ハリー・コニック・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハリー・コニック・ジュニア
Harry Connick Jr.
ハリー・コニック・ジュニア Harry Connick Jr.
2014年撮影
本名 ハリー・コニック・ジュニア
別名義 Joseph Harry Fowler Connick, Jr.
生年月日 (1967-09-11) 1967年9月11日(54歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ルイジアナ州ニューオーリンズ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 歌手作曲家俳優
ジャンル ボーカル、ピアノ、オルガン
活動期間 1977年 -
活動内容 歌手、作曲家、映画
配偶者 ジル・グッドエイカー(1994年-)
公式サイト www.harryconnickjr.com
主な作品
映画
『メンフィス・ベル』
インデペンデンス・デイ
マイ・ドッグ・スキップ
 
受賞
グラミー賞
1989年
その他の賞
テンプレートを表示

ハリー・コニック・ジュニアHarry Connick Jr.1967年9月11日 - )は、アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ出身の歌手ピアニスト俳優である。

略歴[編集]

ビッグ・バンド・スタイル[編集]

母親のアニタ・フランシス(旧姓リーヴィ、のちリヴィングストン)は弁護士および判事[1]。父親のハリー・コニック・シニアは1973年から2003年までニューオリンズの検事であった[2][3]。母親はユダヤ系[4][5][6]、父親はアイルランド系[7]法曹関係の仕事をする一方、レコードショップを経営する両親の影響で小さい頃からフランク・シナトラデューク・エリントンを好んで聞いていたという[8] 。3歳からピアノを始め、10歳でニューオーリンズジャズバンドと共にレコーディングする[9]。19歳で初めてのアルバムを出した。1940年代-1960年代フランク・シナトラを彷彿とさせる「ビッグ・バンド・スタイルの再来」と評され、サントリーテレビCMに出演したこともあり、来日経験もある。

1990年代中盤にはファンク・スタイルへの移行を行ったものの、その後、再びビッグ・バンド・スタイルへ回帰しており、数度にわたってグラミー賞にノミネート、また受賞している。

俳優活動[編集]

映画『恋人たちの予感』の音楽を手がけ、グラミー賞を受賞している他、1990年代より俳優としても活躍しており、『メンフィス・ベル』や『インデペンデンス・デイ』などに出演している。

その他[編集]

米人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』では過去2度メンターを務めていたが、2014年放送のシーズン13で審査員に就任した。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • Dixieland Plus (1978年) ※Dixieland Plus名義
  • Pure Dixieland (1979年) ※『11 (イレヴン)』(1992年)として再発
  • 『ヴォケイション』 - Harry Connick Jr. (1987年)
  • 『20 (トウェンティ)』 - 20 (1988年)
  • 『恋人たちの予感』 - When Harry Met Sally (1989年) ※映画『恋人たちの予感』サウンドトラック。1989年度グラミー賞受賞
  • 『ウイ・アー・イン・ラヴ』 - We Are in Love (1990年) ※1991年度グラミー賞受賞
  • 『ロフティーズ・ローチ・スフレ』 - Lofty's Roach Souffle (1990年)
  • 『ブルー・ライト、レッド・ライト』 - Blue Light, Red Light (1991年)
  • 『25 (トゥエンティ・ファイヴ)』 - 25 (1992年)
  • 『永遠にフェイヴァリット』 - When My Heart Finds Christmas (1993年)
  • 『STAR BOX』 - Forever For Now (1993年) ※英国向けコンピレーション
  • 『シー〜ニューオリンズ・スピリット』 - She (1994年)
  • 『スター・タートル』 - Star Turtle (1996年)
  • 『トゥ・シー・ユー』 - To See You (1997年)
  • 『カム・バイ・ミー』 - Come by Me (1999年)
  • 『30 (サーティ)』 - 30 (2001年)
  • 『ソングス・アイ・ハード〜ムービー・クラシック・ソングス』 - Songs I Heard (2001年) ※2002年度グラミー賞受賞
  • Thou Shalt Not (2002年) ※キャスト録音
  • 『アザー・アワーズ〜コニック・オン・ピアノ1』 - Other Hours: Connick on Piano, Volume 1 (2003年)
  • 『ハリー・フォー・ザ・ホリデイズ』 - Harry for the Holidays (2003年)
  • 『オンリー・ユー』 - Only You (2004年)
  • 『オケージョン』 - Occasion: Connick on Piano, Volume 2 (2005年)
  • 『ハリー・オン・ブロードウェイ アクト1』 - Harry on Broadway, Act I (2006年) ※キャスト録音
  • 『オー・マイ・NOLA』 - Oh, My NOLA (2007年)
  • 『シャンソン・デュ・ヴュー・カレ』 - Chanson du Vieux Carré : Connick on Piano, Volume 3 (2007年)
  • 『ホワット・ア・ナイト!-クリスマス・アルバム』 - What a Night! A Christmas Album (2008年)
  • 『恋人たちのラブソング』 - Your Songs (2009年)
  • In Concert on Broadway (2011年) ※ライブ
  • Music from The Happy Elf: Connick on Piano, Volume 4 (2011年)
  • Smokey Mary (2013年)
  • Every Man Should Know (2013年)
  • That Would Be Me (2015年)
  • 『トゥルー・ラヴ』 - True Love: A Celebration of Cole Porter (2019年)
  • Alone With My Faith (2021年)

出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1990 メンフィス・ベル
Memphis Belle
クレイ・バグジー
1991 リトルマン・テイト
Little Man Tate
エディ
1995 コピーキャット
Copycat
ダリル
1996 インデペンデンス・デイ
Independence Day
ジミー・ワイルダー大尉
1997 エクセス・バゲッジ/シュガーな気持ち
Excess Baggage
グレッグ
1998 微笑みをもう一度
Hope Floats
ジャスティン
1999 アイアン・ジャイアント
The Iron Giant
ディーン・マッコーピン 声の出演
2000 マイ・ドッグ・スキップ
My Dog Skip
- ナレーター、声のみ
2001 南太平洋
South Pacific
ジョセフ・ケイブル テレビ映画
2002 アイ ラブ ヒットマン
Life Without Dick
ダニエル・ギャラハー
2003 閉ざされた森
Basic
ピート・ヴィルマー
2006 BUG/バグ
Bug
ジェリー・ゴス
2007 P.S. アイラヴユー
P.S. I Love You
ダニエル
2009 ニュー・イン・タウン
New In Town
テッド・ミッチェル 日本劇場未公開
2011 イルカと少年
Dolphin Tale
クレイ・ハスケット

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
2002-2006 ウィル&グレイス
Will & Grace
レオ 23エピソード
2012 LAW & ORDER:性犯罪特捜班
Law & Order: Special Victims Unit
デヴィッド・ヘイデン 4エピソード

出典[編集]

  1. ^ Stated on Finding Your Roots, PBS, March 25, 2012
  2. ^ Harry Connick, Junior's. profile at FilmReference.com”. Filmreference.com. 2010年7月25日閲覧。
  3. ^ Tulane Law School Establishes Scholarship Honoring Harry Connick and the late Anita Connick”. Law.tulane.edu (2004年1月6日). 2010年7月25日閲覧。
  4. ^ Feher, Heather (2002年9月26日). “Connick Is Mr. Right for 'Grace'”. Zap2it. オリジナルの2011年7月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110716071146/http://www.silligirl.com/zap2it/bl11.php 2007年12月24日閲覧。 
  5. ^ Stephanie Mansfield, "Deconstructing Harry", Vogue, April 1998: pp. 211, 214, 216; online posting, connick.com. Retrieved July 17, 2007.
  6. ^ Genealogy Data, p. 39 (Family Pages). Paulmlieberman.org. Retrieved on 2012-05-08.
  7. ^ Musician balancing his work as actor|The Columbus Dispatch. Dispatch.com (2009-02-02). Retrieved on 2012-05-08.
  8. ^ 主婦の友社刊『ef(1991年3月号)』「FACE ハリー・コニック・Jr」より
  9. ^ Beuttler, Bill (1990年8月1日). “When Harry Met Stardom”. Music (American Way). http://billbeuttler.com/work41.htm 2007年10月2日閲覧。 

外部リンク[編集]