レット・ザ・グッド・タイムス・ロール (ルイ・ジョーダンの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Let the Good Times Roll
ルイ・ジョーダンと彼のティンパニ・ファイブシングル
A面 "Ain't Nobody Here but Us Chickens"
リリース
規格 10" 78回転盤(SPレコード
録音 1946年6月26日ニューヨーク
ジャンル ジャンプ・ブルース
時間 <time datetime="2:45">2:45
レーベル デッカ (cat. no. 23741)
作詞・作曲 サム・シアード、フリーシー・ムーア
ルイ・ジョーダンと彼のティンパニ・ファイブ シングル 年表
"en:Ain't Nobody Here but Us Chickens"
(1946)
"Let the Good Times Roll"
(1946)
"Texas and Pacific"
(1947)
テンプレートを表示

レット・ザ・グッド・タイムス・ロール (Let the Good Times Roll)」は、ルイ・ジョーダンと彼のティンパニ・ファイブ1946年に録音したジャンプ・ブルースの楽曲。

ミッド・テンポの12小節ブルースであるこの曲は、ブルースのスタンダード曲、ジョーダンの代表曲のひとつとなった[1]

ルイ・ジョーダンのオリジナル[編集]

「レット・ザ・グッド・タイムス・ロール」は、「ルイ・ジョーダンがパーティーにおいでと煽るように呼びかける曲」である[2]

この曲を書いたのは、ニューオーリンズ生まれのブルース歌手、ソングライターであったサム・シアード英語版だが、共作者として、ジョーダンの妻だったフリーシー・ムーア (Fleecie Moore) の名がクレジットされている。これは、作品の公表に関する契約上の面倒を回避するために、ジョーダンがしばしば行なっていた便法で、彼女は生涯に一度も実際に歌詞を書いたことはなかったのだが、後にジョーダンとフリーシーがけんか別れで離婚することになると、彼女は自分の名がクレジットされた曲について、権利を盾に、そこから上がる収入をジョーダンにいっさい渡さなかった。ジョーダンとティンパニ・ファイブは、1947年の映画Reet, Petite, and Gone』の中でこの曲を演奏したが、サウンドトラックに用いられた演奏は、ライブ演奏ではなく、スタジオ録音が用いられた。

チャートと評判[編集]

「レット・ザ・グッド・タイムス・ロール」は、1947年に『ビルボード』誌のR&Bチャートで最高2位まで上昇した。この曲は、1947年最大のR&Bヒットだった「エイント・ノーバディ・ヒア・バット・アス・チキンズ (Ain't Nobody Here but Us Chickens)」のB面曲だったが、2曲とも半年近くチャートに留まった[3]。「レット・ザ・グッド・タイムス・ロール」は、2009年グラミーの殿堂英語版入りを果たし[4]2013年には「ブルース録音の古典 - シングルないしアルバム収録曲」部門で、ブルース財団英語版の殿堂入りも果たした[2]

他のバージョン[編集]

「レット・ザ・グッド・タイムス・ロール」は数多くのアーティストたちによって演奏されており[2][1]レイ・チャールズ1959年のアルバム『The Genius of Ray Charles』)、サム・バテラ英語版&ザ・サイレント・ウィットネス (the Silent Witnesses)(1960年のアルバム『The Wildest Clan』)、ジョージィ・フェイム&ザ・ブルー・フレイムズ (the Blue Flames)(1964年のアルバム『Rhythm and Blues at the Flamingo』)、マディ・ウォーターズ1975年のアルバム『Muddy Waters Woodstock Album』)、ココ・テイラー1978年のアルバム『The Earthshaker』)、クリフトン・シェニエと彼のレッド・ホット・ルイジアナ・バンド (His Red Hot Louisiana Band)(1982年のアルバム『Live at the San Francisco Blues Festival』)、バックウィート・ザディコとイル・ソン・パティー・バンド (Ils Sont Partis Band)(1992年に録音され、2009年にリリースされたアルバム『Let the Good Times Roll』、クインシー・ジョーンズスティーヴィー・ワンダーボノ、レイ・チャールズが参加:1995年のアルバム『Q's Jook Joint』)、リック・デリンジャー1998年のアルバム『Blues Deluxe』)、ジョニー・マティスゴードン・グッドウィン (Gordon Goodwin) のビッグ・ファット・バンド (Big Phat Band)(2003年のアルバム『XXL』)など、 録音も多数ある。

B.B.キングは、スタジオ・アルバムでもライブ・アルバムでも、何回もこの曲を録音しており、ボビー・ブランドトニー・ベネットと共演したバージョンもある。また、この曲は、1992年に公開されたルイ・ジョーダンを主題としたミュージカル・レビュー『Five Guys Named Moe』や、1980年の映画ブルース・ブラザース』の中でも取り上げられた。リンダ・カーターは、2011年のアルバム『Crazy Little Things』で、この曲をカバーしている。

同名異曲[編集]

この曲には、同名異曲があり、注意を要する。

脚注[編集]

  1. ^ a b Herzhaft, Gerard (1992). “Let the Good Times Roll”. Encyclopedia of the Blues. University of Arkansas Press. p. 458. ISBN 1-55728-252-8. 
  2. ^ a b c Classic of Blues Recording — Singles or Album Tracks”. Blues Hall of Fame — 2013 Inductees. The Blues Foundation (2013年). 2013年5月21日閲覧。 “Louis Jordan's buoyant invitation to party”
  3. ^ Whitburn, Joel (1988). Top R&B Singles 1942–1988. Record Research, Inc. p. 229. ISBN 0-89820-068-7. 
  4. ^ Grammy Hall of Fame Awards”. Grammy Awards. The Recording Academy (2009年). 2013年5月21日閲覧。