ドク・ハリウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドク・ハリウッド
Doc Hollywood
監督 マイケル・ケイトン=ジョーンズ
脚本 ジェフリー・プライス
ピーター・S・シーマン
ダニエル・パイン
原作 ニール・シュルマン
製作 スーザン・ソルト
デボラ・D・ジョンソン
製作総指揮 マーク・マーソン
出演者 マイケル・J・フォックス
ジュリア・ワーナー
バーナード・ヒューズ
音楽 カーター・バーウェル
主題歌 チェズニー・ホークス
「ワン・アンド・オンリー」
(The One & Only)
作詞・作曲ニック・カーショウ
撮影 マイケル・ケイトン=ジョーンズ
マイケル・チャップマン
編集 プリシラ・ネッド・フレンドリー
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年8月2日
日本の旗 1991年10月5日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $54,830,779[1]
テンプレートを表示

ドク・ハリウッド』(Doc Hollywood)は、1991年に製作・公開されたアメリカ映画。原作はニール・シュルマンの小説で、製作にはシュルマン本人も協力した。

ストーリー[編集]

外科医ベン・ストーン(マイケル・J・フォックス)は、ワシントンの病院でERに勤務していた。ベンはERを辞め、ビバリーヒルズで高収入の美容整形外科医になることにする。面接を受けるため、自動車で西海岸に向かう途中で道に迷い、田舎道で事故を起こしてしまう。事故の代償として、医者不足で悩んでいた町の病院で無料奉仕することになった。南部の小さな田舎町グレイディに来て、ルー(ジュリー・ワーナー)やナンシー(ブリジット・フォンダ)を始めとする町民たちに出会い、ベンは本当に大切なことがわかっていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 フジテレビ テレビ朝日
ベン・ストーン マイケル・J・フォックス 山寺宏一 宮川一朗太 宮本充
ルー ジュリー・ワーナー 土井美加 水谷優子 深見梨加
ナンシー ブリジット・フォンダ 高島雅羅 佐々木優子 田中敦子
ハンク ウディ・ハレルソン 屋良有作 江原正士 大塚芳忠
ホーグ医師 バーナード・ヒューズ 富田耕生 滝口順平 緒方賢一
ニコルソン町長 デヴィッド・オグデン・スティアーズ 麦人 富田耕生 石田太郎
パッカー看護士 アイダ・バード 片岡富枝 片岡富枝
メルビン(自動車整備士) メル・ウィンクラー 辻親八
エバンス判事 ロバーツ・ブロッサム 石井敏郎 青野武 大木民夫
老婦人リリアン フランシス・スターンハーゲン 瀬畑奈津子 今井和子 京田尚子
ハルバーストーム医師(美容外科医) ジョージ・ハミルトン 納谷六朗
役不明又はその他 桜井敏治
鈴木れい子
塚田正昭
小室正幸
広瀬正志
さとうあい
磯辺万沙子
折笠愛
幹本雄之
叶木翔子
中博史
安西正弘
成田剣
緒方賢一
小島敏彦
秋元千賀子
仲野裕
山野史人
峰恵研
竹口安芸子
島美弥子
藤本譲
大木正司
宝亀克寿
丸山詠二
秋元羊介
中多和宏
伊井篤史
亀井芳子
喜田あゆ美
銀河万丈
後藤敦
峰恵研
仁内建之
小島敏彦
田原アルノ
さとうあい
城山堅
長島雄一
久保田民絵
巴菁子
川田妙子
古田信幸
小室正幸
宝亀克寿
喜田あゆ美
榎本智恵子
定岡小百合
紗ゆり
広瀬正志

スタッフ[編集]

ソフト版 フジテレビ テレビ朝日
翻訳 吉田由紀子 徐賀世子 武満眞樹
演出 蕨南勝之 松川陸 伊達康将
調整 金谷和美
山下裕康
荒井孝 田中和成
効果 サウンドボックス リレーション
担当 山形淳二(フジテレビ)
プロデューサー 小川政弘 圓井一夫
高橋由佳
制作 ワーナー・ホーム・ビデオ
プロセンスタジオ
東北新社
初回放送 1995年9月9日
ゴールデン洋画劇場
1996年12月15日
日曜洋画劇場

原作[編集]

原作はニール・シュルマンの小説『What? Dead again?』である。日本でも、映画公開に合わせて『ドク・ハリウッド』の題で翻訳が刊行された。

なお、原作では、主人公の名前はオーティス・ストーンで、インターンを修了したばかり。自動車で向かっていた先はハリウッドではなくて、ワシントンの実家である。

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ Doc Hollywood (1991)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]