愛をこめて花束を

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
愛をこめて花束を
Superflyシングル
初出アルバム『Superfly
B面 愛と感謝
Rhiannon
リリース
規格 12cmCD
音楽配信
録音 2007年
ジャンル J-POP
時間
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間13位(オリコン
  • 2008年度年間154位(オリコン)
  • 登場回数17回(オリコン)
  • Superfly(CDシングル) 年表
    i spy i spy
    2007年
    愛をこめて花束を
    2008年
    Hi-Five
    2008年
    Superfly(配信限定シングル) 年表
    マニフェスト 13,000人 Live @ 大阪城ホール FM802 REQUESTAGE
    2007年
    愛と感謝
    2007年
    Alright!!
    2009年
    ミュージックビデオ
    Superfly - 愛をこめて花束を - YouTube
    テンプレートを表示

    愛をこめて花束を」(あいをこめてはなたばを)は、Superflyの4枚目のシングル2008年2月27日に発売された。

    概要[編集]

    多保脱退後に発表された初のシングルで、カップリングには先行配信されていた楽曲「愛と感謝」が収録された。初回プレス盤のみデジパックケース仕様となっている。

    オリコンチャートでは最高位13位であったものの、音楽配信iTunes Store総合ダウンロードチャートでは、発売翌週から3週に渡り1位を記録した。また、日本レコード協会認定にて2012年4月度に着うたフル75万DLとなり、先に認定のあったPC配信(スマホ含む)25万DLと合わせて、フル配信でのミリオンを達成した。

    フジテレビ系列『僕らの音楽』(2008年5月30日放送回)では「Superflyの代表曲」と紹介されている。

    収録曲[編集]

    1. 愛をこめて花束を
      TBS系ドラマ『エジソンの母』主題歌
      中京テレビPS』2008年2月度エンディングテーマ 
      原曲は多保が16歳の時に作詞作曲したもので、上京後に再び多保が手を加え、ほぼ現在の歌詞・メロディに固まる。本作で発表されるまで長い時間をかけて温められてきた。デビュー前から長らくライブの最後には必ずこの曲を演奏していた。CD化にあたり越智自身が「自らの言葉で歌いたい」という意思から歌詞を一部書き直している。だが、越智はこの曲の追加作詞制作を満足する程上手くできなかったとしており、発売後の大ヒットを「思いの他のもの」と話している(2013年10月2日放送のフジテレビ系列『めざましテレビ』での本人談)。越智は女性から花束を渡す時の気持ちを実感するために、自ら恋人へ小さなブーケを贈り、歌詞の制作やレコーディングに臨んだという。
      携帯音楽コンテンツ配信サイト『レコード直営サウンド♪』では、発売に先駆けて着うたによる先行配信がされており、着うたダウンロード購入者を対象に期間限定で楽曲をイメージしたオリジナルデコメールイラスト画像がダウンロードできるキャンペーンが実施された。
      ライブで披露する際、多くの場合越智はアコースティック・ギターを演奏する。
    2. 愛と感謝
      • 作詞:越智志帆・多保孝一、作曲:多保孝一、編曲:多保孝一・松岡モトキ
      JFL系列『Power Of Music』2007年度キャンペーンソング
      2007年10月3日に先行配信された楽曲で、本作で初のCD音源化となる。
      山陽放送RSKイブニング5時」エンディングテーマ曲(2014年10月〜)
    3. Rhiannon
      1970年代に人気を博したアメリカのバンド、フリートウッド・マックのカバー曲。オリジナル曲はアルバム『ファンタスティック・マック』(原題:『Fleetwood Mac』)に収録。オリジナルよりもテンポが上げられている。

    収録アルバム[編集]