明日がくるなら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
明日がくるなら
JUJUシングル
初出アルバム『JUJU
リリース
規格 CDシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
ゴールドディスク
  • ゴールド(CD、日本レコード協会)
  • ミリオン(着うた、日本レコード協会)
  • ミリオン(着うたフル、日本レコード協会)
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2009年5月度月間7位(オリコン)
  • 2009年度年間38位(オリコン)
  • 2009年度年間2位(着うたフル、レコチョク
  • 2009年度年間1位(mora楽曲ランキング)
JUJU シングル 年表
やさしさで溢れるように
2009年
明日がくるなら
(2009年)
PRESENT
(2009年)
テンプレートを表示

明日がくるなら」(あしたがくるなら)は、JUJUの10枚目のシングル2009年4月29日発売。発売元はソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ

概要[編集]

映画余命1ヶ月の花嫁』の主題歌で、JUJUが映画主題歌を務めるのは「」以来2作ぶりとなった。初動売上、累計売上、最高順位、年間順位いずれもシングルでは自己最高を記録した。JAY'EDとのダブルボーカルによる楽曲としては、2011年10月発表のJAY'ED『永遠はただの一秒から』において、再度実現している。

記録[編集]

音楽配信サービスサイトレコチョク」では着うたの2009年4月度の月間1位、同年5月度では着うた、着うたフル、ビデオクリップ、着信ムービー、RBTの5部門で1位を獲得し、史上初となる5冠を達成した[1][2]

music.jp」では着うた、着うたフル共に2009年4月度の月間1位を獲得し、翌月5月は着うたフルで1位を獲得している[3]

このようなロングヒットを受け、テレビ朝日ミュージックステーション」では異例となる、2009年5月1日6月5日に同曲で2度の出場を果たした。

収録曲[編集]

  1. 明日がくるなら / JUJU with JAY'ED
  2. 明日がくるなら ballad solo version
  3. The Rose
    • 作詞・作曲: Amanda McBroom / 編曲: Alec Shantzis, DJ HIROnyc
    • 東宝配給映画「余命1ヶ月の花嫁」挿入歌
  4. 素直になれたら RYLL 90's flava remix
  5. 明日がくるなら original duet version -instrumental-

脚注[編集]

[ヘルプ]