生きる (いきものがかりの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
生きる
いきものがかりシングル
リリース
規格 デジタル・ダウンロード
ジャンル J-POP
時間
作詞・作曲 水野良樹
チャート最高順位
いきものがかり シングル 年表
STAR LIGHT JOURNEY
2019年
生きる
(2020年)
きらきらにひかる
(2020年)
テンプレートを表示

生きる」(いきる)は、いきものがかりの6枚目の配信限定シングルである。2020年3月20日に楽曲の配信が開始された。

概要 [編集]

作詞・作曲は水野良樹2019年12月からSNS上で連載されていたきくちゆうき作の漫画『100日後に死ぬワニ』のテーマにいきものがかりのメンバーが深く共感したことから本楽曲及びコラボムービーの制作企画がスタート。急ピッチで制作が進められ、最終回投稿日である2020年3月20日の午後8時2分(「ワニ」の語呂合わせ)にコラボムービーが公開され、同時に楽曲の配信も開始した[1]

漫画『100日後に死ぬワニ』は、100日後に死を迎えることが読者に知らされているが、内容はいわゆる日常系の4コマ漫画であり、その作品を受けて水野は「」というテーマに向き合ったときに浮かんでくる感情を作詞し、バラードナンバーに仕上げている[1]

配信ジャケットのイラストは、きくちゆうきによる描き下ろし。

収録曲[編集]

  1. 生きる (5:30)
    作詞・作曲:水野良樹 / 編曲:亀田誠治
    Recorded & Mixed by 甲斐俊郎 / Drums:玉田豊夢 / Bass:亀田誠治 / Guitar:小倉博和 / Piano:皆川真人 / Strings:今野均ストリングス[2]

コラボムービー[編集]

いきものがかりの公式YouTubeチャンネルで公開。漫画『100日後に死ぬワニ』のコマが使用され、100日間のワニを振り返る内容となっている[1]

コラボムービーのスタッフに大手広告代理店・電通関連人物がクレジットされていたことから、漫画自体が当初から同社による企画だったのではないかと嫌疑をかける声があがったため、コラボムービー配信翌日には水野ときくちによるトーク配信がTwitter上で行われた[3]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]