NEW AKINA エトランゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NEW AKINA エトランゼ
中森明菜スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
時間
レーベル リプリーズ・レコード/
ワーナー・パイオニア
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • 第25回日本レコード大賞(83アルバム・ベスト10)[3]
  • 中森明菜 アルバム 年表
    ファンタジー〈幻想曲〉
    (1983年)
    NEW AKINA エトランゼ
    (1983年)
    BEST AKINA メモワール
    (1983年)
    テンプレートを表示

    NEW AKINA エトランゼ』(ニュー・アキナ エトランゼ)は、日本歌手中森明菜の4枚目のスタジオ・アルバム。このアルバムは1983年8月10日にワーナー・パイオニア(現:ワーナーミュージック・ジャパン)よりリリースされた (LP: L-12580, CT: LKF-8080)。

    背景[編集]

    『NEW AKINA エトランゼ』は、1983年発表の2枚目となる通算4作目のスタジオ・アルバムで、前スタジオ・アルバム『ファンタジー〈幻想曲〉』からおよそ5か月ぶりの1983年8月10日に、LP (L-12580)とCT (LKF-8080)の2形態で同時発売された[4][5][2]

    同年9月28日にはCD (35XL-15)でも発売された。さらに同年11月30日には、スーパーディスクLP (SDM-15010)でも発売された。このアルバムの帯コピーは、「ヨーロッパ・レコーディング、撮影、そして新しい作家との出逢い。明菜2年目の歴史がここから始まる。」であった[6]。新たな作家陣には、阿木燿子財津和夫谷村新司細野晴臣横浜銀蝿を迎えた[6][7][8][9]

    本作はシングル楽曲が未収録となっている[10][11]

    このアルバムのディレクターは、過去3枚のスタジオ・アルバムに引き続いて島田雄三が担当した[6][7][8][9]ヨーロッパでレコーディングされたこのアルバムについて、「アーティスト的志向が出てきた」と解説されている[12][5]

    本作を引っ提げての全国コンサート・ツアーRAINBOW SHOWERが開催され、本作発売前の1983年7月23日より行われた[6][13]

    本作リリース後の1983年10月12日には、ヨーロッパで収録された本作のミュージック・ビデオNEW AKINA エトランゼ 中森明菜 in ヨーロッパ』がリリースされた[14][15]。後に、本作収録の3曲目である「少しだけスキャンダル」が、1984年9月7日から10月26日にかけて放送された日本テレビ連続テレビドラマ『瑠璃色ゼネレーション』の主題歌に起用された[16][5]

    批評[編集]

    週刊シネママガジンの澤田英繁は本作について、「新生明菜異邦人」と表現し、中森の名前がタイトルに付されただけのことはある「自信に満ちた堂々たる作品」とコメントしている[10]。またCDジャーナルは、「エポックメイクな一枚」とコメントした[17]

    評価[編集]

    『NEW AKINA エトランゼ』は、オリコン週間LPチャートの1983年8月22日付で初登場し、最高順位1位を記録した[15][2]。以降、翌週の1983年8月29日付まで2週連続となる1位を獲得した[2]。同チャートの100位以内においては、計16週に渡ってランクインしている[2]。またカセット盤もオリコンの週間カセットチャートで最高順位1位を記録し、同チャートの100位以内には計19週に渡りランクインした[2]。1983年度の年間アルバムチャートでは、10位を記録した。更にこのアルバムは、1983年に行われた第25回日本レコード大賞にて、83アルバム・ベスト10を受賞した[3]

    収録曲[編集]

    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「さよならね」来生えつこ来生たかお萩田光雄
    2.「ヴィーナス誕生」阿木燿子財津和夫萩田光雄
    3.「少しだけスキャンダル」横浜銀蝿・萩田光雄
    4.「感傷紀行」谷村新司谷村新司萩田光雄
    5.「ルネサンス―優しさで変えて―」売野雅勇細野晴臣萩田光雄
    6.「モナムール(グラスに半分の黄昏)」売野雅勇細野晴臣細野晴臣
    7.「ストライプ」来生えつこ来生たかお萩田光雄
    8.「わくらば色のラヴ・ソングTAKUTAKU横浜銀蝿・萩田光雄
    9.「時にはアンニュイ」阿木燿子財津和夫萩田光雄
    10.「覚悟の秋」谷村新司谷村新司萩田光雄
    合計時間:

    クレジット[編集]

    『NEW AKINA エトランゼ』のライナー・ノーツより[6]

    参加ミュージシャン[編集]

    • 「さよならね」
      • ドラムス - 渡嘉敷祐一
      • ベース - 岡沢章
      • エレクトリック・ギター - 今剛、吉野藤丸
      • アコースティック・ギター - 吉川忠英
      • キーボード - 山田秀俊
      • パーカッション - 石井宏太郎
      • ストリングス - 多アンサンブル
    • 「ヴィーナス誕生」
      • ドラムス - 島村英二
      • ベース - 長岡道夫
      • エレクトリック・ギター - 矢島賢
      • キーボード - 山田秀俊
      • パーカッション - 鳴島英治
      • ストリングス - 多アンサンブル
      • ハープ - 山川恵子
      • バックヴォーカル - コーポレイション・スリー、バズ
    • 「少しだけスキャンダル」
      • ドラムス、ベース、ギター、ピアノ - 横浜銀蝿、牧田バンド
      • エレクトリック・ギター - 矢島賢
      • キーボード - 山田秀俊
      • パーカッション - 菅原裕紀
      • トランペット - 数原晋、吉田憲治
      • トロンボーン - 新井英治、岡田澄雄
    • 「感傷紀行」
      • ドラムス - 岡本敦男
      • ベース - 渡辺直樹
      • エレクトリック・ギター - 矢島賢
      • アコースティック・ギター - 谷康一
      • キーボード - 山田秀俊
      • パーカッション - 鳴島英治
      • ストリングス - 多アンサンブル
    • 「ルネサンス -優しさで変えて-」
      • ドラムス - 山木秀夫
      • ベース - 高水健司
      • エレクトリック・ギター - 北島健二、矢島賢
      • アコースティック・ギター - 谷康一
      • キーボード - 富樫春生、倉田信雄
      • パーカッション - 鳴島英治
      • ストリングス - 多アンサンブル
      • バックヴォーカル - イブ
    • 「モナムール(グラスに半分の黄昏)」
      • エレクトリック・ベース - 細野晴臣
      • PROPHET -5, LINN DRUMS PROGRAMMING - 細野晴臣
    • 「ストライプ」
      • ドラムス - 島村英二
      • ベース - 長岡道夫
      • エレクトリック・ギター - 矢島賢
      • アコースティック・ギター - 谷康一
      • キーボード - 山田秀俊
      • パーカッション - 鳴島英治
      • ストリングス - 多アンサンブル
    • 「わくらば色の風(ラヴ・ソング)」
      • ドラムス、ベース、ギター、ピアノ - 横浜銀蝿、牧田バンド
      • エレクトリック・ギター - 矢島賢
      • キーボード - 山田秀俊
      • ストリングス - 多アンサンブル
      • バックヴォーカル - 新倉芳美、山根宮子、高橋香代子
    • 「時にはアンニュイ」
      • ドラムス - 滝本季延
      • ベース - 杉本和弥
      • エレクトリック・ギター - 矢島賢、高島政晴
      • アコースティック・ギター - 安田裕美
      • キーボード - 山田秀俊
      • パーカッション - 鳴島英治
      • トランペット - 数原晋
      • トロンボーン - 新井英治
      • テノール・サキソフォン - ジェイク・コンセプション
    • 「覚悟の秋」
      • ドラムス - 岡本敦男
      • ベース - 渡辺直樹
      • エレクトリック・ギター - 矢島賢
      • アコースティック・ギター - 谷康一
      • キーボード - 山田秀俊
      • パーカッション - 鳴島英治
      • ストリングス - 多アンサンブル

    スタッフ[編集]

    • ディレクター: 島田雄三
    • ミキサー: 菊池功
    • アシスタント・ミキサー: 草柳俊一
    • フォトグラファー: 渡辺達生
    • スタイリスト: 高橋まりい
    • デザイナー: 持田恭男
    • プロモーター: 田中良明
    • セールス・プロモーター: 畠山政行
    • クリエイティヴ・サーヴィス: 松林天平
    • マネージャー: 茅根浩康(研音)、名幸房則(研音)、柳沢秀昭(研音)、森山みどり(研音)
    • 原盤ディレクター: 北村篤識(日本テレビ音楽)
    • Special thanks to Le Chateau d'HEROUVILLE!

    再発盤[編集]

    • 1985年7月10日 - CD: 32XL-95(廉価盤、色分けビニール帯)[18]
    • 1991年6月17日 - CD: WPCL-413(廉価盤、紙帯)[19]
    • 1996年4月25日 - CD: WPC6-8185(音泉1500シリーズ、Q盤[20]
    • 2006年6月21日 - CD: WPCL-10279(紙ジャケット仕様完全生産限定盤)、デジタル・ダウンロード[12][1]
    • 2006年7月5日 - デジタル・ダウンロード[21]
    • 2012年8月22日 - SACD: WPCL-11137(紙ジャケット仕様完全生産限定盤)[17]
    • 2014年1月29日 - CD: WPCL-11725(廉価盤、赤帯)

    参照[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ a b iTunes - ミュージック - 中森明菜「New Akina - ETRANSE (24bit Digital Remastering)」”. アップル. 2012年11月24日閲覧。
    2. ^ a b c d e f 『ALBUM CHART-BOOK COMPLETE EDITION 1970 〜 2005』オリコン・マーケティング・プロモーション、2006年4月25日、3、455-457、881頁。ISBN 4871310779
    3. ^ a b 第25回日本レコード大賞”. 日本作曲家協会. 2011年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月5日閲覧。
    4. ^ 中森明菜オフィシャルサイト » Album”. Nakamoriakina.com. 2012年3月3日閲覧。
    5. ^ a b c 中森明菜 「NEW AKINA エトランゼ AKINA NAKAMORI 4TH ALBUM」|Warner Music Japan”. ワーナーミュージック・ジャパン. 2012年3月4日閲覧。
    6. ^ a b c d e (1983年8月10日) 中森明菜『NEW AKINA エトランゼ』のアルバム・ノーツ [LP]. ワーナー・パイオニア (L-12580).
    7. ^ a b (1983年3月23日) 中森明菜『ファンタジー〈幻想曲〉』のアルバム・ノーツ [LP]. ワーナー・パイオニア (L-12570).
    8. ^ a b (1982年10月27日) 中森明菜『バリエーション〈変奏曲〉』のアルバム・ノーツ [LP]. ワーナー・パイオニア (L-12550).
    9. ^ a b (1982年7月1日) 中森明菜『プロローグ〈序幕〉』のアルバム・ノーツ [LP]. ワーナー・パイオニア (L-12531).
    10. ^ a b 澤田英繁 (2012年6月18日). “中森明菜 SACDボックスセット発売決定”. 週刊シネママガジン. 2013年7月19日閲覧。
    11. ^ 馬飼野元宏『Hotwax presents 歌謡曲 名曲名盤ガイド 1980's』シンコーミュージック・エンタテイメント、2006年7月20日、220-222頁。ISBN 440175106X
    12. ^ a b 中森明菜 / NEW AKINA エトランゼ [紙ジャケット仕様] [限定] [CD] [アルバム] - CDJournal.com”. 音楽出版社. 2012年3月4日閲覧。
    13. ^ (1983年) 中森明菜『RAINBOW SHOWER』のツアー・パンフレット. 研音 (MILKY HOUSE)
    14. ^ (1983年10月12日) 中森明菜『NEW AKINA エトランゼ 中森明菜 in ヨーロッパ』のアルバム・ノーツ [VHS]. ワーナー・パイオニア (10PV-10).
    15. ^ a b (1993年11月10日) 中森明菜『AKINA』のアルバム・ノーツ [4×12cmCD]. ワーナーミュージック・ジャパン (WPCL-770〜3).
    16. ^ 瑠璃色ゼネレーション - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース◇”. テレビドラマデータベース. 2012年3月4日閲覧。
    17. ^ a b 中森明菜 / NEW AKINA エトランゼ AKINA NAKAMORI 4TH ALBUM [SA-CDハイブリッドCD] [紙ジャケット仕様] [限定] [CD] [アルバム] - CDJournal.com”. 音楽出版社. 2013年7月19日閲覧。
    18. ^ New AKINA エトランゼ:中古CD:中森明菜:ブックオフオンライン”. ブックオフオンライン. 2012年9月25日閲覧。
    19. ^ NEW AKINA エトランゼ - 中森明菜 - Yahoo!ミュージック”. Yahoo! JAPAN. 2012年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月24日閲覧。
    20. ^ 中森明菜 / エトランゼ [再発] [CD] [アルバム] - CDJournal.com”. 音楽出版社. 2012年3月24日閲覧。
    21. ^ 音楽ダウンロード・音楽配信サイト mora 〜“WALKMAN”公式ミュージックストア〜”. レーベルゲート. 2012年11月24日閲覧。

    外部リンク[編集]