テデスキ・トラックス・バンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テデスキ・トラックス・バンド
Tedeschi Trucks Band
Derek and Susan at Mizner.jpg
スーザン・テデスキとデレク・トラックス(2012年)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フロリダ州ジャクソンビル
ジャンル ロックブルースロックソウルアメリカーナ
活動期間 2010年 -
共同作業者 デレク・トラックス・バンド、スーザン・テデスキオールマン・ブラザーズ・バンド
公式サイト www.tedeschitrucksband.com
メンバー デレク・トラックス
スーザン・テデスキ
タイラー・グリーンウェル
J.J.ジョンソン
マイク・マティソン
マーク・リバーズ
アリシア・シャコール
ケビ・ウィリアムズ
エフライム・オーウェンズ
エリザベス・レア
ブランドン・ボーン
旧メンバー オテイル・バーブリッジ
コフィ・バーブリッジ

テデスキ・トラックス・バンドTedeschi Trucks Band)は、フロリダ州ジャクソンヴィルを拠点として活動するブルースロック・グループ。以前はデレク・トラックス&スーザン・テデスキ・バンド として知られていた。バンドは、デレク・トラックス(Derek Trucks)とスーザン・テデスキ(Susan Tedeschi)の夫婦を中心として2010年に結成され、主にそれぞれのソロ活動時のグループのメンバーで構成される。彼らのファースト・アルバム『レヴェレイター』は、グラミー最優秀ブルース・アルバム賞を獲得している。

経歴[編集]

スーザン・テデスキ(左・2012年)

テデスキ・トラックス・バンドは、デレク・トラックスとスーザン・テデスキのふたりが、2010年にそれぞれのソロ・バンドの活動を中止し、新しいグループとして結成したバンドである。結婚したふたりが、音楽を共につくり、ツアーや録音をしつつも一緒に過ごす時間を増やせるようにするためであった[1]。デレク・トラックスとスーザン・テデスキは「デレク・トラックス・アンド・スーザン・テデスキズ・ソウル・シチュー・リバイバル(Derek Trucks & Susan Tedeschi's Soul Stew Revival)」という名前で、2007年に共にツアーを行なっている。このときのグループの演目は、多くがデレクとスーザンそれぞれのソロ活動で生み出された曲から選ばれていた。一方で、テデスキ・トラックス・バンドでは、新曲の演奏を中心的に行なっている。

デレク・トラックス・バンドとスーザン・テデスキ・バンドの両グループの活動休止が2009年後半に発表された後[2]、ふたりはジャクソンヴィルの自宅兼スタジオに、友人や他の音楽家たちを入れ替わり迎えながら、新しい曲を書き始めた。彼らの最初のコンサートは、2010年4月1日のサヴァンナ音楽祭で行なわれた。2012年中の彼らは、ツアーはそれほど積極的に行なわなかったが、それでもエリック・クラプトンのクロスローズ・ギター・フェスティバル、フジロックフェスティバル、その他のいくつかのフェスティバルや会場で公演を行なっている。

デレク・トラックスとスーザン・テデスキの共演の輪は、他のアーティストにも広がっている。トラックスとテデスキは、ハービー・ハンコックのアルバム『イマジン・プロジェクト』の「Space Captain」の演奏に、デレク・トラックス&スーザン・テデスキ・バンドのオテイル・バーブリッジ、コフィ・バーブリッジ、マイク・マティソンらとともに参加した。また、ハービー・ハンコックが、トラックスとテデスキの自宅スタジオで曲の録音をした際に撮られたミュージック・ビデオも発表された [3]。トラックスとテデスキは、カーネギー・ホールハリウッド・ボウルでおこなわれた、ハービー・ハンコック70歳の誕生日コンサートにも登場し、彼とともに「スペース・キャプテン」を演奏している[1]

2011年3月7日にバンドは、名称をテデスキ・トラックス・バンドに変更したことを発表。テデスキ・トラックス・バンドとして最初のCD『レヴェレイター 』は2011年6月7日に発表された。『ローリング・ストーン』誌はこのアルバムに5段階評価で4つ星を与え、「傑作」と評している[4]。このアルバムは、カナダのアルバム・チャートでは最高で92位[5]全英アルバムチャートでは最高164位であった[6]。 また本アルバムは、第54回グラミー賞において最優秀ブルース・アルバム賞を獲得している[7]

彼らの2枚目のアルバム『エヴリバディズ・トーキン』は、2012年5月22日に発表された。この作品は『レヴェレイター』からの曲にくわえて、ロックやリズム・アンド・ブルースゴスペルの名曲のカバー演奏をもとにした、ライブ・アルバムである[8]

ベーシストのオテイル・バーブリッジは、家庭を持つことになったため「TTBのツアーに同行することができない」というメッセージを、2012年10月5日にバンドのウェブサイトに掲載した。いずれ再び一緒に仕事することを、オテイルとバンドの両者ともに望んでいる。彼の後継となるベーシストは、正式なメンバーとしては誰も公表されていない。テッド・ペキオ(Ted Pecchio)、デイヴ・モンズィー(Dave Monsey)、ジョージ・ポーター・ジュニア(George Porter Jr.)らが、2012年の残りのツアー日程において代役を務めた[9]

2013年のブルース音楽賞(Blues Music Awards)において、彼らは「バンド」と「ロック・ブルース・アルバム」のカテゴリにおいて候補とされた [10]

メンバー[編集]

デレク・トラックス(左・2012年)
  • スーザン・テデスキ(Susan Tedeschi):リード・ボーカル、リズムギター
  • デレク・トラックス(Derek Trucks):リードギター
  • タイラー・グリーンウェル(Tyler Greenwell):ドラム、パーカッション
  • J.J. ジョンソン(J. J. Johnson):ドラム、パーカッション
  • ケビ・ウィリアムズ(Kebbi Williams):サックス
  • エフライム・オーウェンズ(Ephraim Owens):トランペット
  • エリザベス・レア(Elizabeth Lea):トロンボーン
  • マイク・マティソン(Mike Mattison):ハーモニー・ボーカル
  • マーク・リバーズ(Mark Rivers):ハーモニー・ボーカル
  • アリシア・シャコール(Alecia Chakour):ハーモニー・ボーカル
  • ブランドン・ボーン(Brandon Boone):ベース ※ティム・ルフェーブルの後任として2018年12月に加入
  • ゲイブ・ディクソン(Gabe Dixon) ※亡くなったコフィ・バーブリッジの代理として2019ツアーに参加

元メンバー[編集]

  • オテイル・バーブリッジ(Oteil Burbridge):ベース
  • ティム・ルフェーブル(Tim Lefebvre):ベース ※2018年12月脱退
  • コフィ・バーブリッジ(Kofi Burbridge):キーボード、フルート ※2019年2月15日死去

来日公演[編集]

  • 2010年7月31日フジロックフェスティバル(Derek Trucks & Susan Tedeschi Band)
  • 2012年 2月5日名古屋クラブアトロ、2月7日大阪メルパルクホール、2月8日渋谷公会堂、2月9日渋谷公会堂
  • 2014年 2月6日(木)渋谷公会堂、2月7日(金)名古屋・ダイアモンドホール、2月9日(日)尼崎・あましんアルカイックホール、2月10日(月)SHIBUYA-AX、2月11日(火・祝)昭和女子大学 人見記念講堂
  • 2016年 3月30日(水)名古屋市公会堂、3月31日(木)オリックス劇場、4月1日(金)日本武道館
  • 2019年 6月11日(火)尼崎・あましんアルカイックホール、6月12日(水)Zepp Nagoya、6月14日(金)、15日(土)、16日(日)東京ドームシティホール

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『レヴェレイター』 - Revelator (2011年)
  • 『メイド・アップ・マインド』 - Made Up Mind (2013年)
  • 『レット・ミー・ゲット・バイ』 - Let Me Get By (2016年)
  • 『サインズ』 - Signs (2019年)

ライブ・アルバム[編集]

  • 『エヴリバディズ・トーキン』 - Everybody's Talkin' (2012年)
  • 『ライヴ・フロム・ザ・フォックス・オークランド』 - Live from the Fox Oakland (2017年)

出典[編集]

  1. ^ a b Bryson, Alan. “Susan Tedeschi: Dreams and Legends”. All About Jazz. 2010年6月7日閲覧。
  2. ^ dTb 2010 Plans | The Official Site of The Derek Trucks Band”. Derektrucks.com. 2013年3月21日閲覧。
  3. ^ Hochman, Steve. “Herbie Hancock, 'Space Captain,' Feat. Susan Tedeschi and Derek Trucks -- Video Premiere”. Spinner. 2013年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月14日閲覧。
  4. ^ Introducing Tedeschi Trucks Band”. Derek Trucks and Susan Tedeschi website. 2011年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月7日閲覧。
  5. ^ CANOE - JAM! Music - SoundScan Charts”. Jam.canoe.ca. 2013年3月21日閲覧。
  6. ^ Chart Log UK: New Entries Update - 18.06.2011”. Zobbel.de. 2013年3月21日閲覧。
  7. ^ Nominees And Winners”. Grammy.com (2012年2月12日). 2012年1月7日閲覧。
  8. ^ Tedeschi Trucks Band gets behind "Everybody's Talkin'"”. Soundspike.com (2012年4月23日). 2012年5月7日閲覧。
  9. ^ Latest News | The Official Tedeschi Trucks Band Site”. Tedeschitrucksband.com. 2013年3月21日閲覧。
  10. ^ Blues Music Awards Nominees - 2013 - 34th Blues Music Awards”. Blues.org. 2013年3月21日閲覧。

外部リンク[編集]