マキシマム ザ ホルモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マキシマム ザ ホルモン
Maximum The Hormone (2014).jpg
左からダイスケはん、上ちゃん、ナヲ、マキシマムザ亮君。(2014年、KNOTFESTにて)
基本情報
別名 Maximum The Hormone(旧称)
出身地 日本の旗 日本東京都八王子市
ジャンル
活動期間 1998年 -
レーベル
事務所 ミミカジル
公式サイト マキシマム ザ ホルモン Official Site
メンバー
旧メンバー
  • SUGI(ギター)
  • KEY(ベース)
YouTube
チャンネル
活動期間 2010年 -
登録者数 65.4万人
総再生回数 約1.8億回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年7月28日時点。
テンプレートを表示

マキシマム ザ ホルモン英語: MAXIMUM THE HORMONE、英略:MTH)は、日本ロックバンド[10]。所属事務所はミミカジル。レーベルはワーナーミュージック・ジャパン[11]。略称は「ホルモン[12][13][14]。正式表記はザの両角に半角スペースが入り、「マキシマムザホルモン」「マキシマム・ザ・ホルモン」などは誤り[15]

概要[編集]

マキシマムザ亮君(歌と6弦と弟)、ダイスケはん(キャーキャーうるさい方)、上ちゃん(4弦)、ナヲ(ドラムと女声と姉)の4人から構成される。 1998年東京都八王子市にて結成[10]。オリジナルメンバーはナヲ、DAISUKE(現・ダイスケはん)、SUGI、KEYの4人。地元である関東地域を中心に活動中に、インディーズレーベル「SkyRecord」と契約し、同メンバーで1stアルバム『A.S.A. Crew』をリリース。メインソングライターはDAISUKEが務めた。SUGIとKEYが脱退後、亮君(現・マキシマムザ亮君)と上ちゃんが加入し、現メンバー構成となる。

バンド名の由来はマキシマムザ亮君(ボーカル・ギター)いわく「脳内分泌物(ホルモン)が最大級(マキシマム)に分泌されるくらいの血沸き肉踊るような音楽をぶちかます!!!」というのは実は後付であって、実際はメンバーが肉好きだったため焼き肉の「ホルモン」の名前を入れ、そこにかっこいい言葉として「MAXIMUM」をつけ加えていった結果の名称であるとしている[16]

当初のバンド名は「Maximum The Hormone」と英表記であり、メンバーチェンジ後よりカタカナ表記で英表記はサブ的な併用となる。

ファンの総称は、腹ペコ(はらペコ)[17][18]。「三度の飯より飯が好き」(さんどのめしよりめしがすき)をキャッチフレーズに掲げている[19]

2007年リリースのアルバム『ぶっ生き返す』はセールス40万枚以上を記録。

2013年リリースのアルバム『予襲復讐』は3週連続アルバムチャート1位を記録、2014年「第6回CDショップ大賞2014」にて大賞を受賞[20]

2019年、マキシマムザ亮君の発案・製作総指揮による「ロックバンドのフランチャイズ化 マキシマム ザ ホルモン2号店プロジェクト」が企画され[21]、オーディションから選出された5人により、マキシマム ザ ホルモン2号店バンド・コロナナモレモモが結成された[22]。本企画は日本最大の広告&マーケティング賞、2019 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSのブランデッドコミュニケーション部門BカテゴリーにおいてACCシルバー、また同賞のマーケティングエフェクティブネス部門においてファイナリストを受賞する[23][24]

メンバー[編集]

マキシマムザ亮君[編集]

マキシマムザ亮君
出生名 川北 亮(かわきた りょう)
別名 笹島ササ(コロナナモレモモでのオーナー名義)
生誕 (1978-12-13) 1978年12月13日(44歳)
出身地 日本の旗 日本
担当楽器
著名使用楽器

(2008年頃までのメインギター。レギュラー/ドロップDチューニング用)

  • Gibson Les Paul Gold Top

(2008年頃までドロップCチューニングで使用)

(2009年頃から現在までメインギター。複数本所有し、全チューニングで使用。)

マキシマムザ亮君(マキシマムザりょうくん Maximum the ryokun)。ボーカル・ギター[25]。公式表記は「歌と6弦と弟[26]」。旧表記は亮君。

人物
本名は、川北 亮(かわきた りょう)。ナヲの実弟。2人の下に弟がいる。ほとんどの楽曲の作詞・作曲を担い、他に歌詞カード内での曲の解説や、グッズのデザインプロデュース、公式サイトでのイラストなども手掛ける。
東京都町田市生まれ[27]血液型O型
マイク・パットン関連のバンド、うしろゆびさされ組トゥールシステム・オブ・ア・ダウンThe QueersSkindredすかんちSNOTNOFXレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン電気グルーヴB-DASHTub Ringランシド野狐禅ワルタリ、初期エイジアン・ダブ・ファウンデーションPUYA、SELART、ワイルドハーツTerrorvisionコンヴァージザ・プレジデンツ・オブ・ザ・ユナイテッド・ステイツ・オブ・アメリカ、初期TeddybearsMolotovオアシスラモーンズ、初期コーンマインドレス・セルフ・インダルジェンスパンテラLook What I Did、中期真心ブラザーズニルヴァーナウルフルズLye By Mistakeラッツ&スターヴァンダルズザ・フォール・オブ・トロイクイーンOne Minute Silence、後期TMGE、pinkpanthers、ジェリーフィッシュが好きなアーティストだと述べている[28]
影響を受けた・好きなアーティストはSYSTEM OF A DOWNTOOLマイク・パットン関連全て、ROLLYうしろゆびさされ組など数多く、パンクロックハードコア、メロコア・エモ、スクリーモオルタナティヴロックヘヴィメタルミクスチャープログレなど幅広い嗜好がバンドにも反映されている[要出典]
既婚者で、三児の父でもある。
靴を履く事を嫌い、常に便所サンダルを履いている。サンダルのブランドにもこだわりがあり、本人は「VIC」というブランドのサンダル以外は敵と発言している[16]
マキシマムザ亮君の「君」は敬称ではなく、暴君などに用いられるである[29]
2008年、THE MAD CAPSULE MARKETSKYONOによるプロジェクト「WAGDUG FUTURISTIC UNITY」の楽曲『SYSTEMATIC PEOPLE』にてfeaturing マキシマムザ亮君としてコラボレーションで参加[30]
雑誌BUBKAで『マキシマムザ亮君のマキシマムザ合法トリップ』を隔月連載していた(2010年2月27日発売号で最終回を迎える)。

ダイスケはん[編集]

ダイスケはん
出生名 津田 大輔(つだ だいすけ)
生誕 (1977-09-13) 1977年9月13日(45歳)
出身地 日本の旗 日本香川県高松市
学歴 香川県立高松西高校創価大学卒業
担当楽器

ダイスケはんDaisukehan)。ボーカル[31]。公式表記は「キャーキャーうるさい方(ほう)[32]」。旧表記は、DAISUKE、ダイスケ。

人物・経歴
本名は、津田 大輔(つだ だいすけ)。香川県高松市出身。香川県立高松西高校創価大学卒業[要出典]。血液型はA型
COBRAニューロティカTHE RYDERSザ・スターリン、DEATH SIDE、Lip Cream、INSANE YOUTH、パンテラスレイヤーブラインド・ガーディアンAssückDropdeadDisruptエクスプロイテッドG.B.H.吉川晃司ZIGGY小沢健二が好きなアーティストであると述べている[33]
アルバム『耳噛じる』収録の「パトカー燃やす」と「ポリスマンファック」では、ドラムを演奏している(「ポリスマンファック」はナヲがボーカルを担当しているため)。「え・い・り・あ・ん」では曲中でナヲとパートチェンジしてドラムを演奏する。書籍『これからの麺カタコッテリの話をしよう』収録の「拝啓VAP殿」でも頸椎椎間板ヘルニアを発症したことによりナヲと担当を交代しドラムを担当。
2008年10月24日、声帯にのう胞があることが発表され[34]、同年12月11日に摘出手術が終わった事が発表された。
既婚[35]。2014年6月8日に結婚したことをTwitter上で発表[36]。2018年9月17日、HEY-SMITHが主催する音楽フェスティバル「HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2018」に出演した際に、頚椎椎間板ヘルニアを患っていることを発表した[37]

上ちゃん[編集]

上ちゃん
出生名 上原 太(うえはら ふとし)
生誕 (1980-04-15) 1980年4月15日(42歳)
出身地 日本の旗 日本東京都日野市
担当楽器
著名使用楽器
  • Music Man StingRay
  • Modulus FB4
  • Sadowsky RV4
  • ドロップCチューニング用。2007年のぶっ生き返すTOURから現在まで使用。[要出典]
  • Sadowsky TYO Modern Edge 4string Jass Bass [上ちゃん(マキシマム ザ ホルモン)仕様]
  • レギュラー / ドロップDチューニング用。2008年頃から現在まで使用。[いつ?]

上ちゃん(うえちゃん Uechang)。ベース。公式表記は「4弦[38]」。

人物
本名は、上原 太(うえはら ふとし)。東京都日野市出身。血液型はA型
レッド・ホット・チリ・ペッパーズから影響を受け、好きなアーティストとしてSuicidal TendenciesYKZLes Claypool英語版を挙げている[39]
既婚[40]
レッド・ホット・チリ・ペッパーズのメンバーと同じ柄のタトゥーを入れている。この他にも全身に多数のタトゥーを入れており、「タトゥーの入っていない隙間が怖い」[41]と語るほどの愛好家であることから、雑誌『TATTOO BURST』2013年1月号の表紙を飾っている。
弟はドラマーの上原晃で、「BASS MAGAZINE」2009年5月号で兄弟セッションを果たしている。

ナヲ[編集]

ナヲ
出生名 川北 奈緒(かわきた なお)
生誕 (1975-12-16) 1975年12月16日(47歳)
出身地 日本の旗 日本
担当楽器
  • ドラムス
  • ボーカル
著名使用楽器
  • DW Bronze
  • Pearl

ナヲNao)。ドラム・ボーカル。公式表記は「ドラムと女声(おんなごえ)と姉[42]」。

人物・経歴
本名は、熊本 奈緒(くまもと なお、旧姓・川北)。東京都町田市生まれ[43]。血液型はA型
マキシマムザ亮君の実姉。
メンバー唯一の女性で、バンド最年長。
好きなアーティストにUNICORN椎名林檎CHARA真心ブラザーズSPARKS GO GOTHE HIGH-LOWSウルフルズ、Space Combineを挙げている[44]
既婚。2008年12月16日、ブログで入籍を発表[45]。夫は親交のあったパンクバンド・REMIND(既に解散)のベーシスト。2009年11月6日に妊娠を発表し、翌年5月6日に女児を出産。2015年に第2子を妊娠したが、妊娠8週目で流産している[46]。2016年9月9日、女児を出産[47]
CM

元メンバー[編集]

  • SUGI
    • ギター。
    • 初期メンバー。
  • KEY
    • ベース。
    • 初期メンバー。

来歴[編集]

2000年(平成12年)
8月30日:シングル『ブルペン キャッチャーズ ドリーム』を発売。
2001年(平成13年)
2月14日:ミニアルバム『鳳』を発売。
2002年(平成14年)
5月29日:シングル『肉コップ』を発売。本作からの音源は、日本テレビ音楽株式会社内に設立されたインディーズレーベル「ミミカジル」より発表される。
10月23日:アルバム『耳噛じる』を発売。その後にメジャーレーベルのバップと契約を結ぶ。
2003年(平成15年)
9月3日:シングル『延髄突き割る』を発売。
2004年(平成16年)
1月21日:アルバム『糞盤』を発売。
6月23日:シングル『ロック番狂わせ/ミノレバ☆ロック」を発売。
11月25日:シングル『包丁ハサミカッターナイフドスキリ/霊霊霊霊霊霊霊霊魔魔魔魔魔魔魔魔』を発売。
2005年(平成17年)
3月2日:アルバム『ロッキンポ殺し』を発売[50]
9月15日:映像作品『Debu Vs Debu〜デブ対デブ〜』を発売。
11月16日:シングル『ざわ…ざわ…ざ‥ざわ……ざわ』を発売。
2006年(平成18年)
7月5日:シングル『恋のメガラバ」を発売。
2007年(平成19年)
3月14日:アルバム『ぶっ生き返す』を発売[51]
2008年(平成20年)
3月19日:映像作品『Deco Vs Deco 〜デコ対デコ〜』を発売[52]
7月9日:シングル『爪爪爪/「F」』を発売[53]
10月27日:ダイスケはんの声帯に出来たのう胞の除去手術および術後リハビリのためライブ活動を一時休止することを発表[54]
2009年(平成21年)
8月13日:マキシマムザ亮君が新型インフルエンザに感染したことを発表、医師の判断により、同月14日に出演予定だった「RISING SUN ROCK FESTIVAL」の出演をキャンセル、同月18日、20日に開催予定だったライブ「地獄絵図」を延期した[55][56]
11月6日:ナヲの妊娠により、当面の間ライブ活動を休止することを発表[57]
2011年(平成23年)
2月3日:新曲をリリースすることを公式サイトでアナウンスし、新曲『小さな君の手』のビデオクリップを公開[58][59]
3月23日:シングル『グレイテスト・ザ・ヒッツ 2011〜2011』を発売[60]
2013年(平成25年)
7月26日:同月31日に発売のアルバム『予襲復讐』表題曲のビデオクリップを公開[61]
7月31日:アルバム『予襲復讐』を発売[62]
2014年(平成26年)
3月6日:アルバム『予襲復讐』が「第6回CDショップ大賞」にて大賞を受賞[63]
2015年(平成27年)
6月2日:東京・八王子Match Vox「白い暴動 〜あの頃、僕らは白Tだった〜」にて、ナヲの妊活によりライブ活動を休止することを発表[64]
11月18日:映像作品『Deka Vs Deka 〜デカ対デカ〜』を発売[65]
2016年(平成28年)
3月9日:映像作品『Deka Vs Deka 〜デカ対デカ〜』が「第8回CDショップ大賞2016」にて「ライブ作品賞」を受賞[66]
2018年(平成30年)
9月15日氣志團が主催する「氣志團万博 2018 ~房総爆音爆勝宣言~」にて、当面ライブ活動を休止し出演予定のイベントもキャンセルを発表[67]
9月17日HEY-SMITHが主催する「OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL2018」にて、ダイスケはんがヘルニアと診断され、緊急手術を余儀なくされたためライブ活動を休止すると改めて発表した[68]
9月18日:5年半ぶりの楽曲『拝啓VAP殿』のミュージックビデオを公開[69]
レーベルを、VAPからワーナーミュージック・ジャパンへ移籍[70]
11月25日:同月28日に発刊の『これからの麺カタコッテリの話をしよう』CD収録楽曲『maximum the hormone II~これからの麺カタコッテリの話をしよう~』のミュージックビデオを公開[71]
11月28日:書籍『これからの麺カタコッテリの話をしよう』を発刊[72]
2019年(平成31年 / 令和元年)
5月5日マキシマム ザ ホルモン2号店が初出演した「VIVA LA ROCK 2019」のステージにサプライズで登場し、ライブ活動の再開を発表[73]
11月10日:マキシマムザ亮君の体調不良のため、年内のライブ活動を見合わせることを発表[74]
2020年(令和2年)
12月7日、公式YouTubeチャンネルでの番組「ガチンコ ザ ホルモン シーズン2」内のコーナーとして、「ホルモンの新曲俺ならこう歌う選手権!!」を開催[75]
12月19日:Webアニメ『終末のワルキューレ』のOPテーマが、楽曲『KAMIGAMI-神噛-』に決定[76]
2021年(令和3年)
3月:オリジナルマスクとコロナナモレモモ(マキシマム ザ ホルモン2号店)によるラストシングル『LUST』を同梱したアイテム『ESSENTIALS』を発売[77]
4月4日:『ESSENTIALS』の発売を記念した<腹ペコ感謝祭第一弾「私を見つけて❤︎ホルモン」>を開催[78]
2022年(令和4年)
1月12日:6年ぶりの映像作品『Dhurha Vs Dhurha ~ヅラ対ヅラ~』を発売[79]
9月19日:同年より10月よりテレビ東京系にて放送のテレビアニメ『チェンソーマン』の挿入歌・エンディングテーマが楽曲『刃渡り2億センチ』に決定[80][81]
10月26日:楽曲『刃渡り2億センチ』、『KAMIGAMI-神噛-』のTV edit版を「マキシマム ザ ホルモン 一部のアニメテーマ専用仮設チャンネル」名義にて初となるサブスクリプションサービスでの配信を開始[82][83]

作品[編集]

マキシマム ザ ホルモンのディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 6
EP 1
シングル 9
映像作品 4
書籍 1

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 オリコン 概要
1st 2000年8月30日 ブルペン キャッチャーズ ドリーム nhi-005 マキシマムザ亮君、上ちゃんが加入後初のシングル。
2nd 2002年5月29日 肉コップ MCJL-00002 291位 廃盤に。
3rd 2003年9月3日 延髄突き割る MCJL-00004 53位 オリコン登場回数10回 初のアニメタイアップ作品。
4th 2004年6月23日 ロック番狂わせ/ミノレバ☆ロック VPCC-82180 33位 オリコン登場回数4回 メジャーデビュー作品。
5th 2004年11月25日 包丁ハサミカッターナイフドスキリ/霊霊霊霊霊霊霊霊魔魔魔魔魔魔魔魔 VPCC-82187 50位 オリコン登場回数7回 2枚組での発売。
6th 2005年11月16日 ざわ…ざわ…ざ‥ざわ……ざわ VPCC-82207 14位 オリコン15回。2006年年間400位
7th 2006年7月5日 恋のメガラバ VPCC-82212 9位 オリコン登場回数22回、2006年年間133位。オリコンチャート初のTOP10入り。
8th 2008年7月9日 爪爪爪/「F」 VPCC-82258 2位 オリコン登場回数46回、2008年年間44位。
9th 2011年3月23日 グレイテスト・ザ・ヒッツ 2011〜2011 VPCC-82298 1位 オリコン2週連続1位、登場回数33回、2011年年間37位。トリプルA面シングル。現在は廃盤。

ミニアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 概要
1st mini 2001年2月14日 SKYR-0041 * 収録曲
  1. FORCE
    作詞:亮君、作曲:亮君・ダイスケはん
  2. マキシマム ザ ホルモンのテーマ 〜麺カタこってり〜
    作詞:マキシマム ザ ホルモン、作曲:亮君
  3. マキシマム ザ 21世紀
    作詞・作曲:亮君
  4. B×B×
    作詞:亮君・ダイスケはん、作曲:亮君
  5. 移民の豚(仮)
    作詞:亮君、作曲:亮君・ダイスケはん
  6. W.H.U
    作詞・作曲:亮君
    「W・H・U」の表記も見られる。タイトルは「ワシかてホンマは売れたいんじゃい」の略(イニシャル)。シングルロック番狂わせ/ミノレバ☆ロック』に「W×H×U×〜ワシかてホンマは売れたいんじゃい〜」として、リテイクヴァージョンが収録されている。
  7. マシンガン糞ブギ
    作詞:亮君、作曲:亮君・ダイスケはん
    国内版のみボーナストラック楽曲。
  • 参加ミュージシャン
    • コーラス(M1,4,6)
    • KenKen、Shige、チューシャン(CHOKE SLEEPER
    • ヨシ(RIGHT ATTACK)

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 オリコン 概要
N/A 1999年8月29日 A.S.A. Crew SKYR-0022 初期メンバーによる作品。廃盤。
  • 収録曲
  1. See The Sea
    作曲:DAISUKE・SUGI
  2. Purple Fire Tail
    作詞:DAISUKE、作曲:DAISUKE
  3. The Claim Of Youth 2
    作詞:DAISUKE、作曲:DAISUKE
    「The Claim Of Youth II」という表記も見られる。「The Claim Of Youth」と「THE CLAIM OF YOUTH 2000」(「ブルペン キャッチャーズ ドリーム」収録)のシリーズ。
  4. Fake
    作詞:DAISUKE、作曲:DAISUKE・SUGI・KEY・NAO
  5. Shine
    作詞:DAISUKE、作曲:DAISUKE・SUGI・KEY・NAO
  6. Pineapple
    作詞:DAISUKE、作曲:DAISUKE・SUGI・KEY・NAO
  7. Lost Crap Your Life
    作詞:DAISUKE、作曲:DAISUKE
  8. You Can't Escape
  9. The Claim Of Youth
    作詞:DAISUKE、作曲:DAISUKE
    The Claim Of Youth2とTHE CLAIM OF YOUTH 2000のシリーズ。
  10. Kipo#40(キポシャープ フォーティ)
    作詞:DAISUKE、作曲:DAISUKE・SUGI・KEY・NAO
  11. Gimme Coke
    作詞:DAISUKE、作曲:DAISUKE
1st 2002年10月23日 耳噛じる MCJL-00003 291位 廃盤。
2nd 2004年1月21日 糞盤 MCJL-00005 72位 オリコン登場回数11回
3rd 2005年3月2日 ロッキンポ殺し VPCC-81507 27位 オリコン登場回数98回。2005年年間452位。2007年年間334位。2008年年間419位。
4th 2007年3月14日 ぶっ生き返す VPCC-81558 5位 オリコン登場回数155回。2007年年間49位。2008年年間171位。2009年年間310位。
5th 2013年7月31日 予襲復讐 VPCC-81770 1位 オリコン3週連続1位、登場回数88回。2013年年間15位。2014年年間184位。

映像作品[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2005年9月15日 Debu Vs Debu 〜デブ対デブ〜 VPBQ-19027 「ロッキンポ殺しツアー」の渋谷AXでのライブ映像を中心に収録。オリコン初登場3位。デイリーでは3日間連続で1位を記録。
2nd 2008年3月19日 Deco Vs Deco 〜デコ対デコ〜 VPBQ-19050 バンド初のオリコン1位を獲得。
3rd 2015年11月18日 Deka Vs Deka 〜デカ対デカ〜 VPBQ-19093 オリコンDVD総合、音楽共に1位を獲得。
4th 2022年1月12日 「Dhurha Vs Dhurha 〜ヅラ対ヅラ〜」 WPZL-90246 6年ぶりの映像作品集。

書籍[編集]

  発刊日 タイトル ISBN 概要
N/A 2018年11月28日 これからの麺カタコッテリの話をしよう 9784898320303 「読み切り漫画+CD」のシングル的作品。オリコン週間BOOKランキング・エッセイジャンルで1位、総合部門で2位を獲得。

音源未発売楽曲[編集]

発表年 タイトル
2019年[84] ハングリー・プライド コロナナモレモモ(マキシマム ザ ホルモン2号店)の1stシングル『恋のメガラバ』DVDにMVが収録された。
2021年 KAMIGAMI-神噛- TV editバージョンが「マキシマム ザ ホルモン 一部のアニメテーマ専用仮設チャンネル」名義で2022年10月26日に「刃渡り2億センチ (TV edit)」と同時に配信限定シングルとしてリリースされた[85]
2022年 令和ストロベリーバイブ 4thアルバム『糞盤』収録曲のリアレンジバージョン。2019年に元号が平成から令和に改元されたことに伴いタイトルも改題されている。2022年1月12日発売の映像作品「Dhurha Vs Dhurha 〜ヅラ対ヅラ〜」にMVが収録された。
2022年 (4度目の!)WxHxUx~ワシかてホンマは売れたいんじゃい~ 既存曲のリアレンジバージョン。2022年1月12日発売の映像作品「Dhurha Vs Dhurha 〜ヅラ対ヅラ〜」にMVが収録された。

バンドスコア[編集]

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1998年10月15日 オムニバス「PUNKER SHOT 2」 SKYR-0012 DISC1-12.THE CLAIM OF YOUTH II
DISC2-14.FAKE
SKY RECORDS
2000年03月15日 LOUD-HYBRID SAMPLING SZCS-00001 2. メタルちゃん スケアクロウ
2000年04月05日 オムニバス「Punk JukeBox」 SKYR-0027 18. SPACE TRACKING [メンバーチェンジ後の音源、ディープ・パープルのカバー]
19. LOVE IS OVER [メンバーチェンジ前の音源、欧陽菲菲のカバー]
SKY RECORDS
2001年10月19日 オムニバス「CROSS ROAD」 SKYR-0048 9. FORCE SKY RECORDS
2001年12月12日 オムニバス「PUNKER SHOT 3」 SKYR-0049 DISC1-12.マキシマム・ザ・21世紀 SKY RECORDS
2003年3月15日 オムニバス「LOUD-HYBRID SAM」 11. メタルちゃん
2003年4月2日 オムニバス「THE BLUE HEARTS SUPER TRIBUTE CRCP-40032 2.皆殺しのメロディ クラウン
2003年6月18日 オムニバス「STREET ROCK FILE THE BEST」 MUCD-1081 23. 握れっっ!! DREAMUSIC
2003年6月25日 THE SORRY ON PARADE「3本マッチは燃えているんだ」 EGCC-2013 3. ナンシー [ダイスケはんとナヲが小芝居で参加(ナヲがナンシー役、ダイスケはんがその彼氏役)]
4. 風来坊 [ダイスケはんがゲストVocalとして参加、ナヲ以外のメンバーがコーラスとして参加]
トライス、EGO MUSIC
2003年7月24日 サントラ「エアマスター オリジナル・サウンドトラック」 VPCG-84786 26. ROLLING1000tOON(TV size) VAP
2003年11月8日 オムニバス「ENJOY STREET ROCK PARTY ガキンチョ☆ROCK SOUND TRACK
+STREET ROCK FILE PRESENTS SPECIAL COMPILATION」
DJCN-10004 9. 恋のSWEET糞メリケン DREAMUSIC
2004年6月2日 locofrankripple LTDC-066 ナヲがコーラスとして参加 Limited Records
2004年6月9日 オムニバス「名古屋大合唱 THE LIVE-友情編-」 SSDF-3012 11. ジョニー・ママミヤ・カリフォニア 〜ジョニ-鉄パイプ II〜 エストゥエス
2004年7月22日 オムニバス「STREET ROCK FILE THE BEST 2」 MECR-2010 14. セフィーロ・レディオ・カムバック 〜青春最下位〜 S.R.F.RECORDS
2005年3月9日 ロットングラフティー「えきさぴこ」 KICS-1146 3. RATMAN[ナヲがコーラスとして参加] BEDTIME FOR DEMOCRACY
2005年12月21日 オムニバス「TOYOTA BIG AIR 10th Anniversary」 UPCI-1040 6. 包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ Island6
2006年1月25日 サントラ「闘牌伝説アカギ オリジナル・サウンドトラック」 VPCG-84830 34. アカギ(TV size) VAP
2006年1月25日 オムニバス「WHITE OUT 2 〜real snowboarder's compilation〜」 FLCF-4089 9. 霊霊霊霊霊霊霊霊魔魔魔魔魔魔魔魔 FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT
2006年6月14日 10-FEETOVERCOME UPCH-5396 3. ビタミン7(10-FEET&マキシマム ザ ホルモン) Universal
2007年3月21日 サントラ「DEATH NOTE オリジナル・サウンドトラックII」 VPCG-84852 29. What's up, people?!(TV size)
30. 絶望ビリー(TV size)
VAP
2008年7月23日 WAGDUG FUTURISTIC UNITY「HAKAI」 SICL-205
SICL-207
3. SYSTEMATIC PEOPLE featuring マキシマムザ亮君 Sony Records
2010年6月16日 やついいちろう「ATARASHII YATSU!」 VICL-63635 2.恋のメガラバ Victor Entertainment
2011年12月7日 サウンドトラック「QP キューピー オリジナル・サウンドトラック」 VPCD-81719 46.ブラック¥パワーGメンスパイ (TV Size) VAP
2013年11月27日 m-flo「DJ MIX “ASOBON! ENKAI”」 RZCD-59480 5.恋のメガラバ (KAN TAKAHIKO Remix) rhythm zone

カバー[編集]

  1. マーティ・フリードマン「TOKYO JUKEBOX」(2009年5月20日)
    1.爪爪爪

漫画[編集]

  • マキシマム ザ ホルモン 〜新連載プロローグ〜(『コロコロアニキ』2017年夏号、監修・脚本:マキシマムザ亮君、作画:藤異秀明
  • マキシマムザ亮君の必殺!!アウトサイダー広告代理人(『コロコロアニキ』2017年秋号 - 2019年春号、監修・脚本:マキシマムザ亮君、作画:藤異秀明) - 本作と上記の「新連載プロローグ」を収録した単行本が『これからの麺カタコッテリの話をしよう』に付属する。

タイアップ[編集]

楽曲名 タイアップ先
2003年 ROLLING1000tOON テレビアニメ『エアマスター』エンディングテーマ[86][87]
2004年 ミノレバ☆ロック 日本テレビ系『AX MUSIC-TV』AX POWER PLAY #061テーマソング[88]
包丁ハサミカッターナイフドスキリ 全国音楽情報番組『MUSIC B.B.』12月度オープニングテーマ[89]
テレビ埼玉HOT WAVE』12月度エンディングテーマ[89]
北海道テレビNO MATTER BOARD』('04 - '05シーズン)12・1月度オープニングテーマ[89][90]
2005年 テレビ朝日系『完売劇場』テーマ曲[91]
What's up, people?! 日本テレビ系『ロンQ!ハイランド』10月〜12月度エンディングテーマ
中京テレビ・日本テレビ系『女優魂』11月度エンディングテーマ[92]
日本テレビ系『爆笑問題のススメ』11月度エンディングテーマ[92]
北海道テレビ『NO MATTER BOARD』('05 - '06シーズン)11・12月度オープニングテーマ[92][93]
テレビ埼玉『HOT WAVE』11月度エンディングテーマ[92]
アカギ テレビアニメ『闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜』エンディングテーマ[92][94][95]
2006年 恋のメガラバ TBS系『COUNT DOWN TV』2006年7月オープニングテーマ[96]
2007年 What's up, people?! テレビアニメ『DEATH NOTE』オープニングテーマ[97]
絶望ビリー テレビアニメ『DEATH NOTE』エンディングテーマ[97]
2008年 爪爪爪 日本テレビ系『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』2008年8月度オープニングテーマ[98]
2009年 アメリカ映画アドレナリン:ハイ・ボルテージ』日本版予告編イメージソング[99]
2010年 恋のメガラバ テレビ朝日系『トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン』エンディングテーマ(2010年 - 2014年)[100]
2011年 ブラック¥パワーGメンスパイ 日本テレビ系ドラマ『QP』エンディングテーマ[101]
2013年 便所サンダルダンス アメリカ映画『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』応援テーマソング[102]
2015年 「F」 映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』バトルソング[103][104]
2016年 アバラ・ボブ<アバラ・カプセル・マーケッボブ> 映画『珍遊記』バトルソング[105]
ジョニー鉄パイプⅢ
2019年 包丁ハサミカッターナイフドスキリ 映画『血まみれスケバンチェーンソーRED』前編・後編主題歌[106]
ロックンロール・チェーンソー 映画『血まみれスケバンチェーンソーRED』エンディングテーマ[106]
予襲復讐 映画『血まみれスケバンチェーンソーRED』劇中歌[106]
ハングリー・プライド 日清食品「カップヌードル コッテリーナイス」CMソング[107]
2021年 KAMIGAMI-神噛- Webアニメ『終末のワルキューレ』オープニングテーマ[108][109]
2022年 刃渡り2億センチ テレビアニメ『チェンソーマン』挿入歌・第三話エンディングテーマ[110][111][112]
包丁ハサミカッターナイフドスキリ DMM TV『インシデンツ』テーマソング[113]

出演[編集]

ラジオ[編集]

  • マキシマム ザ ホルモンの麺カタこってり!(bayfm、木曜深夜24:30 - 25:00)bayfmHPでのストリーミング配信あり。2009年3月26日で終了。
  • マキシマム ザ ホルモンの「肉に撃たれて眠りたい」(FM OSAKA、火曜21:30 - 22:00)podcastあり。
    • 2007年12月30日の放送を最後にミッドナイト☆ジャングルから独立、2008年1月より毎週日曜日深夜24:30-25:00の番組としスタート。2008年4月より毎週土曜日土曜20:30-21:00に移動。2010年1月から、日曜夜の枠に再び移動。その後2011年4月から毎週火曜日21:30-22:00に移動。

映画[編集]

広告[編集]

  • 日本クラフトフーズ
    • ストライド(2011年)[114]
  • 日清食品(2019年)
    • カレーメシ
      • 「こいつらガールズ登場編」(曲のみ)- カップヌードル コッテリーナイスのCM曲として描き下ろした「ハングリープライド」をカレーメシ公式Twitter曰く「日清食品の社内に楽曲データが転がっていた」という理由で"勝手に"使ったとしている[115]
    • カップヌードル コッテリーナイス[116]
      • 「体に気を使ってこそロック編」[117]
    • 日清焼そばU.F.O.
      • 「マキシマム ザ 輝夜月2 篇 2020」(maximum the hormone II~これからの麺カタコッテリの話をしよう~ 替え歌)- 歌唱はバーチャルYouTuber輝夜月が担当[118]
      • 「マッスル ザ マヨ無双 篇」(予襲復讐 替え歌)

ゲーム[編集]

  • SHOW BY ROCK!! Fes A Live(2020年6月15日、iOS / Android
    • 2020年6月15日より、ゲーム内に楽曲が追加される。また、メンバーそれぞれをモチーフとしたゲームキャラクター「マキシマム ザ ホルトン」が登場する[120]
    • 2020年10月21日には、アイナ・ジ・エンド(BiSH)をゲストボーカルに迎えた本作のための特別楽曲「ROLLING1000豚[KSUKE REMIX]feat.アイナ・ジ・エンド(BiSH)」が追加された[121]

雑誌[編集]

ライブ[編集]

主催ライブ・ツアー[編集]

開催期間 ライブ名 日程・会場 備考
2006年 1月5日 巌流島TOUR 裏FINAL〜だって、八王子やん!〜
2月25日 地獄絵図 デブ vs ホルモン〜上原デブちゃうやん!〜 参加条件:体重70kg以上の男性
2月26日 地獄絵図 すっぴんメス豚 vs ホルモン〜まゆ毛ないやん!〜 参加条件:ノーメイクの女性
5月14日 - 6月19日 2006 ダーツの旅〜ヤラセちゃうやんけ!〜 メンバーが目隠しをして日本地図に向けてダーツを投げて刺さった場所でライブをするツアー
7月16日 - 9月29日 "恋のメガラバ"TOUR
2007年 4月29日 地獄絵図 ガリガリ君 VS ホルモン ~骨ぶつかって痛いやん!~ 参加条件:体重55kg以下の男性[123]
4月29日 地獄絵図 ジジババ VS ホルモン ~ジジババだってモッシュしたいやん!~ 参加条件:30歳以上の男女[123]
5月16日 - 10月17日 "ぶっ生き返す"TOUR[124]
2008年 1月11日 - 1月15日 MAXIMUM THE HORMONE vs ENTER SHIKARI JAPAN TOUR 2008
3月14日 PANTS SPRING'08
7月16日 - 10月16日 "爪爪爪" TOUR
8月20日 地獄絵図 ホルモン VS ノッポさん~ホルモンは一切飛び出ません~ 参加条件:男性身長178cm以上、女性身長168cm以上、3Dメガネ着用[125]
8月20日 地獄絵図 ホルモン VS おチビちゃん~あんた牛乳飲みなはれ!~ 参加条件:男性身長160cm以下、女性身長153cm以下、ライブ中おしゃぶり着用、入場時にその場で牛乳500mlを一気飲み[125]
8月22日 地獄絵図 ホルモン VS ジジババ~ジジババだってもっとモッシュしたいやん!~ 参加条件:35歳以上の男女[125]
8月22日 地獄絵図SP ニンニク地獄~えー!?ニンニク喰わされたあげくダウンジャケットも!?~ 参加条件:入場時に生ニンニク一粒を噛んで食べる、ライブ時にダウンジャケットを着用[125]
10月27日 - 11月3日 England Tour with ENTER SHIKARI
11月5日 - 11月9日 EURO TOUR
11月30日 "爪爪爪" TOUR〜裏FINAL〜(開催延期)
2009年 3月23日 - 4月30日 "爪爪爪 出張 裏FINAL" TOUR 〜上原太デブちゃうやん!〜 2008年11月30日に、八王子MATCH VOXで行われる予定だった「“爪爪爪”TOUR〜裏FINAL〜」公演が延期になった事を受け、お詫びを込めたツアー・ファイナルツアーとして行った[126]
5月5日 - 5月8日 "鎖国〜えのん〜" vol.1
8月18日 地獄絵図 ホルモン VS V系バンギャ~白昼夢ニ乱レ咲ク破羅屁鼓ノ調ベ〜 (開催延期) 参加条件:V系バンギャであること[127]
8月18日 地獄絵図 ホルモン VS 恐怖!コスプレ集団~アニヲタだってモッシュしたいだっちゃ☆〜 (開催延期) 参加条件:アニメ系のコスプレをして来ること、また入場時にメンバー・スタッフによるコスプレ審査が行われた[127]
8月20日 地獄絵図 ホルモン VS フルフェイス軍団~夏だ一番!ボンバーマン祭り~ (開催延期) 参加条件:フルフェイス着用のままライブを観ること[127]
8月20日 地獄絵図 ホルモン VS 顔面ストッキング~僕たち今日から変態家族〜 (開催延期) 参加条件:1足ストッキングを2人ペアで着用、破れたり破損したりしたら退場
9月3日 草〜えのん〜
11月3日 地獄絵図 ホルモン VS V系バンギャ~白昼夢ニ乱レ咲ク破羅屁鼓ノ調ベ〜 参加条件:V系バンギャであること。
11月3日 地獄絵図 ホルモン VS 恐怖!コスプレ集団~アニヲタだってモッシュしたいだっちゃ☆〜 参加条件:アニメ系のコスプレをして来ること、また入場時にメンバー・スタッフによるコスプレ審査が行われた。
11月9日 地獄絵図 ホルモン VS フルフェイス軍団~夏だ一番!ボンバーマン祭り~ (開催再延期) 参加条件:フルフェイス着用のままライブを観ること。
11月10日 地獄絵図 ホルモン VS 顔面ストッキング~僕たち今日から変態家族〜 (開催再延期) 参加条件:1足ストッキングを2人ペアで着用、破れたり破損したりしたら退場。
2010年 8月3日 - 8月24日 "えのん〜えのん〜"TOUR 2010[128]
8月30日 地獄絵図 ホルモン VS フルフェイス軍団~夏だ一番!ボンバーマン祭り~ 参加条件:フルフェイス着用のままライブを観ること。
8月31日 地獄絵図 ホルモン VS 顔面ストッキング~僕たち今日から変態家族〜 参加条件:1足ストッキングを2人ペアで着用、破れたり破損したりしたら退場。
2011年 1月14日 とどのつまり金沢〜えのん〜
4月11日 - 4月25日 グレイテスト・ザ・ヒッツTOUR[129]
5月7日 粉〜俺たちの粉〜 『爪爪爪/「F」』の初回盤にランダムで封入された"いい粉"を持っている者のみ参加が可能。
5月23日 とどのつまり東北!〜福島県・郡山編〜
6月18日 - 6月25日 <EURO TOUR 2011> ENON〜the movie〜
10月5日 - 10月12日 とどのつまり東日本!
2012年 3月24日 MASTER OF TERRITORY〜俺たちにマスはある!〜 シングル「グレイテスト・ザ・ヒッツ 2011〜2011」の購入者を対象とした無料招待制イベント[130]
4月9日 PANTS SPRING 2012 in 東北
6月11日 - 6月14日 オヤジ狩られTOUR 2012[131]
2013年 2月9日 - 2月13日 俺たちの太 2013~東北ライブハウス大作戦TOUR~[132]
2013年 - 2014年 9月29日 - 4月5日 "予襲復讐"TOUR[133]
2014年 4月28日 - 5月2日 太・太・太 2014~東北ライブハウス大作戦TOUR~
2015年 1月9日 - 1月22日 MAGROSTIC FRONT~kin to gin no tsutsumi ni haitta shikakui tuna no yatsu saikin tabeteru?~[134]
4月23日 - 5月27日 『封印』~それでは皆さんマタニティ~[135] ライブ活動一時休止前最後のツアー[136]
6月2日 白い暴動〜あの頃、僕らは白Tだった〜[137] ライブ活動一時休止前のラストイベント[138]
参加条件(ドレスコード):マキシマム ザ ホルモンの白バンドTシャツを着用すること[64]
2017年 5月20日 - 6月27日 耳噛じる真打TOUR[139]
9月3日 - 9月7日 令和上原組直系太会~東北ライブハウス大作戦ツアー~[140]
10月24日 - 10月26日 SOUTH AMERICA TOUR 2017
2018年 4月14日 - 4月21日 BUSU vs BUSU〜ぼくらの二日間戦争〜[141]
2019年 6月1日 - 6月25日 これからの麺カタコッテリのTOURをしよう[142]
9月3日 - 10月28日 これからの麺カタコッテリのTOURをしよう<SEASON2>
11月4日 - 11月8日 令和上原組直系太会~東北ライブハウス大作戦ツアー~ 主催者・マキシマム ザ ホルモンの出演キャンセルに伴い岡崎体育のワンマンライブとなった。
2020年 12月7日 - 12月23日 全席・顔面指定席ライブ
面面面〜フメツノフェイス〜
(開催延期)
新たに定義づけた「面カテゴリー」ごとに抽選を行い、選ばれしヅラだけが参加できる。
2021年 4月12日 - 4月19日 全席・顔面指定席ライブ
面面面〜フメツノフェイス〜
(延期公演)
新たに定義づけた「面カテゴリー」ごとに抽選を行い、選ばれしヅラだけが参加できる。
12月1日 - 12月21日 Reunion TOUR 2021〜Eat music in the same LIVE HOUSE〜 ELLEGARDEN、マキシマムザホルモン、10-FEETの3組によるスリーマンツアー。
2022年 2月27日 - 3月28日 叫ぶペットボトルの黙る会 ~うる静やつら~ エモートシャウト(鳴り物ペットボトル)の持参が必須。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ Eremenko, Alexey. Maximum the Hormone | Biography & History - オールミュージック. 2020年11月12日閲覧。
  2. ^ a b c d “Japanese Nu Metal Band Maximum the Hormone Rocks Latin America With Sold-Out Shows”. Billboard. (2017年11月3日). https://www.billboard.com/articles/news/international/8023068/japan-metal-maximum-the-hormone-latin-america-concerts 2020年11月12日閲覧。 
  3. ^ a b Michel, Patrick St. (2013年9月18日). “Maximum The Hormone "Yoshu Fukushu"”. The Japan Times. https://www.japantimes.co.jp/culture/2013/09/18/music/cd-reviews/maximum-the-hormone-yoshu-fukushu/#.Wd9gh1GWbMw 2020年11月12日閲覧。 
  4. ^ Pementel, Michael (2017年8月21日). “Scene Report: 8 Awesome Metal Bands From Japan”. Metal Injection. http://www.metalinjection.net/scene-report/scene-report-8-awesome-metal-bands-from-japan 2020年11月12日閲覧。 
  5. ^ a b “Visual Kei Special: Maximum The Hormon” (German). Metal Hammer. (June 22, 2008). https://www.metal-hammer.de/visual-kei-special-maximum-the-hormon-432979/. 
  6. ^ “Japanese Nu Metal Band Maximum the Hormone Rocks Latin America With Sold-Out Shows”. Billboard. (November 3, 2017). https://www.billboard.com/articles/news/international/8023068/japan-metal-maximum-the-hormone-latin-america-concerts. 
  7. ^ The 10 Best Japanese Metal Bands”. OC Weekly. Cynthia Rebolledo (2015年9月9日). 2020年11月12日閲覧。
  8. ^ マキシマムザホルモン ライブレポート|SUMMERSONIC08特集!”. gekirock.com. 激ロックエンタテインメント. 2022年6月20日閲覧。
  9. ^ マキシマム ザ ホルモンの記事一覧”. Real Soundテック. リアルサウンド. 2022年6月22日閲覧。
  10. ^ a b マキシマム ザ ホルモン”. 音楽ナタリー. 2018年7月4日閲覧。
  11. ^ マキシマム ザ ホルモン、旧譜キャンペーン<ホルモン、VAP抜けるってよ。>開催決定”. BARKS (2018年11月21日). 2019年6月13日閲覧。
  12. ^ “【オリコン】ホルモン、デビュー以来初のアルバム首位”. ORICON NEWS (株式会社oricon ME). (2013年8月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2027311/full/ 2023年1月5日閲覧。 
  13. ^ “「三度の飯より飯が好き!」ホルモン・ナヲ、1/19放送の『タモリ倶楽部』出演。海外の未知なるお米料理を実食”. rockinon.com (株式会社ロッキング・オン). (2018年1月10日). https://rockinon.com/news/detail/171938 2023年1月5日閲覧。 
  14. ^ “ホルモンがファンアートコンテスト開催、優勝賞品はダイスケはん実家お泊り会”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年5月9日). https://natalie.mu/music/news/378441 2023-01-0閲覧。 
  15. ^ ダイスケはんの『正しいツーコンマイクの使い方講座☆』 2010年4月13日
  16. ^ a b 公式サイト内「ホルモンQ&A」より
  17. ^ “マキシマム ザ ホルモン、腹ペコの顔面画像を緊急募集”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2020年10月2日). https://www.barks.jp/news/?id=1000190096 2023年1月9日閲覧。 
  18. ^ “マキシマム ザ ホルモン、"とある検証"に使用する"腹ペコ"(ファン)の顔面画像を緊急募集!”. 激ロック (激ロックエンタテインメント株式会社). (2020年10月2日). https://gekirock.com/news/2020/10/maximum_the_hormone_harapeko_photo.php 2023年1月9日閲覧。 
  19. ^ “三度の飯より飯が好き!マキシマム ザ ホルモン最新シングル快調!”. ORICON NEWS (株式会社oricon ME). (2005年11月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2355/full/ 2023年1月9日閲覧。 
  20. ^ “マキシマム ザ ホルモン 6年ぶりのアルバム『予襲復讐』でCDショップ大賞受賞”. Billboard Japan (株式会社阪神コンテンツリンク). (2014年3月). https://www.billboard-japan.com/d_news/detail/18520 2023年1月9日閲覧。 
  21. ^ “マキシマム ザ ホルモン、音楽業界初の"フランチャイズ制"導入! "2号店"メンバーのオーディション開催!”. 激ロック (激ロックエンタテインメント株式会社). (2019年2月21日). https://gekirock.com/news/2019/02/maximum_the_hormone_franchise.php 2023年1月9日閲覧。 
  22. ^ “マキシマム ザ ホルモン2号店のバンド名決定、デビューシングルに「メガラバ」収録”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年6月17日). https://natalie.mu/music/news/336035 2023年1月9日閲覧。 
  23. ^ “マキシマムザ亮君、2号店プロジェクトが日本最大の広告&マーケティング賞のACCシルバー受賞”. rockinon.com (株式会社ロッキング・オン). (2019年10月7日). https://rockinon.com/news/detail/189761.amp 2023年1月9日閲覧。 
  24. ^ “マキシマムザ亮君、発案・製作総指揮“ホルモン2号店プロジェクト”がACCシルバー受賞”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2019年10月7日). https://www.barks.jp/news/?id=1000172659 2023年1月9日閲覧。 
  25. ^ “マキシマム ザ ホルモン、亮君の体調不良で6公演キャンセル「治療が難しい病気である可能性」”. ORICON MUSIC (オリコン株式会社). (2019年11月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2148525/full/ 2022年9月12日閲覧。 
  26. ^ HOME>PROFILE>マキシマムザ亮君”. マキシマム ザ ホルモン Official Site. 2018年11月1日閲覧。
  27. ^ 大変お騒がせしております。(追記あり)”. ナヲちゃんの桃色吐息. 2015年10月19日閲覧。
  28. ^ マキシマムザ亮君”. 2018年8月27日閲覧。
  29. ^ マキシマム ザ ホルモンQ&A”. 2020年9月8日閲覧。
  30. ^ “WAGDUG×亮君コラボ曲がアニメ主題歌に”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2008年10月2日). https://natalie.mu/music/news/9957 2022年12月29日閲覧。 
  31. ^ “「ポイしないでね」 マキシマム ザ ホルモン、ライブ活動を一時休止”. ORICON MUSIC (オリコン株式会社). (2008年10月27日). https://www.oricon.co.jp/news/59432/full/ 2022年9月12日閲覧。 
  32. ^ HOME>PROFILE>ダイスケはん”. マキシマム ザ ホルモン Official Site. 2018年11月1日閲覧。
  33. ^ ダイスケはん”. 2018年8月27日閲覧。
  34. ^ ※マキシマム ザ ホルモンより重要なお知らせ※
  35. ^ マキシマム ザ ホルモン ダイスケはん「先日結婚しました!」”. ORICON NEWS (2014年6月8日). 2018年11月1日閲覧。
  36. ^ Twitter / MTH_OFFICIAL: サタニックカーニバル楽しかったなぁ。津田大輔こと津田肉祭(ツ ...
  37. ^ ホルモン・ダイスケはん、重度のヘルニアで緊急手術へ ライブ活動休止理由発表”. ORICON NEWS (2018年9月18日). 2018年12月13日閲覧。
  38. ^ HOME>PROFILE>上ちゃん”. マキシマム ザ ホルモン Official Site. 2018年11月1日閲覧。
  39. ^ 上ちゃん”. 2018年8月27日閲覧。
  40. ^ 2009年1月23日”. 今日の亮君 (2009年1月23日). 2022年5月24日閲覧。
  41. ^ 上ちゃんのアレを徹底解説!”. ミミカジルスタッフブログ. 2017年8月22日閲覧。
  42. ^ HOME>PROFILE>ナヲ”. マキシマム ザ ホルモン Official Site. 2018年11月1日閲覧。
  43. ^ 大変お騒がせしております。(追記あり)”. ナヲちゃんの桃色吐息. 2015年10月19日閲覧。
  44. ^ ナヲ”. 2018年8月27日閲覧。
  45. ^ マキシマム ザ ホルモンのナヲが入籍を発表”. 音楽ナタリー (2008年12月17日). 2018年12月29日閲覧。
  46. ^ 「マキシマム ザ ホルモン」ナヲが流産報告…ファン涙、励ましの声続々”. スポニチアネックス (2015年12月8日). 2015年12月8日閲覧。
  47. ^ マキシマム ザ ホルモンのナヲが第2子出産「嘘みたいな安産でした!!」”. 音楽ナタリー (2016年9月9日). 2016年9月9日閲覧。
  48. ^ “ホルモンのナヲ、漁師の妻に転身?! 「シーチキン食堂」CMに登場!”. RO69. (2016年8月25日). https://rockinon.com/news/detail/147680 2016年8月29日閲覧。 
  49. ^ CMギャラリー エルフのCM いすゞ ISUZU - いすゞのトラック エルフ(ELF)”. いすゞ ISUZU. 2018年12月19日閲覧。
  50. ^ マキシマム ザ ホルモン、ロッキンポ殺しフルPV公開!!”. BARKS (2005年3月2日). 2018年12月29日閲覧。
  51. ^ マキシマム ザ ホルモン 新アルバム名は「ぶっ○○○す」!”. 音楽ナタリー (2007年2月13日). 2018年12月29日閲覧。
  52. ^ マキシマム ザ ホルモンDVD第2弾はやりすぎの3枚組”. 音楽ナタリー (2008年1月27日). 2018年12月29日閲覧。
  53. ^ ホルモン待望の新曲リリース&対バンツアー決定”. 音楽ナタリー (2008年5月23日). 2018年12月29日閲覧。
  54. ^ 「ポイしないでね」 マキシマム ザ ホルモン、ライブ活動を一時休止”. ORICON NEWS (2008年10月27日). 2018年12月29日閲覧。
  55. ^ ホルモン、亮君新型インフル感染でライジング出演中止”. 音楽ナタリー (2009年8月13日). 2018年12月29日閲覧。
  56. ^ ホルモンの亮君が新型インフルエンザに感染、ライジング出演辞退&地獄絵図延期”. rockinon.com (2009年8月13日). 2018年12月29日閲覧。
  57. ^ マキシマム ザ ホルモン、ナヲ妊娠でライブ活動休止”. 音楽ナタリー (2009年11月6日). 2018年12月29日閲覧。
  58. ^ マキシマムザ亮君からのメッセージ
  59. ^ 本気?ホルモン2年半ぶり新曲は大切な人に捧ぐ等身大ポップ”. 音楽ナタリー (2011年2月3日). 2018年12月29日閲覧。
  60. ^ ホルモン路線変更ナシ!新作は腹ペコ満足の強力シングル”. 音楽ナタリー (2011年2月7日). 2018年12月29日閲覧。
  61. ^ ホルモン「予襲復讐」PVは大根仁ら8組参加の壮絶映像”. 音楽ナタリー (2013年7月26日). 2018年12月29日閲覧。
  62. ^ 腹ペコお待たせ!ホルモン6年ぶりアルバム「予襲復讐」完成”. 音楽ナタリー (2013年6月6日). 2018年12月29日閲覧。
  63. ^ ホルモン節炸裂!CDショップ大賞は「予襲復讐」”. 音楽ナタリー (2014年3月6日). 2018年12月29日閲覧。
  64. ^ a b ホルモン休止前ラストライブ決定、ドレスコードは「白T」”. 音楽ナタリー (2015年5月2日). 2018年11月12日閲覧。
  65. ^ マキシマム ザ ホルモン、映像作品『Deka Vs Deka~デカ対デカ~』ジャケット公開”. BARKS (2015年10月24日). 2018年12月29日閲覧。
  66. ^ “DVD「デカ対デカ」が“第8回CDショップ大賞2016”でライブ作品賞を受賞!”. 55mth.com. (2016年3月9日). http://www.55mth.com/pc/news/detail.php?news_id=959 2016年3月14日閲覧。 
  67. ^ マキシマム ザ ホルモンがライブ活動休止を発表、理由は明日「ハジマザ」ステージ上で”. 音楽ナタリー (2018年9月16日). 2018年12月29日閲覧。
  68. ^ Inc., Natasha,. “マキシマム ザ ホルモン、ライブ活動休止はダイスケはんのヘルニア手術のため - 音楽ナタリー” (日本語). 音楽ナタリー. 2018年9月19日閲覧。
  69. ^ マキシマム ザ ホルモン、新曲はヘドバン&デス声封印の「拝啓VAP殿」”. 音楽ナタリー (2018年9月18日). 2018年9月19日閲覧。
  70. ^ “マキシマム ザ ホルモン、新作『これからの麺カタコッテリの話をしよう』を「読み切り漫画+新作CD」で発刊”. rockinon.com (ロッキング・オン). (2018年11月2日). https://rockinon.com/news/detail/181303 2022年11月3日閲覧。 
  71. ^ ヘドバン・デス声の封印は解かれるのか? マキシマム ザ ホルモン新曲MV第2弾公開”. 音楽ナタリー (2018年11月25日). 2018年12月29日閲覧。
  72. ^ マキシマム ザ ホルモン、新作は読み切りマンガ+CD”. 音楽ナタリー (2018年11月1日). 2018年12月29日閲覧。
  73. ^ マキシマム ザ ホルモンがライブ活動再開、6月に地元・八王子からスタートするツアー”. 音楽ナタリー (2019年5月5日). 2019年6月14日閲覧。
  74. ^ Twitter”. mobile.twitter.com. 2020年1月28日閲覧。
  75. ^ “マキシマム ザ ホルモン、新曲のオケと歌詞を渡して自由なメロディで歌ってもらう"俺ならこう歌う選手権"参戦者発表!”. 激ロック. (2020年12月7日). https://gekirock.com/news/2020/12/maximum_the_hormone_orenara_lineup.php 2021年1月5日閲覧。 
  76. ^ “マキシマム ザ ホルモン、2021年アニメ化の"終末のワルキューレ"主題歌オープニング・テーマに新曲「KAMIGAMI-神噛-」書き下ろし!”. 激ロック. (2020年12月19日). https://gekirock.com/news/2020/12/maximum_the_hormone_ragnarok_op.php 2021年1月5日閲覧。 
  77. ^ マキシマム ザ ホルモン、エッセンシャルな新グッズの詳細発表”. BARKS. 2021年6月4日閲覧。
  78. ^ マキシマム ザ ホルモン、ホルモンマスク着用のファンを探しに全国出張”. BARKS. 2021年6月5日閲覧。
  79. ^ “マキシマム ザ ホルモン6年ぶりの映像作品「ヅラ対ヅラ」最新予告公開”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2021年11月30日). https://natalie.mu/music/news/455705 2022年9月29日閲覧。 
  80. ^ “マキシマム ザ ホルモン、『チェンソーマン』挿入歌+ED曲「刃渡り2億センチ」歌詞を先行公開”. BASKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2022年9月20日). https://www.barks.jp/news/?id=1000224729 2022年9月29日閲覧。 
  81. ^ “マキシマム ザ ホルモン、TVアニメ『チェンソーマン』挿入歌&EDテーマの新曲“刃渡り2億センチ”の「歌詞」のみを先行公開”. rockinon.com (株式会社ロッキング・オン). (2022年9月20日). https://rockinon.com/news/detail/204159 2022年10月5日閲覧。 
  82. ^ “マキシマム ザ ホルモンが2曲だけサブスク解禁、「チェンソーマン」第3話ノンクレジットEDも”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2022年10月26日). https://natalie.mu/music/news/498979 2022年10月26日閲覧。 
  83. ^ “マキシマム ザ ホルモン、アニメ『チェンソーマン』EDテーマ「刃渡り2億センチ」などでサブスク解禁”. Billboard JAPAN (株式会社阪神コンテンツリンク). (2022年10月26日). https://www.billboard-japan.com/d_news/detail/118112 2022年11月3日閲覧。 
  84. ^ マキシマム ザ ホルモン新曲起用『カップヌードル コッテリーナイス』CM公開 メイキング映像ではメンバー解説も”. billboard (2019年3月). 2022年4月閲覧。
  85. ^ マキシマム ザ ホルモン、“一部サブスク解禁”でバイラル好調 抒情性&シャウトの殴打でメリハリを存分に発揮” (日本語). Real Sound. 2022年11月26日閲覧。
  86. ^ 番組テーマリスト
  87. ^ エアマスター”. テレビドラマデータベース. 2022年12月20日閲覧。
  88. ^ 番組テーマリスト
  89. ^ a b c マキシマム ザ ホルモン Official Site - Wayback Machine(2004年11月15日アーカイブ分)
  90. ^ NO MATTER BOARD [過去放送分]
  91. ^ マキシマム ザ ホルモン Official Site - Wayback Machine(2005年2月21日アーカイブ分)
  92. ^ a b c d e マキシマム ザ ホルモン Official Site - Wayback Machine(2005年11月4日アーカイブ分)
  93. ^ NO MATTER BOARD [過去放送分]
  94. ^ 番組テーマリスト
  95. ^ 闘牌伝説アカギ~闇に舞い降りた天才~”. テレビドラマデータベース. 2022年12月20日閲覧。
  96. ^ マキシマム ザ ホルモン Official Site - Wayback Machine(2006年7月22日アーカイブ分)
  97. ^ a b “アニメ『デスノート』新テーマ曲で“ぶっ生き返す”!?”. ORICON NEWS (株式会社oricon ME). (2007年2月27日). https://www.oricon.co.jp/news/42505/full/ 2022年9月27日閲覧。 
  98. ^ 番組テーマリスト
  99. ^ “ホルモンの名曲がアドレナリン爆発洋画と電撃タイアップ”. 音楽ナタリー. (2009年7月3日). https://natalie.mu/music/news/18359 2022年12月20日閲覧。 
  100. ^ 恋のメガラバ / マキシマム ザ ホルモン ギターコード/ウクレレコード/ピアノコード”. U-フレット. 2022年12月20日閲覧。
  101. ^ “人気漫画『QPキューピー』ドラマ版EDがホルモンのあの曲に!”. BARKS. (2011年9月19日). https://www.barks.jp/news/?id=1000073349 2022年12月20日閲覧。 
  102. ^ “マキシマム ザ ホルモン「便所サンダルダンス」が「キック・アス2」応援曲に”. 映画.com. (2013年11月29日). https://eiga.com/news/20131129/5/ 2022年11月16日閲覧。 
  103. ^ “ホルモンのあの曲がドラゴンボール映画“バトルソング”に”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年1月5日). https://natalie.mu/music/news/135392 2018年10月31日閲覧。 
  104. ^ “マキシマム ザ ホルモン、久々の地上波出演へ 『ドラゴンボール』の魅力を存分に語る”. Real Sound(リアルサウンド) (株式会社blueprint). (2015年4月14日). https://realsound.jp/2015/04/post-2992.html 2022年9月27日閲覧。 
  105. ^ “マキシマム ザ ホルモン、漫☆画太郎との映画コラボでバトルソング提供”. BARKS. (2016年1月14日). https://www.barks.jp/news/?id=1000123192 2022年12月20日閲覧。 
  106. ^ a b c “マキシマム ザ ホルモン、映画『血まみれスケバンチェーンソーRED』主題歌&劇中歌に決定”. BARKS. (2019年2月8日). https://www.barks.jp/news/?id=1000164388 2022年12月20日閲覧。 
  107. ^ “マキシマム ザ ホルモン新曲起用『カップヌードル コッテリーナイス』CM公開 メイキング映像ではメンバー解説も”. Billboard JAPAN (株式会社阪神コンテンツリンク). (2019年3月6日). https://www.billboard-japan.com/d_news/detail/73385/2 2022年10月27日閲覧。 
  108. ^ “ホルモンがアニメ「終末のワルキューレ」主題歌を担当するってことは……亮君「つまりそういう事」”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年12月19日). https://natalie.mu/music/news/409522 2022年9月25日閲覧。 
  109. ^ “マキシマム ザ ホルモンが主題歌担当『終末のワルキューレ』、ノンクレジットOP映像公開”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2021年6月17日). https://www.barks.jp/news/?id=1000203317 2022年9月27日閲覧。 
  110. ^ “マキシマム ザ ホルモン「チェンソーマン」提供曲の歌詞だけ公開”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2022年9月20日). https://natalie.mu/music/news/494375 2022年9月25日閲覧。 
  111. ^ “マキシマム ザ ホルモン、新曲「刃渡り2億センチ」がTVアニメ"チェンソーマン"挿入歌&EDテーマに決定!”. 激ロック (激ロックエンタテインメント株式会社). (2022年9月20日). https://gekirock.com/news/2022/09/maximum_the_hormone_chainsawman.php 2022年9月27日閲覧。 
  112. ^ “『チェンソーマン』第3話のED映像公開 マキシマム ザ ホルモンが担当 原作漫画が累計1800万部突破”. ORICON NEWS (株式会社oricon ME). (2022年10月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2254544/full/ 2022年10月27日閲覧。 
  113. ^ “マキシマム ザ ホルモン、「包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ」が佐久間宣行プロデュースのDMM TVオリジナル番組"インシデンツ"テーマ曲に決定!”. 激ロック (激ロックエンタテインメント株式会社). (2022年12月22日). https://gekirock.com/news/2022/12/maximum_the_hormone_dmm_tv_incidents.php 2022年12月24日閲覧。 
  114. ^ ホルモン、人気ガム新CMで成宮寛貴とヘドバン合戦”. 音楽ナタリー (2011年2月24日). 2018年12月19日閲覧。
  115. ^ マキシマム ザ ホルモン、新曲「ハングリープライド」を"勝手に"使用した日清"カレーメシ"新CM公開!”. 激ロック ニュース. 2019年2月27日閲覧。
  116. ^ マキシマム ザ ホルモン、「カップヌードル コッテリーナイス」の幻の60秒CMを公開”. rockinon.com (2019年3月18日). 2019年6月15日閲覧。
  117. ^ 腹ペコ800人大暴れ、ホルモン新曲が聴ける「カップヌードル」新CM”. 音楽ナタリー (2019年3月6日). 2019年6月15日閲覧。
  118. ^ マキシマム ザ ホルモン、VTuber・輝夜 月と日清焼そばU.F.O.新CMでコラボ”. BARKS. 2019年4月11日閲覧。
  119. ^ 輝夜月、日清焼そばU.F.O.に乗って成層圏へ。なぜかギネス世界記録も樹立!2019年6月24日 GIZMODO
  120. ^ “「SHOW BY ROCK!! Fes A Live」,タイアップバンド第2弾は「マキシマム ザ ホルモン」。6月15日よりバンドをイメージした“マキシマム ザ ホルトン”が参戦”. 4Gamer.net. (2020年6月12日). https://www.4gamer.net/games/487/G048724/20200612086/ 2020年6月15日閲覧。 
  121. ^ “『ショバフェス』に「ROLLING1000豚[KSUKE REMIX]feat.アイナ・ジ・エンド(BiSH)」追加”. BARKS. (2020年9月28日). https://www.barks.jp/news/?id=1000189748 2020年9月28日閲覧。 
  122. ^ 『[妊活 マキシマム ザ ホルモン ナヲさん インタビュー<前編> 人気絶頂のロックバンドが妊活休業!?』] 2018年12月21日 たまひよONLINE
  123. ^ a b マキシマム ザ ホルモン ガリガリ君&ジジババ限定ライブ”. 音楽ナタリー (2007年4月4日). 2018年11月12日閲覧。
  124. ^ “ぶっ生き返す”ツアー 5ヶ月に及ぶ怒涛のスケジュール全国47都道府県、56箇所!!アナタの町にも、ホルモン襲来!!”. マキシマム ザ ホルモン 公式ウェブサイト. 2018年11月12日閲覧。
  125. ^ a b c d マキシマム ザ ホルモン 今年の地獄絵図はノッポ、チビ、ジジババ、ニンニク!!”. rockinon.com (2008年7月18日). 2018年11月12日閲覧。
  126. ^ マキシマム ザ ホルモン 裏FINALの延期公演がツアーに!!”. rockinon.com (2008年12月26日). 2018年11月12日閲覧。
  127. ^ a b c マキシマム ザ ホルモンの夏フェス〈地獄絵図〉、今回はアニオタ限定、フルフェイス着用義務付けなど”. タワーレコード (2009年6月30日). 2018年11月12日閲覧。
  128. ^ えのん~えのん~チケット詳細”. マキシマム ザ ホルモン 公式ウェブサイト. 2018年11月12日閲覧。
  129. ^ マキシマム ザ ホルモン、“グレイテスト・ザ・ヒッツ”TOURを発表!!”. 激ロック ニュース (2011年2月14日). 2018年11月12日閲覧。
  130. ^ ホルモン、無料マス席ライブでSHIBUYA-AXを混沌の渦に”. 音楽ナタリー (2012年3月26日). 2018年11月12日閲覧。
  131. ^ ホルモン東名阪「オヤジ狩られTOUR」に若手猛者3組”. 音楽ナタリー (2012年4月12日). 2018年11月12日閲覧。
  132. ^ マキシマム ザ ホルモン、東北ツアーでくるりと初競演”. 音楽ナタリー (2013年1月19日). 2018年11月12日閲覧。
  133. ^ マキシマム ザ ホルモン、「予襲復讐TOUR」の全日程を発表”. rockinon.com (2013年7月27日). 2018年11月12日閲覧。
  134. ^ マキシマム ザ ホルモン、全国5ヵ所でツアー開催&対バンにKANA-BOONら決定”. rockinon.com (2014年12月3日). 2018年11月12日閲覧。
  135. ^ マキシマム ザ ホルモン、ナヲの妊活のためライブ活動を一時休止”. 音楽ナタリー (2015年3月6日). 2018年11月12日閲覧。
  136. ^ ホルモン、ナヲの妊活によりライブ活動一時休止 ツアー“『封印』~それでは皆さんマタニティ~”開催へ”. Real Sound (2015年3月6日). 2018年11月12日閲覧。
  137. ^ ホルモン、ライブ活動休止前最後に“白T限定”イベント”. ORICON NEWS (2015年5月3日). 2018年11月12日閲覧。
  138. ^ マキシマム ザ ホルモン、活動休止前のラストライブ開催決定 参加者全員“白T”イベントに”. Real Sound (2015年5月2日). 2018年11月12日閲覧。
  139. ^ マキシマム ザ ホルモン、<耳噛じる真打TOUR>全13公演終了”. BARKS (2017年6月28日). 2018年11月12日閲覧。
  140. ^ マキシマム ザ ホルモン、<上原組直系太会~東北ライブハウス大作戦ツアー~>9月開催決定”. BARKS (2017年7月1日). 2018年11月12日閲覧。
  141. ^ マキシマム ザ ホルモン、岡崎体育と<BUSU vs BUSU~ぼくらの二日間戦争~>”. BARKS (2018年1月12日). 2018年11月12日閲覧。
  142. ^ マキシマム ザ ホルモンがライブ活動再開、<これからの麺カタコッテリのTOURをしよう>開催”. BARKS (2019年5月6日). 2019年6月15日閲覧。

外部リンク[編集]