ペトロールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペトロールズ
(PETROLZ)
出身地 日本の旗 日本
活動期間 2005年 - 現在
公式サイト ペトロールズ公式サイト
メンバー 長岡亮介ボーカルギター
三浦淳悟ベースコーラス
河村俊秀(ドラムス・コーラス)

ペトロールズ(PETROLZ)は、2005年に結成された日本のスリーピースバンド[1][2][3]

概要[編集]

メンバーは長岡亮介、三浦淳悟、そして河村俊秀の3人[4]

長岡のトリッキーなギタープレイとソウルフルな感覚に満ちた歌声、さまざまな音楽要素を溶け込ませた変幻自在のグルーヴで、ライヴの現場を中心に着実に支持を集める[5]。ひとつひとつの音が消える瞬間までを意識下に置いたその演奏は人々の意識を集中させ、三人というミニマルな編成であるにも関わらず、緻密な旋律とリズムによってプレイヤーの重厚感を味わえる[2][4]

オフィシャルサイトのイラストロンドン在住のイラストレーターで、長岡が中学の頃に組み、その後も活動を継続する「ししゃも」というバンドにコーラスとして参加していたYuko Mによるもの[6]

バンド名の由来[編集]

英国で「ガソリン」を意味するバンド名は、クルマ好きの長岡が命名した[2][4]

結成に到る経緯[編集]

きっかけは、もともと色々な場でギターを弾いていた長岡が、純粋に楽しくやりたいことを追及できる場所を作ろうと思ったことからで、3人というのはそれが格好いいと思ったから[6]。以前からブラック・ミュージックも好きで、普通のロックではない、他にない音楽をやりたかった長岡が、ちゃんと話せる人とバンドを組もうと、ヒップホップのバンドをやっていた三浦と高校時代からの付き合いの河村を誘って結成[6][7]

楽曲制作[編集]

曲やアレンジの組み立て方は、長岡が大まかなデモを持ち込んでそれをスタジオで合わせ、アレンジが落ち着くまでライヴを重ねて完成させるというもの[7]

メンバー[編集]

作曲作詞ボーカルギターを担当。
子どもの頃から父親が趣味でやっていたブルーグラスの音楽を聴く。中学の時にギターを、高校からカントリーを始める。高校の頃に河村と出会い、大学の途中で椎名純平バックバンドの仕事で三浦と出会った。[6]
20歳くらいの頃から、東京・赤坂にあるカントリーミュージック専門ライブハウスで、ハウスバンドのメンバーとしてギター、マンドリンなどを担当。2012年までは並行して東京事変のメンバーとしても活動していた[5]
自動車自転車の愛好家[注 1]。本人曰く「順番で言うと車、自転車、ギター(の順に好き)」[6]。愛車はシトロエン・アミ6シトロエン・BX。自転車はアレックス・モールトン白い稲妻号”と、「(価格が)高くて買えなかったパーツを、中古で買い集めて作った」”チタン号”。
かなりのくせっ毛である。
ベースコーラスを担当。愛称は"ジャンボ"。
ペトロールズを始める前はヒップホップ・バンドの「LOOP JUNKTION」に在籍していた[6]吉井和哉THE YELLOW MONKEY)のサポートメンバーとしても活動[5]
長岡とは2001-2002年頃に出会った[7]
子どもの頃はピアノの教室を開いていた母親にピアノを習わされていた。中学の頃にギターを始めて、ガンズ・アンド・ローゼズメタリカオジー・オズボーンなどの洋楽のハードロックヘヴィメタルを聴いていた。[6]
既婚。一児の父。
かなりのくせっ毛である。
180cmを超える長身である。フジテレビのFACTORYに出演した際、司会だった同じく長身の谷中敦に「デカイねぇー」と言われた。
ドラムスカホンコーラスを担当。愛称は"ボブ"。
長岡とは高校時代からの音楽仲間で、長岡を含めた友人たちと「ししゃも」というバンドも組んでいる[5][7]サポートミュージシャンとしても活動。
中学の頃に友人にバンドに誘われてからBUCK-TICKLUNA SEAといったビジュアル系と呼ばれる音楽を聴き始めた。高校に入って長岡と出会ってビジュアル系バンドに誘うが断られ、逆に洋楽を勧められて聴くようになった。ペトロールズを始める前はビジュアル系やジャーマン・メタルを聴いていた。[6]
猫を一匹飼っている。
かなりのくせっ毛である(ストレートパーマをかけたことがあるがすぐに戻ってしまった)。
モノマネが上手い。十八番は武田鉄矢。

略歴[編集]

2005年
  • 2月5日、長岡が三浦と河村を誘い結成。長岡が普段演奏している赤坂のライブハウスで営業前に店を開けてもらい、初めて3人での音出しを行う。三浦と河村はこの時が初対面だった。
  • 10月15日、下北沢ガレージで初ライブ。以後も下北沢ガレージを拠点として活動。
2006年
2007年
  • 4月1日、下北沢ガレージ創立13周年記念に、「激走 亮介街道」と銘打ったライブイベントを開催。ライブ会場で限定ミニアルバム『仮免(かりめん)』をリリース。これがペトロールズとしての初音源。
2008年
2009年
  • 2月21日、『EVE2009』店頭発売記念としてTOWER RECORDS渋谷店1Fにてインストアライブを行う。
  • 5月16日代官山UNITにて単独公演「TBTF vol.1」敢行。ライブ会場でシングル『amber』を先行リリース。
  • 9月21日、夏結びMUSIC FESTIVAL'09@埼玉県所沢航空記念公園野外ステージに出演。
  • 11月1日、京都市立芸術大学祭に出演。
  • 11月3日、多摩美術大学芸術祭に出演。
2010年
  • 7月17日、MORNING RIVER SUMMIT'10@大阪城野外音楽堂に出演。
  • 11月26日、初のツアー「第1スティント」を敢行。26日の東京・六本木を皮切りに5日間で広島、福岡、大阪を回る。ライブ会場で限定ミニアルバム『Idol』をリリース。
2012年
  • 4月19日、「GIG録 vol.1」と銘打ったライブを下北沢ガレージにて敢行。このライブでの演奏をアルバム『capture 419』として音源化。各地ライブ会場にて販売。
  • 5月26日、middle9主催Room special -CONPASS opening party-@服部緑地野外音楽堂に出演。
2014年
  • 4月ツーマンライブ「SIDE BY SIDEを開催。
  • 6月ワンマンライブ「ON YOUR SIDEを開催。
  • 8月16日SUMMER SONIC'14@QVCマリンフィールド/幕張メッセ出演。
  • 10月-11月 ワンマンライブ「Hang on!」を開催。梅田、渋谷の2ヶ所に加え、追加公演で恵比寿・渋谷の計4公演。
2015年
  • 2月14日、ツアー「go Apex」敢行。14日の名古屋、梅田、渋谷の3ヶ所を回る。
  • 4月25日ARABAKI ROCK FESTIVAL'15@宮城・みちのく公園北地区エコキャンプみちのくに出演。
  • 5月3日、VIVA LA ROCK 2015@さいたまスーパーアリーナに出演。
  • 5月24日、GREENROOM FESTIVAL'15@横浜赤レンガ倉庫野外特設会場に出演。
  • 6月7日、頂 -ITADAKI- 2015@静岡・吉田公園特設ステージに出演(2年連続)。
  • 6月23日、東京・TSUTAYA O-EASTにて、放送局向け放送機器メーカー・花岡無線電機の創業90周年を記念して企画されたライブイベント「花岡無線電機90周年記念イベント"Sound Letter"」に参加[8]。同社の花岡克己代表取締役社長と縁のあるアーティスト[注 2]が出演したもので、花岡はペトロールズのマネージャーも兼任している[注 3]
  • 7月26日 - FUJI ROCK FESTIVAL '15・WHITE STAGEに初出演。
  • 8月12日 - 初のフルアルバム『Renaissance』を携え、ツアー「Renaissance」敢行。8月12日の東京・恵比寿を皮切りに全国11カ所を回る。
  • 8月から10月にかけてワンマンツアー「Our first "conventional" tour "Renaissance"」を実施する。
  • 2016年
  • 9月よりライブツアー「On The Road Again Again」を開催。
2017年
  • 2月から3月にかけて全国ツアー「BASE-12」を行う。
  • 3月22日、ペトロールズのトリビュートアルバム『WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?』がリリースされる[10]

作品[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2009年5月16日 amber ENCD-13 ライブ会場限定販売。
代官山UNITで先行発売後、2009年5月21日に心斎橋クラブクアトロでも販売。
2009年8月12日よりタワーレコード限定で取扱開始
現在は販売終了。
2st 2010年11月26日 Idol ENCD-14 ライブ会場限定販売。
第1スティントステッカー封入。
3rd 2013年10月26日 Touch Me ENCD-22 ライブ会場限定販売。
4th 2014年3月26日 SIDE BY SIDE ENCD-24 全国店舗販売。

ミニアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2007年4月1日 仮免 ENCD-09 ライブ会場限定販売。
下北沢ガレージで150枚限定販売された後、2007年5月4日に同ライブハウスで50枚追加販売(計200枚プレス)。
2st 2008年12月31日 EVE2009 ENCD-12 ライブ会場・タワーレコードオンライン限定販売。
2009年2月よりタワーレコード店舗でも取扱開始。
現在は販売終了。
3st 2012年11月7日 Problems ENCD-18 初の全国店舗販売。
4st 2013年2月6日 dice ENCD-20 ライブ会場限定販売。
2013年6月よりJET SET RECORDSでも販売。
廃盤となっている「EVE2009」「amber」に収録された楽曲を再編集したもの。

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2015年8月12日 Renaissance ENCD-32 全国店舗販売予定。
正三角形型の紙ジャケット。通称△。

ライブアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2008年3月24日 MUSIC FOUND BY HDR-HC3 ENCD-11 ライブ会場、Amazon限定販売。
ASIN B001518ZUU
現在は販売終了。
2st 2012年5月13日 capture 419 ENCD-17 ライブ会場限定販売
2012年6月よりJET SET RECORDSでも販売
タワーレコード新宿店で2012年6月6日〜7月9日までの期間限定で販売。

トリビュートアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2017年3月22日 WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ? VIZL-1139 完全生産限定盤。
VICL-64766 通常盤。

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ
「はのうた」 テレビ東京子供向け番組しまじろうのわお!』内「うたコーナー」

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 自身のブログ(PINKBLOG)にも、それらの話題が頻出する。
  2. ^ ペトロールズの他、在日ファンク、水野創太グループ、Reiなど。
  3. ^ もともとメンバーと親交があり、手伝っているうちにいつの間にかマネージャーになっていた[9]

出典[編集]

  1. ^ ペトロールズ”. ro69. 2017年3月25日閲覧。
  2. ^ a b c ペトロールズ、Suchmos、cero……“今っぽさ”と“懐かしさ”を併せ持つ都市型バンドたち”. リアルサウンド (2016年3月28日). 2017年3月25日閲覧。
  3. ^ ペトロールズ プロフィール”. bounce, TOWER RECORDS ONLINE (2013年10月17日). 2017年3月25日閲覧。
  4. ^ a b c Donnna-Bando?”. ペトロールズ公式サイト. 2017年3月25日閲覧。
  5. ^ a b c d 噂の〈ちょっと普通じゃない〉バンド、ペトロールズのインタヴュー”. bounce, TOWER RECORDS ONLINE (2012年11月7日). 2017年3月25日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h ペトロールズ × Art Yard Interview. (インタビュー). (2012年3月16日). Art Yard.. http://www.artyard.jp/music/%E3%83%9A%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA-%C3%97-art-yard-interview.html 2017年3月24日閲覧。 
  7. ^ a b c d .com FLASH! (2012年11月7日). ペトロールズ 『Problems』. インタビュアー:大石始. bounce, TOWER RECORDS ONLINE.. http://tower.jp/article/interview/2012/11/07/b648 2017年3月25日閲覧。 
  8. ^ 花岡無線電機90周年をペトロールズ、在日ファンクら祝福”. 音楽ナタリー (2015年3月31日). 2017年3月25日閲覧。
  9. ^ "潜入!花岡無線電機". タモリ倶楽部. テレビ朝日. 2016年10月7日放送.
  10. ^ ペトロールズのトリビュート盤にオリラブ、Suchmos、SOIL、デリコNAOKIら”. 音楽ナタリー (2017年2月13日). 2017年3月24日閲覧。

外部リンク[編集]