アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士
DJ OZMAシングル
初出アルバム『I ♥ PARTY PEOPLE
B面 BOYS BRAVO!
リリース
規格 シングル
ジャンル ポップ
時間
レーベル EMIミュージック・ジャパン
ゴールドディスク
  • 2ミリオン(着うた、日本レコード協会)
  • ミリオン(シングルトラック、日本レコード協会)
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • 2006年度年間41位(オリコン)
  • DJ OZMA シングル 年表
    アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士
    2006年
    純情 〜スンジョン〜
    (2006年)
    ミュージックビデオ
    「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」 - YouTube
    テンプレートを表示

    アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」(アゲ・アゲ・エブリ・ナイト)は、DJ OZMAの1枚目のシングル。

    概要[編集]

    • DJ OZMAのデビュー・シングル。オリコン初登場14位を記録し、ミュージックステーション出演後ロングヒットを記録し、その後オリコン4位を記録。綾小路セロニアス翔氣志團)のシングル「友人」と共に最高位に並んだ。自作曲ではなく、韓国の歌手のDJ DOCの「Run to you」(原曲はボニーM「Daddy Cool」)のカバー。日本語歌詞の一部は「Run to you」の空耳。振付は日本語版オリジナルに、DJ DOC版およびアレックス・トー(杜德偉)による中国語カバー「脫掉」の両方の要素を加えている。
    • 綾小路が足しげく通っていたショウパブのショウで「Run to you」が使われていたのがそもそものプロジェクトのきっかけ(PVにはそのパブの店員が出演している)。しかも、カップリング曲の「BOYS BRAVO!」は元々氣志團の楽曲で、作詞作曲は綾小路セロニアス翔である。DJ OZMAがテレフォンショッキングに出演した際、タモリはこの曲(+パフォーマンス)が好きだと話していた。
    • また、この曲を世に出すきっかけとしては「ある晩、BoAが夢枕に立ち『韓国と日本の架け橋になるのはお前だ!』と言われ、その翌日にはビビアン・スーが夢枕に立ち『台湾と日本の架け橋になるのはお前だ!』と言われた」と本人が語っている(しかしその直後、とっさに思いついた作り話と弁明している)。
    • 中日ドラゴンズ井端弘和選手が打席前選手登場曲で使用していた。
    • ベガルタ仙台ロペス選手の応援歌の原曲である。
    • 総合格闘家郷野聡寛はDJ GOZMAと名乗り入場曲にこの曲を使用しダンスも披露している。
    • この曲でNHK紅白歌合戦に初出演。この時のパフォーマンス(「脫掉」のラスト同様)が問題となり、結果、NHKへの出入りを禁止された。(詳しくはDJ OZMA#紅白騒動とその後を参照。)
    • なお、NHK紅白歌合戦出場後、2007年1月15日付オリコンチャートで、前週107位から65ランクもアップの42位にランクしている。(日刊スポーツ(1月9日付)[リンク切れ]
    • 初回盤にはアゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士のPVが収録されたDVD付。

    収録曲[編集]

    1. アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士
    2. BOYS BRAVO!
    3. アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士(インストゥルメンタル)
    4. BOYS BRAVO!(インストゥルメンタル)