パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パイレーツ・オブ・カリビアン > パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
パイレーツ・オブ・カリビアン/
デッドマンズ・チェスト
Pirates of the Caribbean:
Dead Man's Chest
監督 ゴア・ヴァービンスキー
脚本 テッド・エリオット
テリー・ロッシオ
製作 ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮 マイク・ステンソン
チャド・オーマン
ブルース・ヘンドリックス
エリック・マクロード
出演者 ジョニー・デップ
オーランド・ブルーム
キーラ・ナイトレイ
ステラン・スカルスガルド
ビル・ナイ
ジャック・ダヴェンポート
ケヴィン・R・マクナリー
ジョナサン・プライス
音楽 ハンス・ジマー
撮影 ダリウス・ウォルスキー
編集 クレイグ・ウッド
スティーヴン・E・リフキン
製作会社 ジェリー・ブラッカイマー・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年7月7日
日本の旗 2006年7月22日
上映時間 150分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $225,000,000[1]
興行収入 約$423,000,000[1] アメリカ合衆国の旗
100.2億円[2] 日本の旗
約$1,066,000,000[1] (全世界)
前作 パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち
次作 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
テンプレートを表示

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』(Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest)は、2006年アメリカ映画日本では2006年7月22日公開。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ第2作。

全米では4133館で公開され、当時、初日の興行収入の新記録を打ち立てた(5583万600ドル)。日本では、わずか公開22日で興行収入60億円突破、最終的には100億円を突破した[2]第79回アカデミー賞視覚効果賞受賞。

あらすじ[編集]

前作から3年後。結婚式を目前に控えたウィルとエリザベスだったが、海賊ジャック・スパロウに加担したことを理由に逮捕されてしまう。しかし東インド貿易会社のベケット卿は、ジャックの持つ「北を指していないコンパス」を渡せば二人を釈放するという。

一方、バルボッサからブラックパール号を取り戻し、再び船長に戻ったジャック。しかし彼は13年前、デイヴィ・ジョーンズと「血の契約」を交わしていた。その内容は、ブラックパール号の船長となる代わりに、13年経ったらデイヴィ・ジョーンズのフライング・ダッチマン号の船員として働き続けなければならないというもの。突然ジャックの前に現れたウィルの父親ビル・ターナーは契約の期限が迫っていることを告げる。ジャックの掌には、契約の終わりを示す黒い烙印が表れていた。

キャスト[編集]

俳優 日本語吹替
キャプテン・ジャック・スパロウ ジョニー・デップ 平田広明
ウィリアム・ターナー・ジュニア オーランド・ブルーム 平川大輔
エリザベス・スワン キーラ・ナイトレイ 弓場沙織
デイヴィ・ジョーンズ ビル・ナイ 大塚芳忠
ビル・ターナー ステラン・スカルスガルド 柴田秀勝
ジェームズ・ノリントン ジャック・ダヴェンポート 森田順平
ウェザビー・スワン ジョナサン・プライス 村松康雄
ギブス航海士 ケヴィン・マクナリー 青森伸
ティア・ダルマ ナオミ・ハリス 高乃麗
ベケット卿 トム・ホランダー 横島亘
ピンテル リー・アレンバーグ 佐々木梅治
ラゲッティ マッケンジー・クルック 高宮俊介
コットン デイヴィッド・ベイリー
マーティ マーティン・クレッバ
マーサー デイヴィッド・スコフィールド
キャプテン・バルボッサ ジェフリー・ラッシュ 壤晴彦

製作[編集]

カリブ海のドミニカ国で約3ヶ月間撮影された。邪悪な人喰い族として映画に登場する種族はカリブの島々に定住していたインディオカリブ族の事である。映画ロケ地の一つドミニカ国で、現在でも暮らすカリブ族のコミュニティから100人余りの人達がキャスティングされエキストラとして出演している[3]

当初、邪悪な人喰い族として描かれていた為、「カリブ族に対する差別ではないか?」などと、現地のカリブ族の首長を始め関係者や一部のメディアなどから批判や反対があった。ドミニカ国のカリブ族首長チャールズ・ウィリアムズによると、ドミニカ国政府からディズニーが映画で撮影する計画がある事を知らされ、ディズニーの映画プロデューサーと会談した時、人喰い種族として映画に登場すると言う脚本内容を知って、脚本に食人の風習が色濃く出されていたので訂正を求めたが、人喰い種族として描く事を強調した上で、今更変更など出来ないと受け入れられなかったと言う。ウィリアムズ首長は「ディズニーは我々、カリブ族の祖先が、人喰いの風習を持っていると言う誤った、カリブ族の神話を映画で蔑視してカリブ族を描こうとしている」とディズニーを批判した。また、「我々のカリブ族の先祖はヨーロッパからの征服者たちの侵略を食い止めるべく、立ちあがった為に、野蛮人であり人食い人種であるという言われなきレッテルを貼られ蔑まれてきたのだ」と語った。

映画で人喰い族として描かれるのを止めるように、他のカリブの島や中南米の先住民などがディズニーに対し抗議し、ウィリアムズ首長を支持していた。しかし、ウィリアムズ首長や関係者らは反対したが、100人余りの現地のカリブ族の人達が映画に協力参加した[4]。映画製作側は人喰い族役としてエキストラ出演して貰うに当たって、1日当たり95ドルで雇っていたと言う。

スタッフ[編集]

日本語版スタッフ[編集]

  • 翻訳:原口真由美
  • 演出:中野洋志
  • 調整:菊池悟史
  • 制作:ACクリエイト
  • ACクリエイト担当:菊地謙、杉本理子
  • 制作:山本千絵子
  • 総指揮:佐藤淳

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]