ミ・アモーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕
中森明菜シングル
初出アルバム『D404ME
B面 ロンリー・ジャーニー
リリース
規格 シングル・レコード
8cmCD
コンパクトカセット
12cmCD
デジタル・ダウンロード
ジャンル ポップス
時間
レーベル ワーナー・パイオニア
作詞・作曲 康珍化松岡直也
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1985年度年間2位(オリコン)[7]
  • 1位(ザ・ベストテン
  • 1985年度上半期1位(ザ・ベストテン)
  • 1985年度年間3位(ザ・ベストテン)
  • 1位(ザ・トップテン
  • 1985年度年間2位(ザ・トップテン)
  • 中森明菜 シングル 年表
    飾りじゃないのよ涙は
    (1984年)
    ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕
    (1985年)
    赤い鳥逃げた
    (1985年)
    D404ME 収録曲
    モナリザ
    (9)
    ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕
    (10)
    テンプレートを表示

    ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」は、日本歌手中森明菜の楽曲。この楽曲は彼女の11枚目のシングルとして、1985年3月8日にワーナー・パイオニアよりリリースされた (EP: L-1668)。1996年には日本の歌手グループ狩人がこの楽曲をカバーし、彼らのシングルとしてリリースされた。2004年には、日本の女優、歌手の片瀬那奈がカバーし、シングル・リリースした。

    背景[編集]

    「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」は、1985年8月10日発売のスタジオ・アルバムD404ME』からの先行シングルとして、1985年3月8日にシングル・レコード (EP: L-1668)で発売された[8][9][10]。スタジオ・アルバム『D404ME』には、この楽曲のSPECIAL VERSIONが収録された[11][9]。シングル・レコードのライナーノーツには本曲の楽譜が掲載された[8]。加えて、特典用の応募用紙も封入され、内容は、抽選で1985名に「明菜特製ゴールドディスク」をプレゼントするというもので、この年の1年間に発売された本作以降の中森のシングルやアルバムカセットCD)の全6作品(『BITTER AND SWEET』、「赤い鳥逃げた」、「SAND BEIGE -砂漠へ-」、『D404ME』、「SOLITUDE」、『MY BEST THANKS』)にそれぞれ応募シールが封入されていた[8]。この楽曲は、中森のシングルでは「北ウイング」以来となる康珍化が作詞し、作曲と編曲には日本ラテンフュージョンミュージシャンで、ジャズピアニストでもある松岡直也を迎えた[10]Meu amor éとは、歌の舞台のブラジルリオデジャネイロでの公用語ポルトガル語で、「私の恋人は」、「私の愛は」などの意味を持つ。シングル盤のディスクジャケットには「MI・AMORE」という表記も存在する[8]。この楽曲は後の作品でも新録されており、1995年12月リリースのベスト・アルバムtrue album akina 95 best』と、2002年12月リリースのベスト・アルバム『Akina Nakamori〜歌姫ダブル・ディケイド』にそれぞれ収録された[12][13][8]。2010年には、中森をモチーフとしたパチンコ台『CR中森明菜・歌姫伝説〜恋も二度目なら〜』にて本曲が新録された[14]。1985年5月1日には、「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」の異名本曲異歌詞曲である「赤い鳥逃げた」を12インチシングルで発売した[10][15][16]

    シングル盤「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」のB面として発表された「ロンリー・ジャーニー」は、EPOの作詞・作曲で、清水信之が編曲を手掛けた楽曲である[8][10]

    批評[編集]

    本来、作詞家の言語への無知さからスペイン語とイタリア語が混ざった現実には存在しない単語「Mi Amore」として発表された。作詞家としては「私の愛」、あるいは「私の愛する者」を意図していたのであろう。しかし、ミMiはスペイン語で「私の」という所有形容詞であり、アモーレamoreはイタリア語で「愛」あるいは「愛する者」という意味の名詞である。そのため、いったいこれは何語なんだと話題になり批判される事態を招いた。その結果、ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕と無理やりポルトガル語としてつくりかえた。しかし、これもポルトガル語では「私の愛は…」となり言葉にもなっていない。いかに作詞家が英語以外の外国語に無知であったかがよくわかる事象である。実際、1980年代までは外国語と言えば英語一本(アメリカ英語一本)であった風潮が強くあり、たまにフランス語が加わる程度であった。そのためそれ以外の言語への無知さがしばしば歌謡曲の歌詞に表れることがある。1980年代以前もラテン系音楽は輸入されてはいたが、その多くは日本語に訳詩されていた。

    『Hotwax presents 歌謡曲 名曲名盤ガイド 1980's』の馬飼野元宏は「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」について、「歌謡曲と相性のいいラテン・サウンドをベースとした楽曲で、メロディ自体は馴染み易いが、歌詞1番ではA-B-A'-サビという流れが、2番ではA-Bの前半-A'の後半-サビになる複雑な構成を違和感なく聴かせる。」と批評した[10]。また、「『北ウイング』で始まった旅情シリーズが『SAND BEIGE -砂漠へ-』『AL-MAUJ』などのエスニック歌謡へと向かう分岐点となった作品でもある。」と指摘した[10]。『CDジャーナル』は、中南米音楽タンゴといった要素を導入した楽曲であり、これらの音楽が持つ憂いが中森の個性とよく噛み合っており、この巡り合いは必至であったであろうと批評している[17]

    主な受賞[編集]

    「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」は、第27回日本レコード大賞日本レコード大賞を受賞した[2]

    チャート成績[編集]

    この楽曲は、TBS系音楽番組ザ・ベストテン』では、1985年4月11日の放送で1位を記録し、1985年度の年間総合ベストテンでは、第3位を記録した[18]オリコン週間シングルチャートでは、1985年3月18日付で初登場・最高順位ともに1位を記録し、翌週の1985年3月25日付でも2週連続となる1位を記録した[3]。同チャートの100位以内においては、計19週に渡ってランクインしている[3]。また、1985年度のオリコン年間シングルチャートでは、2位を記録し、63万枚を上回る売り上げとなった[3][19]。「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」は、中森のシングル楽曲では「セカンド・ラブ」に次いで2位の売上枚数記録となっている[3][20]

    ライブ・パフォーマンス[編集]

    「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」はリリース後、TBS系の『ザ・ベストテン』やフジテレビ系の『夜のヒットスタジオDELUXE』などの音楽番組で披露した[18][5]。また、1985年に行われた第36回NHK紅白歌合戦でも歌唱した[21]コンサート・ツアーでは、1985年開催のBITTER & SWEET以降、1997年のFelicidadや、2001年のALL ABOUT AKINA 20th Anniversary IT'S BRAND NEW DAY、2002年のMUSICA FIESTA TOUR 2002、2004年のAKINA NAKAMORI A-1 tour 2004、2006年のAKINA NAKAMORI LIVE TOUR 2006 〜The Last destination〜などで披露した[22][23][24][25][26][10][27]

    B面の「ロンリー・ジャーニー」は、当時の音楽番組ではNHKの『レッツゴーヤング』にて歌唱された。

    収録曲[編集]

    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕康珍化松岡直也松岡直也
    2.「ロンリー・ジャーニー」EPOEPO清水信之
    合計時間:

    クレジット[編集]

    スタッフ[8]
    photo by 篠山紀信

    参加ミュージシャン[9]
    キーボード: 松岡直也
    エレクトリックベース: 高橋ゲタ夫
    ドラムス: 広瀬徳志
    エレクトリックギター: 和田アキラ
    ラテンパーカッション: 三島一洋、フランシス・シルヴァ
    カヴァキーニョ: 井上満
    トランペット: 吉田憲司、林研一郎、岸義和
    トロンボーン: 西山健治、中沢忠孝、花坂義孝
    ストリングス: 友田啓明グループ
    コーラス: Eve

    再発盤[編集]

    収録作品[編集]

    • 「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」 - 『BEST[33][8]

    セルフカバー[編集]

    「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」の作曲と編曲を手掛けた松岡直也が1985年に発表したアルバム『ONE LAST FAREWELL〜Naoya Matsuoka best selection』にて、この楽曲をインストゥルメンタルでセルフカバーしている[34][35]。また、1994年発表のアルバム『ヴィーナスを探せ』ではボーナス・トラックとして新録音された[36][34]

    狩人版[編集]

    ミ・アモーレ (Meu amor é・・・)
    狩人シングル
    B面 戻らぬ夜(ニュー・ヴァージョン)
    リリース
    規格 8cmCDコンパクトカセット
    ジャンル J-POP
    時間
    レーベル ポリスター
    作詞・作曲 康珍化松岡直也
    狩人 シングル 年表
    今の君なら誰だって愛したい
    (1995年)
    ミ・アモーレ (Meu amor é・・・)
    (1996年)
    どんポイ! (Don't Poi!)
    (2003年)
    テンプレートを表示

    1996年5月25日に、狩人が中森の楽曲「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」をカバーし、彼らのシングルとしてCDシングル (8cmCD: PSDF-5024)とシングルカセット (CT: PSSF-5024)の2形態でポリスターより同時発売された[37][38][39][40]。楽曲のアレンジは奥居史生が手掛けた[37]。この楽曲はノエビアのCMソングとしてOAされ、2003年2月には、ノエビア「コスメティック・ルネッサンス」のテレビCMに使用された楽曲を集めたコンピレーション・アルバム『COSMETIC RENAISSANCE NOEVIR CM HITS!』(M-8)にも収録された[37][41]

    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「ミ・アモーレ (Meu amor é・・・)康珍化松岡直也奥居史生
    2.「戻らぬ夜(ニュー・ヴァージョン)」かとう高道かとう邦彦芳野藤丸
    3.「ミ・アモーレ (Meu amor é・・・)(カラオケ)   
    4.「戻らぬ夜(ニュー・ヴァージョン)」(カラオケ)   
    合計時間:

    片瀬那奈版[編集]

    ミ・アモーレ (Meu amor é・・・)
    片瀬那奈シングル
    初出アルバム『EXTENDED
    B面 ミ・アモーレ (Meu amor é・・・)(エクステンデッド・ダンス・ミックス)
    リリース
    規格 12cmCDコピーコントロールCD
    ジャンル J-POP
    時間
    レーベル avex trax
    作詞・作曲 康珍化松岡直也
    チャート最高順位
    片瀬那奈 シングル 年表
    Necessary/EVERY***
    (2003年)
    ミ・アモーレ (Meu amor é・・・)
    (2004年)
    禁断のテレパシー
    (2004年)
    EXTENDED 収録曲
    ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕
    (1)
    淋しい熱帯魚
    (2)
    テンプレートを表示

    片瀬那奈が中森の楽曲の「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」をカバーし、片瀬の5枚目のシングルとして2004年3月10日にマキシシングルCCCD、規格品番: AVCD-30566)でavex traxよりリリースされた[44][45]。この楽曲は、彼女の2004年4月21日発売のカバー・アルバムEXTENDED』からの先行シングルとして発表された[44][45][46]。『EXTENDED』には、この楽曲のミュージック・ビデオが収録された[44][47][48]。楽曲のアレンジはShoichiro Hirataが手掛けた[42]。また、楽曲は、日本テレビ汐留スタイル!』〜HAPPY LIFE COLLECTION〜 stylish play 038に起用された[45]

    全作詞: 康珍化、全作曲: 松岡直也、全編曲: Shoichiro Hirata
    #タイトル作詞作曲・編曲時間
    1.「ミ・アモーレ (Meu amor é・・・)康珍化松岡直也
    2.「ミ・アモーレ (Meu amor é・・・)(エクステンデッド・ダンス・ミックス)」康珍化松岡直也
    3.「ミ・アモーレ (Meu amor é・・・) (Instrumental)」康珍化松岡直也
    合計時間:

    参照[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ iTunes - ミュージック - 中森明菜「ミ・アモーレ(オリジナル・シングル・ジャケット)」”. アップル. 2012年8月15日閲覧。
    2. ^ a b 第27回日本レコード大賞”. 日本作曲家協会. 2011年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月23日閲覧。
    3. ^ a b c d e クラブハウス 『オリコン No.1 HITS 500 1968〜1985 (上) オリコンチャート1位ヒットソング集』 クラブハウス、1998年11月1日、215、267頁。ISBN 4906496121
    4. ^ a b (1993年11月10日) 中森明菜AKINA』のアルバム・ノーツ [4×12cmCD]. ワーナーミュージック・ジャパン (WPCL-770〜3).
    5. ^ a b (2010年12月22日) 中森明菜『中森明菜 IN 夜のヒットスタジオ』のアルバム・ノーツ, p. 3、56 [6DVD]. ユニバーサルミュージック合同会社 (POBD-22017/22).
    6. ^ ANT Inc.”. ant-inc.com. 2012年2月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月17日閲覧。
    7. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.38.
    8. ^ a b c d e f g h (EP) (リリース・ノート). 「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」. 中森明菜. ワーナー・パイオニア. (1985年3月8日). L-1668. 
    9. ^ a b c (1985年8月10日) 中森明菜『D404ME』のアルバム・ノーツ [LP]. ワーナー・パイオニア (L-12594).
    10. ^ a b c d e f g 馬飼野元宏 『Hotwax presents 歌謡曲 名曲名盤ガイド 1980's』 シンコーミュージック・エンタテイメント2006年7月20日、68、220-222頁。ISBN 440175106X
    11. ^ D404ME | 中森明菜 | ワーナーミュージック・ジャパン - Warner Music Japan”. ワーナーミュージック・ジャパン. 2011年8月23日閲覧。
    12. ^ (1995年12月6日) 中森明菜『true album akina 95 best』のアルバム・ノーツ [3×12cmCD]. MCAビクター (MVCD-36001-3).
    13. ^ (2002年12月4日) 中森明菜『Akina Nakamori〜歌姫ダブル・ディケイド』のアルバム・ノーツ [12cmCD]. ユニバーサルJ (UMCK-1139).
    14. ^ CR中森明菜 歌姫伝説〜恋も二度目なら〜|特設ページ|Daiichi777”. 大一商会. 2011年8月23日閲覧。
    15. ^ (12inch) (リリース・ノート). 「赤い鳥逃げた」. 中森明菜. ワーナー・パイオニア. (1985年5月1日). L-3601. 
    16. ^ 堤昌司 (2009年6月10日). 中森明菜『コンプリート・シングル・コレクションズ〜ファースト・テン・イヤーズ<ライノ・プレミアム・エディション>』のアルバム・ノーツ, pp. 15-16 [4×12cmCD]. ワーナーミュージック・ジャパン (WPCL-10681/84).
    17. ^ 中森明菜 / BEST [紙ジャケット仕様] [限定] [CD] [アルバム] - CDJournal.com”. 音楽出版社. 2011年8月23日閲覧。
    18. ^ a b 『別冊ザテレビジョン ザ・ベストテン 〜蘇る!80'sポップスHITヒストリー〜』 角川インタラクティブ・メディア2004年12月、129、131-133頁。ISBN 4048944533
    19. ^ 中森明菜のプロフィール・ヒストリーならオリコン芸能人事典-ORICON STYLE”. オリコン. 2013年5月21日閲覧。
    20. ^ クラブハウス 『オリコン No.1 HITS 500 1986〜1994 (下) オリコンチャート1位ヒットソング集』 クラブハウス、1998年11月1日、290頁。ISBN 490649613X
    21. ^ NHK紅白歌合戦ヒストリー”. 第36回. NHK. 2001年8月23日閲覧。
    22. ^ 『中森明菜写真集 VINGTANS -20 Years Old-』 ケン企画1985年12月24日
    23. ^ (1997年9月22日) 中森明菜『felicidad AKINA NAKAMORI LIVE '97』のアルバム・ノーツ [VHS]. ユニバーサルビクター (MVVH-5).
    24. ^ BS-i Online | ドラマ”. BS-i. 2001年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月15日閲覧。
    25. ^ BS-i Online”. BS-i. 2002年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月15日閲覧。
    26. ^ スポニチアネックス 芸能 記事”. スポーツニッポン. スポーツニッポン新聞社 (2004年5月16日). 2004年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月15日閲覧。
    27. ^ Perfect Choice 【 中森明菜 LIVE 2006 - The Last destination - 】”. スカパー!. 2007年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月15日閲覧。
    28. ^ ミ・アモーレ/中森明菜 本・コミックからDVD・CD・ゲームまで通販なら【TSUTAYAオンラインショッピング】”. カルチュア・コンビニエンス・クラブ. 2012年8月15日閲覧。
    29. ^ (CT) (リリース・ノート). 「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」. 中森明菜. ワーナー・パイオニア. (1988年12月21日). 10L5-4050. 
    30. ^ ミ・アモーレ/中森明菜 本・コミックからDVD・CD・ゲームまで通販なら【TSUTAYAオンラインショッピング】”. カルチュア・コンビニエンス・クラブ. 2012年8月15日閲覧。
    31. ^ mora[モーラ] : 中森明菜「ミ・アモーレ」を試聴・ダウンロード”. レーベルゲート. 2012年8月15日閲覧。
    32. ^ ミ・アモーレ|中森明菜|試聴・ダウンロード ListenJapan 【 リッスンジャパン 】”. Listen Japan. 2011年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月15日閲覧。
    33. ^ (1986年4月1日) 中森明菜『BEST』のアルバム・ノーツ [LP, CT, 12cmCD]. ワーナー・パイオニア (L-13030、LKG-5030、32XL-150).
    34. ^ a b ANT Inc.”. DISCOGRAPHY. ant-inc.com. 2013年3月17日閲覧。
    35. ^ 新星堂ONLINE”. HOME ジャズ >ジャズ > ONE LAST FAREWELL Naoya Matsuoka The Best Selection. 新星堂. 2012年9月9日閲覧。
    36. ^ ASIN B00005HIKQ, ヴィーナスを探せ (1994年6月25日) 2012年9月9日閲覧。
    37. ^ a b c d JBOOK:ミ・アモーレ:狩人:CD”. 文教堂. 2013年3月16日閲覧。
    38. ^ 狩人 / ミ・アモーレ(Meu amor e…) [廃盤] [CD] [シングル] - CDJournal.com”. 音楽出版社. 2012年8月15日閲覧。
    39. ^ 狩人のCD・DVDリリース情報、狩人のプロフィールならオリコン芸能人事典-ORICON STYLE”. オリコン. 2013年3月16日閲覧。
    40. ^ コンパクトカセット盤:
    41. ^ ノエビアCMヒッツ! コスメティック ルネッサンス [CD] [アルバム] - CDJournal.com”. 音楽出版社. 2013年3月16日閲覧。
    42. ^ a b JBOOK:ミ・アモーレ(Meu amor e…):片瀬那奈:CD”. 文教堂. 2013年3月15日閲覧。
    43. ^ ミ・アモーレ(Meu amor e…) 片瀬那奈のプロフィールならオリコン芸能人事典-ORICON STYLE”. オリコン. 2013年3月15日閲覧。
    44. ^ a b c Discograpy|片瀬那奈エイベックスオフィシャルサイト”. avex trax. 2012年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月15日閲覧。
    45. ^ a b c 片瀬那奈 / ミ・アモーレ(Meu amor e…) [CCCD] [CD] [シングル] - CDJournal.com”. 音楽出版社. 2013年3月15日閲覧。
    46. ^ Extended 【Copy Control CD】|HMV ONLINE”. ローソンHMVエンタテイメント. 2013年3月15日閲覧。
    47. ^ ミ・アモーレ|片瀬那奈エイベックスオフィシャルサイト”. avex trax. 2012年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月17日閲覧。
    48. ^ JBOOK:EXTENDED:片瀬那奈:CD”. 文教堂. 2013年3月17日閲覧。

    外部リンク[編集]