山下穂尊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山下 穂尊
生誕 (1982-08-27) 1982年8月27日(35歳)
日本の旗 日本 神奈川県厚木市
出身地 日本の旗 日本 神奈川県海老名市
学歴 法政大学社会学部卒業
ジャンル J-POP
職業 ギタリスト
ハーモニカ奏者
作詞家
作曲家
担当楽器 ギター
ハーモニカ
コーラス
活動期間 1999年 -
共同作業者 いきものがかり
公式サイト いきものがかり official web site
ゆず
CHAGE and ASKA
野田洋次郎(RADWIMPS[1]

山下 穂尊(やました ほたか、1982年8月27日 - )は、日本ミュージシャン作詞家作曲家ギタリストいきものがかりギター(主にアコースティック・ギター)、ハーモニカを担当している。神奈川県海老名市出身。神奈川県立厚木高等学校、一浪を経て法政大学社会学部卒業。

人物[編集]

来歴[編集]

生まれは神奈川県厚木市、出身は海老名市で、メンバーのなかで唯一生まれも育ちも神奈川である[2]

名前の由来は、穂高岳武尊山から。 よく「ほそん」と読み間違えられていた。

小学3年生の頃からピアノを習っていた。ギターは中学時代に通っていた塾の講師に教えてもらったのが始めるきっかけとなっており、最初に弾けるようになった曲は「心の旅」(チューリップ)である[3]

水野良樹とは高校まで同じ学校に在籍していたが、同じクラスになったのは小学1年生時と中学1年生時だけ(中学1年生時に同じクラスであったことは両者ともに覚えていなかった[4])で高校入学まであまり接点がなかったが、高校生になって同じ中学出身で実家が近かったこと、2人とも部活動に参加していなかったことから一時的に一緒に帰宅するようになる[5]。その頃はデビューしたばかりのゆずが注目された影響で路上ライブが流行っていたこともあり、ゆずにはまった山下が水野に話を持ちかける形でいきものがかりを結成した[6][7]。結成後に加入した吉岡聖恵は2人の同級生の妹である。

音楽活動[編集]

  • 主にカップリング曲アルバム収録曲の作詞・作曲を担当しており、「Happy Smile Again」「赤いかさ」やカバー曲、ライブ音源を除くすべてのカップリング曲の作詞・作曲は山下によるものである[8]
    • 楽曲は水野とは対照的に短い時間(30分前後)で出来ることが多いが、これについて本人は「最初に出てきたフレーズを優先するのがこだわり[9]」「短時間で作った曲が評価されて長時間かけて作った曲が評価されないことがあるので、努力とは一体何なんだろうと思うことがある[10]」と語っている。
    • 曲作りを始めたのは高校2年生の時で、水野が曲を作っているのをみて「自分でも作れるのではないか」と思ったのがきっかけである。初めて作った曲を水野に見せたところ「もっといいものが作れる」と突き返されたが、その次に作った曲「地球」は水野に「相当焦りを感じた」と言わしめるほどの完成度だったという[11]
  • ライブでは基本的にエレクトリック・ギターを演奏することはなく、ハーモニカを演奏する関係でステージを動き回る吉岡や水野に比べると定位置から動くことは比較的少ない。

その他[編集]

  • 読書家で、移動や待ち時間などは基本的に読書をして過ごしている[12]
  • 初めて行ったライブは水野が高校時代に組んでいたバンド『Groovy★Jack』である[2]
  • 大学時代はアジアや中南米方面へたびたび海外旅行に行っており、現地のパソコンが日本語に対応していないため英文で書かれたメールで居場所を水野に教えていたという[5]。吉岡のスランプで活動休止していた頃もバックパッカーとして海外旅行をしており、帰国後に水野に内緒で吉岡を説得したところ、吉岡が1日であっさり立ち直り活動が再開された[13]。水野に伏せて吉岡を説得したのは、水野が説得する度に吉岡とぶつかり合いになっており、それを避けてちゃんと話し合いをしようという山下の考えからである。なお、そのとき水野は自動車免許を取りに山形の教習所にいた[14]
  • かなりの酒豪であり、ライブツアー中であっても訪れた街でバーなどを探し回ることがあるという[15]シドの明希とは飲み仲間である(明希のブログより)ほか、現在も暇さえあれば帰省して地元の友達と酒を飲み明かしており、その中には吉岡が高校時代に付き合っていた元彼氏もいる[16]。酒が入ると上機嫌になるらしく、それが原因で自宅のプラズマテレビを叩いて壊してしまったことがあるという[17]
  • かつては実家で「ひっぽ」という犬を飼っていた(インディーズ時代のアルバムに写真が載っている)。
  • ファッションセンスが良いらしく、デビュー初期はたいてい自前の衣装でテレビや雑誌に登場していた[18]。ほかにも左手の爪を染めていたり、デビュー時から黒髪の水野とは対照的に髪の色を頻繁に変えたりしている。

メディア出演[編集]

本節では山下単独での出演について記載する。いきものがかりでの出演はこちらを参照。

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • いきものがかり・山下穂尊の上手投げ!!!ラジオ(FMヨコハマ、2016年10月1日 - )[20]

脚注[編集]

  1. ^ いきものがかり スペシャルコンテンツ 3/3 - ナタリー・2008年12月26日
  2. ^ a b 「いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 全国あんぎゃー!! 〜ハジマリノウタ〜」のツアー・パンフレットより
  3. ^ 総力特集 Vol.8 いきものがかり - 音楽的価値観 山下穂尊 01 - Excite Music・2007年2月20日
  4. ^ 「いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2010 〜なんでもアリーナ!!!〜」のツアー・パンフレットより
  5. ^ a b よっちゃんのつぶやき76 - いきものがかり「よっちゃんのつぶやき」・2007-11-20
  6. ^ 総力特集 Vol.8 いきものがかり - 音楽的価値観 山下穂尊 02 - Excite Music・2007年2月20日
  7. ^ いきものがかり インタビュー - hotexpress・2008年2月13日
  8. ^ ホットミルク」の歌詞は水野との共作である。
  9. ^ NHK総合トップランナー』(2008年2月23日放送分)より。
  10. ^ 日本テレビ系『ZIP!』(2012年3月7日放送分)より。
  11. ^ 水野良樹 (mizunoyoshiki) on Twitter 2012年1月18日のツイート
  12. ^ 『イキスポ』(2011年7月に開催した横浜スタジアム公演のパンフレット)より。
  13. ^ 総力特集 Vol.8 いきものがかり - HISTORY(2002年) - Excite Music・2007年2月20日
  14. ^ 日本テレビ音楽戦士 MUSIC FIGHTER』(2008年2月22日放送分)における水野の発言より。
  15. ^ いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2010 ツアー・ドキュメント・ブック『いきものめぐり』より
  16. ^ いきものがかり、Vo.吉岡聖恵の高校時代をメンバーが暴露!? - オリコン・2008年2月15日
  17. ^ いきものがかりのgarden★party』より
  18. ^ 水野良樹 (mizunoyoshiki) on Twitter 2012年1月18日のツイート
  19. ^ レディビアードが洋楽情報をお届け!「ミュートマ2」出演者決定”. ウォーカープラス (2017年3月24日). 2017年4月8日閲覧。
  20. ^ いきもの山下穂尊、Fヨコで人生初レギュラー「地元局ならではのコアな話も」”. オリコン (2016年9月28日). 2017年4月8日閲覧。