トニー・ベネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Tony Bennett
トニー・ベネット
トニー・ベネット
本名 Anthony Dominick Benedetto(アントニー・ドミニク・ベネデット)
生年月日 (1926-08-03) 1926年8月3日
没年月日 (2023-07-21) 2023年7月21日(96歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 イタリア系アメリカ人
職業 俳優歌手、エンターテイナー
ジャンル ポップス、ジャズ
活動内容 歌手活動、映画出演、コンサート、画家
配偶者 あり
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

トニー・ベネットTony Bennett, 1926年8月3日 - 2023年7月21日)はアメリカ合衆国ポピュラー歌手ジャズ歌手、エンターテイナー画家ニューヨーク州クイーンズ生まれのイタリア系アメリカ人。本名はアントニー・ドミニク・ベネデットAnthony Dominick Benedetto[注 1]

これまでにグラミー賞を20回受賞、エミー賞を2回受賞し、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにもその名が刻まれるなど、アメリカを代表するエンターテイナーの1人。90代を迎えてもなお精力的に活動した長寿歌手としても知られ、全米アルバム・チャート1位の最年長記録保持者であり、アルバムをリリースした史上最高齢の人物としてギネス世界記録にも認定されている。

オペラ唱法に基づく朗々とした発声を得意とする歌手である一方、トーチ・ソングなどでの細やかな表現も見せることで、伝統的なポピュラーシンガーとして音楽評論家や音楽家から高く評価されていた。先輩歌手であるフランク・シナトラをして「おれの考えでは、トニー・ベネットは音楽業界最高の歌手だ」[注 2]と評せしめた逸話を持つ。

来歴[編集]

1926年8月3日、ニューヨーク州クイーンズイタリア移民の両親の下に生まれる[2]

18歳の時に徴兵され、第二次世界大戦の最後の2年間を過酷な戦況と気候のドイツ戦線で過ごした[2]。20歳で退役後ニューヨークに戻り、演劇関係の教育機関、アメリカン・シアター・ウィングに入学、今に至るオペラ風の歌唱法(ベルカント唱法)を身に付けた[2]。その頃当時の大スター・シンガー、パール・ベイリー英語版に見出され、1950年コロムビア・レコードと契約[2]。1951年には、「ビコーズ・オブ・ユー」がいきなり全米チャートで10週連続1位を記録してスターの仲間入りを果たした[2]。その後、1950年代から1960年代にかけて「ストレンジャー・イン・パラダイス」「思い出のサンフランシスコ」などヒットを連発し、自身のTV番組を持つようになるなど、エンターテイメントの世界で不動の地位を築いた[2]

1966年、アムステルダムにて

しかし、1960年代半ばに登場したビートルズの流行と、それに続く70年代の大衆音楽リスナー層のロックへの大きな傾斜によるスタンダード・ポップやジャズの人気凋落の影響を受け、ベネットの人気も低迷した[2]。この間ロック曲にもトライしたり、自らのレーベルを設立したり、名ジャズ・ピアニストのビル・エヴァンスとの共演アルバムを作ったりと努力を重ねたものの、最終的には納税延滞状態になったあげく1979年にはコカインの過剰摂取で瀕死の目に遭うまでになった[2]

その後、マネージャーでもあった息子ダニー・ベネットからのアドバイスもあり、1986年に古巣コロムビア・レコードと契約、流行最先端のTVナイト・ショーに出演するなどして大々的な露出を図り、若年層へのアピールをはじめた[2]。これが功を奏し、1994年には、MTVアンプラグドに出演し、その模様のライヴ・アルバムがヒットを記録、グラミー最優秀アルバム賞を受賞し、第一線へのカムバックを果たした[2]

スティーヴィー・ワンダーと(2009年、ホワイトハウス

2000年代以降は企画にも恵まれ、プラシド・ドミンゴヴァネッサ・ウィリアムスシェリル・クロウダイアナ・クラールビリー・ジョエルスティーヴィー・ワンダーバーブラ・ストライサンドポール・マッカートニーエルトン・ジョンビリー・ジョエルスティーヴィー・ワンダーディクシー・チックスジェームス・テイラーフアネスセリーヌ・ディオンダイアナ・クラールエルヴィス・コステロk.d.ラングボノマイケル・ブーブレスティングジョン・レジェンドジョージ・マイケルなどベテランから若手まで、様々なジャンルの歌手と共演し、コンスタントにアルバムを発表、話題を集めた。

2011年には、アレサ・フランクリンマライア・キャリーレディー・ガガ、7月に急死したエイミー・ワインハウスらとデュエットしたアルバム『Duets II』が、85歳にしてBillboard 200で自身初の初登場1位を獲得し、ボブ・ディランが67歳の時に『トゥゲザー・スルー・ライフ』で作った最年長首位記録を大幅に塗り替えた[3]

レディー・ガガと(『Cheek to Cheek』ツアー2015)

2014年には、前作でデュエットしたレディー・ガガを「君は真のジャズシンガーだ」と絶賛し彼女との親交を深め、デュエット・アルバム『Cheek to Cheek』を発表、これが2枚目の全米初登場1位アルバムとなり、最年長アルバム1位記録は88歳と69日に更新された[2]

その後もビル・チャーラップ英語版・トリオとの共演アルバムを発表するなど、発声や生活習慣に常々配慮し、高齢に至っても第一線で歌えるだけの声質を維持していたが、2016年頃からアルツハイマーに罹患していたことを、2020年に複数のメディアが報じた[4]

2021年、既にアルツハイマーの症状で直近の記憶が失われがちで、デュエットの相手が誰なのかもよく判らないような状態だったというなか、周囲のサポートでレディー・ガガとのデュエットアルバム『Love for Sale』が完成[2]。95歳と60日という史上最高齢で新作アルバムをリリースしたことがギネス世界記録に認定されたほか、全米アルバムチャートのトラディショナル・ジャズ部門で15回目の首位を飾り、ハリー・コニック・ジュニアがこれまで保持していた同チャートでの15作1位の史上最多記録に並ぶ快挙を成し遂げた[5]。さらにこのアルバムは、翌年のグラミー賞で最優秀トラディショナル・ポップ・ヴォーカル・アルバム部門を受賞した。

2021年8月、『Love for Sale』の披露ライブを最後に、ステージ上でのライブ・パフォーマンスから引退することを発表した[6]。息子でマネージャーのダニー・ベネットによれば、本人の歌唱自体には問題ないものの会場移動による身体への負担が大きく、医師の指示のもと健康維持のために決断したという[6]

2023年7月21日、ニューヨーク市で死去[7]。96歳没。

歌手以外の活動[編集]

ブルース・オールマイティ』や『アナライズ・ミー』といった映画に本人役で特別出演しているが、1965年の映画『オスカー』では劇中歌うことなく、主演のスティーブン・ボイド扮するアカデミー賞を狙う俳優のマネージャーを訥々と演じた。

プロの歌手になる前には商業イラストレーターとして生計を立てていたこともあって画才に優れ、余技ながら画家としてもたびたび個展を開いている。その腕前は彼のCDのブックレットにも活かされており、アルバムで共演経験もあるピアニスト、ビル・エヴァンスのライブアルバムのジャケットにもベネットのペンによる肖像画が使われている。

エピソード[編集]

  • 同じイタリア系アメリカ人歌手のフランク・シナトラ同様に、マフィアとの関係を指摘されており、ビル・ボナンノの披露宴にも招待され、トニー・ベネットとフォア・ラッズは無料で歌を披露している[8]。1990年に公開されたマフィア映画『ゴッドファーザー PART III』では、マフィアと親密な関係にある歌手ジョニー・フォンテーンが曲を披露しようとした際に、マフィアである主人公マイケル・コルレオーネが「トニー・ベネットのレコードでも聞こうか」と冗談を飛ばすシーンがある。
  • ジャズクラブ・ブルーノート東京が1988年にオープンした際には、そのファーストステージをトニー・ベネットが飾った。
  • 『チーク・トゥ・チーク』『ラブ・フォー・セール』という2枚のデュエット・アルバムを作ったほど親密な関係にあるレディー・ガガの右の二の腕には、ベネットが描いたトランペットのタトゥーが彫られている。

ディスコグラフィ[編集]

主なシングル[編集]

[9] [10]

  • "Because of you" 「ビコーズ・オブ・ユー」(1951)全米第1位
  • "Cold cold heart"「コールド・コールド・ハート」(1951)全米第1位
  • "Blue Velvet" 「ブルー・ヴェルヴェット」(1951)全米第16位
  • "Rag to riches"(1953)全米第1位
  • "Stranger in paradise" 「ストレンジャー・イン・パラダイス」(1953)全米第2位
  • "There'll be no teardrops tonight"(1954)全米7位
  • "Cinnamon sinner"(1954)全米8位
  • "In the middle of an island"(1957)全米9位
  • "I left my heart in San Francisco"「霧のサンフランシスコ」(1962)全米19位 グラミー賞"Record of the year""Pop male Vocal"受賞
  • "I wanna be around"(1963)全米14位
  • "Good life"(1963)全米18位
  • "Who can I turn to"(1964)全米33位
  • "If I ruled the world"(1965)全米34位

主なアルバム[編集]

[11]

  • "Cloud 7 "(1955)
  • "The Beat of My Heart"(1957)
  • "Long Ago and Far Away"(1958)
  • "Strike up the band"(with the count Basie Orchestra)1959
  • "My heart sings"(1961)
  • "Tony sings for two"(1962)
  • "Alone Together"(1962)
  • "I left my heart in San Francisco"(1962)プラチナ・ディスク
  • "I wanna be around"(1963)
  • "This ia all I ask"(1963)
  • "Many moods of Tony Bennett"(1964)
  • "When lights are low"(1964)
  • "Who can I turn to"(1964)
  • "If I ruled the world"(1965)
  • "Tony's greatest hits, vol. 3(1965)ゴールド・ディスク
  • "Movie song album"(1966)
  • "Snowfall"(1968)ゴールド・ディスク
  • "Tony Bennett sings his all time fame of hall hits(1970)ゴールド・ディスク
  • "Love story"(1971)
  • "Tony Bennett's all time greatest hits(1972)ゴールド・ディスク
  • "Tony Bennett/Bill Evans album"(1975)
  • "16 most requested songs(1986)ゴールド・ディスク
  • "Perfectly Frank"(1992)ゴールド・ディスク
  • "Steppin' out(1993)ゴールド・ディスク
  • "Playin' with my friends(2001) ゴールド・ディスク
  • "A wonderful world"(2002)ゴールド・ディスク
  • "Essential Tony Bennett(2002)ゴールド・ディスク
  • "Duets; an American classic"(2006)プラチナ・ディスク
  • "Duets, 2"(2011)プラチナ・ディスク
  • "Cheek to cheek" with Lady Gaga(2014)ゴールド・ディスク
  • "Love for Sale" with Lady Gaga (2021)

ライブアルバム[編集]

  • "In person(with the Count Basie Orchestra)"1959
  • "Tony Bennett at Carnegie Hall"(1962)
  • "Get happy with the London Philharmonic orchestra"(1969)
  • "MTV; unplugged"(1994)プラチナ・ディスク
  • "Live at the Sahara"(2013)
  • "White House Sessions with Dave Brubeck 1962"(2013)

日本公演[編集]

11月28日,29日,30日,12月1日,2日,3日 ブルーノート東京
10月30日 ゆうぽうと簡易保険ホール、11月1日 北上市民会館、4日 愛知厚生年金会館、5日 高知県民文化オレンジホール、7日 岡山市民会館、8日 大阪フェスティバルホール、10日,11日 ゆうぽうと簡易保険ホール
8月21日,22日,23日,24日,25日 ブルーノート東京
3月25日,26日 Bunkamuraオーチャードホール
3月15日 大阪フェスティバルホール、19日 サントリーホール
9月7日 第12回東京JAZZ(東京国際フォーラム)

著書[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 芸名は本名を切り詰めたものである。
  2. ^ "For my money, Tony Bennett is the best singer in the business." 「おれが金を払ってでも聞きたい歌手はトニー・ベネットだけだ」と訳されることが多いが、これは誤訳[1]

出典[編集]

  1. ^ 大久保寛「"money"は本当にカネか?」『Ameila』2013年1月号
  2. ^ a b c d e f g h i j k l トニー・ベネット: プロフィール, ソニーミュージック.
  3. ^ “Tony Bennett Becomes Oldest Living Artist to Top Billboard 200”. Billboard.biz. (2011年9月28日). オリジナルの2011年9月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110930113653/http://www.billboard.biz/bbbiz/industry/record-labels/tony-bennett-becomes-oldest-living-artist-1005373242.story 2011年10月31日閲覧。 
  4. ^ "Tony Bennett reveals he has Alzheimer's." - BBC News
  5. ^ トニー・ベネット、レディー・ガガとのアルバムでギネス記録に続き全米アルバム・チャートでも史上最多1位の記録更新, ユニバーサル・ミュージック・ジャパン(2021.10.12)
  6. ^ a b トニー・ベネット、ステージ引退を発表, MUSIC LIFE CLUB(2021.8.17)
  7. ^ “Tony Bennett, Champion of the Great American Songbook, Is Dead at 96”. ニューヨーク・タイムズ. (2023年7月21日). https://www.nytimes.com/2023/07/21/arts/music/tony-bennett-dead.html 2023年7月21日閲覧。 
  8. ^ トニー・ベネット LAタイムズ 2022年7月29日閲覧
  9. ^ Pop memories; 1890-1954, by Joel Whitburn, Record Research, c1986, p. 51, ISBN 0-89820-083-0
  10. ^ Top pop singles; 1955-2012, by Joel Whitburn, Record Research, c2013, p. 74, ISBN 978-0-8982020-5-2
  11. ^ Standard catalog of American records; 1950-1990, by Dave Thompson, Krause Publications, c2012, p. 129-131, ISBN 978-1-4402-3252-7

外部リンク[編集]