愛唄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
愛唄
GReeeeNシングル
初出アルバム『あっ、ども。はじめまして。
B面 UNITY
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル NAYUTAWAVE RECORDS
プロデュース JIN
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位オリコン
  • デイリー1位(オリコン)
  • 2007年6月度月間8位(オリコン)
  • 2007年7月度月間6位(オリコン)
  • 2007年度年間24位(オリコン)
  • 登場回数88回(オリコン)
  • GReeeeN シングル 年表
    HIGH G.K LOW 〜ハジケロ〜
    (2007年)
    愛唄
    2007年

    (2007年)
    ミュージックビデオ
    「愛唄」 - YouTube
    テンプレートを表示

    愛唄」(あいうた)は、GReeeeNの通算3枚目となるシングル2007年5月16日NAYUTAWAVE RECORDSから発売された。

    概要[編集]

    2007年5月16日発売。作詞、作曲はGReeeeN本人が手掛けている。

    GReeeeN初となるラブソングということもあり、初回限定盤は「スペシャル・ギフト・パッケージ」として、CDジャケット自体がラブレターとして使える便箋と封筒付きの特別ジャケット仕様となっている。

    オリコン週間シングルチャートでは最高位2位、CD売上は30万枚[1]着うた着うたフルを合せたダウンロード数も525万件以上[2]を記録した。このダウンロード数は2007年デビューの新人としては最高記録である。また、着うたフルでは2007年7月度に史上初のダウンロード数100万件を達成[3][4]、同年8月14日には携帯音楽配信サイト『レコード会社直営♪』単独での100万件突破[5]という同サイト史上初の記録を達成した。

    本作は発売から約1年後にもオリコンチャートにランクインし、ロングセールスを記録した。このヒットをオリコンは「街鳴り、web、モバイルを活用してヒットにつなげる方法論によって、愛唄のヒットが生まれた」と分析している[6]

    『愛唄』には2つのプロモーションビデオがあり、1つはテリー伊藤の初監督作品で、俳優の岡本浩志と志保が出演したもの。テリー伊藤本人はプロモーションビデオ本編には出演していないが、後に1stアルバム『あっ、ども。はじめまして。』のTVスポットに出演している。もう1つは、ベストアルバム『いままでのA面、B面ですと!?』のTVスポット用に撮影されたものである(「愛唄 (エビ甲冑戦國活劇 Ver.)」)。

    タイトル曲「愛唄」は、前述のアルバム『あっ、ども。はじめまして』の他にコンピレーションアルバム『アイのうた』(2007年12月5日)にも収録された。

    収録曲[編集]

    全作詞・作曲・編曲:GReeeeN

    1. 愛唄 (3:56)
    2. UNITY (3:35)
    「愛唄」の調
    A-flat-major f-minor.svg変イ長調
    (A)
    「UNITY」の調
    D-major h-minor.svgニ長調
    (D)

    収録アルバム[編集]

    カバーしたアーティスト[編集]

    出典[編集]

    1. ^ ハード日程も気合!GReeeeNキバッた初連ドラ主題歌…TBS系「ROOKIES」スポーツ報知、2008年3月31日。
    2. ^ グリーン“学割CD”をリリーススポーツニッポン、2008年5月16日。
    3. ^ http://www.riaj.or.jp/data/others/chart/w070820_3.html
    4. ^ GReeeeNの『愛唄』、着うたフル100万ダウンロードを達成──音楽史上初、ITmedia、2007年8月3日
    5. ^ 驚異!! GReeeeN、「愛唄」の着うたフル(R)がレコ直♪だけで100万ダウンロード!、BARKS、2007年8月23日。
    6. ^ 「3rdシングルでブレイク」の方程式ORICON STYLE、2007年12月5日
    7. ^ “映画『ストロボ・エッジ』GReeeeNが選ぶ主題歌歌手が決定!4人組10代女子「whiteeeen」!”. シネマトゥデイ. (2014年12月11日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068952 2014年12月11日閲覧。 

    外部リンク[編集]