歌姫4 -My Eggs Benedict-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中森明菜 > 中森明菜の作品 > 歌姫4 -My Eggs Benedict-
歌姫4 -My Eggs Benedict-
中森明菜カバー・アルバム
リリース
録音 2014年秋
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル ラブソングJ-POP
時間
レーベル ユニバーサルJ
プロデュース 鳥山雄司
チャート最高順位
  • 週間5位(オリコン
  • 2015年1月度月間23位(オリコン)
  • 2015年2月度月間50位(オリコン)
中森明菜 アルバム 年表
オールタイム・ベスト -オリジナル-

オールタイム・ベスト -歌姫(カヴァー)-
(2014年)
歌姫4 -My Eggs Benedict-
(2015年)
FIXER
(2015年)
テンプレートを表示

歌姫4 -My Eggs Benedict-』(うたひめフォー マイ・エッグス・ベネディクト)は、日本歌手中森明菜カバー・アルバム。このアルバムは2015年1月28日にユニバーサルJよりリリースされた(CD: UPCH-2017 , CD+DVD: UPCH-9988)。

背景[編集]

『歌姫4 -My Eggs Benedict-』は、『歌姫』『-ZEROalbum- 歌姫2』『歌姫3 〜終幕』に続く、カバーアルバム「歌姫シリーズ」の第4弾で、中森のカバー・アルバムとしては通算11作目にあたる[1]。このアルバムは2015年1月28日に通常盤(CD: UPCH-2017)、初回限定盤(CD+DVD: UPCH-9988)の2形態で同時発売された。なお、配信はCD発売前の2015年1月10日から開始された[2]。このアルバムのタイトルは「アルバムを食べ物で表現するなら、対の盛り合わせがとても愛らしいエッグベネディクト」という中森本人のアイデアを反映させたもので[3]、本作のディスクジャケットには中森が自身で盛りつけを担当したというエッグベネディクトの写真が使われた[4]。本作の基本的なコンセプトは"ラブソング"であり、1970年代の後半から2000年代に発表された曲の中から中森が心に残っているという曲を自身も加わって選曲され、このラインナップとなった。中でもEXILEの「Lovers Again」は収録曲の中で最も気に入っているという[3]。本作の制作は2014年秋にロサンゼルスニューヨークを拠点に行われ、2015年1月9日に放送された「SONGSスペシャル 中森明菜 歌姫復活」では本作から「スタンダード・ナンバー」「長い間」の2曲を披露している。

批評[編集]

『CDジャーナル』は本作について、「原曲の素晴らしさに引けを取らない、明菜ならではの歌心が響きわたるラヴ・ソング集となっている」と批評した[5]

チャート成績[編集]

このアルバムは初週約1.5万枚を売り上げ、2015年2月9日付のオリコン週間アルバムチャートに最高順位となる5位で初登場した。これにより『歌姫』(1994年4月11日付)と並び自身のカバー・アルバムでの最高順位タイ記録となった[6]。同チャートには計11週に亘ってランクインしている[7]

収録曲[編集]

#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「スタンダード・ナンバー」(南佳孝のカバー曲)松本隆南佳孝鳥山雄司
2.真夜中のドア〜Stay With Me(松原みきのカバー曲)三浦徳子林哲司森村献
3.Lovers Again(EXILEのカバー曲)Kiyoshi MatsuoJin Nakamura鳥山雄司
4.長い間(Kiroroのカバー曲)玉城千春玉城千春溝口肇
5.ハナミズキ(一青窈のカバー曲)一青窈マシコタツロウ鳥山雄司
6.愛のうた(倖田來未のカバー曲)Kumi KodaKosuke Morimoto鳥山雄司
7.fragile(Every Little Thingのカバー曲)持田香織菊池一仁鳥山雄司
8.接吻(ORIGINAL LOVEのカバー曲)田島貴男田島貴男鳥山雄司, 竹上良成
9.そして僕は途方に暮れる(大沢誉志幸のカバー曲)銀色夏生大沢誉志幸鳥山雄司
10.やさしいキスをして(DREAMS COME TRUEのカバー曲)吉田美和中村正人鳥山雄司
11.雪の華(中島美嘉のカバー曲)Satomi松本良喜鳥山雄司, 三宅一徳
合計時間:
DVD
#タイトル作詞作曲・編曲備考
1.「歌姫4 メイキング映像」  初回限定盤のみ

参照[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]