1947年の映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1947年の映画(1947ねんのえいが)では、1947年(昭和22年)の映画分野の動向についてまとめる。

出来事[編集]

日本[編集]

日本の映画興行[編集]

  • 入場料金(大人)
    • 10円 → 20円(東京の邦画封切館)[7][注 2]

日本公開作品[編集]

受賞[編集]

生誕[編集]

死去[編集]

日付 名前 出身国 年齢 職業
1月 26日 グレース・ムーア アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 48 歌手・女優
3月 8日 ヴィクター・ポテル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 57 男優
5月 31日 アドリエンヌ・エイムズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 39 女優
6月 1日 Anna Hoffman-Uddgren  スウェーデン 79 女優
5日 ニルス・オラフ・クリサンダー  スウェーデン 63 男優
9月 21日 ハリー・ケリー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 69 男優
11月 19日 高勢実乗 日本の旗 日本 49 男優

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『年表・映画100年史』では、「菊池寛の社長辞任」・「永田雅一社長就任」は1月となっている[1]
  2. ^ 『戦後値段史年表』によれば、3月は10円、9月は20円となっている[8]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 谷川 1993, p. 110.
  2. ^ a b c d e f g h i j k 松竹 1985, pp. 675 - 676.
  3. ^ a b 斉藤 2009, p. 54.
  4. ^ こころ月の如く”. キネノート. キネマ旬報社. 2019年9月23日閲覧。
  5. ^ 石の花(1946)”. allcinema. 2019年8月26日閲覧。 “初公開年月 1947/11/04”
  6. ^ 第七のヴェール(1945)”. allcinema. 2019年8月26日閲覧。 “初公開年月 1947/12/02”
  7. ^ 角川春樹藤岡和賀夫阿久悠『ザ・ブーム』角川書店、1982年1月25日、186頁。
  8. ^ 週刊朝日『戦後値段史年表』朝日新聞出版〈朝日文庫〉、1995年、23頁。ISBN 4-02-261108-1

参考文献[編集]