Unfixable

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
unfixable
中森明菜シングル
初出アルバム『FIXER
B面 雨月
リリース
規格 12cmCD
録音 2015年
STUDIO AT THE PALMS[1]
ジャンル J-POP
時間
レーベル ユニバーサルJ
作詞・作曲 Hilde Wahl
Anita Lipsky
Tommy Berre
Marietta Constantinou
チャート最高順位
中森明菜 シングル 年表
Rojo -Tierra-
(2015年)
unfixable
(2015年)
FIXER -WHILE THE WOMEN ARE SLEEPING-
(2016年)
FIXER 収録曲
Endless Life
(3)
unfixable
(4)
La Vida
(5)
テンプレートを表示

unfixable」(アンフィクサブル)は、日本歌手中森明菜の楽曲。この楽曲は彼女の50枚目のシングルとして、2015年9月30日にユニバーサルJよりリリースされた (12cmCD: UPCH-5853 , 12cmCD+DVD: UPCH-7048)。

背景[編集]

「unfixable」は、2015年1月にリリースされた「Rojo -Tierra-」に続く楽曲で、2015年12月30日発売のスタジオ・アルバムFIXER』からの先行シングルとして、2015年9月30日に通常盤(12cmCD: UPCH-5853)、初回限定盤(12cmCD+DVD: UPCH-7048)、デジタル・ダウンロード配信の3形態で同時発売された。タイトルの「unfixable」は英語で「再生不能」の意味を持つ[2]。この楽曲は海外在住の4人の作家によって共同制作された全編英語歌詞のナンバーで、中森が全編英語詞の楽曲を発表するのは、『Cross My Palm』(1987年)以来28年振りとなる。カップリングの「雨月」は日本語歌詞であり、こちらは中森の活動休止中の心情を歌詞に込めた作品となった。中森は「雨月」について、「自分ではどうにもならない苛立ち、焦り…。でも、それを乗り越えようと頑張っていたら、少しずつ一筋の光が見えてくる…」とのコメントを発表し、自身でもこの曲を改めて聴くと涙が出てくるという[3]
中森は企画段階から本作の制作に参加しており、シングル候補曲として数曲を録音した中から、中森本人によって本曲が選ばれたという[2]。リリース当時、中森が本作のプロモーションを兼ねて音楽番組に出演することは無かったが、リリース直前の2015年9月25日放送のラジオ番組「吉田照美 飛べ!サルバドール」(文化放送)で本曲がオンエアされている[4]

批評[編集]

J-POPに詳しい音楽関係者は本作について、「バラードは歌姫・明菜の真骨頂と言えますが、ポップス系歌手の曲タイトルとしては異例でしょう。しかも、明菜の新曲だけにインパクトという以上に衝撃的」とコメントし[5]、『CDジャーナル』は本作について「タイトル曲は自身初となる全編英語詞となっており、"中森明菜の苦悩の日々"を歌った一曲となっている。タイトル曲、カップリング曲とともに彼女の内面に迫った世界観となっている」と批評した[6]

チャート成績[編集]

この楽曲は初週約0.5万枚を売り上げ、2015年10月12日付のオリコン週間シングルチャートに最高順位となる20位で初登場した[7]。同チャートには計5週に亘ってランクインしている[8]。配信部門ではレコチョクアルバム週間ランキング(9月30日〜10月6日)で3位を獲得した[9]

収録曲[編集]

#タイトル作詞作曲時間
1.「unfixable」Hilde Wahl, Anita Lipsky, Tommy Berre, Marietta ConstantinouHilde Wahl, Anita Lipsky, Tommy Berre, Marietta Constantinou
2.「雨月」新屋豊新屋豊
3.「unfixable (Instrumental)」  
4.「雨月 (Instrumental)」  
合計時間:
DVD
#タイトル作詞作曲・編曲備考
1.「unfixable イメージ映像」  初回限定盤のみ

参照[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]