Ray/レイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Ray/レイ
Ray
監督 テイラー・ハックフォード
脚本 ジェームズ・L・ホワイト
原案 テイラー・ハックフォード
ジェームズ・L・ホワイト
製作 ハワード・ボールドウィン
カレン・エリス・ボールドウィン
スチュアート・ベンジャミン
テイラー・ハックフォード
製作総指揮 ウィリアム・J・イマーマン
シェイム・ラッカー・キング
出演者 ジェイミー・フォックス
音楽 レイ・チャールズ
クレイグ・アームストロング
撮影 パヴェル・エデルマン
編集 ポール・ハーシュ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年10月29日
日本の旗 2005年1月29日
上映時間 152分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 $124,731,534[1]
テンプレートを表示

Ray/レイ』(原題: Ray)は、2004年制作のアメリカ映画。2004年に亡くなったミュージシャン、レイ・チャールズ伝記映画。レイ・チャールズを演じたジェイミー・フォックスがアカデミー主演男優賞を受賞した。

日本ではPG-12(12歳未満は保護者同伴を推奨)指定されている。劇場公開版とエクステンディッド版(未公開部分を追加したもの)が入ったDVDがある。

ストーリー[ソースを編集]

1948年、17歳のレイ・チャールズ・ロビンソンはバスでシアトルに移り、しがない酒場Rocking Chairでナット・キング・コールの曲などを歌うが、同時にヘロインも教えられる。マクソン・トリオとして人気が出る。翌年、レコードの話が出て悪徳マネージャーと別れる。「ウソつきは泥棒のはじまり」は母の教えだった。1950年、ボクサーのレイ・ロビンソンと同じなのでミドルネームからレイ・チャールズと改名。 バンドとツアーに出るようにもなる。

ジョージア州で生まれ、フロリダ州セントオーガスティンで育ったレイは黒人にピアノを教えられる。水に浸かる感覚に捕われるが、弟を熱湯で溺死させたトラウマが残る。9カ月後、7歳のときに緑内障で視力を失う。

ソロの“Baby,Let Me Hold Your Hand”でデビュー。アトランティックと契約するが、ナットやチャールズ・ブラウン の二番煎じといわれ、“Mess Around”がヒット。 1954年 にはR&Bとゴスペルの融合を目指した“I Got a Woman”がゴスペルでセックスを歌ったと非難されるもヒット。ゴスペル 歌手のデラ・ビーと結婚、長男も生まれる。メアリー・アンと愛人関係になる。1957年、女性ボーカルのレイレッツ(Raelettes)のマージーを新しい愛人にする。1959年、契約時間に足りないと言われて歌った「ホワッド・アイ・セイ」が大ヒット。次男も連れてロスに移住もマージーも移る。家族同様のアトランティックから75%とマスターの保有権を獲得してABCレコードに移籍。1960年、カバーした「我が心のジョージア」でグラミー賞を初受賞。ニューポート・ジャズフェスティバルクインシー・ジョーンズが差別の南部はこりごりだと語る。「旅立てジャック」(Hit the Road Jack)ができ、盲学校入学での母との別れを思い出す。ジョージア州での公演を差別を理由にキャンセル。「アンチェイン・マイ・ハート」(Unchain My Heart)を歌った後、警察が来るが会社が違法逮捕に持ち込む。カントリー・ミュージックもやると「愛さずにはいられない」(I Can't Stop Loving You)を歌う。欧州ツアーも成功。3歳の男児を生んだマージーはヘロインで死亡。兄弟同然のジェフを解雇。1965年モントリオール帰りのボストンの空港で麻薬密輸で逮捕。ビーの説得で聖フランシス更生クリニックに入り、禁断症状に悩む。麻薬から足を洗い、溺死事故のトラウマも克服。1979年、ジョージア州はコンサートの契約違反で20年前に永久追放したレイの名誉を回復し、「我が心のジョージア」を州歌に制定。

キャスト[ソースを編集]

役名 俳優 日本語吹替
レイ・チャールズ ジェイミー・フォックス 山路和弘
デラ・ビー・ロビンソン ケリー・ワシントン 岡寛恵
マギー・ヘンドリクス レジーナ・キング 津田真澄
ジェフ・ブラウン クリフトン・パウエル 世古陽丸
マリー・アン・フィッシャー アーンジャニュー・エリス 本田貴子
ジョー・アダムス ハリー・J・レニックス 立木文彦
アレサ・ロビンソン シャロン・ウォーレン 高山佳音里

受賞[ソースを編集]

第77回アカデミー賞
第62回ゴールデングローブ賞
  • 主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門) - ジェイミー・フォックス
第47回(2005年)グラミー賞

参考文献[ソースを編集]

  1. ^ a b Ray (2004)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年4月2日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]