル CAFFEINE BOMB ORGANICS
公式サイト http://www.hey-smith.com
メンバー 猪狩秀平ボーカルギター
Yuji(ベースボーカル
Task-n(ドラムス
満(サックス
イイカワケン(トランペット
かなす(トロンボーン
旧メンバー Mukky(ボーカルベース
Iori(トランペット

HEY-SMITH(ヘイスミス)は、日本のメロディックパンクバンド。2006年に 大阪府豊中市で結成。メロディック・パンクにホーンセクションを加えた編成のパンクバンド。年間150本以上のライブをこなす。

バンド名の由来は『SMITHというのは、結成メンバー本名の頭文字からとって、なんとなくHEYとつけてみただけ!』

メンバー[編集]

猪狩 秀平1月31日 - )
ギターボーカル担当。ESP エクスプローラーを使用。長身、ウォシュレットマニア。他ミュージシャンからの信頼が厚い。
Yuji1986年6月23日 - )
ベースボーカル担当。Mukky・Ioriの脱退に伴うメンバー募集で2015年4月に正式加入。加入前は地元の石川県金沢市でやっていたTHE BONUS TRACKのメンバーとともに上京し、精力的に活動を重ねて2014ミリオンロックフェスティバルに出場するなどしていたが、メンバーチェンジなどの理由で上手くいかず活動を停止していた時にツアーサポート時代から仲の良かった猪狩から声がかかった。
Task-n7月19日 - )
ドラムス担当。Cymbals:PAiSTe、Snare:Ludwig、Foot Pedal:Drum Work Shopを使用。ツアー先でカレー屋を食べ歩く程のカレー好き。タイトかつスピーディーに刻まれるドラムは圧倒的なテクニックを誇る。
1985年2月22日 - )
テナーサックス担当。YAMAHA YTS-275を使用。ライブ終盤にて客席にダイブすることでお馴染み。スポーツ全般に詳しく、高校野球、プロ野球はかなりのマニア。
イイカワケン5月14日 - )
トランペット担当。Mukky・Ioriの脱退に伴うメンバー募集で2015年12月に正式加入。
かなす11月18日 - )
トロンボーン担当。Mukky・Ioriの脱退に伴うメンバー募集で2015年12月に正式加入。

元メンバー[編集]

Mukky
ボーカルベース担当。crews maniac sound、JB-modern seriesを使用。
活動中に突発性難聴になったことを告白している
2015年2月1日脱退を発表。突発性難聴からくる度重なる気持ちの浮き沈みがなかなか自分でセーブ出来ず、バンド活動に支障をきたすため[1]
Iori
トランペット担当。YAMAHA YTR1335を使用。そのキャラクターから、よくいじられる。昔のあだ名は「とかげ」。ヨーヨーが特技。
2015年2月1日脱退を発表。新しい家族ができたことで、バンドではない方法で家族を守って行くことを決心したため[2]

来歴[編集]

2006年

  • 2月、ベイサイドジェニーでのライブを皮切りにライブ活動を始める。
  • 7月、1st DEMO CDを製作、約1,000枚を販売し廃盤。

2007年

  • 7月、2nd DEMO CDを製作、約7,000枚配布。

2008年

  • 5月、EDDY、SKIPPERSと初の共同企画を主催。
  • 9月、京都にて初の野外フェスに参加。
  • 11月、3rd DEMO CDを発売。

2009年

  • 1月、九州に初進出、10ヵ所ツアーを敢行。
  • 2月、ツアーの最終日に自主企画を開催。
  • 4月、SHANK 東名阪広長ツアーファイナルシリーズに全て参戦。
  • 5月、SET YOU FREEにCDリリース前から抜擢。
  • 8月5日、1st Mini Album『Proud And Loud』でCAFFEINE BOMB ORGANICSよりデビュー。全国ツアー後、心斎橋FANJ-TWICEにてツアーファイナルを行う。

2010年

  • 1月20日、1st Full Album『14-Fourteen-』をリリース。全国51箇所のツアーを行い、ファイナルを心斎橋BIGCATにて開催する。
  • 7月11日、京都大作戦2010~今年も子供に戻りな祭~(牛若の舞台)に出演。
  • 7月30日、FUJI ROCK FESTIVAL '10(Rookie A Go Go)に出演。
  • 12月、初の自主企画フェス『OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL Vol.0』を開催。

2011年

  • 5月4日、2nd Full Album『Free Your Mind』をリリース、オリコンインディチャート1位を獲得。全国61箇所のツアーを開催し、ファイナルシリーズを東名阪(名古屋 CLUB QUATTRO、渋谷CLUB QUATTRO、心斎橋BIGCAT)にて行なう。
  • 10月、アメリカフロリダ州にて音楽フェス『THE FEST 2011』に出演。
  • 12月、OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2011を開催。

2012年

  • 2月8日、1st DVD「Our Freedom」をリリース。
  • 4月、HEY-SMITH, SiM, coldrainのトリプルヘッドライナーツアー『TRIPLE AXE TOUR』を開催。
  • 7月8日、京都大作戦2012~短冊に こめた願いよ 叶いな祭~(源氏の舞台)に出演。
  • 10月31日、1st Single「Download Me If You can/Goodbye To Say Hello」をリリース。
  • 11月-12月、HEY-SMITH Single Tour "Download Me If You Can"を開催。ゲストにSiM・NUBO・HAKAIHAYABUSA・dustbox・SHANK・HOTSQUALL・FACTを迎える。
  • 12月15日、OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2012を開催。

2013年

  • 2月、SiM、HEY-SMITH、COUNTRY YARDによる“真冬の東北 "三角関係" ツアー”を開催。
  • 2月14日、HEY-SMITH Presents "LIVE IN HOPE"を開催。ゲストにLABRET・SMASH UPを迎える。
  • 4月-6月、SiM×coldrain×HEY-SMITHによる合同企画"TRIPLE AXE 2013"を開催。
  • 5月1日、3rd Full Album『Now Album』をリリース、オリコン総合チャート10位を獲得。それに伴う全47都道府県ツアー『Now Album』JAPAN TOURを開催。EGG BRAIN・ROTTENGRAFFTY・OVER ARM THROW・dustbox・TOTALFAT・MEANING・GOOD4NOTHING・My Hair is Bad・coldrain・SHANK・CrossfaithKEMURI10-FEETなどがゲストで参加。
  • 5月18日、HEY-SMITH "Now Album" CD購入特典Free Liveを開催。
  • 7月、1st Full Album『14 -Fourteen-』のUS盤(1st mini Albumと1st Full Albumをまとめた2 in 1仕様に未発表曲『Everlasting』を収録)をリリース。

2014年

  • 3月5日、2nd DVD「Your Freedom」をリリース。
  • 6月、coldrain、HEY-SMITH、SiMによる3マンイベント「TRIPLE AXE 14」に出演。
  • 9月13,14日、OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2014を泉大津フェニックスで開催。このライブをもってベースボーカルのMukkyとトランペットのIoriが脱退した。

2015年

  • 1月1日、3rd DVD「Live at HAZIKETEMAZARE FESTIVAL」をリリース、オリコン総合チャート2位を獲得。
  • 4月、新ベースボーカルとしてYUJIが加入する。
  • 7月5日、京都大作戦2015~いっ祭、がっ祭、感じな祭~(源氏の舞台)に出演。
  • 12月6日,19日、HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2015を東京と大阪にて開催。大阪公演にてイイカワケン(Trp)とかなす(Trb)の加入が発表される。


概要[編集]

  • アメリカ、フロリダ州の音楽フェス『THE FEST』参加は当事US盤リリース無しでの異例の参加となった。
  • シングル“Download Me If You can/Goodbye To Say Hello”発売時のツアーにて47都道府県を全て制覇した。ちなみに最後は佐賀県。
  • LESS THAN JAKENo Use for a NameTHE OFFSPRING などのJAPAN TOURにも帯同している。
  • ホーン隊参加作品
曲名 アーティスト 収録アルバム
Grimy window SHANK Loving our small days
Error ROTTENGRAFFTY Walk
Breed 10-FEET V.A NEVERMIND TRIBUTE
SEASIDE STORY EDDY アステリズム
JOYFUL BACK LIFT FOR YOU, FOR US

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 収録曲 規格品番 備考
1st 2012年10月31日 Download Me If You Can/Goodbye To Say Hello CBR-52<初回限定盤>
CBR-53<通常盤>
オリコン最高36位、登場回数3回

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2009年8月5日 Proud and Loud CBR-13 172位
2nd 2010年1月20日 14-Fourteen- CBR-17 107位
3rd 2011年5月4日 Free Your Mind CBR-29 36位
4th 2013年5月1日 Now Album CBR-57 10位

DVD[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2012年2月8日 Our Freedom CBR-47 オリコン最高39位
2nd 2014年3月5日 Your Freedom CBR-62 オリコン最高9位、登場回数3回
2015年1月1日 Live at HAZIKETEMAZARE FES 2014 CBR-66 週間オリコン音楽DVDチャート最高2位

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2008年10月5日 MONSTER SOUNDS!!! -PUNK- XQCN-1008 South Bell
2008年12月24日 CLUB Zion 4th anniversary Album
-the faiths around us-
CZVA-001 Existence Sound
2009年3月25日 SKA PUNK SOUNDTRACKS Vol.1 EKRM-1111 KICK ROCK MUSIC
2009年4月8日 PUNK ROCK SKA FREAK! TV-100 TV-FREAK RECORDS
2010年1月20日 KNOW FUTURE TIGHT-015 TIGHT RECORDS
2010年6月2日 VANS COMPILATION LOUD SESSION!!!
of VANS×BANDS
VANS-0001 オリコン初登場43位
登場回数5回
2010年7月7日 ONE BIG FAMILY 6 DQC-512 ONE BIG FAMILY RECORDS
2010年7月28日 ROCK STITCH AVCW-12789 オリコン初登場100位
登場回数3回
2013年1月9日 SiNG ALONG WiTH POTSHOT CBR-54 オリコン最高162位

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
小嶋貴之 Endless Sorrow」「Theme of Hey」
ショウダユキヒロ DRUG FREE JAPAN
出口直俊 Longest Day
maxilla Over
INNI VISION True Yourself
不明 In My Skin」「Goodbye To Say Hello」「Recording Stars Today」「Download Me If You Can」「Dancing Is Illegal
I'M IN DREAM」「Journey」「No Worry」「Family」「Living In My Skin

脚注[編集]

  1. ^ 猪狩秀平BLOGより
  2. ^ 猪狩秀平BLOGより

外部リンク[編集]

インタビュー[編集]