メンフィス・ベル (1990年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メンフィス・ベル
Memphis Belle
監督 マイケル・ケイトン=ジョーンズ
脚本 モンテ・メリック
製作 デヴィッド・パットナム
キャサリン・ワイラー
出演者 マシュー・モディーン
エリック・ストルツ
テイト・ドノヴァン
D・B・スウィーニー
ビリー・ゼイン
ショーン・アスティン
ハリー・コニック・ジュニア
音楽 ジョージ・フェントン
撮影 デヴィッド・ワトキン
編集 ジム・クラーク
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年10月12日
日本の旗 1991年2月8日
上映時間 107分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗$27,441,977[1]
テンプレートを表示

メンフィス・ベル』(原題:Memphis Belle)は、1990年制作のイギリス映画マイケル・ケイトン=ジョーンズ監督。

第二次世界大戦中イギリスに駐留しドイツに対する昼間爆撃を任務としていたアメリカ第8空軍所属の爆撃機B-17F、愛称"メンフィス・ベル"の若き乗組員たちを描いた作品。

あらすじ[編集]

1943年イギリスアメリカ軍基地。メンフィス・ベルはB-17の中で24回出撃して唯一無傷だった。25回目の飛行が終われば、みな英雄として故郷に帰れる。

出撃前、アイルランド出身の無線士ダニーがウィリアム・バトラー・イェイツの詩を朗読する[2]

広報大佐は、クルー10人を戦意高揚に使おうと画策する。そんな中、メンフィス・ベル号らのクルー達に25回目の出撃命令が下る。目的はブレーメンの飛行機工場の爆撃だ。容赦ない攻撃で友軍機が次々と墜ちていく中、上空に達したが煙幕で目標が見えない。悩んだ末、操縦士のデニスは煙幕が晴れるまで危険な白昼の旋回を続けることを決意。ドイツ空軍戦闘機による激しい攻撃の中、ようやく煙幕が晴れ、任務は完了した。

しかし、基地への帰途、ダニーが敵機の銃弾を受け、重傷を負う。落下傘を着けて落とし、ドイツ民間人に救助してもらうことを主張する爆撃手のヴァルに対して、みんなは一緒に帰還することを選ぶ。エンジン損傷など、様々な困難を乗り越えたメンフィス・ベルが基地に姿を現すが、片輪しか出ていない…。

スタッフ[編集]

※プロデューサーのキャサリン・ワイラーは、同じくメンフィス・ベルをテーマとした1944年のドキュメンタリー映画の監督ウィリアム・ワイラーの娘である。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
VHS版 WOWOW版
操縦士・デニス大尉 マシュー・モディーン 山寺宏一 大塚芳忠
副操縦士・ルーク中尉 テイト・ドノヴァン 堀内賢雄 喜多川拓郎
航法士・フィル中尉 D・B・スウィーニー 竹村拓 古田信幸
爆撃手・ヴァル中尉 ビリー・ゼイン 堀之紀 荒川太朗
無線士・ダニー二等軍曹 エリック・ストルツ 関俊彦 堀内賢雄
旋回銃座・ラスカル二等軍曹 ショーン・アスティン 古谷徹 中原茂
後尾銃座・クレイ二等軍曹 ハリー・コニック・ジュニア 藤原啓治 二又一成
機関士兼上部銃座・バージ二等軍曹 リード・ダイアモンド英語版 水島裕允
側面銃座・ユージーン二等軍曹 コートニー・ゲインズ 柴本浩行
側面銃座・ジャック三等軍曹 ニール・ジントリ英語版 長島雄一
クレイグ・ハリマン大佐 デヴィッド・ストラザーン 小川真司
ブルース・デリンジャー大佐 ジョン・リスゴー 富田耕生 秋元羊介

飛行機について[編集]

B-17F 41-24485号機 メンフィス・ベルと乗組員

本映画でメンフィス・ベルとして使用されたB-17は、イギリスダックスフォード帝国戦争博物館に展示されているB-17G「サリーB」であった。

そのため、本来のB-17F型(上記写真参考)には装備されない機首下部の機銃座を取り外して撮影している。撮影にはほかに2機のB-17Gが使用された。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Memphis Belle (1990)” (英語). Box Office Mojo. 2010年10月22日閲覧。
  2. ^ 「アイルランドの飛行士、死を予見する」(An Irish Airman Foresees His Death)
  3. ^ 品田雄吉『シネマの記憶から 名優・名監督と映画評論家の五十年』角川SSコミュニケーションズ、2008年、pp.161-162。

外部リンク[編集]