ペトロールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペトロールズ
(PETROLZ)
出身地 日本の旗 日本
活動期間 2005年 - 現在
レーベル enndisc
公式サイト http://www.petrolz.jp/
メンバー 長岡亮介ボーカル / ギター
三浦淳悟ベース / コーラス
河村俊秀(ドラムス / コーラス

ペトロールズ (PETROLZ) は、2005年に結成された日本のスリーピースバンド。

メンバー[ソースを編集]

作曲作詞ボーカルギターを担当。
自動車自転車愛好家。自身のブログ(PINKBLOG)に、それらの話題が頻出している。
本人曰く「順番で言うと車、自転車、ギター(の順に好き)」らしい[1]
愛車はシトロエン・アミ6とシトロエンBX
自転車はアレックス・モールトン白い稲妻号”と、「(価格が)高くて買えなかったパーツを、中古で買い集めて作った」”チタン号”。
東京・赤坂にあるカントリーミュージック専門ライブハウスでは、20歳頃からハウスバンドメンバーとしてギター、マンドリンなどを担当。
かなりのくせっ毛である。
ベースコーラスを担当。愛称、"ジャンボ"。
吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)のサポートメンバーとしても活躍。
既婚。一児の父。
かなりのくせっ毛である。
180cmを超える長身である。フジテレビのFACTORYに出演した際、司会だった同じく長身の谷中敦に「デカイねぇー」と言われた。
ドラムスカホンコーラスを担当。愛称"ボブ"。
長岡とは高校で出会う。長岡を含め高校時代の友人たちと”ししゃも”というバンドも組んでいる。
サポートメンバーとしても活躍。
猫を一匹飼っている。
かなりのくせっ毛である。(ストレートパーマをかけたことがあるがすぐに戻ってしまった)
モノマネが上手い。十八番は武田鉄矢。

略歴[ソースを編集]

作品[ソースを編集]

販売形態 発売日 タイトル 規格品番 備考
ミニアルバム 2007年4月1日 仮免 ENCD-09 ライブ会場限定販売
下北沢ガレージで150枚限定販売された後、2007年5月4日に同ライブハウスで50枚追加販売(計200枚プレス)
ライブアルバム 2008年3月24日 MUSIC FOUND BY HDR-HC3 ENCD-11 ライブ会場、Amazon限定販売
ASIN B001518ZUU
現在は販売終了
ミニアルバム 2008年12月31日 EVE2009 ENCD-12 ライブ会場・タワーレコードオンライン限定販売
2009年2月よりタワーレコード店舗でも取扱開始
現在は販売終了
1stシングル 2009年5月16日 amber ENCD-13 ライブ会場限定販売
代官山UNITで先行発売後、2009年5月21日に心斎橋クラブクアトロでも販売。
2009年8月12日よりタワーレコード限定で取扱開始
現在は販売終了
2ndシングル 2010年11月26日 Idol ENCD-14 ライブ会場限定販売
第1スティントステッカー封入
ライブアルバム 2012年5月13日 capture 419 ENCD-17 ライブ会場限定販売
2012年6月よりJET SET RECORDSでも販売。
タワーレコード新宿店で2012年6月6日~同年7月9日までの期間限定で販売
ミニアルバム 2012年11月7日 Problems ENCD-18 初の全国店舗販売
ミニアルバム 2013年2月6日 dice ENCD-20 ライブ会場限定販売
2013年6月よりJET SET RECORDSでも販売。
廃盤となっている「EVE2009」「amber」に収録された楽曲を再編集したもの。
3rdシングル 2013年10月26日 Touch Me ENCD-22 ライブ会場限定販売
4thシングル 2014年3月26日 SIDE BY SIDE ENCD-24 全国店舗販売
1stフルアルバム 2015年8月12日 Renaissance ENCD-32 全国店舗販売予定
正三角形型の紙ジャケット。通称△。

リンク[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]