YELL/じょいふる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
YELL/じょいふる
いきものがかりシングル
初出アルバム『ハジマリノウタ
リリース
規格 CDシングル
デジタル・ダウンロード
録音 2009年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル エピックレコードジャパン
作詞・作曲 水野良樹
ゴールドディスク
  • ゴールド(CD
  • ダブル・プラチナ(「YELL」、着うた
  • トリプル・プラチナ(「じょいふる」、着うた)
  • ミリオン(「YELL」、シングルトラック
  • トリプル・プラチナ(「じょいふる」、シングルトラック)
  • ダブル・プラチナ(「じょいふる」、着うたフル)
  • ゴールド(「じょいふる」、PC配信)
いずれも日本レコード協会認定
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2009年9月度月間12位(オリコン)
  • 2009年10月度月間11位(オリコン)
  • 2009年度年間66位(オリコン)
  • 2010年度年間149位(オリコン)
  • 登場回数45回(オリコン)
いきものがかり シングル 年表
ホタルノヒカリ
(2009年)
YELL/じょいふる
(2009年)
なくもんか
(2009年)
ハジマリノウタ 収録曲
1. ハジマリノウタ〜遠い空澄んで〜
2. 夢見台
3. じょいふる
4. YELL
5. なくもんか
   (後略)
いきものばかり〜メンバーズBEST
セレクション〜
Disc-2 収録曲
1. 気まぐれロマンティック
2. ブルーバード
3. じょいふる
4. 心の花を咲かせよう
5. YELL
6. キミがいる
   (後略)
バラー丼 収録曲
SAKURA
(5)
YELL
(6)
歩いていこう
-piano intro version-

(7)
NHK全国学校音楽コンクール
中学校の部課題曲 年表
手紙
2008年
YELL
(2009年)
I ♥ ×××
2010年
テンプレートを表示
みんなのうた
YELL(エール)
歌手 いきものがかり
作詞者 水野良樹
作曲者 水野良樹
編曲者 松任谷正隆
映像 アニメーション
初放送月 2009年8月-9月
再放送月 2010年2月
2012年8月-9月(ラジオのみ)
2014年12月27日2015年1月31日リクエスト
テンプレートを表示

YELL/じょいふる」(エール/じょいふる)は、いきものがかりの15作目のシングル2009年9月23日エピックレコードジャパンから発売された。

背景、制作、構成[編集]

YELL」は、NHK全国学校音楽コンクール中学校の部の課題曲として制作された。当初のNHKからのリクエストは元気なアップテンポの曲をとのことだった。しかし、作詞・作曲した水野良樹は、15歳の頃の深く思い悩んでいた自分を思い返し、アップテンポの曲とは別にもう1曲を制作。それがYELLで、最終的に課題曲に採用された[1]。合唱曲は鷹羽弘晃が編曲した。いきものがかりの曲としてリリースするにあたり、2番の歌詞の追加[2]や、調ト短調からニ短調[3]に変更されるなど大幅にアレンジされた。また、2番サビの後のCメロは水野と山下もボーカルに参加している。

じょいふる」は、江崎グリコの「ポッキーCMソングとして依頼され制作された。水野は2016年の著書で、制作当時、いきものがかりのイメージを「ぐらりと揺らすような楽曲」が書きたかったと振り返っている[4]。また、歌に思いを込めるのは作り手ではなく聞き手だという考えから、歌詞に意味を求めるのではなく、歌詞の音としての面白さに焦点を当てようとしたという[5]。「YELL」とは正反対の非常にポップな曲になり、水野は「すごく気負って書いた」、吉岡は「持ってこられたときにぶっ飛びました」とコメントしている[6]。調はホ短調[7]

リリース、パッケージ[編集]

2009年第3弾シングルで、前作「ホタルノヒカリ」から約2か月ぶりに発売された。2007年リリースの「夏空グラフィティ/青春ライン」以来9作品ぶりの両A面シングルである。初回仕様限定盤には特典として「いきものカード014・015」のどちらかと「“いきものがかりが「YELL」を贈りに行きます!”ご購入者応募抽選ハガキ」が封入されている。

後に水野はアルバム『ハジマリノウタ』リリース時のインタビューで「この2曲を共存させられたことが不思議だった」と語っているほか[8]、「まったく対照的な2曲を歌いきった吉岡の声のすごさを改めて評価している」とも語っている[9]

ミュージックビデオ[編集]

両曲とも、PV神奈川県厚木市の中学校で二日連続で撮影された[10]。「YELL」では屋上で生徒たちに囲まれたメンバーが演奏するシーンや、生徒たちが将来へのメッセージを書いたボードを持つシーンなどが登場する。「じょいふる」のPVはメンバーが文化祭に乱入して演奏するというもので、サビでは吉岡が生徒たちとともにダンスを披露している。

チャート成績[編集]

2009年9月23日付のオリコンデイリーシングルチャートでシングルでは自身初の1位を獲得、週間シングルチャートでも自己最高順位となる2位を記録し、初動・累計売上ともに従来の最高であった「ブルーバード」を上回った。累計売上はシングルでは初めて10万枚を突破、現在は「ありがとう」に次ぐ売上を記録している。

批評[編集]

このシングルがヒットしたことで、いきものがかりは『ベストヒット歌謡祭2009』のゴールドアーティスト賞を受賞。さらに「YELL」が『第42回日本有線大賞』で有線音楽優秀賞を、『第51回日本レコード大賞』で優秀作品賞をそれぞれ受賞した。

受容[編集]

「YELL」は、歌詞の内容から「SAKURA」「ありがとう」「歩いていこう」などと同様に卒業ソングとして卒業式や卒業生を送る会で使われる曲としても知られており、オリコン調査の「卒業ソングランキング」で2010年は10位[11]、2011年は6位[12]、2012年は2位にそれぞれランクインした[13]

また「YELL」は、ベストアルバム『いきものばかり〜メンバーズBESTセレクション〜』の発売日である2010年11月3日より小田急小田原線本厚木駅にて接近メロディとして使用されている[14][15]

「じょいふる」は、BEMANIシリーズのpop'n musicjubeatREFLEC BEATguitarfreaks及びdrum mania、また太鼓の達人maimaiミュージックガンガンなどに収録されており、同アーティストによる楽曲では最も音楽体感ゲーム(通称、音ゲー)での採用が多い(機種によっては、歌唱カバーとなっている)。

ライブ・パフォーマンス[編集]

第60回NHK紅白歌合戦では千葉県松戸市立第一中学校と埼玉県春日部市立豊春中学校の合唱部・混声合唱団と一緒に「YELL」を合唱した[16]。また、2011年8月13日放送の『第43回思い出のメロディー』では当日ファンクラブ限定ライブを開催していたZepp Sendaiから中継で出演し「YELL」を演奏した。

メディアでの使用[編集]

「YELL」は、NHKみんなのうた』2009年8-9月度使用曲、2009年度NHK全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲。「じょいふる」は、江崎グリコポッキーCMソングとして使用。

シングル収録曲[編集]

  1. YELL (5:55)
  2. じょいふる (3:15)
  3. YELL -instrumental-
  4. じょいふる -instrumental-

収録アルバム[編集]

2曲ともライブツアー「いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2010 全国あんぎゃー!! 〜ハジマリノウタ〜」より、2010年9月に開催した日本武道館公演のライブ音源が収録されている。

カバー[編集]

YELL
  • クリス・ハート(2014年6月25日発売のカバー・アルバム『Heart Song II』収録)
  • シンディ・ワン (2011年 アルバム「黏黏黏黏」内でカバー。タイトルは『下一頁的我』。)
じょいふる

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 水野良樹『いきものがたり』小学館、2016年、328-332頁。
  2. ^ 合唱用は2番Aメロの後にCメロに入るため、2番のBメロとサビが存在しない
  3. ^ YELL(いきものがかり) / コード譜 / ギター - J-Total Music!”. Jトータルミュージック. 2016年8月27日閲覧。
  4. ^ 水野良樹『いきものがたり』小学館、2016年、337頁。
  5. ^ 水野良樹『いきものがたり』小学館、2016年、337-338頁。
  6. ^ いきものがかり 『ハジマリノウタ』 - いきものがかりの音楽=良い曲、王道。 - hotexpress・2009年12月23日
  7. ^ じょいふる(いきものがかり) / コード譜 / ギター - J-Total Music!”. Jトータルミュージック. 2016年8月27日閲覧。
  8. ^ いきものがかり 『ハジマリノウタ』 - 吉岡聖恵、その声の魅力と個性。 - hotexpress・2009年12月23日
  9. ^ 「求められる歌」が原点… いきものがかり 「ハジマリノウタ」を発売 - 朝日新聞・2009年12月25日
  10. ^ 水野良樹『いきものがたり』小学館、2016年、340頁。
  11. ^ 卒業ソング特集『2010年決定版!みんなで歌いたい定番の卒業ソングは?!』 - オリコン・2010年3月3日
  12. ^ 卒業ソング特集『別れ、旅立ち……卒業シーズンに欠かせない!卒業ソングランキング2011』 - オリコン・2011年3月9日
  13. ^ 2012年“卒業ソング”ランキング、合唱曲「旅立ちの日に」が初首位 - オリコン・2012年3月8日
  14. ^ 「海老名駅」「本厚木駅」のホームに列車が接近する際に「いきものがかり」の楽曲が流れます!! - 小田急電鉄・2010年10月26日
  15. ^ 台湾のアーティストシンディ・ワンが『下一頁的我』というタイトルで、中国語カバーをしている。
  16. ^ 中学生と一緒に合唱するという演出の関係で、出演順は全体の6番目と出場した中では最も出番が早かった(2011年現在)。

外部リンク[編集]