品田雄吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
品田 雄吉
(しなだ ゆうきち)
生誕 (1930-02-03) 1930年2月3日
日本の旗 日本 北海道
死没 (2014-12-13) 2014年12月13日(満84歳没)
教育 北海道大学法文学部国文学科卒業
職業 映画ジャーナリスト、映画評論家
活動期間 1953年 - 2014年

品田 雄吉(しなだ ゆうきち、1930年2月3日 - 2014年12月13日)は、日本の映画評論家

経歴[編集]

北海道留萌管内遠別町生まれ。仏文学者で早稲田大学名誉教授品田三和一良品田一良)は実兄。北海道札幌西高等学校北海道大学法文学部国文学科卒業。

北海道大学在学中に『キネマ旬報』編集部の荻昌弘に見出され、同誌の懸賞論文に入選。このことから1953年の大学卒業後にキネマ旬報社に入社して『キネマ旬報』編集部配属となる[1]。後に『映画旬刊』と『映画評論』の編集部に在籍。1965年にフリーとなり映画評論家として活動を始めた。

1989年から多摩美術大学教授、のち名誉教授

日本芸術文化振興会運営委員・映画部会長、独立行政法人国立美術館運営委員、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭顧問、ゆうばり応援映画祭実行委員長、川喜多記念映画文化財団理事、日本映画製作者連盟理事を歴任した。

妻は映画評論家、ドキュメンタリー映画監督の田中千世子。

2014年12月13日肺がんの為に死去[1]。84歳没。没後、山路ふみ子文化財団特別賞[2]と第28回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞・特別功労賞[3]が贈られた。

主な活動履歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『監督のいる風景』日本アートシアターギルド 1986年4月)
  • 『銀幕の恋人たち』ミリオン書房(1988年9月)
  • シネマの記憶から 名優・名監督と映画評論家の五十年 角川マガジンズ 2008

その他[編集]

  • 『ビデオで観る100本の邦画』監修、PHP研究所 1992年5月)
  • 『ヒチコック流殺人手口分析』(雑誌「スクリーン」1960年12月号)
  • 『悲しきインディアン』(1960年作:ドナルド・ホーニグ、訳)
  • 『KADOKAWA世界名作シネマ全集<全17巻>』(2006年4月、原正人共著)
※書評については外部リンク「海外ミステリ総合データベース」を参照。

脚注[編集]

  1. ^ a b 映画評論家の品田雄吉氏が死去 産経新聞 2014年12月22日閲覧
  2. ^ 「第39回山路ふみ子映画賞」に是枝裕和監督の「海街diary」”. 映画.com (2015年10月18日). 2015年10月19日閲覧。
  3. ^ 日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞決定”. 日刊スポーツ (2015年12月8日). 2015年12月8日閲覧。

外部リンク[編集]