ペトロールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペトロールズ
(PETROLZ)
出身地 日本の旗 日本
活動期間 2005年 - 現在
公式サイト http://www.petrolz.jp/
メンバー 長岡亮介ボーカルギター
三浦淳悟ベースコーラス
河村俊秀(ドラムス・コーラス)

ペトロールズ(PETROLZ)は、2005年に結成された日本のスリーピースバンド[1][2][3]

概要[編集]

メンバーは長岡亮介三浦淳悟、そして河村俊秀の3人[4]英国で「ガソリン」を意味するバンド名は、クルマ好きの長岡が命名した[2][4]

結成のきっかけは、もともと色々な場でギターを弾いていた長岡が、純粋に楽しくやりたいことを追及できる場所を作ろうと思ったことからで、3人というのはそれが格好いいと思ったから[5]。以前からブラック・ミュージックも好きで、普通のロックではない、他にない音楽をやりたかった長岡が、ちゃんと話せる人とバンドを組もうと、ヒップホップのバンドをやっていた三浦と高校時代からの付き合いの河村を誘って結成[5][6]

オフィシャルサイトのイラストロンドン在住のイラストレーターで、長岡が中学の頃に組み、その後も活動を継続する「ししゃも」というバンドにコーラスとして参加していたYuko Mによるもの[5]

楽曲制作[編集]

曲やアレンジの組み立て方は、長岡が大まかなデモを持ち込んでそれをスタジオで合わせ、アレンジが落ち着くまでライヴを重ねて完成させるというもの[6]

歌詞は日本語を使っている。ロンドンに語学留学していた頃、音楽業界関係者がよく来るパブでバイトしていた長岡の知人がOASISエージェントから何か面白い音楽はないかと訊かれてた時にロックっぽい音楽をやっている日本人として彼のことを伝えたところ、『英語の音楽はもう飽きてるし、新しい音楽に出会いたいからすごく興味がある』と言われたことがあり、あとからそれを聞かされた長岡が「そもそもは本場を見るような感覚でイギリスに行ったが、現地の人がそういうことを言っているなら、自分は日本人だからこそできる音楽を作ればいいんだ」「日本人は英語にコンプレックスを抱くことなく日本語で表現すればいいんだな」と思うようになったため[7][8]

メンバー[編集]

千葉県出身。2012年までは並行して東京事変のメンバーとしても活動していた[9]
高校の頃に河村と出会い、大学の途中で椎名純平バックバンドの仕事で三浦と出会った[5]
神奈川県鎌倉市出身。愛称は"ジャンボ"。
ペトロールズを始める前はヒップホップ・バンドの「LOOP JUNKTION」に在籍していた[5]吉井和哉THE YELLOW MONKEY)のサポートメンバーとしても活動[9]
長岡とは2001-2002年頃に出会った[6]
大阪府高石市生まれ、千葉県育ち。愛称は"ボブ"。
長岡とは高校時代からの音楽仲間で、長岡を含めた友人たちと「ししゃも」というバンドも組んでいる[9][6]サポートミュージシャンとしても活動。
中学の頃に友人にバンドに誘われてからBUCK-TICKLUNA SEAといったビジュアル系と呼ばれる音楽を聴き始めた。高校に入って長岡と出会ってビジュアル系バンドに誘うが断られ、逆に洋楽を勧められて聴くようになった。ペトロールズを始める前はビジュアル系やジャーマン・メタルを聴いていた[5]

略歴[編集]

2005年2月5日、長岡が三浦と河村を誘い結成。同年10月15日に下北沢ガレージで初ライブ。以後も下北沢ガレージを拠点として活動。

2007年4月1日、下北沢ガレージ創立13周年記念に、「激走 亮介街道」と銘打ったライブイベントを開催。ライブ会場で限定ミニアルバム『仮免(かりめん)』をリリース。

2008年2月17日にフィルムコンサート「ペトロールズ初音源収録曲選考会」を開催し、3月24日に初の公式音源『MUSIC FOUND BY HDR-HC3』をリリース。12月31日にミニアルバム『EVE2009』をリリース。

2010年11月26日から初のツアー「第1スティント」を敢行。26日の東京・六本木を皮切りに5日間で広島、福岡、大阪を回る。

2015年2月14日からツアー「go Apex」敢行。14日の名古屋、梅田、渋谷の3ヶ所を回る。8月12日に初のフルアルバム『Renaissance』をリリースし、全国11カ所のツアー「Renaissance」を敢行。その後は10月にかけてワンマンツアー「Our first "conventional" tour "Renaissance"」を実施する。

2016年9月よりライブツアー「On The Road Again Again」を開催。

2017年は2月から3月にかけて全国ツアー「BASE-12」を行う。3月22日にトリビュートアルバム『WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?』がリリースされる[10]

作品[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2009年5月16日 amber ENCD-13 ライブ会場限定販売。
代官山UNITで先行発売後、2009年5月21日に心斎橋クラブクアトロでも販売。
2009年8月12日よりタワーレコード限定で取扱開始
現在は販売終了。
2nd 2010年11月26日 Idol ENCD-13 ライブ会場限定販売。
第1スティントステッカー封入。
3rd 2013年10月26日 Touch Me ENCD-22 ライブ会場限定販売。
4th 2014年3月26日 SIDE BY SIDE ENCD-24 全国店舗販売。

ミニアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2007年4月1日 仮免 ENCD-09 ライブ会場限定販売。
下北沢ガレージで150枚限定販売された後、2007年5月4日に同ライブハウスで50枚追加販売。
2nd 2008年12月31日 EVE2009 ENCD-12 ライブ会場・タワーレコードオンライン限定販売。
2009年2月よりタワーレコード店舗でも取扱開始。
現在は販売終了。
3rd 2012年11月7日 Problems ENCD-18 初の全国店舗販売。
4th 2013年2月6日 dice ENCD-20 ライブ会場限定販売。
2013年6月よりJET SET RECORDSでも販売。
廃盤となっている「EVE2009」「amber」に収録された楽曲を再編集したもの。

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2015年8月12日 Renaissance ENCD-32 全国店舗販売。
正三角形型の紙ジャケット。

ライブアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2008年3月24日 MUSIC FOUND BY HDR-HC3 ENCD-32 ライブ会場、Amazon限定販売。
ASIN B001518ZUU
現在は販売終了。
2nd 2012年5月13日 capture 419 ENCD-17 ライブ会場限定販売
2012年6月よりJET SET RECORDSでも販売
タワーレコード新宿店で2012年6月6日〜7月9日までの期間限定で販売。

トリビュートアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2017年3月22日 WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ? VIZL-1139 完全生産限定盤。
VICL-64766 通常盤。

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ
「はのうた」 テレビ東京子供向け番組しまじろうのわお!』内「うたコーナー」

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ ペトロールズ”. ro69. 2017年3月25日閲覧。
  2. ^ a b ペトロールズ、Suchmos、cero……“今っぽさ”と“懐かしさ”を併せ持つ都市型バンドたち”. リアルサウンド (2016年3月28日). 2017年3月25日閲覧。
  3. ^ ペトロールズ プロフィール”. bounce, TOWER RECORDS ONLINE (2013年10月17日). 2017年3月25日閲覧。
  4. ^ a b Donnna-Bando?”. ペトロールズ公式サイト. 2017年3月25日閲覧。
  5. ^ a b c d e f ペトロールズ × Art Yard Interview. (インタビュー). (2012年3月16日). Art Yard.. http://www.artyard.jp/music/%E3%83%9A%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA-%C3%97-art-yard-interview.html 2017年3月24日閲覧。 
  6. ^ a b c d .com FLASH! (2012年11月7日). ペトロールズ 『Problems』. インタビュアー:大石始. bounce, TOWER RECORDS ONLINE.. http://tower.jp/article/interview/2012/11/07/b648 2017年3月25日閲覧。 
  7. ^ 在日ファンク (2012年10月3日). 音楽ナタリー Power Push (1/3). インタビュアー:小野田雄. 音楽ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/zainichifunk 2017年3月29日閲覧。 
  8. ^ Salyu (2015年3月31日). 「話したいあなたと」第三回:長岡亮介(ペトロールズ). インタビュアー:三宅正一. ガジェット通信.. http://getnews.jp/archives/892751 2017年4月21日閲覧。 
  9. ^ a b c 噂の〈ちょっと普通じゃない〉バンド、ペトロールズのインタヴュー”. bounce, TOWER RECORDS ONLINE (2012年11月7日). 2017年3月25日閲覧。
  10. ^ ペトロールズのトリビュート盤にオリラブ、Suchmos、SOIL、デリコNAOKIら”. 音楽ナタリー (2017年2月13日). 2017年3月24日閲覧。

外部リンク[編集]