水曜日のカンパネラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コムアイから転送)
移動先: 案内検索
水曜日のカンパネラ
KOM I of Wednesday Campanella at J-pop Summit July 24 2016.jpg
2016年、J-POPサミットでのコムアイ
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
エレクトロニカ
ハウス・ミュージック
ヒップホップ
コミックソング
活動期間 2012年 -
レーベル TSUBASA RECORDS
ワーナーミュージック・ジャパン
(2016年 - )
事務所 つばさプラス
共同作業者 OBKRオオルタイチ
公式サイト www.wed-camp.com
メンバー コムアイ(ボーカル
ケンモチヒデフミ(作曲編曲
Dir.F(ディレクター

水曜日のカンパネラ(すいようびのカンパネラ)は、日本音楽ユニット[1]2012年結成、YouTubeでデビューした。

経歴[編集]

知り合いの映像作家のホームパーティーに来ていたコムアイをDir.Fが「歌わないか」と誘ったことをきっかけに結成[2]

2012年にYouTube上で作品発表を始める[3]

2013年3月よりDir.Fに言われてやむなくライヴ活動を開始[4][5]、同年5月に『クロールと逆上がり』を[6]、10月には『羅生門』をリリース[7]

2014年3月に『シネマジャック』をリリースし[8]、11月に『私を鬼ヶ島に連れてって』をリリースした[9]

2015年4月、初めて外部からプロデューサーOBKRオオルタイチ)を迎えて製作したEP「トライアスロン」をリリース[10]。同年5月、ヤフーネットオークションヤフオク!』のCMでテレビCM初出演。

2015年10月、日清カレーメシとのタイアップにて製作された『ラー』のMVをリリース[11]。水曜日のカンパネラと「日清カレーメシ」の世界観が通じているということで両者が意気投合。新しいカタチのタイアップを目指し、このミュージックビデオでコラボレーションを果たした[12]

2015年11月に『ジパング』をリリース[13] した。同時期、JR東日本ヤフーの共同サービス『たびぴた』のポスター広告に出演。JR渋谷駅山手線外回りホーム上の大型看板に対して、コムアイ自身がTwitterで「落書きしたい...」と呟いた事が発端となり、『たびぴた』とタイアップしJR東日本の協力のもと、渋谷駅大型看板に対して本人自らステンシル・アートを行った[14]

2016年2月28日、「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS」で「ラー」が「BEST ART DIRECTION VIDEO(もっとも優れたアートワークのミュージックビデオに授与される賞)」を受賞[15]

2016年5月9日、ヒカシューからの要請を受け「ヒカシュー」の曲名を「名無しの権兵衛」に変更したと発表した[16]。ケンモチヒデフミは自身のTwitterで、「ヒカシュー」という曲名はゲームソフト「伝説のオウガバトル」に登場するヒカシュー大将軍が由来であるが、バンドのヒカシューも知っていたとして、ヒカシューの関係者ならびにファンに謝罪した。

2016年6月、ワーナーミュージック・ジャパン・アトランティック・レコードからEP「UMA」をリリースしメジャーデビューした。

メンバー[編集]

コムアイ - 主演・歌唱
(1992-07-22) 1992年7月22日(25歳)生まれ。本名:輿美咲(こし みさき)。父はアメリカンフットボール解説者で富士通フロンティアーズ副部長を務める輿亮[17][18]神奈川県出身[3]慶應義塾大学卒業。強みは鹿の解体[注 1]、弱みは起床(低血圧)。趣味は落語鑑賞、映画鑑賞、消されそうなツイートスクショを撮ること。プロレス観戦[注 2][注 3]マキタスポーツいわく“エロくない壇蜜[20]。好きなアーティストは大貫妙子ちあきなおみ椎名林檎岡村靖幸レキシレイ・ハラカミCorneliusなど[2][10]。アーティスト名はTwitterのアカウントをそのまま使ったもので、本名の名字と名前の頭文字の「コ」と「ミ」をアルファベットにした「KOMI」にしたところ既に誰かに使われていたのでアンダーバーを入れて「KOM_I(コムアイ)」になった[2]。水曜日のカンパネラ結成前は音楽活動は一切行っておらず、自分では普通に社会人になると思っていた[2]
ケンモチヒデフミ - 作曲・編曲
(1981-08-02) 1981年8月2日(36歳)生まれ。本名・釼持英郁。読みは同じ。元Hydeout Productions。ほとんどの曲を手掛けるトラックメイカー[21][22]。結成以降長らく大阪で活動し、他メンバーとはSkypeでやりとりを行っていたが、2015年10月より神奈川県在住[23]
Dir.F(ディレクター・エフ) - 上記以外、すべて[3]
1982年生まれ。本名・福永泰朋(ふくなが やすとも)。コムアイとケンモチを引き合わせた人物であり、つばさレコードの中の人。一般的な音楽ユニットで言うところのマネージャーディレクター[24][25]

初期はコムアイの他にもう一人女性ヴォーカルがいたが、短期間で脱退している [注 4]

グループ名[編集]

「水曜日のカンパネラ」の語源は、水曜日に打合せが多かったから、漢字・ひらがな・カタカナ混じりにしたかったからなど、その他もろもろ[3][7][注 5]。当初グループを予定して名付けられていたが、ライブなどではコムアイのみが表舞台に立つ[注 6]。最初は女の子3人のメンバーだった[10]

インディーズ時代のMVにおける英語表記は「Suiyōbi no Campanella」を用いていた。2015年の台湾・高雄公演では「星期三的康帕内拉」、2016年のテキサスでのSXSWでは「Wednesday Campanella」のアーティスト表記で出演しており、MVなどにおける英語表記もこれに準じている。

ディスコグラフィー[編集]

インディーズ[編集]

デモ版[編集]

  1. 水曜日のカンパネラdemo(2012年11月10日〜2013年5月5日)
    1. オズ
    2. 空海
    3. マチルダ
    4. ブルータス
    5. チーター
    6. ジェンガ
  2. 水曜日のカンパネラdemo2(2013年5月18日〜2013年7月16日)
    1. モノポリー
    2. 素子
    3. 月詠
  3. 水曜日のカンパネラdemo3(2013年8月14日)
    1. マリー・アントワネット
    2. シャア
  4. 水曜日のカンパネラdemo4(2014年2月12日)
    1. ミツコ(セーラー服ver.)
    2. 二階堂マリ
  5. 水曜日のカンパネラdemo5(2014年9月3日)
    1. 桃太郎
    2. 千利休
  6. 水曜日のカンパネラdemo6(2015年4月15日)
    1. シャクシャイン
  7. 水曜日のカンパネラdemo7(2015年9月9日)
    1. ツイッギー

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st (mini) 2013年5月15日 クロールと逆上がり TRNW-0038
  1. パフ
  2. お七
  3. ゴッホ
  4. テンテン
  5. 浮雲
  6. 名無しの権兵衛
  7. マチルダ
  8. マルコ・ポーロ
  9. ネロ
ヴィレッジヴァンガード下北沢店限定
2nd (mini) 2013年10月9日 羅生門 TRNW-0043
  1. モノポリー
  2. 素子
  3. 星一徹
  4. シャア
  5. マリー・アントワネット
  6. アリババ神帝
  7. 不二子
  8. 竹久夢二
タワーレコード&下北沢ヴィレッジヴァンガード限定
3rd (mini) 2014年3月19日 シネマジャック TRNW-0050
  1. ミツコ
  2. 二階堂マリ
  3. 義経
  4. モスラ
  5. ラオウ
  6. ダ・ヴィンチ
  7. ニキータ
  8. ランボー
タワーレコード&下北沢ヴィレッジヴァンガード限定
Cover 2014年11月5日 安眠豆腐 TRNW-0057
  1. カンフー・レディー
  2. めぐる季節
  3. 月灯りふんわり落ちてくる夜
  4. 星めぐりの歌
ヴィレッジヴァンガード限定
4th (mini) 2014年11月5日 私を鬼ヶ島に連れてって TRNW-0070
  1. 千利休
  2. 桃太郎
  3. エンゲル
  4. チャイコフスキー<Interlude-ラモス->
  5. インカ
  6. デーメーテール
  7. ジャンヌダルク
  8. ドラキュラ
タワーレコード&下北沢ヴィレッジヴァンガード限定
レンタル限定 2015年8月26日 ツタヤレンタル盤1 TRNW-0145
  1. 桃太郎
  2. インカ
  3. チャイコフスキー<Interlude-ラモス->
  4. モノポリー
  5. ミツコ
  6. ドラキュラ
TSUTAYAレンタル限定
レンタル限定 2015年8月26日 ツタヤレンタル盤2 TRNW-0146
  1. 千利休
  2. マリー・アントワネット
  3. 二階堂マリ
  4. デーメーテール
  5. モスラ
  6. ジャンヌダルク
TSUTAYAレンタル限定
1st EP 2015年4月15日 トライアスロン TRNW-0090
  1. ディアブロ
  2. ナポレオン
  3. ユタ
全国のCD店舗
オリコン最高23位
登場回数16回
5th 2015年11月11日 ジパング TRNW-0150
  1. シャクシャイン
  2. 猪八戒
  3. メデューサ
  4. ラー
  5. ツイッギー
  6. ウランちゃん
  7. ライト兄弟
  8. 小野妹子
  9. 西玉夫
  10. マッチ売りの少女
全国のCD店舗
オリコン最高11位
登場回数25回

配信限定[編集]

  1. ノルウェイの盛り(2013年5月23日)
    1. モノポリー
    2. ものぐさ太郎
    3. 素子
  2. モスラ(幼虫Ver.)(2013年8月30日)
  3. ラオウ(2013年10月2日)
  4. ミツコ(セーラー服ver.)(2013年11月20日)
  5. ニキータ(若気の至りver.)(2014年1月31日)
  6. 金曜日の花魁 / 水曜日のカンパネラ×カワムラユキ (2015年5月29日)

メジャー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
デジタルシングル 2016年11月1日 SUPERKID WPDH-10409
  1. アラジン
  2. カメハメハ大王
  3. 松尾芭蕉

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st EP 2016年6月22日 UMA WPCL-12387(初回盤)
WPCL-12388(通常盤)
  1. チュパカブラ
  2. ツチノコ
  3. 雪男イエティ
  4. ユニコ
  5. フェニックス
  6. バク
  7. クラーケン
オリコン最高12位
登場回数10回
1st 2017年2月8日 SUPERMAN WPCL-12464(CD盤)
WPEL-10009(USB盤)
  1. アラジン
  2. 坂本龍馬
  3. 一休さん
  4. オニャンコポン
  5. チンギス・ハン
  6. チャップリン
  7. オードリー
  8. カメハメハ大王
  9. 世阿弥
  10. アマノウズメ
オリコン最高9位
登場回数7回

配信限定[編集]

  1. メロス(2017年5月26日)
  2. 嬴政(2017年6月30日)
  3. ピカソ(2017年7月28日)

映像作品[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2017年7月26日 水曜日のカンパネラ 日本武道館公演〜八角宇宙〜 WPXL-90157(Blu-ray)
  1. 猪八戒
  2. シャクシャイン
  3. ディアブロ
  4. 雪男イエティ
  5. アラジン
  6. 桃太郎
  7. アマノウズメ
  8. ライト兄弟
  9. ツイッギー
  10. ウランちゃん
  11. バク
  12. ユタ
  13. ネロ
  14. ユニコ
  15. カメハメハ大王
  16. ツチノコ
  17. マッチ売りの少女
  18. ナポレオン
  19. ミツコ
  20. 坂本龍馬
  21. 世阿弥
  22. ラー
  23. 一休さん
  24. ドラキュラ
オリコン最高37位
登場回数2回

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2013年9月18日 Monchhichi Birthday Party THPK-006
  1. モンプチ・モンチッチ(モンチッチオリジナル楽曲)
  2. 歴史 de DANCE / 杏窪彌
  3. いつものファンタジア / Her Ghost Friend
  4. 成仏させてよ / フレネシ
  5. Marmalade Boogie / Avec Avec
  6. Up For A Bit With TGC / LOVE AND HATES
  7. Sixpence Might Change Your Whole World / Lily Glass Group
  8. Coastlands / Old Lacy Bed
  9. マルコ・ポーロ / 水曜日のカンパネラ
  10. nachan / カメラ=万年筆
  11. 75002 / 世武裕子
  12. No.1 feat.G.RINA / tofubeats
The Peak
2017年3月8日 加山雄三の新世界 MUCD-1380
  1. お嫁においで2015 feat. PUNPEE
  2. 蒼い星くず feat. ももいろクローバーZ×サイプレス上野とロベルト吉野×Dorian
  3. 夜空の星 feat. KAKATO×川辺ヒロシ
  4. ブラック・サンド・ビーチ ~エレキだんじり~ feat. スチャダラパー
  5. 旅人よ feat. RHYMESTER
  6. 夕陽は赤く(Yah-man Version)feat. RITTO×ALTZ
  7. 海 その愛 feat. 水曜日のカンパネラ
  8. 君といつまでも(Together forever Mix) feat. ECD×DJ Mitsu the Beats
ドリーミュージック

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
雨宮透貴 ミツコ
オタミラムズ(白玖欣宏平岡佐知子 桃太郎
kobayashi kaworu、Dir.F モノポリー
藤代雄一朗 インカ」「カンフー・レディー」「マリー・アントワネット」「モスラ」「千利休」「竹久夢二」「シャクシャイン」「西太夫
山田広野 ドラキュラ
渡邉直 ジャンヌダルク」「ディアブロ」「ユタ
小沼朋治 チャイコフスキー Interlude-ラモス-
山田智和 ナポレオン」「メデューサ」「ツチノコ」「アラジン
児玉裕一 ラー」「一休さん
中澤太 小野妹子
関和亮 マッチ売りの少女
北田一真 チュパカブラ
不明[注 7] お七」「月詠」「ゴッホ」「ブルータス」「名無しの権兵衛」「素子」「パフ」「オズ」「マチルダ」「空海

タイアップ[編集]

タイトル タイアップ先
松尾芭蕉 トヨタ自動車プリウス」「TRY!PRIUS」キャンペーンソング[27]

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

出演イベント[編集]

  • 2013年04月30日 - SHIBUYA GOLDEN GIRL
  • 2013年06月01日 - ゆるめるモ! Presents 「ゆるフェスモ!」
  • 2013年06月27日 - Tour De Shibuya
  • 2013年09月14日 - りんご音楽祭2013
  • 2013年10月13日 - MINAMI WHEEL 2013
  • 2013年10月20日 - シブカル祭。2013 〜フレフレ! 全力女子!〜
  • 2014年01月07日 - Our Shining Idol~今君に会いたい~お正月SP
  • 2014年01月20日 - おしょくじかい
  • 2014年04月06日 - ぐるぐるTOIRO 2014
  • 2014年05月05日 - OTOSATA Rock Festival 2014
  • 2014年05月20日 - サッドティーパーティー!~面白いけど、結果寂しいお茶会~
  • 2014年05月31日 - InterFM presents Shimokitazawa SOUND CRUISING 2014
  • 2014年06月04日 - NO ROOM FOR SQUARES!! Vol.2
  • 2014年06月08日 - SAKAE SP-RING 2014
  • 2014年06月15日 - 「シネマジャックは恋の罪」立誠シネマ
  • 2014年06月18日 - 『ガールズトーク』レコ発2DAYS
  • 2014年06月21日 - YATSUI FESTIVAL! 2014
  • 2014年06月27日 - 「シネマジャックは恋の罪」オーディトリウム渋谷
  • 2014年07月05日 - 見放題2014
  • 2014年07月06日 - cainoレコ発LIVE 『わかんないことばかりだ。』
  • 2014年07月07日 - 七夕浴衣ナイト
  • 2014年07月12日 - TOKYO BOOTLEG CIRCUIT'14
  • 2014年07月21日 - OK Computer
  • 2014年08月01日 - IDOL OR DIE
  • 2014年08月05日 - BAYCAMPのドキドキ放送局~HOW TO BAYCAMP 開催まで1ヶ月!プレプレTIP OFF 開催!!~
  • 2014年08月09日 - 今が旬!!
  • 2014年08月13日 - essence
  • 2014年08月16日 - 加賀温泉郷フェス2014 プレ・イベント「Yamashiro アートマーケット in べんがらや」
  • 2014年08月20日 - SPLUCK presents hickey
  • 2014年08月29日 - SHINJUKU LOFT×New Action ! presents Power Fool !!
  • 2014年08月31日 - ナノボロフェスタ2014
  • 2014年09月06日 - BAYCAMP 2014
  • 2014年09月13日 - りんご音楽祭 2014
  • 2014年09月15日 - ZIP-FM HOLIDAY SPECIAL
  • 2014年09月19日 - バンドは水物〜ALBUM CONCEPT SPECIAL CIRCUIT 10 NIGHTS~第八夜「THE SHOCKINGS 奇跡の再来日!」の巻
  • 2014年09月21日 - 加賀温泉郷フェス 2014
  • 2014年10月04日 - CONNECT 歌舞伎町Music Festival 2014
  • 2014年10月05日 - ~ 杏窪彌(アンアミン)主催 ~ 「綱島温泉らいぶ」
  • 2014年10月11日 - どっと祭
  • 2014年10月11日 - MINAMI WHEEL 2014 EXTRA -MIDNIGHT EDITION-
  • 2014年10月12日 - MINAMI WHEEL 2014
  • 2014年10月15日 - J-WAVE TOKYO REAL-EYES "LIVE SUPERNOVA"vol.96
  • 2014年10月23日 - 高岡まつり2014秋
  • 2014年10月25日 - ビートとハートの渦模様
  • 2014年10月27日 - 惑星アブノーマル PRESENTS 「ROMANTIC ONCE MORE」
  • 2014年11月01日 - 雑貨大賞
  • 2014年11月02日 - 早稲田大学 早稲田祭2014 「沈黙フェス in 早稲田~日曜日もカンパネラ~」
  • 2014年11月02日 - YEBISU MUSIC WEEKEND 2014
  • 2014年11月03日 - Sugar's Campaign単独公演『ネトカノリリパ』 大阪公演
  • 2014年11月16日 - やついいちろう生誕祭
  • 2014年11月22日 - リゾームビルディング
  • 2014年11月28日 - スペースシャワー列伝 100巻記念公演 第124巻 みんなの宴
  • 2014年12月09日 - 今夜、渋谷で君に言いたいコトがある
  • 2014年12月26日 - ATF 15th 大感謝祭!フォーエヴァーヤング!! ~豊洲で5PM編~
  • 2014年12月28日 - 年末調整GIG 2014
  • 2014年12月31日 - LIVE DI:GA JUDGEMENT2014
  • 2015年02月07日 - BAYCAMP 201502
  • 2015年03月03日 - 爆ひな’15
  • 2015年03月07日 - mihoudai.tokyo'15
  • 2015年04月04日 - りんご音楽祭 × GOLD EXPERIENCE presents 『金のりんご -2015-』
  • 2015年04月05日 - J-WAVE ROCKS!〜SPRING "BEAT PLANET" LIVE
  • 2015年04月09日 - DOMMUNE SYNCHRONICITY' 15 SPECIAL!!
  • 2015年04月11日 - SYNCHRONICITY'15
  • 2015年04月16日 - AIR-G' Sparkle Sparkler presents スパクル☆ナイト
  • 2015年04月22日 - ATF&CHELSEA HOTEL PRESENTS 「ガールズトークSP〜円山町編〜」
  • 2015年04月25日 - ARABAKI ROCK FESTIVAL'15
  • 2015年05月29日 - OL Killer / 水曜日のカンパネラ YEBISU YA PRO
  • 2015年06月05日 - MUSIC ILLUSTRATION AWARDS2015(シークレットゲスト)
  • 2015年06月06日 - 百万石音楽祭2015 〜ミリオンロックフェスティバル〜
  • 2015年06月06日 - DRF2015 x BAYCAMP
  • 2015年06月07日 - SCRAMBLE FES 2015
  • 2015年06月21日 - YATSUI FESTIVAL! 2015
  • 2015年06月27日 - OTOSATA Rock Festival 2014
  • 2015年07月04日 - 見放題2015
  • 2015年07月19日 - ageHa×ASOBISYSTEM BAYSIDE DANCE CAMP〜Summer
  • 2015年07月20日 - アフロの変フェス
  • 2015年08月01日 - SAY HELLO FESTIVAL 2015
  • 2015年08月02日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015
  • 2015年08月03日 - 音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2015
  • 2015年08月14日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO
  • 2015年08月16日 - SUMMER SONIC 2015
  • 2015年08月23日 - WILD BUNCH FES. '15
  • 2015年09月04日 - Sunset Live 2015
  • 2015年09月05日 - BAYCAMP 2015
  • 2015年09月06日 - OTODAMA'15〜音泉魂
  • 2015年09月12日 - AOMORI ROCK FESTIVAL '15〜夏の魔物〜
  • 2015年09月26日 - りんご音楽祭 2015
  • 2015年10月09日 - タワーレコード新宿店17周年大感謝祭ライブ
  • 2015年10月03日 - BDM ボンダンスミュージック 青山盆踊り
  • 2015年10月11日 - 下関市立大学/馬関祭 2015
  • 2015年10月17日 - sea of green '15
  • 2015年10月23日 - シブカル音楽祭。〜女子が唄えば世界が踊る!?〜
  • 2015年10月24日 - PHOENIX ROCK FEST.15
  • 2015年10月25日 - ボロフェスタ2015
  • 2015年11月02日 - キュウソネコカミ「試練のTAIMANツアー 2015」長野県松本
  • 2015年11月03日 - *2015年11月03日 - 金沢大学/金大祭 2015
  • 2015年11月05日 - 音鳴ヨ presents オトナリサン in TOKYO
  • 2015年11月13日 - 台湾 高雄駁二 LIVE WAREHOUSE
  • 2015年11月21日 - 三重大学
  • 2015年11月22日 - でゑれ〜祭
  • 2015年12月10日 - ポタフェスライブ2015
  • 2015年12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 15/16
  • 2016年01月30日 - 日本工学院ミュージックカレッジpresents Full Throoooottle!!!!!
  • 2016年02月20日 - NYA!NYA!NYA! ~EXTRA~ vol.2
  • 2016年03月19日 - BEA × Zepp Fukuoka presents FX 2016
  • 2016年03月20日 - Output 4th ANNIVERSARY SPECIAL「Output×ナムラホール」
  • 2016年04月16日 - GO OUT JAMBOREE 2016
  • 2016年04月30日 - ARABAKI ROCK FEST.16
  • 2016年05月04日 - 「J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S」SEIJI KAMEDA EDITION
  • 2016年05月14日 - 森、道、市場2016 ~つながる空と色を探しに海へ~
  • 2016年05月22日 - TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016
  • 2016年05月28日 - VIVA LA ROCK 2016
  • 2016年05月3?日 - TAICOCLUB'16
  • 2016年06月03日 - AT 2016 ~P青木ひとり生誕祭(仮)~
  • 2016年06月04日 - 百万石音楽祭 2016~ミリオンロックフェスティバル~
  • 2016年06月11日 - Tropical Lovers Beach Festa 2016
  • 2016年06月19日 - YATSUI FESTIVAL! 2016
  • 2016年07月22日-24日 - J-POP SUMMIT 2016
  • 2016年08月09日 - 音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2016
  • 2016年08月11日 - 旅祭2016
  • 2016年08月1?日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016
  • 2016年08月20日 - SUMMER SONIC 2016
  • 2016年08月21日 - WILD BUNCH FEST. 2016
  • 2016年08月26日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016
  • 2016年08月28日 - WORLD HAPPINESS 2016
  • 2016年09月03日 - BAYCAMP 2016

出演[編集]

バラエティ・音楽[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

  • ヤフーヤフオク!」(2015年5月 - )※ コムアイのみ[31]
  • 日清食品「ホワイトカレーメシ」(2015年11月5日)※ アニメ化による出演。TV放送は11月5日のみ。[32]

広告[編集]

  • JR東日本ヤフー「たびぴた」(2015年11月 - 12月)※JR東日本エリアの駅ポスター・電車中吊り広告・トレインチャンネル等を中心に出演。[33]
  • RED BULL 「Red Bull Energy Drink THE SPRING EDITION サクラフレーバー」
  • トヨタ自動車プリウス」「TRY!PRIUS」キャンペーン(2016年8月)
  • 宣伝会議「第54回宣伝会議賞」(2016年) - イメージキャラクター [34]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ライヴ演奏の際、ステージ上で鹿の解体を行う事がある。ライヴは奇抜な演出で有名。
  2. ^ SPA!副編集長から勧められ、ヨシヒコ動画 を見たことがきっかけ。初観戦は大日本プロレス。ただし格闘技は嫌い。
  3. ^ 観戦歴は浅いが、見たてが深いことで「真夜中のハーリー&レイス」にもゲスト出演した[19]
  4. ^ 「オズ」「空海」に参加。「ブルータス」以降は参加していないことから、この時期に脱退した可能性が高い
  5. ^ なお、カンパネラはイタリア語で「鐘」である。
  6. ^ 男性メンバー2人が、「Every Little Thingmihimaru GTを見て、男が邪魔だと思った」から出ないことに決めたという[26]
  7. ^ 初期の頃の作品はDir.Fが自らAdobe After Effectsを用いて作成したと語っている。

出典[編集]

  1. ^ 「鹿の解体が特技」注目のミュージシャン コムアイとは?”. ドワンゴ (2013年11月29日). 2014年11月3日閲覧。
  2. ^ a b c d 「ネシ子が会う」コムアイ(連載 第三回). インタビュアー:フレネシ. (2013年8月29日). goo いまトピ.. http://ima.goo.ne.jp/column/article/197.html 2015年11月6日閲覧。 
  3. ^ a b c d 水曜日のカンパネラとは”. 水曜日のカンパネラ. 2014年11月3日閲覧。
  4. ^ うら若き女性シンガーが鹿の解体を披露!?”. 日刊SPA! (2013年10月30日). 2014年11月3日閲覧。
  5. ^ Interview - 水曜日のカンパネラ”. CDジャーナル (2014年4月18日). 2014年11月3日閲覧。
  6. ^ 夜明けの浅草で撮影。水曜日のカンパネラのMV「マリー・アントワネット」にビリビリ!”. LWP Magazine (2013年10月15日). 2014年11月3日閲覧。
  7. ^ a b 【インタビュー】破天荒、奇天烈、摩訶不思議ガール=水曜日のカンパネラ、新作『羅生門』記念インタビュー。”. Qetic (2013年10月3日). 2014年11月3日閲覧。
  8. ^ 水曜日のカンパネラ 目的と終わり方暴露「松本人志が映画作れたのは有名だから」”. Billboard Japan (2014年4月7日). 2014年11月3日閲覧。
  9. ^ マキタスポーツ「水曜日のカンパネラのコムアイは“エロくない壇蜜”だ」”. 日刊SPA! (2014年11月14日). 2014年11月22日閲覧。
  10. ^ a b c 水曜日のカンパネラ インタビュー. インタビュアー:田山雄士. (2015年4月15日). MAGCUL.NET (マグカル ドット ネット).. http://magcul.net/focus/campanella/ 2015年11月6日閲覧。 
  11. ^ 王女コムアイ君臨!水カン「ラー」MV、日清カレーメシ2とのコラボ映像も”. 音楽ナタリー (2015年10月21日). 2016年2月25日閲覧。
  12. ^ 水曜日のカンパネラ、新曲“ラー”MVは「日清カレーメシ」と共通の世界観”. Ro69 (2015年10月21日). 2016年2月25日閲覧。
  13. ^ 水曜日のカンパネラ” (2015年4月15日). 2016年2月25日閲覧。
  14. ^ 「落書きしたい...」と呟いた事が発端、水曜日のカンパネラ、コムアイJR渋谷駅内広告に落書き!?”. iFLYER (2015年11月27日). 2016年2月25日閲覧。
  15. ^ スペシャ「MUSIC AWARDS」でドリカム2冠、BUMPは投票1位に”. 音楽ナタリー (2016年2月29日). 2016年2月29日閲覧。
  16. ^ 水曜日のカンパネラ、ヒカシューからの要請を受けて曲名変更”. 音楽ナタリー (2016年5月9日). 2016年5月9日閲覧。
  17. ^ 輿亮Facebook 2016年11月4日付
  18. ^ 輿亮Facebook 2016年7月16日付
  19. ^ コムアイ(水曜日のカンパネラ)、美獣タイトルに挑戦”. OTOTOY (2015年4月5日). 2015年4月5日閲覧。
  20. ^ マキタスポーツ「水曜日のカンパネラのコムアイは“エロくない壇蜜”だ」”. 日刊SPA! (2014年11月14日). 2015年4月10日閲覧。
  21. ^ h-kenmochi.com” (2014年11月14日). 2015年4月10日閲覧。
  22. ^ kenmochi hidefumi”. TOWER RECORDS ONLINE (2013年7月11日). 2015年4月10日閲覧。
  23. ^ ケンモチヒデフミ ツイッター”. 2015年11月20日閲覧。
  24. ^ 本日のゲスト:水曜日のカンパネラ”. DAYS! (2014年1月26日). 2014年11月3日閲覧。
  25. ^ Dir.F”. DrillSpin (ドリルスピン) (2014年1月26日). 2014年11月3日閲覧。
  26. ^ タワレボ音女塾. タワーレコード. 2015年3月26日放送.
  27. ^ “水曜日のカンパネラがプリウスとコラボ、試乗から生まれた新曲「松尾芭蕉」MV公開”. 音楽ナタリー. (2016年8月30日). http://natalie.mu/music/news/199925 2016年8月30日閲覧。 
  28. ^ “コムアイ、池松壮亮が金田一耕助演じるドラマに美女役で出演”. 音楽ナタリー. (2016年11月11日). http://natalie.mu/music/news/209076 2016年11月15日閲覧。 
  29. ^ “二階堂ふみ&コムアイがW主演 SNS写真きっかけに犯人扱いされ渋谷を“逃走””. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年12月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/21/kiji/20161221s00041000209000c.html 2016年12月21日閲覧。 
  30. ^ J-WAVE 春のNEW PROGRAM J-WAVE 81.3 FM RADIO”. J-WAVE. 2016年4月1日閲覧。
  31. ^ 水曜日のカンパネラ、コムアイが「ヤフオク!」でCM初出演”. 音楽ナタリー (2015年5月29日). 2015年6月1日閲覧。
  32. ^ 【異次元の世界】『日清 ホワイトカレーメシ』のCMアニメがシュールすぎると話題に / ネットの声「日清に何が起こってるの……」”. Pouch (2015年11月11日). 2016年2月25日閲覧。
  33. ^ 水曜日のカンパネラ・コムアイ、自身出演「たびぴた」ポスターでヴァンダリズムを体現”. CDJournal (2015年11月27日). 2016年2月25日閲覧。
  34. ^ “第54回 宣伝会議賞「水曜日のカンパネラ」のコムアイさんをイメージキャラクターに起用 コピーライターの登竜門 日本最大級“広告コピー”のコンテスト作品募集中!”. PR TIMES. (2016年10月7日). http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000082.000002888.html 2016年10月11日閲覧。 

外部リンク[編集]

インタビュー[編集]