雪の華 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雪の華
中島美嘉シングル
初出アルバム『LØVE
リリース
規格 シングル
デジタル・ダウンロード
ジャンル J-POP
時間
レーベル ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 2003年10月度月間6位(オリコン)
  • 2003年11月度月間8位(オリコン)
  • 2003年度年間53位(オリコン)
  • 中島美嘉 シングル 年表
    FIND THE WAY
    2003年
    雪の華
    (2003年)
    SEVEN
    2004年
    ミュージックビデオ
    「雪の華」 - YouTube
    テンプレートを表示

    雪の華」(ゆきのはな)は、2003年10月1日に発売された中島美嘉の10枚目のシングル。中島自身が出演した明治製菓(現・明治)「boda」「galbo」のCMソングであり、第45回日本レコード大賞で本作は金賞を受賞し、作詞のSatomiは作詩賞を受賞した。

    本楽曲をモチーフに恋愛映画として実写映画化され、2019年2月に公開された[1]

    概要[編集]

    NHKの『NHK紅白歌合戦』では、2003年第54回、2005年第56回と2回歌唱されている。2005年第56回NHK紅白歌合戦の出場者選考の参考アンケートとしてNHKが実施した『スキウタ〜紅白みんなでアンケート〜』に紅組9位でランクインしている。また、発売以降、毎年『冬うた名曲ランキング』など各冬うたランキングに選ばれる曲となった。

    中島のリクエストによって、プロモーションビデオは摂氏0度以下のスタジオで撮った。

    韓国では、多くのアーティストがカバーするために中島側に許可を求めたが、本人が直接聴いた結果、シンガーソングライターのパク・ヒョシンに決定。そして、KBS第2テレビのドラマ『ごめん、愛してる』の主題歌として披露され、大ヒットを記録した。また、2008年10月29日に発売されたコンピレーション・アルバム.LOVE』にも収録されている。他にも徳永英明森山良子Boyz II Menなど多くの歌手がカバー版を発表している。

    2015年のFNS歌謡祭にて、河村隆一とともにこの曲を披露している。

    2016年、TVアニメ『ReLIFE』第8話のエンディングテーマに起用された。

    2016年10月度の日本レコード協会リリースにおいて、フル配信でのミリオン到達が認定された。本作の配信開始から13年0か月かかっており、中島みゆき「」(所要15年10か月で到達)に抜かれるまでは史上最長記録であった。

    「雪の華」のリリースから15周年を迎えた2018年10月1日より発売15周年記念した15の企画がスタートし、中島のオフィシャルサイト内に「雪の華」15周年企画の特設ページを開設[2]。10月1日に、高宮紀徹が率いる「Reggae Disco Rockers」によるリミックス「雪の華」Reggae Disco Rockers 2018 Relaxin’mixが先行配信リリース[3]、10月10日には12inchアナログ盤が数量限定で再リリース[4]、11月7日には一発録りで再録したアコースティック版を収録したカバーアルバム『PORTRAIT 〜Piano&Voice〜』が発売された[5]。2019年1月30日には15周年を記念した企画ベストアルバム『雪の華15周年記念ベスト盤「BIBLE」』の発売が[6]、また2月1日には本楽曲をモチーフとして製作され、本楽曲が主題歌となる映画『雪の華』が公開された[1]

    収録曲[編集]

    1. 雪の華
    2. 雪の華(Acoustic)
    3. 雪の華(REGGAE DISCO ROCKERS FLOWER’S MIX)
    4. 雪の華(Instrumental)

    収録アルバム[編集]

    カバー[編集]

    日本のアーティスト[編集]

    日本国外のアーティスト[編集]

    映画[編集]

    『雪の華』は2019年公開の日本映画。楽曲をモチーフに恋愛映画として登坂広臣三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)と中条あやみのダブル主演で実写映画化され、2019年2月1日に公開された[1][8]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ a b c “中島美嘉「雪の華」が実写映画化、主演は三代目JSB登坂広臣&中条あやみ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年6月28日). https://natalie.mu/music/news/288718 2018年12月7日閲覧。 
    2. ^ “中島美嘉の人気バラード「雪の華」発売15周年企画スタート”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年10月1日). https://natalie.mu/music/news/301968 2018年12月7日閲覧。 
    3. ^ 中島美嘉「雪の華」Reggae Disco Rockers 2018 Relaxin’mix 配信”. Musicman-net (2018年10月11日). 2019年2月9日閲覧。
    4. ^ “中島美嘉「雪の華」アナログ盤、15周年を記念し数量限定で再リリース”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年8月15日). https://natalie.mu/music/news/295511 2018年12月7日閲覧。 
    5. ^ a b “中島美嘉「雪の華」を一発録りで再レコーディング、Piano&Voiceシリーズ第2弾発売”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年9月27日). https://natalie.mu/music/news/301369 2018年12月7日閲覧。 
    6. ^ a b “中島美嘉「雪の華」15周年記念の企画ベストに44曲「心が元気になって貰えたら」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年11月29日). https://natalie.mu/music/news/309955 2018年12月7日閲覧。 
    7. ^ 中島美嘉トリビュート盤にHYDE、グループ魂、鬼束ちひろら”. 音楽ナタリー (2016年1月21日). 2016年1月21日閲覧。
    8. ^ 中島美嘉「雪の華」が映画に!登坂広臣と中条あやみがW主演”. シネマトゥデイ (2018年6月28日). 2018年6月28日閲覧。

    外部リンク[編集]