マイアミ・バイス (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイアミ・バイス
Miami Vice
監督 マイケル・マン
脚本 マイケル・マン
製作 マイケル・マン
ピーター・ジャン・ブルージ
製作総指揮 アンソニー・ヤーコヴィック
出演者 コリン・ファレル
ジェイミー・フォックス
コン・リー
音楽 ジョン・マーフィ
撮影 ディオン・ビーブ
編集 ウィリアム・ゴールデンバーグ
ポール・ルベル
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年7月28日
日本の旗 2006年9月2日
上映時間 132分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $135,000,000[1]
興行収入 $63,450,470[1] アメリカ合衆国の旗
$163,777,560[1] 世界の旗
テンプレートを表示

マイアミ・バイス』(Miami Vice)は、2006年アメリカ映画1984年から1989年にかけてアメリカ合衆国で放映していた『特捜刑事マイアミ・バイス』の映画版。

監督はマイケル・マンテレビシリーズ時に、自ら脚本や製作総指揮などを担当していたことが監督起用となった理由とされている。

ストーリー[編集]

マイアミデイド警察特捜課(バイス)に所属しているソニー・クロケットとリカルド・タブスの2人が使っている情報屋の家族が殺され、情報屋自身も自殺するという事件が発生。それと同時に、FBIの潜入捜査官3名が潜入捜査中に殺害される。

合衆国司法機関の合同捜査の情報が漏洩している可能性があると判断したFBIのフジマは、ソニーとタブスに面が割れていない事から組織に運び屋として接触し、情報漏洩ルートの割り出しを要請。2人はすぐにコロンビアへ行き、組織の幹部ホセ・イエロと接触し、麻薬密輸ビジネスの話を始めるが、信用してもらえない。

しかし、同席していたイザベラがイエロを説得し、無事に組織の運び屋として潜入する。ソニーとイザベラは接近していくうちに愛が芽生えるが…。

出演[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ東京版
ジェームズ・ソニー・クロケット コリン・ファレル 松本保典 堀内賢雄
リカルド・タブス ジェイミー・フォックス 天田益男 小山力也
イザベラ コン・リー 安藤麻吹 深見梨加
トゥルーディー・ジョプリン ナオミ・ハリス 高乃麗 岡本麻弥
ジーナ・ナバーロ・カラブリーゼ エリザベス・ロドリゲス 浅野まゆみ 芝原チヤコ
ホセ・イエロ ジョン・オーティス 村治学 家中宏
モントーヤ ルイス・トサル 石塚運昇 磯部勉
マーティン・カステロ バリー・シャバカ・ヘンリー 楠見尚己 石田圭祐
アロンゾ ジョン・ホークス
ニコラス エディ・マーサン 鈴木勝美
ラリー・ジート ジャスティン・セロー 阪口周平
スタン・スワイテク ドメニク・ランバルドッツィ 山野井仁 三宅健太
ジョン・フジマ キアラン・ハインズ 牛山茂 菅生隆之
コールマン トム・タウウェルズ 廣田行生
アーリアン・ブラザーズ(厚い胸をした方) フランキー・J・アリソン 山野井仁 宗矢樹頼
アーリアン・ブラザーズ トニー・カラン 小形満
その他:青山穣園部好徳笹森亜希紗川じゅん

使用銃器[編集]

  • ソニー・SIG552・SVインフィニティTIKI
  • タブス・SIGP220R・ベネリM4スーパー90・S&WM442エアーウェイト・レミントンM870ソウドオフ・H&K HK69A1グレネードランチャー
  • ジーナ・スプリングフィールドXD・H&KG36C
  • ジート・M4A1カービンカスタム
  • スワイテク・FNタクティカルポリスショットガン
  • キャスティロ・M4A1カービン
  • イザベラ・S&WP99

エピソード[編集]

ハリケーン・カトリーナがアメリカを襲った際、マンは本作の撮影中だったが、ハリケーンの影響でセットに被害が出て、当初の予定よりも制作費が膨れ上がり、2億ドルもかかってしまった。

出典[編集]

  1. ^ a b c Miami Vice (2006)”. Box Office Mojo. 2010年8月7日閲覧。

外部リンク[編集]