メテオラ (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メテオラ
リンキン・パークスタジオ・アルバム
リリース
録音 2002年8月〜12月、ロサンゼルスのNRG Recordingsにて
ジャンル ニュー・メタル
ラップメタル/ロック
オルタナティヴ・メタル/ロック
時間
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
プロデュース ドン・ギルモア
チャート最高順位
  • 6位(2003年3月盤/日本・オリコン
  • 109位(2003年10月盤/日本・オリコン)
    218位(2004年11月盤/日本・オリコン)
リンキン・パーク 年表
リアニメーション
(2002年)
メテオラ
(2003年)
ライブ・イン・テキサス
(2003年)
テンプレートを表示

メテオラ』(Meteora)は、リンキン・パークの2枚目のアルバム。2003年3月25日に、ワーナー・ブラザース・レコードよりリリースされた。

概要[編集]

  • アメリカイギリスのアルバム・チャートで1位を獲得。日本では、オリコンアルバムチャートで最高6位。
  • 現在までに1,000万枚以上のセールスを記録している。
  • 楽曲のレコーディングに、Pro Toolsを使用した。
  • タイトルは、ギリシャ世界遺産メテオラに因んでいる。これはブラッド・デルソン曰く、「ヨーロッパをツアーしてたときだよ。バスの中に運転手が旅行誌を置いてたんだけど、その雑誌がメテオラって場所を特集していたんだ。で、その並み外れた場所の写真を見て……僕達は、その写真が視覚的に訴えるものを音にしてみようってインスパイアされたんだよ」とのこと。さらに、「アルバムのメインになるようなものさえ書いてないときだったから、デモを作るときに僕達がヴィジュアル的に見たものがマジで影響したんだ。メテオラってギリシャにある修道院のひとつなんだけど、ものすごい岩壁の上に建ってる……ホント信じられない場所なんだ。タイトルと音楽が言葉どおり関連してるわけじゃないけど、メタファーにはなり得る……あの雄大で、時代を超越したものがまさに僕達のアルバムにも通じているんだ」「まだあの場所の写真を見てない奴らもいたんだ。ただ名前を聞いただけ。でもみんな、その名前が持つエネルギーに惹かれたんだよ」と語っている[1]
  • プロデューサーは、前作に引き続き、ドン・ギルモアが務めた。

収録曲[編集]

  1. Foreword (Intro) (0:13)
  2. Don't Stay (3:07)
  3. Somewhere I Belong (3:33)
    アルバムからの1stシングルで、2003年3月17日にリリース。全米最高32位、イギリス最高10位、オーストラリア最高13位、ニュージーランド最高1位。
    ミュージックビデオは2003 MTV Video Music AwardsのBest Rock Videoを受賞。監督はジョー・ハーン。
  4. Lying From You (2:55)
    アルバムからの5thシングルで、2004年4月にリリース。全米最高58位(ビルボード Modern Rock Tracksでは最高1位)。
  5. Hit The Floor (2:44)
  6. Easier To Run (3:24)
  7. Faint (2:42)
    アルバムからの2ndシングルで、2003年6月9日にリリース。全米最高48位、イギリス最高15位、オーストラリア最高25位。
  8. Figure.09 (3:17)
  9. Breaking The Habit (3:16)
    アルバムからの6thシングルで、2004年6月14日にリリース。全米最高20位、イギリス最高39位、オーストラリア最高23位、ドイツ最高25位。約6年かけて作られた。
    ミュージックビデオはフルアニメーション作品で、日本のアニメーション製作会社GONZOが製作。2004 MTV Video Music AwardsのViewer's Choice Awardを受賞。監督はジョー・ハーン、中澤一登
  10. From The Inside (2:53)
    アルバムからの4thシングルで、2004年1月12日にリリース。オーストラリア最高37位。
    ミュージックビデオはチェコプラハで撮影された。監督はジョー・ハーン。
  11. Nobody's Listening (2:57)
  12. Session (2:23)
    映画『マトリックス・リローデッド』で使用された。
    2003年のグラミー賞ベスト・ロック・インストラメンタル・パフォーマンス部門にノミネートされた。
  13. Numb (3:05)
    アルバムからの3rdシングルで、2003年9月8日にリリース。このアルバムからシングルカットされた楽曲の中で、もっともヒットした。全米最高11位、イギリス最高14位、オーストラリア最高10位。ジェイ・Zとのマッシュアップ曲"Numb / Encore"は映画『マイアミ・バイス』の主題歌に使用された。なお、元プロ野球選手の新庄剛志の日本ハム時代の入場曲でもあった。
    ミュージックビデオの室内の演奏場面はロサンゼルスの教会で撮影され、その他の野外のシーンはチェコで撮影。監督はジョー・ハーン。

脚注[編集]

  1. ^ [1]、2003年1月22日閲覧。