常田大希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
常田つねた 大希だいき
Daiki Tsuneta
生誕 (1992-05-15) 1992年5月15日(30歳)
出身地 日本の旗 日本長野県伊那市
学歴 東京藝術大学音楽学部器楽科チェロ専攻 中退
ジャンル
職業
担当楽器
活動期間 2011年 -
レーベル
事務所 SML Management
共同作業者
公式サイト
著名使用楽器

常田 大希(つねた だいき、1992年5月15日 - )は、日本の音楽家作曲家作詞家編曲家プロデューサーギタリストチェリストキーボーディスト、ピアニスト、芸術家[要出典]ミクスチャー・ロックバンド「King Gnu[1]、音楽家集団「millennium parade[2]、クリエイティブレーベル「PERIMETRON」主宰者[3]

来歴[編集]

長野県伊那市で生まれる。

東京藝術大学音楽学部器楽科チェロ専攻に進学するが、「社会と結びついた音楽をしたい」という理由で中退[4]

小澤征爾が主宰する小澤国際室内楽アカデミーにチェロ奏者として在籍していたことがある[5]

2013年、「Srv.Vinci」(サーヴァ・ヴィンチ)という名義で独自の音楽活動を開始。ソロプロジェクトに近い構成であったが、メンバーチェンジ等を経てバンドとしての活動が主体になってきたことにより、2017年に「King Gnu」に改名。2019年1月アルバム『Sympa』でメジャーデビュー。同年、「Daiki Tsuneta Millennium Parade」を原型としたソロプロジェクト「millennium parade」をスタートさせた。

人物[編集]

父はロボットエンジニア(若い頃はジャズバーで演奏もしていた)、母は音楽教師、2歳上の兄にヴァイオリニストとしても活動している常田俊太郎がいる(King Gnu、millennium paradeのレコーディングなどに参加している)[6]。祖父はカラーテレビの開発で紫綬褒章を受賞した工学博士の常田朝秀(東京高等学校東京帝国大学第二工学部電気工学科卒、久保田無線電機を経て東芝電子事業本部首席技監)[7][8]

両親がピアノ弾きであったため(父はジャズピアノ、母はクラシックピアノ)、音楽に囲まれた環境で育った。 5歳よりチェロを習いはじめる。

小中は野球部であったが、中学途中より合唱部も掛け持ち。井口理は合唱部の後輩でともにNHK全国学校音楽コンクールの全国大会に出場した。

中学、高校時代もバンド活動をしており、オリジナル楽曲やビートルズを演奏。中学3年時よりチェロ演奏を本格的に再開。

東京藝術大学に進学上京後7年間、神奈川県で祖母と2人暮らしをしていた。バンドのリハーサルやミュージックビデオの撮影も、祖母の家で行われている[9]

大学中退後、同級生である石若駿WONK江﨑文武らと藝祭にバンド出演、この時にモッフル屋呼び込みをしていた井口理と再会。また石若と江﨑はmillennium paradeにも参加しており、江﨑はKing Gnu楽曲にも鍵盤レコーディングメンバーとして数多く参加している。

横浜DeNAベイスターズのファンであり、ファンクラブに入っていた[10]

影響[編集]

ストラヴィンスキープロコフィエフといったクラシックケンドリック・ラマーフライング・ロータスTABOO1といったヒップホップセロニアス・モンクマイルス・ディビスロバート・グラスパーといったジャズや、ジミ・ヘンドリックスレッドツェッペリンニルヴァーナゴリラズアークティック・モンキーズレディオヘッドジェイムス・ブレイクからの影響をインタビュー等で公言している。その他にはBLANKEY JET CITYや、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTなどのバンドも好んでおり、井上陽水のような歌詞を書きたいと述べている[11][12]

活動[編集]

King Gnu[編集]

millennium parade[編集]

PERIMETRON[編集]

参加・楽曲提供[編集]

  • 拝啓、民泊様。」オリジナル・サウンドトラック(2016年11月25日) - 音楽監督として参加したドラマのサウンドトラック。
  • 爱丽丝(2017年11月1日) - 米津玄師のアルバム『BOOTLEG』収録曲。共同プロデュース兼アレンジ、演奏参加。
  • あなたの手を握ってキスをした(2018年12月12日) - ぼくのりりっくのぼうよみのアルバム『没落』収録曲、楽曲提供。
  • Overflow (2019年4月17日) - 家入レオ のアルバム『DUO』収録曲、楽曲提供。King Gnuのアルバム『CEREMONY』ではセルフカバーが収録された。
  • N. HOOLYWOOD COMPILE FALL2020 COLLECTION (2020年4月3日) - 2020年2月4日に開催されたNew York Fashion Weekのショーミュージックとして楽曲提供。
  • マスカラ(2021年8月11日) - SixTONESの5thシングル表題曲、楽曲提供[13]

使用機材[編集]

受賞[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

  • 常田大希 破壊と構築(2021年1月8日、NHK総合[17]
  • Tokyo Chaotic 音楽家 常田大希(2021年3月5日、NHK BSプレミアム)- 『破壊と構築』の89分拡大版。

配信[編集]

  • 常田大希 東京混沌-TOKYO CAHOTIC(2021年12月31日 -、Netflix[18] - PERIMETRONプロデュースのカラーコレクションが施された『Tokyo Chaotic-』のNetflix配信版。

ラジオ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ KING GNU” (日本語). kinggnu.jp. 2022年5月1日閲覧。
  2. ^ millennium parade” (英語). millennium parade. 2022年5月1日閲覧。
  3. ^ PERIMETRON” (日本語). perimetron. 2022年5月1日閲覧。
  4. ^ 社会と繋がりたい、King Gnu 新しい文化融合で試みる日本的音楽
  5. ^ King Gnu常田大希が「憧れの気持ち」を抱く14冊
  6. ^ 出演者インタビュー③ Srv.Vinci・常田さん
  7. ^ 『東大紳士録会社編―昭和30年度版』『東大紳士録』編纂委員会、1955年。 
  8. ^ 『日本を支える人と技術』文藝春秋, 1986, p104
  9. ^ 放送内容”. バズリズム02. 日本テレビ. 2020年10月15日閲覧。
  10. ^ “「King Gnu」常田大希 こどもの日に意外なルーツ公開 あのチームのファンだった”. スポーツニッポン. (2020年5月6日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/06/kiji/20200506s00041000236000c.html 2020年10月15日閲覧。 
  11. ^ 【インタビュー】彼らを聴いても尚、日本の音楽に無関心でいられるか。鬼才・常田大希の衝撃作『http://』 2018年1月18日閲覧。
  12. ^ 【気になる新人】King Gnu「同世代の他のバンドは洋楽を目指し、俺達は邦楽をやる。そこが違う」 2019年11月23日閲覧。
  13. ^ SixTONES、1年5カ月ぶり横浜アリーナで単独有観客公演 King Gnu常田大希提供の新曲「マスカラ」リリース発表”. 中日新聞 (2021年6月8日). 2021年6月8日閲覧。
  14. ^ 2010年度 第20回 チェロ部門 日本クラシック音楽コンクール結果
  15. ^ 最強プレイヤーズ・コンテスト2009結果
  16. ^ Pen クリエイター・アワード 2020受賞者決定!
  17. ^ millennium paradeがNHK特番に新曲書き下ろし、常田の全貌に迫るドキュメンタリーも”. 音楽ナタリー (2020年12月3日). 2021年2月10日閲覧。
  18. ^ 常田大希のドキュメンタリーフィルムをNetflixで全世界配信(動画あり)” (日本語). 音楽ナタリー. 2021年12月17日閲覧。
  19. ^ nterFM897 King Gnu初のレギュラーラジオ… 2018年4月5日閲覧。
  20. ^ King Gnu常田大希によるクリエイティブチーム・PERIMETRONのラジオ番組スタート”. 音楽ナタリー (2019年3月29日). 2021年2月10日閲覧。
  21. ^ 吉井和哉のラジオ特番に常田大希が登場、幼少期の思い出や作曲方法を語り合う” (日本語). 音楽ナタリー. 2022年8月3日閲覧。
  22. ^ 「サッポロ生ビール黒ラベル」新CMのお知らせ 〜10周年「大人エレベーター」シリーズ新作を発表〜 第35弾は27階に常田大希さんが登場”. サッポロビール (2020年3月27日). 2020年3月27日閲覧。

外部リンク[編集]